CloudStack徹底入門読書会 第3章 - 1

1,808 views

Published on

CloudStack徹底入門読書会 第3章で使用した資料です。(※訂正・補足あり)

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,808
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
10
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

CloudStack徹底入門読書会 第3章 - 1

  1. 1. CloudStack徹底入門 読書会 第3章2013.4.16日本CloudStackユーザー会島崎 聡史 (Tw:@smzksts)
  2. 2. Japan CloudStack User GroupAgenda1. 第3章の全体的な話(島崎)2. XenServer環境について(島崎)3. KVM環境について(輿水さん)4. vSphere環境について(工藤さん)2大事なことなのでくり返し言います&ちょっと補足 編
  3. 3. 第3章の全体的な話3
  4. 4. Japan CloudStack User Group第3章ですること1. 管理サーバーの構築2. ハイパーバイザーの準備3. ゾーンの作成 ~ インスタンスの起動4
  5. 5. Japan CloudStack User Group先に考えておくこと•XenServer or KVM or vSphere• 慣れ、好み、容易さ、コスト、連携性•基本ゾーン or 拡張ゾーン• 違いがわからない ⇒第2章へ• CloudStackを誰が何に使う?目的は?≒どんなサービス(機能)を提供するのか ⇒第6章へ10
  6. 6. Japan CloudStack User GroupTips – 私自身もミスしがちなところ①•管理サーバーのインストール時• hostname –f でFQDNが引ける状態は必須⇒ /etc/hostsを編集するなど• SELinuxは切る• CentOSに余分なパッケージが入っていない方が良い• 導入済みパッケージとConflictするかも?• Minimal や Minimal Desktopでインストールすると無難11
  7. 7. Japan CloudStack User GroupTips – 私自身もミスしがちなところ②• cloud-management サービスが落ちる!?⇒MySQL へのコネクションに失敗してるかも12[root@csman ~]# service cloud-management statuscloud-management が停止していますが PID ファイルが残っていますThe pid file locates at /var/run/cloud-management.pid and lock file at /var/lock/subsys/cloud-management.Starting cloud-management will take care of them or you can manually clean up.[root@csman ~]# grep ERROR /var/log/cloud/management/management-server.log2013-04-15 12:09:59,067 ERROR [cloud.cluster.ClusterServiceServletContainer] (Thread-14:null)Unexpected exception2013-04-15 12:10:23,007 ERROR [db.Transaction.Transaction] (main:null) Unexpected exception:2013-04-15 12:10:23,031 ERROR [utils.db.DbUtil] (main:null) Unable to acquire DB connection forglobal lock system2013-04-15 12:10:23,037 ERROR [utils.component.ComponentLocator] (main:null) Problems withrunning checker:DatabaseIntegrityChecker
  8. 8. XenServer環境について13
  9. 9. Japan CloudStack User GroupCloudStack環境(4.0.X)における要件• XenServerのバージョン• 5.6 SP2, 6.0, 6.0.2 (6.1は非対応⇒CloudStack 4.1で)• エディション• 無償版でも動作OK• Advanced(有償の最廉価版)が望ましい⇒HA(Pool Masterの保護、VMの保護(←不要))• 他の用途に使用していない状態であること14【訂正】CloudStack 管理サーバーによる制御でPool Masterの保護(XenServer HAに似た動作)をするため、無償版でもPool Masterの自動フェイルオーバーが可能です。よってXenServer側でのHA設定は不要です。【補足】CS4.1で実装されるメモリオーバーコミットにはAdvanced Edition以上で有効なDMC (Dynamic Memory Control)が必要なため、Advancedが推奨です。現状、Enterprise Edition以上の機能はCloudStackでは利用されません。
  10. 10. Japan CloudStack User Groupポイント① - ドメイン0のメモリサイズ•Domain 0 のメモリサイズ調整• 1ホストあたりのVM数が多い場合• 752MB ⇒ 2940MB• How to Configure dom0 Memory in XenServer 5.6or Laterhttp://support.citrix.com/article/CTX126531• 6.1は別のKB(CTX134951 - Configuring dom0 Memory in XenServer 6.1.0)15
  11. 11. Japan CloudStack User Groupポイント② - CSP•Cloud Supplemental Pack (CSP)のインストール• 4.0.Xには関係ないが…XenServer 6.1の場合• CSPは初めから組み込まれている• Sysctrl周りの設定が少しだけ必要• 参考:CloudPlatform 3.0.6 Installation Guidehttp://support.citrix.com/article/CTX13605716
  12. 12. Japan CloudStack User Groupポイント③(補足) - ホスト内のログ• XenServerのローカルディスク容量がFullになるとXAPI(CloudStack管理サーバーとのやり取り)が機能しなくなる• CloudStack環境は特にログが多いため、油断すると溢れる• 対策• リモートのSyslogサーバに飛ばす(GUIで設定)• Logrotate関連の設定を見直す(Linuxと同じ)• その他KBを参考に• How to Enable Log Compression on XenServer• http://support.citrix.com/article/CTX130327• How to Move the Log File Directory to a Separate File System• http://support.citrix.com/article/CTX13024517

×