地方発信のソーシャルメディア

1,401 views
1,340 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,401
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

地方発信のソーシャルメディア

  1. 1. 地方発信のソーシャルメディ ア 有限会社スカンク・ワーク 代表取締役 大宮孝治 @uganda_
  2. 2. プロフィール 1984年山形市立商業高校卒業 証券会社~広告制作会社~アパレル販促~損害保険会社~住 宅設備会社システム管理者~ 1998年有限会社スカンク・ワーク設立 現在に至る 1997年にパソコン通信NIFTY-serve利用開始 NIFTYフォーラム「ftohoku」(sysop みるきい)山形会議室初 代ボードリーダー 2004年からBlog「My Favorite Goods & Foods Life」を開始。 @uganda_ 2009年10月Twitter(@uganda_)開始1965年9月18日生まれ 2010年2月から山形コミュニティ放送ラジオモンスターにて有限会社スカンク・ ツイッターのコーナーを担当。USTREAM配信を開始 ワーク 同月、「iPad Night in Yamagata」ゲスト神田敏晶氏を開催。代表取締役 大宮 孝 2010年10月企業向け「ソーシャルメディアを活用したビジネ ス戦略」セミナー(講師:末広栄二氏)を開講。 治 2010年11月、「第1回東北ツイッターサミット2010in山形」 開催
  3. 3. 今日のセミナーは末広ぶちょーが主役なので地方人としての客観的な考え方と @uganda_の取り組みについて
  4. 4. まず、何をしたか?– 山形県という地方の田舎で@uganda_という人物の浸透 (あえて会社としてではなく個人で)– コミュニティエフエムへ番組コーナー企画を売り込み– 有名人に次々にアプローチ(津田大介・神田敏晶etc)– 「この人と絡んでると何かあるんじゃないか?」という期 待感を持たせる– 遠隔地のイベントにはUSTREAMのSocialStreamで– 東京のイベントに突撃! ☆地方から参加するとチヤホヤされる– ついに念願の山形県でイベント開催
  5. 5. ラジオ番組「M3+」Oh!ツイッ ター
  6. 6. iPad Night in Yamagata
  7. 7. iPad Night in Yamagata
  8. 8. 第1回東北ツイッターサミッ企業のソーシャルメディア ト 活用セミナー
  9. 9. 第1回東北ツイッターサミット
  10. 10. 第1回東北ツイッターサミット
  11. 11. 様々なイベントやUST番組にかかわ るFacebook meetup Vol.3 UstToday
  12. 12. 東京カルチャーカルチャーのBlogに掲 載
  13. 13. ソーシャルメディアとは?
  14. 14. 様々なメディアが次々と登場– インターネットの普及により情報の格差は本当に なくなったのか?– 取材するにはコストがかかりすぎる。– ならば使い倒すしかない、ネットの問題はネット で解決– やっとTwitterの楽しさが熟成してきたと思ったら facebook、その後もLinkedinだのGoogle+
  15. 15. 大手企業と地方の小店舗の違い– 元々名前が知られている企業とはスタートライン が違う– まずは自分の周りにソーシャルメディアユーザー がどのぐらいいるのか?など気にせず発信し、 継続すること– ソーシャルに誘導するアナログな戦略を怠っては いけない
  16. 16. 店内POPなどの活用
  17. 17. どこに目標を設定するか– 目的をはっきりしないと指針がぶれるし長続きしない– 地方にはコンテンツが山ほど埋もれているはず。– 都会は競争相手が多いので目立てないが、地方でやればす ぐに注目の的– ソーシャルな関係の構築– 自社サイトのアクセス数UP– 来客誘導実績
  18. 18. コミュニケーションをしっかり とる– 日常のコミュニケーションからお客様(取引 先)のニーズを読み取る– 情報発信はニーズにあったものを小分けにす る– しばらく連絡のない友達やお客様との再会、 自分の報告→さりげなく宣伝
  19. 19. リスト管理Twitter Facebook
  20. 20. 東日本大震災時には– 停電復旧情報をTwitterの#yamagataで共有– #gs_yamagataでガソリンスタンドの営業状況、渋滞情 報を共有– #bussi_yamagataでどこに何が売っているかを共有 ※これらの流れをOKWAVEと共有・支援。 また、Twitter仲間が専用のまとめサイトを立ち上げてくれた
  21. 21. 産学一体の支援活動を提案• 山形県中小企業家同友会と山形大学・東 北芸術工科大学と共に復興支援策定会 議、ボランティア活動を開始 – FacebookでAction Yamagataというグループ (非公開)を立ち上げ、連絡ツールとして活 用、さらに小さな分科会毎にグループを作る – その後、SmileTrade10%の立ち上げに参画・支 援 – 「東北未来塾」山形学生ネットワークの活動 を支援
  22. 22. HUBになる• 地方では企業や行政の動きが都会と比べ ると一歩遅く感じるので、先に仕掛けて マッチングのお手伝いをする – 評価されたら仕事に繋がる – 評価されなくても自身のネットワークは無く ならない
  23. 23. ビジネス活用事例 http://www.yamagata-johoku.co.jp/– ソーシャルメディア活用の販促を提案 直売店「はぐろ庵」HP http://www.haguroan.co.jp/ Twitterアカウント @haguroan facebookページ https://www.facebook.com/haguroan 勝手に作っちゃいました(笑)
  24. 24. 具体例– Facebook meet up vol.7 (東京お台場)に商品を提供。☆参加するメンバーのほとんどがfacebookをやっている方々でそれぞれある程度の友達を持っている =発信者として影響力がある人たち 100人×1,000人=100,000人 話半分でも50,000人 5%でも5,000人☆今回は会社の担当者ではなく「山形のuganda_が何か持ってきた」というカタチで、すんなり受け入れてもらえた→個人(自分)ブランディングの効果
  25. 25. イベント会場に商品を持ち込み代行P R
  26. 26. ユーザーからレビューが書き込ま れる
  27. 27. 城北麺工冷たいラーメンCM
  28. 28. 動画をアップ
  29. 29. メイキングPHOTOをUP
  30. 30. ある仕掛けを
  31. 31. Facebookのタグ機能を利用• 商品に関係者のタグをつけて、子供達が 食べている写真をみせる。 – カバヤ食品の多田部長が自社製品が写った写 真に気づきコメントをつけられることにより アルバムの存在が広がる。 – 結果的に城北麺工の名前も広まる
  32. 32. 影響力のあるものを活用する• UstAngels http://www.ustreamangels.com/ – ネット上で注目を集める彼女たちの発信力に 注目、配信のみならず事前告知〜当日の客寄 せまで依頼 ameblo http://ameblo.jp/ustangels/entry-10960185581.html TwiPia http://twipla.jp/events/10816 @AyanoTDO あやの、@Watanabe_Aki 渡部アキ ☆SocialMediaをPaidMediaとして活用した例
  33. 33. ビジネス活用事例2http://www.yamanobe-bel.com/– 山形市に隣接する人口1.5万人程度の山辺町に あるショッピングセンター– 「山辺町」というキーワードに関するPOSTに は即座に反応できるように検索にかけておく
  34. 34. – 店内にPOPを貼り付け「Twitterとfacebookやっ てます」と告知、お客様から「コレ何?」と 言わせることから誘導。
  35. 35. イベント告知
  36. 36. キャラ作り• XEBIO.Co.Ltdのぜびこさんに承認をいただき「ベ ル子」として中の人を展開、社長@gjyeを「ベル ボス」として掛け合いをみせる
  37. 37. どこに目標を設定するか– 目的をはっきりしないと指針がぶれるし長続 きしない– ページやサイトを作って満足していないです か?– もっと声を出していきましょう– コミュニケーションを深めましょう
  38. 38. バイラルマーケティング• 製品やサービスに関する「口コミ」を意図的に広め、低コストで効率的に商品の告知や顧客の獲得を行なうマーケティング手法。• 具体的な手法はこの後の末広ぶちょーの 講演で(笑)
  39. 39. ご静聴ありがとうございまし た 有限会社スカンク・ワーク @uganda_

×