明治維新の立役者、坂本龍馬がパワポで薩長同盟の提案書を持って来たら

209,890 views

Published on

明治維新の立役者、坂本龍馬がパワポで薩長同盟の提案書を持って来たら。その企画書をPowerPointで妄想を駆使して作成してみました。
詳しくは⇒http://sket.asia/magazine/

Published in: Business
0 Comments
126 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
209,890
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
47,017
Actions
Shares
0
Downloads
282
Comments
0
Likes
126
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

明治維新の立役者、坂本龍馬がパワポで薩長同盟の提案書を持って来たら

  1. 1. 薩長同盟のご提案 坂本龍馬
  2. 2. 提案者 ミッション 日本を今一度せんたくいたし申候 経歴 1836年 土佐藩生まれ 1858年 江戸千葉道場 北辰一刀流伝授 1862年 土佐藩脱藩 現在 討幕運動実施中 自己紹介 坂本龍馬(さかもとりょうま)
  3. 3. 実績 参照 http://www.kodomo.go.jp/yareki/person/person_10.html 勝海舟 江戸幕府の役員かばん持ち インターン経験 神戸海軍 操練所 勝海舟とともに、 バイトリーダーとして活躍 亀山社中 薩摩藩を筆頭株主とし、 日本初の株式会社設立
  4. 4. 本題 倒幕に向けた両州の資本業務提携
  5. 5. 薩長の現状 貿易などにより資金潤沢。倒幕もしたい。 ただ、背反行為とみなされるのは避けたい。 倒幕希望。しかし、例年を上回る飢饉の影響により、 キャッシュフローが悪化。資金調達ニーズあり。 薩摩藩 友人A 長州藩 友人A
  6. 6. 提携スキーム ※土佐藩も加勢 出資(武器) 倒幕加勢 薩摩藩 長州藩 倒幕!!
  7. 7. 同盟後の動き 新政府 樹立 薩長同盟 締結 第二次 長州征伐 阻止 無血開城 私が仲介、薩摩班と長州藩を結びます。 江戸幕府が構想中の長州藩征伐に対し 水面下で薩摩藩が支援いたします。 血を流してはいけない。 政権を朝廷に返還させる。
  8. 8. 今後の構想 上下議政局の設立 上院、下院による議会政治の実現 集権的な統一国家の設立 大政奉還 政権を幕府から朝廷に返還

×