医学教育学会ポスター 医学部国際比較
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

医学教育学会ポスター 医学部国際比較

  • 3,830 views
Uploaded on

2010年7月の医学教育学会の学生ポスター部門発表内容です!

2010年7月の医学教育学会の学生ポスター部門発表内容です!

More in: Education
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
3,830
On Slideshare
3,652
From Embeds
178
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
7
Comments
0
Likes
1

Embeds 178

http://www24.atwiki.jp 178

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 学生による学生のための医学教育改革提案 Plan of the reform of the medical education 〜by the students, for the students〜 東北大学医学部医学科6年 今野健一郎 群馬大学医学部医学科6年 柴田 綾子 舟越 優 聖路加国際病院初期研修医 駒井 俊彦 東京大学医学教育国際協力研究センター 大西 弘高
  • 2. 本発表の目的 国内外の医学教育を、 学生というステークホルダーの 参加の側面から考察すること
  • 3. 背景 1. 諸外国の医学教育学会においては、 医学生の意見・提言を議論する場としての 学生部会が存在する 2. 諸外国の医学教育の標準化に関する規定には 2. 医学生の意見を、顧客側からの フィードバック、アウトカム測定という 側面において重視している
  • 4. 方法 インターネット上の情報を 検索し、医学教育専門家の 意見を加味した、これらを 著者らの間で検討し、 我が国の現状としてまとめた
  • 5. 【結果】医学教育に対する学生側の参 加に関する我が国の現状の要約 1. 教務・学務委員会など、学部内の教育に関する検討の場 において、学生参加のシステムが義務づけられておらず 、十分に普及しているわけではない。 2. モデル・コア・カリキュラムという詳細な教育目標が重視さ れるが、欧米で近年重視されているアウトカム基盤型教 育についての取り組みは不十分。学習者中心の考え方が 十分取り込まれていないことが窺われる。 3. 日本医学教育学会においては、学生部会のような、学生 からの意見を吸い上げるための組織体制がいまだ存在し ない。
  • 6. 結果1)学生参加システムの現状 例えば、「大学基準協会による専門職学位課 程の基準」では、学生によるフィードバックを 重視するべしという基準(2.38)は存在する。 しかし、教務・学務委員会の設置義務などに ついての基準はなく、まして委員会の場に学生 を配置することについても述べられていない。
  • 7. 結果2)アウトカム基盤型教育 「我が国でアウトカム基盤型教育が普及 するためには、『卒前・卒後を一貫して 見通した』コア・カリキュラムの改訂が 必要である」 (第22回医学教育フォーラム, 千葉大 田邉先生)
  • 8. 結果3)学生からの意見の重要性 医学生の声=学部教育のアウトカム指標の一つ  The medical school must have a policy on student representation and appropriate participation in the design, management and evaluation of the curriculum, and in other matters relevant to students. (WFME Global Standards: Basic Medical Education, 4.4 Basic standard)  Teachers and students should be actively involved in planning programme evaluation and in using its results for programme development. (同7.2)
  • 9.  There must be integrated institutional responsibility for the overall design, management, and evaluation of a coherent and coordinated curriculum.  The phrase "integrated institutional responsibility" implies that an institutional body (commonly a curriculum committee) will oversee the educational program as a whole. An effective central curriculum authority will exhibit: -- Faculty, student, and administrative participation. (LCME, Accreditation Standards, ED-33)  In assessing program quality, a medical education program must consider medical student evaluations of their courses, clerkships (or, in Canada, clerkship rotations), and teachers, as well as a variety of other measures. (同,ED-47)
  • 10. 【結論】  日本では、学生の意見を「学習者、アウ トカム」という視点で捉えるという概念が 弱い。  学習者からのフィードバックを十分に受 け止めていない医学教育、及び医学教 育研究は、PDCAサイクルを機能させる には不十分である。
  • 11. 【提案】これからの日本の医学部 1. 医学教育学会、及び各大学医学部での医学教育 の議論の場に医学生をより積極的に登用・活用す ることが望ましい。医学教育学会及び各医学部内 において、学生が意見を継続的に表明できる仕組 みづくりを進める。 2. アウトカムの評価と、学習者や社会への結果の公 表を進める(説明責任及び透明性の確保)
  • 12. ①医学生を教育の議論の場に 雑誌「医学教育」医学生の投稿論文 ・2002年から2010年現在まで論文数21編 (国立大学12編 私立大学9編) 学年 6年 5年 4年 3年 不詳 投稿数 5編 4編 2編 2編 8編 佐賀大学/帝京大学;4編 大阪市立大学/昭和大学2編など
  • 13. ①医学生を教育の議論の場に 「日本医学教育学会総会」 第35回(2003年)〜第42回(2010年)現在 までの医学生発表数(口演・ポスター演題) 35回 36回 37回 38回 39回 40回 41回 42回 発表数 不明 8 6 14 12 5 7 24
  • 14. ②アウトカムの評価と国民への公表 (医学部の社会的責務)  The objectives of a medical education program must be stated in outcome-based terms that allow assessment of student progress in developing the competencies that the profession and the public expect of a physician. (LCME, Accreditation Standards ED-1-A.)  A wider range of stakeholders should have access to results of course and programme evaluation, and their views on the relevance and development of the curriculum should be considered. (WFME Global Standards, Basic standard-7.4)
  • 15. 【参考文献】 ■医学部の既定について <WFME Global Standards> ・Basic Medical Education http://www.wfme.org/ <Institute for International Medical Education(IIME)> ・Global Minimum Essential Requirements in Medical Education http://www.iime.org/gmer.htm <US : Liaison Committee on Medical Education> ・LCME:Accreditation Standards http://www.lcme.org/functionslist.htm http://www.lcme.org/functions2010jun.pdf <papers> ・World Federation for Medical Education Policy on International Recognition of Medical Schools’ Programme Ann Acad Med Singapore 2008;37:1041-3 http://www.annals.edu.sg/pdf/37VolNo12Dec2008/V37N12p1041.pdf ・International recognition of basic medical education programmes Medical Education 2008: 42: 12–17 http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/fulltext/119403364/PDFSTART
  • 16. 以下、参考資料
  • 17. Minimum essential requirements and standards in medical education ■Institute for International Medical Education(IIME) ・established in 1999 by the China Medical Board of NY ・providing leadership in defining ”global minimum essential requirements” of undergraduate medical programs. ・A standard is both a goal (what should be done) and a measure of progress toward that goal (how well it was done) ・The global minimum essential requirements specify the knowledge, skills and attitudes related to sciences basic to medicine, clinical practice and ethical values, which the medical curriculum should contain to ensure that graduates are prepared to begin further graduate medical education or to start to practice medicine under super vision. A NDRZEJ W OJ TCZAK, M . ROY S CHWA RZ Medical Teacher,2000,Vol. 22-6 http://www.iime.org/sys/wojtczak_2000.pdf
  • 18. 【医学部の質の保証 ~WHO~】 World Federation for Medical Education (WFME) <The WHO/WFME Guidelines for Accreditation> Essential Elements of proper accreditation • Authoritative mandate· • Independence from governments and providers • Transparency • Predefined general and specific criteria • Use of external review • Procedure using combination of self-evaluation and site visits • Authoritative decision • Publication of report and decision http://www.annals.edu.sg/pdf/37VolNo12Dec2008/V37N12p1041.pdf
  • 19. 世界基準での医学部の質の保証 (cont. ■Systems based on external review have been adopted in more than 80 countries around the world (Ann Acad Med Singapore 2008;37:1041-3) 例 ・Liaison Committee on Medical Education (LCME、US) ・ Australia and New Zealand (AMC) ・Arabian Gulf region(2001) ・Western Pacific region:regional standards(2001) ■Standardsを国の基準として使用している国 Australia, New Zealand, China, Malaysia, Korea, the Philippines、Vietnam. ■WHO: 各国の医学部の基準や質をデータベース化に着手 Global Directories of Health Professions Education Institutions(GDHPEI) (Medical Education 2008: 42: 12–17 )