• Like
第4回キャリア教育授業資料
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

第4回キャリア教育授業資料

  • 737 views
Uploaded on

千葉大学教育学部前期キャリア教育の授業資料です。このファイルはTAの福嶋が第4回の授業で使用したファイルになりますので、適宜ご覧ください。

千葉大学教育学部前期キャリア教育の授業資料です。このファイルはTAの福嶋が第4回の授業で使用したファイルになりますので、適宜ご覧ください。

More in: Education
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
737
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n

Transcript

  • 1. テーマ•   日本のジャーナリズムの仕事(5/22)•   デジタル時代のものづくり産業(5/29)•   デジタル時代のエンタテインメント産業(6/5)•   ソーシャルメディア時代の新しい仕事(6/12)•   グローバルに活躍する仕事(6/19)•   サポートやコンサルティングの仕事(6/26)•   少子高齢化時代の子育て支援(7/3)•   社会問題の解決を目指す仕事(7/10)•   経済活動の先端とかかわる仕事(7/24)
  • 2. 本授業の課題ソーシャルメディア時代に新しく登場した新しい仕事、新しい働き方に注目し、実際の取材を通してその職業についての理解を深めるとともに、中学生にもわかる文章でブログを書く。中学生の職業選択の幅を広げるような仕事を紹介してください。それらは記事として残し、13歳のハローワークならぬ「新13歳のハローワーク(仮)」として公開されます。
  • 3. 課題に取り組む4step• step1 本・ネットで基本的情報の収集、ターゲットを定める ­ネットはTwitter、Facebook、ブログなどを指しています。 ­ネットでも情報収集は有効ですが、人づてもおすすめ。詳しそうな人に聞いてみる。• step2 取材 ­基本原則は会って取材をすること。無理であればSkype等でも良いかもしれません。 ­実際に現地にいくと、写真がとれたり、人柄がわかります。• step3 インタビューをもとに、記事を作成 ­中学生向けの記事。進路選択・キャリア学習で読める記事• step4 発表 -各班2分程度でそれぞれの取材先で得たこと感じたことを授業前に発表してもらいます。
  • 4. 面白そうな人を見つけるコツ• 基本情報を収集。 ­本屋に行って自分の分野で売れ筋の本を眺めてみる。 全体の傾向がつかめる。• ブログのネットワークに注目する。 ­福嶋の出発点は「世界級ライフスタイルの作り方」 ­彼女の記事を読んで読むブログの本数が飛躍的に増えた。 参考記事:世界級ライフスタイルの作り方      http://www.ladolcevita.jp/blog/global/• Twitterのフォローをみる。 ­注目する人の情報収集源を確認する。 ­福嶋は134人しかフォローしていないので、福嶋が誰に注目をしているかは一目瞭然。 参考記事:FUKUSHIMA NOTE「キュレーターの見つけ方」      http://blog.livedoor.jp/shunfukushima/archives/50444014.html 参考文献:佐々木俊尚(2011)、『 キュレーションの時代』、筑摩書房
  • 5. 取材のコツ• 自分の情報をオープンにする。 ­何だかよくわからない人から連絡がきたら不安。自分が何者なのかを明らかにする。• 連絡はメールか電話で。 ­相手がTwitterをやっていようとも、連絡はメールが無難。 ­140文字ではきちんとこちらの意図が伝えられず誤解される可能性がある。• きちんとしたメールの文章を書く。 ­メールには型がある。PCメールで基本は型にそって書く。 ­「お会いしたいですぅー(^Д^)ギャハ」なんてメールがきたら大人は不快。• 関係性の基本はコントリビューション。 ­メリットがなければ会ってくれない。社会人は忙しいので時間がないことを前提に。 ­しかし、メリットを感じてくれれば会ってくれる可能性が高まる。 ­今回の場合、授業の主旨と自分たちの思いをきちんと相手に伝えることが重要。
  • 6. ブログ執筆の基本• 批判を恐れない。 ­自分の文章が他人に見られるのは怖い。しかし、公開することで上達する。 参考記事:「プライドを捨てる勇気、もしくはネガティブスパイラルから抜け出すたった一つの方法」      http://blog.livedoor.jp/shunfukushima/archives/50385585.html     • 自分のスタンスを意識する。 ­福嶋の信念は、本来重要であるが注目されていないものに価値を与えること。 参考記事:FUKUSHIMA NOTE「川中島の保健室」が保健の未来を変える3つの理由      http://blog.livedoor.jp/shunfukushima/archives/50449910.html• 最も重要なのは、習うより慣れること。何度も何度も書いてみる。 ­福嶋も何度も何度もブログを作っては閉鎖した経験あり。 ­書き続けると、接続詞の使い方、全体の構成などで迷いがなくなる。 参考記事:NAKAHARA-LAB.NET「書くためには、書き続けること」      http://www.nakahara-lab.net/blog/2012/02/post_1833.html• 他のブログを良く読んでみる。 ­文体、記事の構成、着眼点がよくわかる
  • 7. ブログ執筆のコツ1• 文体を統一する。 ­「です。」「だ。」が混在していると読みにくい。どっちでも良いが、どちらかに統一。 ­「だ」は強い思いを感じる、一方で「です。」は丁寧さや温かみを感じる。• 文章全体が一つの作品。 ­長文を書くときには全体のバランスが重要。どんな流れで書くか意識する。 ­福嶋の場合、状況をシェアし、分析と主張を繰り返す手法が多い。• 他人の意見と自分の意見を比べてみる。 ­自分の主張・分析に対する他方面からの意見を記述する。 EX)ちまたではこう言われているけれど…、〇〇はこう言うけれどしかし… 参考記事:CHIKIRINの日記「思考と分析、その微妙かつ決定的な違い」      http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20111028l• 対象を意識する。 ­誰に向けて書いているのか?中学生でもわかるのか?これを意識しながら文章を書く。 参考記事:tate-lab「文章を書くことは、好きな人へのプレゼントをどう決めるかと同じ!?」      http://www.tate-lab.net/mt/2010/04/post-175.htmll
  • 8. ブログ執筆のコツ2• 写真があれば写真をのせる。 ­ビジュアルなブログはわかりやすい。取材したらぜひ写真を!• 項目を区切るのもあり。 ­伝えたいことが多く長文になるときは項目を区切ってもよい。 ex)1.花屋の日常、2.花屋で働く〇〇さんのいま、3.〇〇さんの将来• ナンバリングする。 ­伝えたいポイントがいくつかある際にはナンバリングする。多くて3つまで。 ­ただしナンバリングする際は、同レベルのものを。• 図や表を使う。 ­マトリクスを使うとわかりやすい。 参考記事:FUKUSHIMA NOTE「学生が大学教員に求めるもの、大学が大学教員に求めるもの」      http://blog.livedoor.jp/shunfukushima/archives/50483812.html
  • 9. 複雑な説明も、図や写真を使うとわ かりやすい! 出典:pal9999の日記 http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/
  • 10. おすすめブログの紹介• 日本のジャーナリズムの仕事 $北京万華鏡$ ふるまいよしこ http://wanzee.seesaa.net/ てっちゃんの生きづらさオンライン@JUGEM 渋井哲也 http://shibutetu.jugem.jp/  • デジタル時代のものづくり産業 404 Blog Not Found 小飼弾 http://blog.livedoor.jp/dankogai/
  • 11. おすすめブログの紹介• デジタル時代のエンタテインメント産業 shi3zの日記 清水亮 http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20120417/1334632766 TABLOG 田端信太郎 http://blog.livedoor.jp/tabbata/ ソーシャルメディア時代の新しい仕事 女。MGの日記。 玉置沙由里 http://d.hatena.ne.jp/iammg/ elm200のノマドで行こう 酒井英禎 shinano-omachi.net ihayato.news イケダハヤト http://www.ikedahayato.com/
  • 12. おすすめブログの紹介• グローバルに活躍る仕事 世界級ライフスタイルの作り方 クローデン葉子 http://www.ladolcevita.jp/blog/global/ ON OFF AND BEYOND 渡辺千賀 http://www.chikawatanabe.com/ 愛の日記@ボストン 古賀洋吉 http://yokichi.com/• サポートやコンサルティングの仕事 犬も歩けば渋谷にあたる 坂之上洋子 http://blog.sakanoue.com/ Yoko Ishikura s Blog 石倉洋子 http://yokoishikura.com/ NED-WLT 酒井譲 http://nedwlt.exblog.jp/
  • 13. おすすめブログの紹介• 少子高齢化時代の子育て支援(7/3) Days Like Thinkiful Monologue 駒崎弘樹 http://komazaki.seesaa.net/ 子育てを地域みんなで 千葉子ども学研究会 http://kodomogaku.exblog.jp/• 社会問題の解決を目指す仕事(7/10) Taejunomics 慎泰俊 http://stjofonekorea.blog6.fc2.com/ Like a rolling stone 迫俊亮 http://blog.livedoor.jp/shun964/• 経済活動の先端とかかわる仕事(7/24) 藤野英人【ふっしー】(@fu4)のブログ http://ameblo.jp/hidetofujino/ 生命保険立ち上げ日誌 岩瀬 大輔  http://blog.livedoor.jp/daisuke_iwase/