Asian Aging Summit資料121127
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Asian Aging Summit資料121127

on

  • 391 views

 

Statistics

Views

Total Views
391
Views on SlideShare
391
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Asian Aging Summit資料121127 Asian Aging Summit資料121127 Presentation Transcript

  • Asian Asing Summit 2012高齢者の高齢者による 高齢者のための介護 株式会社かい援隊本部 代表取締役会長 新川政信平成24年11月27日(火)
  • 社会課題-① 2025年介護分野の人手不足 140万人以上へ
  • 社会課題-①どこも預かってくれない 誰も来てくれない 誰も看てくれない
  • 社会課題-②
  • 社会課題-③ 60歳以上2012年3,926万人 元気高齢者84%=3,297万人
  • 元気高齢者知識・経験・技能・人援・有り余る時間と多少のお金 社会のチカラ
  • 元気高齢者の働き方 無理なく できる範囲で社会のお役に立ち 自身のためにも
  • 元気高齢者の働く場“働く場“と“生き甲斐“ そして社会の為に 介護事業所・施設での お仕事
  • 2025年 2025年8月7日 元気高齢者100万人体制を実現
  • 2025年300万人の介護失業を撲滅し、 その解決に元気高齢者100万人を動員!
  • これまでの実績共感登録者 508名人材登録者 190名実稼働者 35名 (11月20日現在)
  • 今後の予定2012年11月 名古屋支部開設2013年3月 福島支部開設予定
  • 基本哲学 社会の主役は、 若者・現役世代元気シニア世代は、 社会の名脇役
  • かい援隊本部の目指すもの元気シニア世代が歩み寄り、若者・現役世代の無限の可能性を引き出せる「社会の仕組み」を構築すること 親が子を慈しみ 子が親を敬う
  • かい援隊本部の目指すもの時空を超え世代を超えた 「共感社会」
  • 最後に84%の元気高齢者が 社会を救う
  • 今やらねばいつ出来る我らがやらねば誰がやる!
  • いつも社会の為に有難う御座います