• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Qpstudy2013.07 devops
 

Qpstudy2013.07 devops

on

  • 577 views

DevOpsの実現に必要なポイントとは何か。 ...

DevOpsの実現に必要なポイントとは何か。
現状の課題を明確にして、将来の解決策を明確にしましょう。

What is the next action to realize the DevOps?

Statistics

Views

Total Views
577
Views on SlideShare
515
Embed Views
62

Actions

Likes
0
Downloads
3
Comments
0

1 Embed 62

https://twitter.com 62

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Qpstudy2013.07 devops Qpstudy2013.07 devops Presentation Transcript

    • DevOpsおかわり qpstudy 2013.01 これからボクらは、ナニを していくべきか
    • DevOpsの理解 DevOps ビジネス/組織 カルチャー ツール/プロセス DevOpsはカルチャー
    • DevOpsの効果・期待 コスト削減 品質の向上 安定した運用 短納期化 Dev Ops DevOps Agility 変化のリスクを低減
    • DEVOPSの課題と解決策
    • DevOps以前・以後 DevOps以前 DevOps以後 Dev Ops End user スキマ スキマを埋める な に か スキマを埋める な に か OpsDev End user スキマの最小化 ベンダー スコープの拡大 歩み寄り スコープの変化を受け入れろ
    • DevOpsの課題と解決策 エンジニア視点 企業視点 お客様視点 DevOpsを知らない スコープ拡大によるコスト増 自身のワーク増に不安 責任分界点が不明確になる スコープ拡大によるコスト増 スキル有のエンジニア不足 スキルのサイロ化 キャリアパスがない スキル習得の時間・資金不足 効果が不明確 効果の指標(KPI)がない 事例がない バズワード化(認知度が低い) 企業風土の喪失 成長結果の客観的指標がない 人月神話の崩壊 正確なDevOpsの認識なし 育成の土壌を醸成 正確な認識を 効果を明確に 短納期化によるコスト削減 サービス品質の向上 安定した運用 正しい定義を展開する お客様への認知を先 情報発信と事例公開 成功報酬型 育成プログラムの計画 キャリアパスの作成 課題 原因 解決策 正確な効果を認識し 育成の土壌を醸成する
    • くわしくはWEBで http://oshiire.to/archives/1781