• Like
Digital OceanでPythonな環境を作ろう(途中成果) Python mini Hack-a-thon #43 成果発表 2014/5/24
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

Digital OceanでPythonな環境を作ろう(途中成果) Python mini Hack-a-thon #43 成果発表 2014/5/24

  • 531 views
Published

Digital OceanとvagrantでPythonな開発&公開環境を作ろう、の巻。 …

Digital OceanとvagrantでPythonな開発&公開環境を作ろう、の巻。

途中成果です。

Published in Engineering
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
531
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Python mini Hack-a-thon #43 成果発表 2014/5/24 Shinichi Nakagawa(@shinyorke) Digital OceanでPythonな環境を作ろう(途中成果)
  • 2. 自己紹介 • @shinyorke(シンヨーク) • SE兼野球アナリスト • 1979.9.6生=34歳 北海道 • 右投げ右打ち 183cm/71kg • 専門学校→ソフトウェアハウス→ 独立系コンサルティングファーム =14年 • 上司&お客様曰く「フルスタック エンジニア」らしい • インフラエンジニア一年生
  • 3. 好きとか得意とか
  • 4. やったこと
  • 5. • vagrantを使ってDigital OceanにDropretを作る • vagrantの設定をいじってpipとvirtualenvを入れる • chef soloを使って野球アプリに必要なモノ(Django とか)を入れる←未達成
  • 6. Digital Ocean? 何それ美味しいの?
  • 7. • AWS EC2やWindows AzureみたいなVPS(IaaS) • シンプルなコンソールとAPI • 全インスタンスタイプがSSD • 月額$5から(512MB Memory,1Core, 20GB SSD, 1TB Transfer) • Asia Regionもアルヨ!(Singapore) = シンプルで高速なVPS(らしい)
  • 8. • 参考: VagrantとSSDなVPS(Digital Ocean)で1時間1円の使い捨て高速サー バ環境を構築する http://blog.glidenote.com/blog/2013/12/05/digital- ocean-with-vagrant/ • Digital Oceanのアカウントを作る • Vagrant Pluginを入れる • Vagrantfileを書く • vagrant upでDropretを作成&起動 -> Done! をvagrantでやってみました
  • 9. Vagrant Pluginを入れる vagrant plugin install vagrant-digitalocean ※vagrantはインストール済みという前提 http://www.vagrantup.com/
  • 10. Vagrantfileを書く Vagrant.configure('2') do ¦config¦ config.vm.hostname = 'dev000.shinyorke.com' # ドメイン名 config.vm.provision "shell", inline: "apt-get install ※ここにインストールしたいライブラリを書く " # provision設定(後述) ! config.vm.provider :digital_ocean do ¦provider, override¦ override.ssh.private_key_path = 'SSH秘密 ' override.vm.box = 'digital_ocean' override.vm.box_url = "https://github.com/smdahlen/vagrant-digitalocean/raw/master/box/digital_ocean.box" ! provider.client_id = 'クライアントID(Digital Oceanが発行)' provider.api_key = 'API Key(Digital Oceanが発行)' provider.image = 'Ubuntu 14.04 x64' # OSバージョンを指定 provider.region = 'Singapore 1' # リージョンを指定 provider.size = '512MB' # インスタンスタイプ(メモリのサイズで指定) provider.ca_path = '/usr/local/opt/curl-ca-bundle/share/ca-bundle.crt' provider.ssh_key_name = shinyorke_rsa' # の名前(Digital Oceanに登録が必要) end ! end 上記を環境に合わせてVagrantfileに保存
  • 11. Dropretを作成 vagrant up --provider=digital_ocean --provision ̶providerでDigital Oceanを指定 ̶provisionは「provisionに書いた設定を使うぜ!」というおまじない
  • 12. できた! とりあえず、SSHで繋がったよ!の絵
  • 13. 宣伝! 野球と知と食べ歩き マニアでやさしい野球の話+食べ歩き、ほぼ毎月更新中 http://www.manaslink.com/gadget_baseball
  • 14. ゲーム・セット! ご清聴ありがとうございました! @shinyorke