Python mini Hack-a-thon #43 成果発表
2014/5/24
Shinichi Nakagawa(@shinyorke)
Digital OceanでPythonな環境を作ろう(途中成果)
自己紹介
• @shinyorke(シンヨーク)
• SE兼野球アナリスト
• 1979.9.6生=34歳 北海道
• 右投げ右打ち 183cm/71kg
• 専門学校→ソフトウェアハウス→
独立系コンサルティングファーム
=14年
• 上司&...
好きとか得意とか
やったこと
• vagrantを使ってDigital OceanにDropretを作る
• vagrantの設定をいじってpipとvirtualenvを入れる
• chef soloを使って野球アプリに必要なモノ(Django
とか)を入れる←未達成
Digital Ocean?
何それ美味しいの?
• AWS EC2やWindows AzureみたいなVPS(IaaS)
• シンプルなコンソールとAPI
• 全インスタンスタイプがSSD
• 月額$5から(512MB Memory,1Core, 20GB SSD, 1TB Transfer...
• 参考: VagrantとSSDなVPS(Digital Ocean)で1時間1円の使い捨て高速サー
バ環境を構築する http://blog.glidenote.com/blog/2013/12/05/digital-
ocean-with...
Vagrant Pluginを入れる
vagrant plugin install vagrant-digitalocean
※vagrantはインストール済みという前提
http://www.vagrantup.com/
Vagrantfileを書く
Vagrant.configure('2') do ¦config¦
config.vm.hostname = 'dev000.shinyorke.com' # ドメイン名
config.vm.provision "shel...
Dropretを作成
vagrant up --provider=digital_ocean --provision
̶providerでDigital Oceanを指定
̶provisionは「provisionに書いた設定を使うぜ!」という...
できた!
とりあえず、SSHで繋がったよ!の絵
宣伝!
野球と知と食べ歩き
マニアでやさしい野球の話+食べ歩き、ほぼ毎月更新中
http://www.manaslink.com/gadget_baseball
ゲーム・セット!
ご清聴ありがとうございました!
@shinyorke
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Digital OceanでPythonな環境を作ろう(途中成果) Python mini Hack-a-thon #43 成果発表 2014/5/24

836 views
758 views

Published on

Digital OceanとvagrantでPythonな開発&公開環境を作ろう、の巻。

途中成果です。

Published in: Engineering
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
836
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
272
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Digital OceanでPythonな環境を作ろう(途中成果) Python mini Hack-a-thon #43 成果発表 2014/5/24

  1. 1. Python mini Hack-a-thon #43 成果発表 2014/5/24 Shinichi Nakagawa(@shinyorke) Digital OceanでPythonな環境を作ろう(途中成果)
  2. 2. 自己紹介 • @shinyorke(シンヨーク) • SE兼野球アナリスト • 1979.9.6生=34歳 北海道 • 右投げ右打ち 183cm/71kg • 専門学校→ソフトウェアハウス→ 独立系コンサルティングファーム =14年 • 上司&お客様曰く「フルスタック エンジニア」らしい • インフラエンジニア一年生
  3. 3. 好きとか得意とか
  4. 4. やったこと
  5. 5. • vagrantを使ってDigital OceanにDropretを作る • vagrantの設定をいじってpipとvirtualenvを入れる • chef soloを使って野球アプリに必要なモノ(Django とか)を入れる←未達成
  6. 6. Digital Ocean? 何それ美味しいの?
  7. 7. • AWS EC2やWindows AzureみたいなVPS(IaaS) • シンプルなコンソールとAPI • 全インスタンスタイプがSSD • 月額$5から(512MB Memory,1Core, 20GB SSD, 1TB Transfer) • Asia Regionもアルヨ!(Singapore) = シンプルで高速なVPS(らしい)
  8. 8. • 参考: VagrantとSSDなVPS(Digital Ocean)で1時間1円の使い捨て高速サー バ環境を構築する http://blog.glidenote.com/blog/2013/12/05/digital- ocean-with-vagrant/ • Digital Oceanのアカウントを作る • Vagrant Pluginを入れる • Vagrantfileを書く • vagrant upでDropretを作成&起動 -> Done! をvagrantでやってみました
  9. 9. Vagrant Pluginを入れる vagrant plugin install vagrant-digitalocean ※vagrantはインストール済みという前提 http://www.vagrantup.com/
  10. 10. Vagrantfileを書く Vagrant.configure('2') do ¦config¦ config.vm.hostname = 'dev000.shinyorke.com' # ドメイン名 config.vm.provision "shell", inline: "apt-get install ※ここにインストールしたいライブラリを書く " # provision設定(後述) ! config.vm.provider :digital_ocean do ¦provider, override¦ override.ssh.private_key_path = 'SSH秘密 ' override.vm.box = 'digital_ocean' override.vm.box_url = "https://github.com/smdahlen/vagrant-digitalocean/raw/master/box/digital_ocean.box" ! provider.client_id = 'クライアントID(Digital Oceanが発行)' provider.api_key = 'API Key(Digital Oceanが発行)' provider.image = 'Ubuntu 14.04 x64' # OSバージョンを指定 provider.region = 'Singapore 1' # リージョンを指定 provider.size = '512MB' # インスタンスタイプ(メモリのサイズで指定) provider.ca_path = '/usr/local/opt/curl-ca-bundle/share/ca-bundle.crt' provider.ssh_key_name = shinyorke_rsa' # の名前(Digital Oceanに登録が必要) end ! end 上記を環境に合わせてVagrantfileに保存
  11. 11. Dropretを作成 vagrant up --provider=digital_ocean --provision ̶providerでDigital Oceanを指定 ̶provisionは「provisionに書いた設定を使うぜ!」というおまじない
  12. 12. できた! とりあえず、SSHで繋がったよ!の絵
  13. 13. 宣伝! 野球と知と食べ歩き マニアでやさしい野球の話+食べ歩き、ほぼ毎月更新中 http://www.manaslink.com/gadget_baseball
  14. 14. ゲーム・セット! ご清聴ありがとうございました! @shinyorke

×