『 Web2.0 』の情報流通  第 26 回新潟デジタル・メディア研究会 2008/03/18 一戸信哉 敬和学園大学人文学部国際文化学科
プロフィール <ul><li>shinyai </li></ul><ul><li>敬和学園大学の「情報」担当( 2 年目) </li></ul><ul><ul><li>法学研究者 </li></ul></ul><ul><ul><li>流れ流れて...
今日話したいこと <ul><li>Youtube 、ニコニコ動画へのテレビ番組のアップロード </li></ul><ul><li>音楽コンテンツの違法流通 </li></ul><ul><li>「以外で」、ネット上ではどのような情報流通が起こって...
佐々木俊尚氏:「 UFO キャッチャー」論 <ul><ul><li>「 Web2.0 というのは――乱暴を承知でビジネス的にごく単純化してしまえば、極大化されたデータベースの海と、そこから的確に有用なデータを拾い上げるための「 UFO キャッチ...
ニコニコ動画、著作権侵害のテレビ番組動画をすべて削除へ -- 放送局に申し入れ <ul><li>  ニワンゴはテレビ局 6 社に対し、 </li></ul><ul><li>ニコニコ動画内における既存の著作権侵害放送番組動画はすべて削除する </...
一戸の「ルーティン」のコア部分 <ul><li>RSS リーダ、 Twitter 、 Tumblr 、 Zooomr で情報収集 </li></ul><ul><li>気になった記事をはてなブックマークと del.icio.us にダブルポスト(...
Andrew Shuttleworth 氏が作成
RSS リーダの中身 <ul><li>各種のブログ </li></ul><ul><li>ニュースサイトからの「全文配信」 (Yahoo! Pipes を利用したもの) </li></ul><ul><ul><li>フィードがないものは作るか、読ま...
 
ソーシャルブックマーク( SBM) <ul><li>はてなブックマーク(日本) </li></ul><ul><li>Del.icio.us (米) </li></ul><ul><li>ブックマークレット + スクリプトで、はてなブックマークと ...
SBM で起こること <ul><li>タグで分類されるとともに、コメントがつく(批判されることもある) </li></ul><ul><li>閾値を超えるとホットエントリー(最近の人気エントリ)へ </li></ul><ul><li>お気に入り ...
Flickr と関連サービス <ul><li>写真をアップロードして、タグで分類 </li></ul><ul><ul><li>タグはいくつでもつけられるので、分類先に困ることがない </li></ul></ul><ul><ul><li>コメント...
Twitter <ul><li>2006 年 7 月にスタートした「ミニブログ」 </li></ul><ul><ul><li>「 What are you doing? 」に答える </li></ul></ul><ul><li>2007 年春ご...
一戸の Twitter 利用法 <ul><li>受け手として:  Yahoo! News, BBC World, NY Times 、ロイター、 47 News (Kyodo), Itmedia 、はてなブックマーク( 50 以上)、ネタフル、...
Tumblr <ul><li>Twitter と同時期にブレークした「ミニブログ」 </li></ul><ul><li>スクラップブック的な使い方がメイン </li></ul><ul><li>「引用」? </li></ul><ul><li>Da...
Zooomr <ul><li>19 歳の Kristopher Tate が Founder (本拠地:表参道)  </li></ul><ul><li>Twitter 的なミニブログ機能を備えた写真共有サイト </li></ul><ul><li...
ICHINOHE Blog <ul><ul><li>2004 年 9 月にココログでスタート(それ以前は不明) </li></ul></ul><ul><ul><li>アクセス数: 6000 強/月 </li></ul></ul><ul><ul>...
ブログを巡る状況 <ul><li>「 Blog  訪問者「 50 人以上」には相変わらず越えられない壁」:全体の 67 %が一日 50 人以下の訪問者 </li></ul><ul><li>終わらない「匿名/実名」論争 </li></ul><ul...
ブログを解析 <ul><li>アクセスログ </li></ul><ul><ul><li>Google Analytics </li></ul></ul><ul><li>「なかのひと」 </li></ul><ul><li>トラックフィード </l...
Facebook と Friendfeed <ul><li>複雑化したフィードをまとめる方向? </li></ul><ul><li>Facebook は昨年「オープン化」して以降急激に普及したSNS </li></ul><ul><ul><li>...
地図情報の可能性 <ul><li>Google Maps だけではない </li></ul><ul><li>ONGMAP : GMAP 上で、さまざまなサイトの情報を集約し表示する(地図から探す) </li></ul><ul><li>ALPS ...
携帯利用は? <ul><li>Gmail </li></ul><ul><li>RSS リーダー </li></ul><ul><li>Zooomr 、 Flickr 、 Blog にはメールで投稿できる(あまりやらない) </li></ul><u...
だから何? <ul><li>情報の大海は拡大を続けているが、その「整理」や「連携」が進んできている。 </li></ul><ul><ul><li>しゃべりたがり、書きたがりが前に </li></ul></ul><ul><ul><li>権威の効き...
マネタイズ:もうかる Web2.0? <ul><li>アフィリエイトや広告で暮らせる人はほとんどいない </li></ul><ul><li>アフィリエイトは売り上げの数% </li></ul><ul><li>「本を出す」「お金をもらって原稿を書...
「地方」ネタは「バイラル」にのせられないのか? <ul><li>ネットでは、「 Geek× 都市」の話題が中心 </li></ul><ul><li>居住するユーザが少なければ、情報も累積しない </li></ul><ul><li>メディアからの...
個人的なデメリット <ul><li>「敬和学園大学」カテゴリーのブログエントリーは、進学サイトよりも上に来てしまった </li></ul><ul><ul><li>下手なことは書けない </li></ul></ul><ul><li>研究テーマにす...
デメリットを上回るメリット <ul><li>自分の属する組織の知名度向上に役立っている(と信じたい) </li></ul><ul><li>古い友人知人から連絡が来る(と思ったが、同世代にヘビーユーザは少ない) </li></ul><ul><li...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「Web2.0」の情報流通

1,891 views

Published on

Information distribution in Web 2.0

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,891
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
23
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

「Web2.0」の情報流通

  1. 1. 『 Web2.0 』の情報流通 第 26 回新潟デジタル・メディア研究会 2008/03/18 一戸信哉 敬和学園大学人文学部国際文化学科
  2. 2. プロフィール <ul><li>shinyai </li></ul><ul><li>敬和学園大学の「情報」担当( 2 年目) </li></ul><ul><ul><li>法学研究者 </li></ul></ul><ul><ul><li>流れ流れて「実習」も担当することになった </li></ul></ul><ul><ul><li>いまさらデスクトップアプリケーションだけをやるのもつまらない(新潟では「 Office 」が大事、と言われても) </li></ul></ul><ul><ul><li>梅田望夫『 Web 進化論』を筆頭に、 Web2.0 本を読む </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>「あちら側」を実践してみよう </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>玉石混交から「玉」を取り出す </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>試行錯誤の連続 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>テキストと写真が中心 </li></ul></ul></ul>
  3. 3. 今日話したいこと <ul><li>Youtube 、ニコニコ動画へのテレビ番組のアップロード </li></ul><ul><li>音楽コンテンツの違法流通 </li></ul><ul><li>「以外で」、ネット上ではどのような情報流通が起こっているのか(起こりうるのか)。 </li></ul><ul><li>モバゲーや mixi よりも、もうちょっとマニアックな PC ユーザ層のトレンド </li></ul><ul><ul><li>一年前のユーザ調査では、 Twitter 利用者は 1 %、知っている人が 12 % </li></ul></ul><ul><li>自分のユーザ体験に基づく偏りはあると思います。 </li></ul>
  4. 4. 佐々木俊尚氏:「 UFO キャッチャー」論 <ul><ul><li>「 Web2.0 というのは――乱暴を承知でビジネス的にごく単純化してしまえば、極大化されたデータベースの海と、そこから的確に有用なデータを拾い上げるための「 UFO キャッチャー」アーキテクチャーという、 2 つの層からなっているように思われる。 </li></ul></ul><ul><ul><li>Web2.0 は良くできた「 UFO キャッチャー」だ ( 2006 年 12 月 15 日 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0612/15/news039.html </li></ul></ul><ul><ul><li>最近は「レコメンデーション」 </li></ul></ul>
  5. 5. ニコニコ動画、著作権侵害のテレビ番組動画をすべて削除へ -- 放送局に申し入れ <ul><li>  ニワンゴはテレビ局 6 社に対し、 </li></ul><ul><li>ニコニコ動画内における既存の著作権侵害放送番組動画はすべて削除する </li></ul><ul><li>新規投稿動画の監視を行い著作権侵害放送番組動画については直ちに削除する </li></ul><ul><li>という内容の申入書を提出したという。 </li></ul><ul><li>( CNET   Japan   2008 年 3 月 11 日記事 </li></ul><ul><li>http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20369154,00.htm ) </li></ul><ul><li>テレビのコンテンツと決別「可能」という判断か? </li></ul>
  6. 6. 一戸の「ルーティン」のコア部分 <ul><li>RSS リーダ、 Twitter 、 Tumblr 、 Zooomr で情報収集 </li></ul><ul><li>気になった記事をはてなブックマークと del.icio.us にダブルポスト( Tumblr でリブログ) </li></ul><ul><li>撮った写真は Flickr にアップロード(たまに Zooomr にもアップロード) </li></ul><ul><li>ブックマークした記事の一部についてブログに書く </li></ul><ul><li>ブックマーク、 Flickr 、ブログの更新情報が、 Twitter 、 Tumblr 、 Facebook 、 Skype (のムードメッセージ)に表示される </li></ul><ul><li>Firefox で、 Greasemonkey やアドオンを活用 </li></ul>
  7. 7. Andrew Shuttleworth 氏が作成
  8. 8. RSS リーダの中身 <ul><li>各種のブログ </li></ul><ul><li>ニュースサイトからの「全文配信」 (Yahoo! Pipes を利用したもの) </li></ul><ul><ul><li>フィードがないものは作るか、読まない。 </li></ul></ul><ul><li>自分のブログへのリンクに関するフィード( trackfeed) </li></ul><ul><li>Youtube 、 Flickr 、 Google ブログ検索などで、特定タグについての情報を抽出するフィード </li></ul><ul><ul><li>「敬和学園大学」 </li></ul></ul>
  9. 10. ソーシャルブックマーク( SBM) <ul><li>はてなブックマーク(日本) </li></ul><ul><li>Del.icio.us (米) </li></ul><ul><li>ブックマークレット + スクリプトで、はてなブックマークと del.icio.us にクロスポスト </li></ul><ul><li>Twitterfeed で twitter に表示 </li></ul><ul><li>Tumblr にも表示 </li></ul><ul><li>ブログサイドバーにも表示 </li></ul><ul><li>ソーシャルニュース: digg や Newsing </li></ul>
  10. 11. SBM で起こること <ul><li>タグで分類されるとともに、コメントがつく(批判されることもある) </li></ul><ul><li>閾値を超えるとホットエントリー(最近の人気エントリ)へ </li></ul><ul><li>お気に入り </li></ul><ul><li>リンク元の表示 </li></ul><ul><li>全体としてアクセス数、ページランクを押し上げる </li></ul>
  11. 12. Flickr と関連サービス <ul><li>写真をアップロードして、タグで分類 </li></ul><ul><ul><li>タグはいくつでもつけられるので、分類先に困ることがない </li></ul></ul><ul><ul><li>コメントや Fav 機能などにより、「玉」を抽出 </li></ul></ul><ul><ul><li>現在は米 Yahoo! が運営 </li></ul></ul><ul><ul><li>近く動画にも対応という噂 </li></ul></ul><ul><li>Moo </li></ul><ul><ul><li>センスのよい Mini Card などを、 Flickr の写真を使って設定したものを、印刷して London から郵送してくれる。 </li></ul></ul><ul><li>Photophlow </li></ul><ul><ul><li>Flickr の写真を見ながらチャット </li></ul></ul><ul><ul><li>Fav や Tumblr への投稿等ができる </li></ul></ul><ul><li>Alpslab Photo </li></ul><ul><li>Flickrvision </li></ul>
  12. 13. Twitter <ul><li>2006 年 7 月にスタートした「ミニブログ」 </li></ul><ul><ul><li>「 What are you doing? 」に答える </li></ul></ul><ul><li>2007 年春ごろに日本でも爆発的にヒット </li></ul><ul><li>2008 年春に日本語版のリリースが予定されている </li></ul><ul><li>Third Party のサービスが充実 </li></ul><ul><ul><li>Twitterfeed で各種フィードの読み込み </li></ul></ul><ul><ul><li>Bot も多数(ニュース配信から高田純次まで) </li></ul></ul><ul><ul><li>Mova Twitter で携帯から位置情報を送信(近くに別のユーザがいると通知してくる by nearmiss ) </li></ul></ul><ul><ul><li>Twittervision で、世界地図上のつぶやきを一覧 </li></ul></ul><ul><ul><li>Tweetbar ( Firefox のサイドバー) </li></ul></ul><ul><ul><li>はてなグループ :: ついったー部 </li></ul></ul><ul><ul><li>突発的「飲み会」「オフ会」多数:新潟でも今月初開催 </li></ul></ul>
  13. 14. 一戸の Twitter 利用法 <ul><li>受け手として:  Yahoo! News, BBC World, NY Times 、ロイター、 47 News (Kyodo), Itmedia 、はてなブックマーク( 50 以上)、ネタフル、みたいもん、その他のブログ </li></ul><ul><ul><li>Tweetbar を利用 </li></ul></ul><ul><ul><li>渋谷のサウナ爆発 </li></ul></ul><ul><li>送り手として: ICHINOHE Blog, はてなブックマーク、 Flickr など( Twitterfeed 使用) </li></ul><ul><ul><li>「つぶやき」は、たまに Zooomr から。「実況中継」をすることも。 </li></ul></ul><ul><ul><li>Mova Twitter の「イマココ」もたまに使用する </li></ul></ul>
  14. 15. Tumblr <ul><li>Twitter と同時期にブレークした「ミニブログ」 </li></ul><ul><li>スクラップブック的な使い方がメイン </li></ul><ul><li>「引用」? </li></ul><ul><li>Dashboard 上での Reblog 機能で、別の人のページのエントリーを転載(転載の連鎖) </li></ul><ul><li>一戸の使い方 </li></ul><ul><ul><li>ブログ、 SBM 、 Flickr などをフィード登録(自動的に投稿) </li></ul></ul><ul><ul><li>時々 Reblog </li></ul></ul>
  15. 16. Zooomr <ul><li>19 歳の Kristopher Tate が Founder (本拠地:表参道) </li></ul><ul><li>Twitter 的なミニブログ機能を備えた写真共有サイト </li></ul><ul><li>Twitter への同時投稿が可能に </li></ul><ul><li>サードパーティを含めたサービスの充実が鍵? </li></ul>
  16. 17. ICHINOHE Blog <ul><ul><li>2004 年 9 月にココログでスタート(それ以前は不明) </li></ul></ul><ul><ul><li>アクセス数: 6000 強/月 </li></ul></ul><ul><ul><li>記事を紹介する場合には、ブックマークレット(クイック投稿)を使用 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>引用が容易 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ブログパーツとして、ブックマーク、 Flickr の写真、購入した本のリスト、他のソーシャルサービスの ID など( ID は一貫したものを用いる) </li></ul></ul>
  17. 18. ブログを巡る状況 <ul><li>「 Blog 訪問者「 50 人以上」には相変わらず越えられない壁」:全体の 67 %が一日 50 人以下の訪問者 </li></ul><ul><li>終わらない「匿名/実名」論争 </li></ul><ul><li>炎上 </li></ul><ul><li>専門分化 </li></ul><ul><li>ブログ限界論 </li></ul><ul><ul><li>スプログ </li></ul></ul><ul><ul><li>ブログを除く検索 </li></ul></ul><ul><ul><li>「 mixi 」で十分な人、 VOX </li></ul></ul><ul><li>米国では、広告市場が確立しつつある </li></ul>
  18. 19. ブログを解析 <ul><li>アクセスログ </li></ul><ul><ul><li>Google Analytics </li></ul></ul><ul><li>「なかのひと」 </li></ul><ul><li>トラックフィード </li></ul><ul><li>ブログにおける情報の蓄積、連携、波及 </li></ul><ul><ul><li>脳内メーカー </li></ul></ul><ul><ul><li>アイバンラーメン </li></ul></ul><ul><ul><li>敬和の日本酒 </li></ul></ul><ul><li>既存メディアで取り上げられた話題への反応は大きい </li></ul>
  19. 20. Facebook と Friendfeed <ul><li>複雑化したフィードをまとめる方向? </li></ul><ul><li>Facebook は昨年「オープン化」して以降急激に普及したSNS </li></ul><ul><ul><li>友人が、新しいアプリケーションを追加したら、別の友人を登録したりする行動が、すべて把握できる </li></ul></ul><ul><li>Friendfeed は、友人が集約した各種の Feed を、 Feed で取得できる </li></ul><ul><li>Mixi の「オープン化」は進むのか? </li></ul>
  20. 21. 地図情報の可能性 <ul><li>Google Maps だけではない </li></ul><ul><li>ONGMAP : GMAP 上で、さまざまなサイトの情報を集約し表示する(地図から探す) </li></ul><ul><li>ALPS LAB Route:  移動ルートを地図上にまとめて、データ化(印刷も可能) </li></ul><ul><li>楽天 Map :お店等の情報をユーザが登録できる( GPS で付近のお店を探せる) </li></ul><ul><li>ちず丸 </li></ul>
  21. 22. 携帯利用は? <ul><li>Gmail </li></ul><ul><li>RSS リーダー </li></ul><ul><li>Zooomr 、 Flickr 、 Blog にはメールで投稿できる(あまりやらない) </li></ul><ul><li>Twitter (Mova Twitter ) </li></ul><ul><li>Mixi </li></ul>
  22. 23. だから何? <ul><li>情報の大海は拡大を続けているが、その「整理」や「連携」が進んできている。 </li></ul><ul><ul><li>しゃべりたがり、書きたがりが前に </li></ul></ul><ul><ul><li>権威の効き目はあまりない </li></ul></ul><ul><ul><li>「評価」を偽装するスパムとのいたちごっこ </li></ul></ul><ul><li>発信者:自社サイトを自己完結的に見るのではなく、ネット全体でのプレゼンスを評価 </li></ul><ul><ul><li>どこに、どのような形で情報が流通しているかを見ることにより、効率的な情報発信が可能 </li></ul></ul><ul><ul><li>個人 ID は統一したほうがよい。 </li></ul></ul><ul><li>受信者:情報収集を効率化する(という欲求は一般にもあるのだろうか?) </li></ul>
  23. 24. マネタイズ:もうかる Web2.0? <ul><li>アフィリエイトや広告で暮らせる人はほとんどいない </li></ul><ul><li>アフィリエイトは売り上げの数% </li></ul><ul><li>「本を出す」「お金をもらって原稿を書く」「講演する」 </li></ul><ul><ul><li>新書を書く人は増えている </li></ul></ul><ul><li>ブログエントリーを広告化するという問題 </li></ul>
  24. 25. 「地方」ネタは「バイラル」にのせられないのか? <ul><li>ネットでは、「 Geek× 都市」の話題が中心 </li></ul><ul><li>居住するユーザが少なければ、情報も累積しない </li></ul><ul><li>メディアからのフィードと Permalink の可能性 </li></ul><ul><ul><li>敬和の「日本酒」の例 </li></ul></ul><ul><ul><li>「強み」のないものは、 Web でも救われることはない。しかし、「強み」が急に発揮されることはある </li></ul></ul>
  25. 26. 個人的なデメリット <ul><li>「敬和学園大学」カテゴリーのブログエントリーは、進学サイトよりも上に来てしまった </li></ul><ul><ul><li>下手なことは書けない </li></ul></ul><ul><li>研究テーマにすると「寝た子を起こす」ことになる </li></ul><ul><ul><li>全文配信問題 </li></ul></ul><ul><ul><li>Reblog 問題 </li></ul></ul><ul><li>頭がタグ分類になり、体系的思考ができなくなっている。 </li></ul><ul><li>見る人が見れば、格調の低さがばれる </li></ul>
  26. 27. デメリットを上回るメリット <ul><li>自分の属する組織の知名度向上に役立っている(と信じたい) </li></ul><ul><li>古い友人知人から連絡が来る(と思ったが、同世代にヘビーユーザは少ない) </li></ul><ul><li>仕事の依頼が来る(さらに増えると信じたい) </li></ul><ul><li>自分の人となりをあらかじめ理解してもらえる </li></ul>

×