Your SlideShare is downloading. ×
0
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
ソーシャルメディアと行政広報
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

ソーシャルメディアと行政広報

815

Published on

国土交通省北陸地方整備局の広報担当者の皆さんにお話ししました。

国土交通省北陸地方整備局の広報担当者の皆さんにお話ししました。

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
815
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • Transcript

    • 1. 「ソーシャルメディア と行政広報」 20120924 一戸信哉(敬和学園大学)
    • 2. プロフィール• 一戸信哉(いちのへしんや)、青森県出身• 2006年10月より敬和学園大学人文学部国際文化学科• 情報法・情報メディア論• ソーシャルメディア/ソーシャルウェブの社会的なインパクトに関心• 情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 大会運営委員長:今年度は10/12-13開催
    • 3. shinyaiとしての活動• 新潟ソーシャルメディアクラブ(NSMC)• 新潟フォトウォーク
    • 4. 新潟ソーシャルメディアクラブ• パーティ形式で、Twitterなどソー シャルメディアについて学び、交流• 過去のゲスト • @ksorano :そらの(ケツダンポト フ)末広栄二さん(元テーブルマー ク、元トリドール広報)@tsuda:津 田大介さん(メディアジャーナリス ト)@knnkanda :神田敏晶さん (ジャーナリスト)いしたにまさきさ ん(みたいもん!)コグレマサトさ ん(ネタフル)閑歳孝子さん(ユー ザローカル)浅枝大志さん (Beatrobo)
    • 5. 新潟フォトウォーク• 県内各地を訪ねて、みんなで写真を撮り、写真共有サイトで共有する• Creative Commonsで公開し、新潟の写真データベースに –新潟×3、新発田、柏崎(高柳)、栃尾、村 上、弥彦、燕、田上、佐渡、上越
    • 6. 今日のトピックス• オープンデータと行政広報:何が求められているの か?• ソーシャルメディアの最新動向 • 主要SNSの動向と行政広報の課題 • FacebookとTwitter • 新興ソーシャルメディア • Google+, LINE, Pinterest
    • 7. 「電子行政オープンデータ戦略」(高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部決定平 成 2 4 年 7 月 4 日)
    • 8. 何が求められているのか?• データを公開し、民間が自由に加工 • 「使われてなんぼ」:権利関係の整理(国際 的な共有を目指すならCreative Commons?) • 正確性の担保、機密情報の扱いなど• 「広がり」の成功体験を重ねていくことが大事
    • 9. 国土交通省が設定したTwitterアカウントは4つ
    • 10. 何が求められているのか?• マスメディアを介さない直接的な広報手段と してのソーシャルメディア• いざというとき使える状態になっているか• 「対話的に」という課題• データを「食べやすく」して送り出す?
    • 11. 主要ソーシャルメディア
    • 12. • ニールセン・ネットレイティング2011年10月(ブログ“in the loop” 齋藤徹氏のまとめ)
    • 13. ニールセン・ネットレイティング2012年8月(ブログ“in the loop” 関根健介氏のまとめ)
    • 14. 人名で検索でき、友達同士の信頼関係をベースにした情報流通を世界9億ユーザ。日本でも「検索してみる」習慣が根付きつつある?
    • 15. 善意のシェアに潜む罠四川大地震の写真が、東日本大震災に関連したストーリーにす 金環日食の時に出回った、数年り替えられてシェアされ続けた 前のタイの日食時の写真(いい話なので嘘だったとして も構わない!)
    • 16. Webページに代替する? Facebookページ• 旧「ファンページ」• いわば「法人アカウント」として情報発信ができる• ウェブページ以上のアクセス数(ファン数)を集めている企業 やアーティストなども• しかし実際に生き残るかどうかはまだ未知数 – エッジランクの問題 – 個人のつながりに基づかないのであれば、「ブランド力」 が必要
    • 17. Facebookページ 有効活用のコツ• 自前主義にこだわらない • 関連する他のユーザからの情報を積極的にシェア • リンク情報でもよい• 写真を入れるようにする(クリック率が大きく変わる) • 動画の反応はあまりよくない• 書きっぱなしにせず、反応を日々確認する• コメントには「いいね」でもよいから反応する
    • 18. Facebook:フィード購読• 友人とファンを区別• 公開フィードを購読する一方向の関係 を設定可能に • Twitterと同じ使い方が可能に
    • 19. Facebookのタグ付け、顔認識問題 • Facebookでは、ユーザ間で「この人は誰か」 をタグ付けできる –プライバシー設定を細かく設定しておかな いと、いつのまにか「顔バレ」する • 同じ顔の写真を認識する機能も動き始めて いる • face.comを買収し、さらに機能向上?
    • 20. フィードの量を調節• あんまり見たくない人/全部見たい
    • 21. あまり見せない方法• 「友達−制限」:友人から削除しない が、「公開」ポスト以外は見せない
    • 22. Twitter• ユーザ数2−3億• Retweetの拡散力• Twitter革命? • 「動員の革命」(津田大介)• 揺らぐTwitter情報の信頼性 • 311以後匿名情報の不安定さが顕著に• オープンなのに気軽に書ける:炎上しやすい?
    • 23. Moscowby Nicobobinus Photo by mpeake By david_shankbone
    • 24. バルス
    • 25. Twitter検索の威力• Google リアルタイム検 索の終了 (2011)• Yahoo! リアルタイム検 索が検索範囲を30日に 拡大• Twitter自身は依然7日間
    • 26. Tw関連サービス:Favstar
    • 27. Tw関連サービス:Buzztter•
    • 28. インフルエンサーの台頭• Klout (米)• Userchart (日)• 影響力の強いソーシャ ルメディアユーザやブ ロガーにより、広く情 報の拡散が期待できる• 日頃から、「発信力」 を高めておく必要が有 る?
    • 29. 行政機関アカウントをどう使うか?• インフルエンサーになれるか?:容易ではないと思う• 「おそれいりこだし」作戦は可能か? • 検索して話しかける(自分たちでやっても「監視」と はいわれまい)→内部のハードルは高そう• マニアックだが、コアなファンがいる分野で、ボットとし て情報を自動更新する?(民間に任せるべき?)• 必要な人に情報が行きわたること • 非常時でも使えるように備えておくこと • インフルエンサーとのつながりを強める取り組み?
    • 30. 新興ソーシャルメ ディアの動き
    • 31. Google+ and AKB48• AKB48のメンバーが Google+に参加 • http:// gplus.userlocal.jp/
    • 32. Google+ハングアウト• 会議機能+Youtubeでライ ブ配信(+アーカイブ)• Skypeのような友人同士の 「テレビ電話」から、ス トリーミング配信へ • Ustreamやニコ生と競 合できるか? • 自民党が積極的に活用
    • 33. 「友達とだけ交流・共有したい」
    • 34. 友だちとの会話ツールから出発し て急速に成長:LINE• 国内2350万ユーザ • 世界5000万ユーザ• 無料通話とメッセージ• 多様な絵文字とキャラクター • 感情を伝えやすい• 友達自動追加で急速に普及
    • 35. 急速な成長 プレスリリース「「LINE」、登録ユーザー数が世界5,000万人を突破ロシア周辺諸国でも利用者数が急増、今後は北米・中国市場にも本格進出」
    • 36. LINE公式アカウント
    • 37. 非公認「出会い系」サービ ス(?)
    • 38. • そしてLINEも「タイム ライン」へ• Twitterのような「公 開」ではなく、友だ ちに近況を見せるよ うな使い方を想定
    • 39. • 楽天が出資 Pinterest• テーマごとにBoardを設定し、Pin機能で画 像などを自由に取り込む • フォローもBoardごとに設定できる• Tumblrよりも女性のユーザが多い• 企業もテーマごとのページを設定しやすい • 価格帯ごとのギフト検索もしやすい(価 格を入れてECサイトへ誘導しやすい) “Pinterest: Everything You Wanted to Know About 2012ʹ′s Hottest Startup” (Mashable)
    • 40. Pinterest Pinterest: 前年比 4377% の伸び (訪 問者ベース) Twitter: 58% LinkedIn: 67% Tumblr: 168% Facebook: 4%「合衆国2012年のインターネット状況:Pinterestが前年比4000%成長,ecはAmazonのほぼ独壇場」 (TechcrunchJune14th,2012)
    • 41. ソーシャルメディアの早い「栄枯盛衰」にどう対処するか?• とにかく多くの人々に届ける• 「ホームとしてのブログ」(コグレマサ トさん)→「ホームとしての公式ウェブ ページ」(行政文書の保存も重要)• それぞれのサービスの特徴を踏まえる

    ×