新潟大学「情報リテラシー概論」11-13回

2,031
-1

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,031
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

新潟大学「情報リテラシー概論」11-13回

  1. 1. 情報リテラシー概論 11-13 「 Web2.0 など新技術」 一戸信哉(敬和学園大学)
  2. 2. 本科目の評価方法 <ul><li>小テスト:最終回に実施 </li></ul><ul><li>Twitter での参加 </li></ul><ul><ul><li>ハッシュタグ #niil11 のついた発言(前後の単語との間には半角スペース) </li></ul></ul><ul><ul><li>内容の要約をもっとも評価(ほか、質問、コメントなども歓迎) </li></ul></ul><ul><ul><li>ID とお名前・学籍番号のひもづけは、メールか DM (送信可能な場合)で行います。自分のアカウントからご連絡ください。 </li></ul></ul><ul><li>その他: Blog 、 Facebook など(公開状態になっていること) </li></ul><ul><li>電子メール送信先: [email_address] </li></ul>
  3. 3. プロフィール <ul><li>2006 年 10 月より敬和学園大学人文学部国際文化学科(前任校は北海道) </li></ul><ul><li>専門:情報法 </li></ul><ul><ul><li>ソーシャルメディア/ソーシャルウェブの社会的なインパクトに関心 </li></ul></ul><ul><li>テレビ、ラジオ、新聞などの Twitter 特集に時々出ています </li></ul><ul><li>情報ネットワーク法学会理事、情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会幹事 </li></ul><ul><li>情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢  </li></ul>
  4. 4. shinyai としての活動 <ul><li>新潟ソーシャルメディアクラブ( NSMC ) </li></ul><ul><li>新潟フォトウォーク </li></ul>
  5. 5. 新潟ソーシャルメディアクラブ <ul><li>パーティ形式で、 Twitter などソーシャルメディアについて学び、交流 </li></ul><ul><li>毎回 50 - 70 名が参加 </li></ul><ul><li>過去のゲスト </li></ul><ul><ul><li>@ksorano : そらの(ケツダンポトフ) </li></ul></ul><ul><ul><li>@katokichicoltd :カトキチ広報部長 </li></ul></ul><ul><ul><li>@tsuda :津田大介氏(メディアジャーナリスト) </li></ul></ul><ul><ul><li>@twinswanlake ( スワンレイクビール) </li></ul></ul><ul><ul><li>@knnkanda ( ジャーナリスト) </li></ul></ul>
  6. 6. 新潟フォトウォーク <ul><li>県内各地を訪ねて、みんなで写真を撮り、写真共有サイトで共有する </li></ul><ul><ul><li>新潟 × 3、新発田、柏崎(高柳)、栃尾、村上、弥彦、燕、田上 </li></ul></ul><ul><ul><li>カメラはなんでもよい </li></ul></ul><ul><ul><li>参加者は現在 30 人規模に </li></ul></ul><ul><ul><li>隔月開催 </li></ul></ul>
  7. 7. その他 <ul><li>ときめいとで勉強会(次回は 7 月 8 日) </li></ul><ul><li>新潟市事業仕訳けの Ustream 配信 </li></ul><ul><li>新潟インターネットテレビとのダダ漏れ会議 </li></ul><ul><li>新潟市議の Twitter アカウント作成ダダ漏れ </li></ul><ul><li>新潟大学の学生の皆さんにも、積極的に参加してほしい </li></ul>
  8. 9. 今回話したい内容 <ul><li>最近のソーシャルメディア事情 </li></ul><ul><li>私のソーシャルメディア活用実態 </li></ul><ul><li>大震災とソーシャルメディア </li></ul>
  9. 10. Web 2.0 とはなんだったのか? <ul><li>2005 年にティムオライリーが発表 </li></ul><ul><ul><li>「 What is Web 2.0 ?」 </li></ul></ul><ul><ul><li>CNET Japan 訳がウェブにも残っている </li></ul></ul>
  10. 11. <ul><li>プラットフォームとしての Web :ウェブ経由でのサービス提供 </li></ul><ul><li>集合知の活用 </li></ul><ul><li>データは次世代の「インテル・インサイド」:大量のデータの処理が、サービスの肝 </li></ul><ul><li>ソフトウェアリリースサイクルの終焉:永遠のベータ版 </li></ul><ul><li>軽量なプログラミングモデル:軽量なプログラムのマッシュアップ </li></ul><ul><li>単一デバイスの枠を超えたソフトウェア:どこからでも使える </li></ul><ul><li>リッチなユーザ体験:高速、グラフィカル、双方向性 </li></ul>
  11. 12. ソーシャルメディア <ul><li>ユーザが、発信、評価などの形で積極的に参加することで成り立っているメディア </li></ul><ul><li>CGM :消費者が生成するメディア </li></ul><ul><li>ビデオ: Did you know ? 4.0 </li></ul><ul><li>ビデオ:ソーシャルメディア革命 </li></ul>
  12. 13. 背景にあるもの <ul><li>メディアコミュニケーションの変容(受け身から能動) </li></ul><ul><li>能動的発信には負担が伴う(小さなさざなみ・共感でもよい。選べる発信内容) </li></ul><ul><li>社会的負担・不安:炎上。処理不可能な人々の「思い」(実は「朝生」では処理されていた?) </li></ul><ul><li>さまざまなギャップから、発信者は育っていないが、口コミの力は確認されつつある(震災時の Twitter 検索) </li></ul>
  13. 14. Blog から Twitter へ <ul><li>Blog の起源 </li></ul><ul><li>Twitter はどのように始まったのか </li></ul>
  14. 15. 日本ではブログ以前に Web 日記 <ul><li>90 年だから 2000 年代初頭 </li></ul><ul><li>日記猿人・日記才人など </li></ul><ul><li>リンク集 + 更新情報サイト </li></ul><ul><li>投票システムで人気投票 </li></ul><ul><li>さるさる日記を契機に、ある程度簡単なシステムが登場し始めたが、それ以前はタグを手打ちしていた </li></ul>
  15. 16. Blog のきっかけは、イラク戦争 <ul><li>Evan Williams らが Blogge rをスタート( 2003 年) </li></ul><ul><li>イラクからの現地報告、あるいはメディアに載らない戦争反対の論調が、ブログを介して、多くの人々に注目されるように </li></ul><ul><li>Movable Type や Wordpress が現在の主流 </li></ul><ul><li>日本のブログサービスは、 Ameblo ? </li></ul><ul><li>RSS フィードが標準装備されている </li></ul>
  16. 17. Blog の敷居の高さ <ul><li>タイトルを考えるのが面倒 </li></ul><ul><li>まとまった文章を書く必要がある? </li></ul><ul><li>集客力がないと閑古鳥 </li></ul><ul><ul><li>アメブロは、素人向けにも集客ツールを用意 </li></ul></ul><ul><li>その割には炎上する? </li></ul><ul><li>RSS リーダの仕組みがわかりずらい </li></ul>
  17. 18. Twitter <ul><li>2006 年に登場し、 2010 年に定着 </li></ul><ul><li>タイトルは不要(敷居が低い) </li></ul><ul><li>140 文字の制限 </li></ul><ul><li>  Twitter 生態系(エコロジー)の発達 </li></ul><ul><li>他のユーザとの連携が容易(その割に荒れにくい </li></ul><ul><li>リアルタイム性と伝播の速さ( RT) </li></ul>
  18. 19. 敗れ去った「ミニブログ」たち(と、存続している競合サービス) <ul><li>もごもご(終了) </li></ul><ul><li>Timelog (サービス形式を変更) </li></ul><ul><li>Nowa(Livedoor 、終了 ) </li></ul><ul><li>Friendfeed(Facebook が買収) </li></ul><ul><li>Ameba なう(存続中) </li></ul><ul><li>Wassr (存続中) </li></ul><ul><li>Identi.ca (存続中) </li></ul><ul><li>Mixi ボイス(存続中) </li></ul><ul><li>Twitter と同じ内容を投稿するという利用が可能なものが多いが、独自に集客できているものは少ない </li></ul>
  19. 20. Twitter はなぜ勝ち残ったのか? <ul><li>つながる先は多い方がよい(ネットワーク外部性) </li></ul><ul><li>豊富な関連サービス(アプリ) </li></ul><ul><li>Buzztter   Togetter </li></ul><ul><li>Twilog   Twitterfeed </li></ul><ul><li>Favotter / Favstar </li></ul><ul><li>Twitraq   / まちツイ </li></ul><ul><li>初心者はシンプルなまま楽しめるし、上級者向けの関連サービスも充実->最近は徐々に各種機能を取り込みつつある </li></ul>
  20. 21. Twitter をまとめる Togetter
  21. 22. Twitraq <ul><li>Twitter に関する各種分析結果を表示 </li></ul><ul><ul><li>TL 上のトピックを分析 </li></ul></ul><ul><ul><li>フォロワー分析 </li></ul></ul><ul><ul><li>キーワード分析 </li></ul></ul>
  22. 23. <ul><li>閑歳孝子氏の WISH2010 でのプレゼンテーション </li></ul>
  23. 24. Google Buzz : Gmail との自動連携問題 <ul><li>2010 年 2 月 </li></ul><ul><li>Gmail のコンタクトリストを自動的に Buzz にインポート </li></ul><ul><li>出遅れた Google の焦り? </li></ul><ul><li>情報共有のコンテキスト </li></ul><ul><ul><li>メール </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitter など </li></ul></ul><ul><ul><li>音楽 </li></ul></ul>
  24. 25. Twitter の社会的インパクト <ul><li>政治利用 </li></ul><ul><ul><li>#iranelection </li></ul></ul><ul><ul><li>#urumqi </li></ul></ul><ul><li>事件時の情報共有 : 速報性 </li></ul><ul><ul><li>#mumbai </li></ul></ul><ul><ul><li>ハドソン湾の不時着 </li></ul></ul><ul><li>写真や動画も投稿されて、瞬時に広がる </li></ul><ul><ul><li>隠すことができない </li></ul></ul>By harrystaab
  25. 26. Twitter で「イマ」を追いかける <ul><li>Timeline でのリアルタイム情報共有 </li></ul><ul><ul><li>ハッシュタグによる特定トピックに関する情報共有 </li></ul></ul><ul><ul><li>#iranelection #urumqi など </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitroll や Tweetbubbles による会場での情報共有 </li></ul></ul><ul><ul><li>@rt_report   Favotter   @Buzztter などが Hot Topics を切り出す </li></ul></ul>
  26. 27. 311 大震災と Twitter <ul><li>デマの存在 </li></ul><ul><ul><li>非公式 RT を止められない </li></ul></ul><ul><ul><li>良い情報もかけめぐった:ふんばろう東日本 </li></ul></ul><ul><li>Twitter 検索の有用性が認知された </li></ul><ul><ul><li>受け身ユーザをどうするか </li></ul></ul><ul><ul><li>Google リアルタイム検索 </li></ul></ul><ul><ul><li>公式情報をリストで高齢者に読ませる? </li></ul></ul><ul><li>情報発信者を評価する態度の重要性 </li></ul>
  27. 28. Facebook の襲来と日本の SNS <ul><li>Gree 、 mixi 、 Facebook はいずれも 2004 年スタート </li></ul><ul><li>ここにきて、日本でも Facebook 浸透の気配 </li></ul><ul><li>世界では 7 億 5000 万 </li></ul><ul><li>日本ではまだ数%?:実名制の壁(わかりにくい?) </li></ul><ul><li>世界分布図で、残された国は、中国、ロシア、ブラジル、日本? </li></ul><ul><li>途中から実名制を放棄した mixi と、実名にこだわる Facebook の戦い </li></ul>
  28. 29. Web ページに代替する? Facebook ページ <ul><li>旧「ファンページ」 </li></ul><ul><li>ウェブページ以上のアクセス数(ファン数)を集めている企業やアーティストなども </li></ul><ul><li>ウォールだけでなく、各種コンテンツを埋め込むなど作り込みが可能 </li></ul><ul><li>しかし実際に生き残るかどうかはまだ未知数 </li></ul><ul><ul><li>エッジランクの問題 </li></ul></ul>
  29. 30. <ul><li>Facebook では、ユーザ間で「この人は誰か」をタグ付けできる </li></ul><ul><ul><li>プライバシー設定を細かく設定しておかないと、いつのまにか「顔バレ」する </li></ul></ul><ul><li>実際には、他のユーザに「顔」クイズも行われているので、顔が出ていることが前提 </li></ul><ul><li>同じ顔の写真を認識する機能も動き始めている </li></ul>Facebook のタグ付け、顔認識問題
  30. 31. 退潮傾向にあるソーシャルブックマーク / ソーシャルニュース <ul><li>ブックマークデータの静的な共有から Twitter による動的・リアルタイムの情報共有へ。 </li></ul><ul><li>Digg の Kevin Rose は「燃え尽き」た </li></ul><ul><li>はてなブックマークは Twitter でのコメントを取り込んだ </li></ul><ul><li>RSS リーダーはすでに忘れ去られている </li></ul>
  31. 32. ニュースが私たちを見つけにくる? : Social Magazine <ul><li>Paper.li : Twitter や Facebook から日刊紙風のページを生成 </li></ul><ul><li>Flipboard : Twitter や Facebook を雑誌風のレイアウトで表示する iPad アプリ </li></ul><ul><li>Google Reader をビジュアライズして、見やすくした Feedly </li></ul>
  32. 33. 写真共有 <ul><li>関連サービスが充実している Flickr (iPhone の台頭) </li></ul><ul><li>Zooomr : Flickr+Twitter のサービスとして注目されたが、、、。 </li></ul><ul><li>実は写真の量で言うと、 Facebook が圧倒している </li></ul><ul><li>Twitter (近日中に) </li></ul><ul><li>Instagram </li></ul><ul><li>Pummelvision </li></ul>
  33. 34. Flickr と Creative Commons <ul><li>Flickr Photo Map: Geo タグつきの写真を地域の共有資産に </li></ul><ul><li>ポイントとなる Creative Commons </li></ul><ul><ul><li>ライセンス(利用条件)をメタデータとしてデータに付加する </li></ul></ul><ul><ul><li>検索条件として指定できる </li></ul></ul><ul><ul><li>Flickr では比較的使われているが、それでもデフォルト設定ではない </li></ul></ul>
  34. 35. 動画共有 <ul><li>Youtube </li></ul><ul><ul><li>のちにアノテーション機能を付加 </li></ul></ul><ul><ul><li>英語圏では 2 位以下を大きく突き放している </li></ul></ul><ul><li>ニコニコ動画->ニコニコ生放送へ </li></ul><ul><li>Youtube がどのようにライブ動画の領域に進出するかが注目(一部スタート) </li></ul><ul><li>君のラジオ </li></ul>
  35. 36. Ustream <ul><li>動画生中継サービス </li></ul><ul><ul><li>ソフトバンクが出資 </li></ul></ul><ul><ul><li>「ニコニコ生放送」も類似サービス </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitter と連携(誰でもコメントできる) </li></ul></ul><ul><ul><li>事業仕分けの中継 </li></ul></ul><ul><li>秋葉原連続殺傷事件( 2008 年 6 月)は中継されていた </li></ul><ul><li>いまや iPhone 一つで中継可能に </li></ul><ul><li>人気番組が続々登場 </li></ul>Photo by fumi
  36. 37. Keiwa Lunch <ul><li>木曜日の昼休みに、敬和学園大学の学食から Ustream で放送中 </li></ul><ul><li>毎回異なるゲストを迎えてインタビューする形式 </li></ul><ul><li>すぐできるが、クオリティを上げるには時間とお金がかかる </li></ul>
  37. 38. Twitcating <ul><li>iPhone だけで、動画中継をしながら、 Twitter で対話できる </li></ul>
  38. 39. TV はどうするのか? <ul><li>補完勢力としての2ちゃんねる、 Twitter (ピーチクなど) </li></ul><ul><li>ガラポン TV </li></ul><ul><li>震災時にはサイマル配信が実現した </li></ul>
  39. 40. ラジオのネット配信/動画配信 <ul><li>大都市圏は Radiko で番組のネット配信開始: Radiko </li></ul><ul><li>TBS ラジオの dig や J-Wave は、スタジオ動画の Ustream 配信 </li></ul><ul><li>NHK も独自方式での配信を 9 月にスタート予定 </li></ul>
  40. 41. 人気急上昇中の turntable.fm が、米国外からアクセス不能に
  41. 42. アグリゲータ <ul><li>さまざまなサイトでの活動を集約できないか? </li></ul><ul><li>本命とみられた Friendfeed は Facebook が買収 </li></ul><ul><ul><li>その後あまり勢いがない </li></ul></ul><ul><li>Facebook が統合的機能を果たしつつある </li></ul><ul><li>Twitter も類似の地位を狙っている </li></ul><ul><li>mixi は? </li></ul>
  42. 43. 位置情報関連サービス はどこにいくか? <ul><li>以前からあるサービス </li></ul><ul><ul><li>モバツイのイマココ、 Twittervision </li></ul></ul><ul><li>Twitter と連携できる各種サービス </li></ul><ul><ul><li>Foursquare :クーポンサービスで先行 </li></ul></ul><ul><ul><li>Gowalla </li></ul></ul><ul><ul><li>Brightkite (終了) </li></ul></ul><ul><ul><li>ロケタッチ </li></ul></ul><ul><ul><li>はてなココ </li></ul></ul><ul><li>Facebook は自らチェックイン機能を提供 </li></ul><ul><ul><li>クーポンサービスに参入(ローソンなど) </li></ul></ul><ul><li>独自のインタフェイスを持つセカイカメラ </li></ul><ul><li>個人の発信メリット?:時間を超えて場所に情報を堆積? </li></ul>
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×