Keiwa Campus Report Vol.69
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Keiwa Campus Report Vol.69

on

  • 1,447 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,447
Views on SlideShare
1,447
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Keiwa Campus Report Vol.69 Keiwa Campus Report Vol.69 Document Transcript

  • 敬和学園大学と地域社会をつなぐコミュニケーション誌 敬和カレッジ・レポート 第69 号 January 2012 REPORT 発行/敬和学園大学後援会 敬和学園大学広報委員会Close up「つながり、 共感し、 協力するためのソーシャルメディ   ア」 国際文化学科 一戸信哉インカレ アーチェリーとバドミントンで優勝!敬和祭・ふれあいバラエティを開催新発田朝市十二斎市/エコファッションショウ保護者との懇談会・企業懇談会/骨髄バンク提供者の声退職する教員からのメッセージ クリスマス燭火礼拝
  • 聖籠町のぶどう園で 国際交流  聖籠町からのご招待をうけ、 敬和学園大学の留学生たちが 「ぶどう狩り交歓会」に参加し ました。  聖籠町は果樹の里、10月は ぶどう狩りのシーズンでした。 当日は聖籠町長、中国駐新潟総 領事館総領事の方々と、もぎた てのぶどうを味わいながら楽し い歓談の時を持ち、日本と中国 の架け橋となる留学生たちの想 いを共有しました。最後は、聖 籠町長から参加者一人ひとりに ぶどうのお土産をいただき、聖 籠町の秋の味を満喫した一日と なりました。 もくじ CONTENTSClose up… ……………………………………………… 1 「つながり、 共感し、 協力するためのソーシャルメディア」一戸信哉インカレ アーチェリーとバドミントンで優勝!………… 4敬和祭・ふれあいバラエティのご報告…………………… 6 卒業生と母校をつなぐ ホームカミングデー新発田朝市十二斎市 エコファッションショウのご報告… 8 ・ … あたたかい心のつながり サンタ・プロジェクト1・2年生保護者との懇談会・企業懇談会を開催… 10 … 学生情報発信チーム「KEIWA CREW」が発足しました骨髄液提供で実感した命の大切さ………………… 122011年度オープン・カレッジのご報告…………… 13退職する教員からのメッセージ…………………… 14 共生社会学科 久島公夫、人文学部 吉沢彩子新発田学研究センター講演会と阿賀北ロマン賞授賞式のご案内…… 15卒業生リレーエッセイ○…………………………… 16 21 「同窓会は宝さがし」近伸之(1期生) 〈表紙写真〉キャンパス日誌(10月~12月)…………………… 17 1人1人のロウソクに火が灯されました
  • Close up 和 り が 大   現 今 体 係 報 の こ 昨 た の と イ 2   ● ご ア た た る れ た 当   つ だ か ら ま せ ん 広 が っ 学 の 中 当 時 新 象 そ の も 変 わ が コ ン が 終 わ の 送 り 発 展 形 ろ も ま 今 使 わ が 、「 言 葉 は い う 機 ン タ ー . 0 」 着 任 当 着 任 当 紹 介 さ を 利 用 の で 、 。 せ っ 学 生 を ず 、 変 。 こ れ と し て 敬 和 学 な こ そ で し て い で も 潟 に も の ら ず テ ン り を 手 と と い た 、 れ 始 ソ ー シ あ ま 運 に ネ ッ と い 時 ネ 時 の せ て し た 学 内 か く 育 て 動 す ま で 着 任 園 大 が 、 学 た 。 く 機 、 新 は 、 で す 。 、 社 ツ に 告 げ 受 け っ て 当 時 め た ャ ル り 使 あ ふ ト は う 言 ッ ト 新 潟 の い た だ こ れ 外 で の の 機 よ う る 情 の 五 年 し て 学 に り 生 や し か 運 は し い あ る 会 の な る 、 ユ 手 の い い 言 わ 言 葉 メ わ れ れ て 次 の 葉 が 業 界 ネ こ ま で ソ 会 を と 努 報 社 間 、 五 「 情 、 教 職 し 人 、 ほ ウ ェ い は 中 で と い ー ザ 分 断 で し れ て が 意 デ ィ ア な く い ま 時 代 も て で は ッ ト 事 う と 思 の 取 ー シ ャ い た 力 し 会 に 、 前 例 年 が 報 」 共 員 の 文 系 と ん ブ の 敬 和 進 行 う 潮 流 の 活 さ れ ょ う い た 味 す 」 と な り し た に 向 は や さ 、「 W 情 い ま り 組 み ル メ だ き て き 適 応 に と 経 ち 科 目 感 活 動 の 敬 ど あ 潮 流 学 園 す る は 、 動 自 た 関 。 情 こ と る と い う ま し 。 こ か う れ 、 e b す 。 を 、 デ ィ ま し ま し で き ら わ ま し の 担 し 、 の た ま 潟 二   ● に ミ ず し が ま 取 ベ て   ま 普 し e 学 た 反 ま の 考 化 を 協 視 点 で コ ー ス し た 。 フ ォ ト 年 ゼ ミ 手 始 め フ ォ ト 至 り ま ュ ニ テ は 新 潟 時 間 が こ の 流 し た 。 の 精 神 ン ト な 、 ブ ロ こ の 間 し た 。 段 か ら た し 、 r は 、 生 た ち 。 二 〇 応 は あ し た 。 世 界 を え た 私 を 育 て 支 え る 力 写 真 を み フ ォ ウ ォ ( 現 に 二 ウ ォ し た ィ を 県 内 か か れ に こ う に あ ど に ガ ー 、 私 今 思 使 っ 学 生 ま だ に も 〇 七 ま り 残 念 授 業 は 、 ら れ よ う す を 撮 る ん な ト ウ ー ク 四 年 ) 〇 〇 ー ク を 。 作 っ の 社 る か つ い し た ふ れ 積 極 の 集 ま 自 身 え ば 不 て い た ち の メ ニ 教 え 年 度 芳 し な が の 中 少 し る の な 、 る イ ベ で 歩 ォ ー 」 を の 学 九 年 き っ て み 会 人 も し て く 経 験 た 人 的 に る 各 は し 遇 の る m 多 く ュ ー 始 め か ら く あ ら 、 に 取 ず つ で は 先 進 た ン ト き 、 そ ク は 、 ス タ ー 生 た か ら 、 か け よ う と を 対 象 れ な い る ま で の 中 で 々 に お 参 加 し 種 勉 強 ば し ば 時 代 i x i は 、 授 部 分 が た T w 一 部 の り ま せ 当 初 の り 入 れ 新 し い な い か 的 な ネ め の で ち に で 業 、 れ 決 ト と 当 考 に が に 、 会 て 会 上 し に 英 i 授 ん 学 て ウ 。 ッ 撮 ぞ ま さ 「 時 え 、 、 は 学 い 、 や 京 戻 の 語 t 業 で 生 い ェ そ ト た っ れ っ せ 新 の る コ ま 少 生 し 進 イ し 。 り 後 、 で t で し の き ブ う 文 ソ ー シ ャ ル メ Close up国際文化学科 デ ィ ア 一戸 信哉 1
  • Close up 「も く た i   ● に 共 を ら し つ 毎   五 す 毎 は 弥 新 上 な も で w 初 サ の ト イ た開 れ 人 t 二 大 は 社 撮 写 て い 新 〇 。 回 、 潟 市 り あ も i の ー ウ ト 写 会 有 回 彦 上催 た た t 〇 学 含 デ っ 真 、 た 一 潟 名 九 お 開 村 市 、 ま が 普 t 参 ビ 古 ォ に 真さ り ち e 〇 広 ま 貢 て を i デ 、 フ も 月 お 催 、 、 新 し り 及 t 加 ス ー ア を 献 ー 〇 に 町れ 、 が r 九 報 れ タ 歩 見 P ー ォ の よ 地 高 燕 発 た 、 す e 者 を で ク ッ Fた 小 フ の 年 の て 」 く る h タ 〇 ト 参 新 そ 市 田 。 徐 る r は 通 は プ l ベ 潟 ま 柳 開り 規 ォ ユ に 取 い と と こ o も 〇 ウ 加 三 ( 、 市 こ 々 よ や 一 じ 、 ロ i ー 市 で 催す 模 ト ー は り る し い と n 多 枚 ォ が 〇 柏 田 、 れ に う F 〇 て 二 ー c ス 古 の しる な ウ ザ 、 組 と て う も e い 以 ー あ 名 距 崎 上 五 ま 参 に a 名 告 〇 ド kよ が ォ が 新 み 考 の を だ 可 や の 上 ク り 町 以 頭 で 加 な c で 知 ま 〇 し r 離 市 町う ら ー 増 潟 と え 要 作 け 能 i で あ で ま で 上 、 温 開 者 っ e し を し 九 ま な っ 開 に )、 たに リ ク え で N て 素 で で P 、 り 撮 し の も 栃 泉 催 も た b た し 年 す どな ア に 始 も S い も て な す a ア 、 ら た 催 参 佐 尾 ( し 増 こ o 。 ま 。 六 。 の M ま 、 い 位 。 し よ 渡 さり ル も め 徐 く 。 d プ れ 加 り ( 阿 た え と o そ し 月 最 写ま イ 参 、 々 C す こ く 、 単 で リ 置 た た が 市 長 賀 の る で k の た ま に 初 真 の 。 の と 情 際 ま 。 ざす ベ 加 こ に 地 に 地 を 写 あ す 岡 野 は よ 知 が 後 が 新 の 共。 ン し う T 発 活 い 域 写 図 利 報 真 に り 最 市 市 、 う 名 新 、 、 ま 潟 フ 有私 ト て し w 足 動 う の 真 か 用 の は は ま が 近 )、 村 に 度 潟 T 最 な 市 ォ サ 、 、 )、 S 時 i は C シ 月   な な カ に ず r た 敬 デ 自 M の t 七 ) ャ 二 こ 情 り ウ は か に だ 和 ィ 身 C 様 t 〇 が ル 九 う 報 、 ン 、 し 詳 く 学 ア も は 子 e 人 ス メ 日 し 発 大 ト 敬 い し よ 園 な こ 私 は r ほ タ デ 、新 た 信 学 和 の い う 大 ど の を テ に ど ー ィ 潟 機 が の 学 で 」 に 学 で こ @keiwacollege 含 レ つ 。 ト 運 行 広 園 と の 「 ア の す な T ろ む ビ い ち し ク コ を わ 報 大 が い り 教 れ w か 七 で て ょ ま ラ ミ 受 担 学 )。 う ま 員 名 放 取 う す け る 当 の 形 と i ら ブ ュ 二 す t 少 の 映 材 ど 。 」( ニ て よ 者 T 容 (「 し ス さ し テ こ 、 う か w 〇 は て t し 略 テ が 〇 T e ず タ れ て レ の ィ 二 に ら i 、 登 ッ ま い ビ 日 称 「 〇 な 、 本 t 九 ち w 場 r つ フ し て 局 の 新 一 り さ 格 t 年 ょ i さ に 、 が た 、 も 参 N 潟 〇 ま ま 運 e 一 っ t せ 詳 各 : 運 。 こ T 加 S ソ 年 す ざ 用 r 二 と t て し 種 営 N の w 者 M ー 一 。 ま と ア 月 恥 e い い メ 最初の新潟フォトウォーク(新潟市本町通) 」 の 人 い し 社 ま 能 非 で リ と し は   各 多 い 共 さ ロ 報 ス ス す S で N ベ 形 な し 「 た る て の だ 力 常 話 ー す い 、 N 地 く ま に き ガ ( ト ト 。 M 、 S ン で く て 場 ち 人 、 仕 ま も に の ア る ウ 孤 S に の す 、 さ ー 当 の の イ C す M ト 開 、 い 」 を も 社 事 だ 高 オ 通 ダ 人 ェ 立 M 頼 人 。 さ ん の 時 神 津 ベ と で C を 催 毎 ま を バ 多 内 の 少 い ー じ プ た ブ す C れ 々 私 ら な コ ) 田 田 ン し に 主 開 し 回 す 提 ッ い で 中 数 人 プ な タ ち の る と る と 自 な ど グ の 敏 大 ト て 二 催 催 て オ が 供 ク で 理 で 派 が ン い 」 ) サ 「 い 友 知 身 る を レ 末 晶 介 に 開 〇 と 、 い ー 、 し ア す 解 も で 多 で 人 の を ー ア う 人 り 、 交 お マ 広 さ さ は 催 回 し 新 ま プ 会 続 ッ 。 を 積 す い 、 た 多 ビ が 合 こ 流 招 サ 栄 ん ん 、 し 以 す ン 員 支 ー コ れ て 潟 け プ N 得 極 。 の コ ち く 援 ス リ で い に き ト 二 、 、 メ て 上 。 に 組 た し S ら 的 新 で ミ で は を ミ き に ら つ し さ さ テ ビ デ い の 実 フ こ 誰 織 す ー ュ の 施 ォ い 、 M れ に し す ュ は 、 る い ア ま な な 、 ん ん ー デ ィ る イ れ で を と 交 C ず 活 い が ニ な ネ ち ニ し り 活 げ お ・ 、 ブ オ ア こ ベ し ト ま も 作 思 こ ダ テ た 動 て ウ 流 は 、 用 ツ 、 ケ く ッ と 早 プ 、 て 話 い ア ル ジ ジ と ン で 参 る い す こ 苦 し ー 新 ー 、 ト く ィ 。 新 を も を し ル マ ャ ャ に ト い ォ 九 加 わ ま 。「 タ の 通 ま ー る う し よ ル 潟 シ む オ 試 」( 潟 ら 伺 た フ ー ー ー な を 回 で け す た し ん う を で ョ し タ ア そ 目 県 じ っ う に ァ ク ナ ナ り 、 す ク の き で 。 め た で と 自 は ン ろ ク ー う 新 的 内 て て と ま ブ 広 リ リ ま N の も イ る は 、 2
  • Close up も 徐 み す 容 に 学 授 グ 方 で 理 e k 進 敬   ● 、 々 ん 。 の 表 生 業 」 を 全 論 r の み 和 ソ 「 教 に な 学 要 示 の 中 と 教 員 一 は 利 、 学 ー 風 務 で 生 約 し そ の い え に 」 二 用 T 園 シ 通 気 う 課 付 情 た や な の 情 る 教 と 〇 が w 大 ャ し か ち 質 が 場 共 え 「 一 広 i 学 の い 報 報 通 に ル ら て を も 問 ら で 共 と る 情 〇 が t の メ よ 休 が 進 の の よ 報 年 っ t 中 い く 共 、 有 キ ど デ 講 有 最 飛 行 書 に ま う メ か て e で ィ 」 情 れ び し き ー に デ ら い r も 大 ま す 初 も ワ ら ア 報 る は か ま 込 活 ず な ィ 、 ま や 学 が 学 が す う す み ー り ア 必 す F 生 。 こ 戸 用 ド 、「 普 発 と 惑 こ の を し ま 論 修 。 a た 及 信 授 と で ス を ハ し 一 の T c ち 業 の い て 設 ッ す さ 価 ま に 、 ク い た 」 「 w e の る れ 以 な 講 リ 定 シ 。 の 情 i b 理 る 外 値 す 義 ま し ュ 使 授 t o 中 り ー 報 解 ゼミ生によるUstream番組「Keiwa Lunch」 と で に が ま 内 ン す て タ い 業 処 t o が で 、 、 。 、 、 じ の ア し F 会 も お す で シ た 新 や 当 て i 利 と   ● が メ メ w k し 学 結 有 さ 共 て ソ シ て a 議 の 金 。 き ャ だ 潟 っ 日 い w 用 い 私 大 、 デ ン i を て 生 果 さ わ に も ー ス 伺 c 所 も が 遠 る ル き 日 て の ま a し う の 学 ま ィ バ t 活 、 や 、 れ り 、 ら シ タ う e な 多 か 出 限 メ ま 報 も 進 す て イ ゼ か す ア ー t 用 T 地 広 て の そ う ャ ン 際 b い か を り し の ら 行 。 L 、 ン ミ ら ま を が e し w 域 報 い な の ど デ u よ ル ト に o が と る し 参 た 紙 っ ま 企 お タ 生 社 す 通 増 r て i の 、 ま い 他 ィ 画 n う メ と も o 主 思 の た 加 ア 。 面 て で 昼 ー た 会 実 じ え や い t 皆 入 す 範 さ に デ し 、 k 催 い で り す ゼ で い 、 か c 休 ネ ち に 現 た て F ま t さ 試 。 囲 さ ク ミ ら h 、 し ィ て で 講 す ま す 、 る ラ も ま 学 み ッ に 広 し 「 き a す e ん 学 で い て ア 連 き 習 す が 懇 よ 生 大 す 生 ゲ 」 の ト は が つ 風 ま c し r と 就 生 T な る ブ た ス 職 い へ れ る 会 T 。 、 親 う き 。 た を 生 生 、 る つ 通 し e 、 や 交 へ w 相 の ち ト 放 な ま の て だ に w 県 そ 会 に イ く こ ち 配 放 U ネ あ し た b 教 F 流 の i 談 す 関 行 け 、 内 れ に 指 に 取 の に へ 送 信 送 s ッ り の 。 o 員 a す ど 普 t ご i ベ は の の 。 心 き 学 私 t 各 以 出 示 り 取 全 し 番 サ t ト ま よ ソ o の c る 及 t と ン 、新 出 て ワ す 各 を 、 生 が t 地 上 る し ト 上 り 部 組 ー r い ー k 中 e ツ が e も 肌 社 た 講 の に の て 潟 げ 組 自 演 も 「 ビ e ー 。 」 シ を に b ー 部 進 r 、 e に 交 門 で 会 ち 師 r 商 得 に い ソ て み 力 ら K ス a ク 大 ャ 使 も o ル ん で 差 感 人 を と 工 る は ま も ー い は で 渉 っ e を m 学 ル う T o と も だ 共 し ・ 、 、 、 「 い め o さ リ し   て 開 な ン い 生 信 き が い 生   敬 Profile 一戸信哉 准教授 プロフィール と 思 い 、 協 力 o k で ん と も 和 カ ベ ラ ル の よ い ソ ー シ い ま す い て い く 、 そ で 調 べ で す 。 を 育 て し 、 人 て い け 変 わ り る も の を 育 て こ れ ら ま 関 、 レ ・ 」 ャ 。 く の れ そ て 々 る 、 で る ま ッ ア の ●最終学歴 す 係 す T 環 ル 教 先 ば の い と 力 一 は 」 取 。 を w ジ ー 境 メ 育 を わ 上 こ つ が 人 あ と 早稲田大学大学院法学研究科 ま ・ ツ 組 深 す i づ デ を 学 か で う な 求 一 り い み 公法学専攻修士課程 修了 め t レ 教 く ィ 行 生 る 大 と が め 人 ま う つ ポ 育 は ら t り ア う と こ 学 い っ ら が せ 単 、「 れ な e ー の は を 必 教 と で う て れ 組 ん 純 ●こんな授業をしています が 本 る r ト 、 利 要 員 を は の い る 織 。 な ネ 新しいウェブテクノロジーは、人々 よ り や 」 質 敬 用 が が 教 、 が く 中 を 社 意 ッ の情報共有や情報流通の形式を、革 う や F の の 和 し あ 一 え 検 、 力 で 離 会 味 ト に 共 a 読 一 の た る 緒 る 索 本 の 、 れ の で に 新的に変化させてきています。こう 部 な 感 c 者 掲 「 と に の エ 当 あ 自 て あ 行 強 した変化を楽しみつつ、社会変化の り を e の で げ 風 考 切 で ン の る ら も り っ い 波に柔軟に対処できる大学、大学生 た 深 b 皆 す る 通 え り は ジ 狙 学 発 生 方 て 学 。 を作っていきたいと思っています。 3
  • 敬和スポーツ 「全 バ   ド 一 の 全 女 子 は 、 フ   ィ 一 者 を チ ェ ツ 強 大   会 今 け 、 硬 か ら い く め 、 両   立 敬日 ミ 〇 国 の 国 際 ー 〇 輩 リ 化 ( 年 学 式 テ は こ 人 を 和 ン 月 タ 部 ル 月 出 ー の イ 度 生 、「 と 間 通 学本 ト 二 イ で 文 ド 一 す 、 活 ン 秋 た ニ ア を ら じ 園学 ン 〇 ト ル 優 化 学 ア 六 る こ バ 動 カ レ に ち の ス 」 ー 目 し て 大 選 日 勝 ー 日 ド が 行 チ 指 い 、 学生 手 に 獲 し 科 チ に と ミ 実 ) わ 活 を ェ し 心 視 で 二 で 強選 権 大 行 わ 得 と ま し 年 ェ リ 行 わ が で ン ト を 結 は れ た 動 を 化 リ ー て い を 備 野 を は 、手 会 れ な た の 星 ー れ き ン び 、こ 全 応 指 」「 ま え ひ 学 フィールドアーチェリーは森の中で戦います 」 た り 。 選 た ま の 、 れ 日 援 定 す た ろ 業権 で 「 ま 星 亜 手 「 し 二 本 ま 本 し 種 バ 。 人 げ と 沙 ド大 は 、 全 日 し た さ ん 美 権 大 全 日 た 。 種 目 学 か で 学 生 て い 目 に ミ 二 〇 間 を 、 教 ス ポ の会 国 本 。 は さ ん 会 本 で ら ス 選 ま 位 ン ト 〇 育 養 ー す( 際 文 学 生 、 初 が 」 で 学 生 優 勝 ア ー ポ ー 手 権 。 置 づ ン 八 年 て て を 深 ツ の 、 」イン ● ● リカ ― 佐 で 会 か た 望 リ の ― イ ラ 森 藤 す に ら 。 み ラ 出 フ ンレ や 百 。 向 の こ 、 ッ 場 ィ カ ッ 屋根の上から的を射ます ク) 林 合 子 け タ れ 力 ク で 経 ー レ で ス の て ー か を ス ル あ 監 調 ゲ ら 発 し 験 ド 優 し る 督 子 ッ は 揮 て が ア 勝 て 自 か を ト じ す 楽 少 ー し ら て つ 然 維 ア ま る し な チ 一 か か 環 持 ー る こ み ェ 境 言 し チ イ と な っ リ 国 際 ん の て ェ ン が が た ー 文 だ の 星 化 中 い リ ド で ら は   学 勝 で き ー ア き 競 で 四 亜 科 利 中心に矢を集めました 行 た の や ま 技 す 回 沙 二 が 年 う い 大 春 し に 目 美   、 ● い し 全 タ ま ジ る ン チ ― 今 姿 向 プ こ 違 タ フ き 、 日 ー す を の ド ェ 二 後 勢 け レ れ う ー ィ ま 初 本 ゲ 。 取 で ア リ 月 の が た イ ま の ゲ ー す の 出 ッ ま り す に ー に 目 結 、 で で で ッ ル 。 決 場 ト た 入 が 対 選 標 果 普 き の す ト ド 、 手 全 に に 勝 の ア 、 れ し 日 段 ま 経 が ア ア ラ た ー 一 て 練 て 権 つ 結 の し 験 、 ー ー 決勝ラウンド終了 習 大 本 い び ウ め チ 番 克 苦 練 た を 星 チ チ の の 会 学 て つ ン の ェ 服 中 手 習 。 活 は ェ ェ 目 に 生 い ド 基 リ し で 意 出 た か タ か 少 リ リ 進 準 ー 標 、 識 イ ら イ し な ー ー 試 場 ン と 出 点 で と 優 合 を し 思 の ト て い と は を を は し 勝 の 持 ま ド い 前 ル 、 な は 、 狙 ク 、 て を イ っ す ア ま 向 獲 堂 が 勝 通 っ リ 早 い 狙 メ て 。 ア す き 得 々 ら 手 常 て ア く る い ー い イ ー 。 な に と も が の 監督とチームメイトと一緒に 4
  • 敬和スポーツ た ご し   豪 ン 信 も 国 リ に ア さ   優 た 周 グ 化 し 期 た 今 の カ 越 決 際 ー 行 ー ん そ 勝 。 選 ル 学 ま 待 、 ” 後 北 レ リ ま 文 個 わ チ に れ と 武 手 ス 科 ア す 。 、 応 敬 と 翔 大 団 ー り 化 人 れ ェ 続 ぞ な り 下 さ を の 四 ー 和 も 体 グ ま 学 選 る リ く れ 二 決 年 援 ス 強 学 戦 で し 科 手 「 ー 選 の ま ん 対 勝 の チ く ポ 化 に で 一 た 二 し は 〇 に 武 だ 勝 。 権 全 部 手 種 た 、 ェ ー ス は 部 年 大 日 で の 目 で て 下 さ い ツ ポ 利 し 、 へ バ の 会 本 は 育 と 。 イ ン 下 、 利 リ ー 一 の ド 阿 、 し 日 一 インカレ決勝戦 ま “ ツ て 回 昇 ミ 部 」 に 学 生 二 成 も も カ 、 本 さ ー の い 、 す よ 更 種 目 ま 戦 で 格 を ン ト 一 真 星 室 月 進 星 レ で 優 勝 体 育 ん が 部 な す さ 内 一 ん さ う を 北 果 ン さ は を 大 、 お る は 。 海 た 部 ん ん ア 七 で ん 悲 決 学 男 星 と 、 い 願 活 躍 じ 道 し も の 共 ー チ 一 八 ま 、 武 願 め の 子 さ い め の 、 、 出 の ま 和 シ い に と 強 イ 北 場 に 、 ェ 日 す 。 下 初 し 田 ン ん 、 ● ● 悲 バ 先輩のプレーを見つめる き ― 松 い が こ 体 ― イ 願 ド 出 力 浦 ま で と が 前 ン の ミ て 的 進 し き を き の カ イ い に 二 た 。 ま 考 つ 試 合 レ ン ン ま は 監 し え か で し 武 督 た ず っ か 優 カ ト た 下 か 。 、 た ら 勝 レ ン が が ら 応 試 で 時 し 優 、 大 一 援 合 す 間 て 勝 部 言 が イ 学 あ に 。 国 ン 生 り 集 そ 空 い 際 文 武 カ レ の が と 中 す の 分 た 武 下 化 学 下 優勝が決まった瞬間 中 の で で う る 余 で   利 科 四 さ は 三 は 抜 ご ざ こ と 計 な 、 身 一   年 ん が ● 優 選 ま た ナ   き こ 権 ― 今 る シ レ ジ キ た 年 手 り 。 シ 武 ま れ 大 こ 後 こ ャ ン ー ッ 大 続 勝 と 、 ト ョ 下 す か 会 こ の と ー ジ ラ ト 会 け し 四 ナ ナ 利 。 ら で で 目 が が で ン で で て て 月 ミ ル 一 も 勝 慢 標 で か も ド は あ 三 !! プ か 運 チ さ し て 心 に き か 優 イ 二 る 位 表彰式 レ ら 輸 る つ ま 連 ー ん っ せ る 勝 ン 全 で ー は ( ム は か 選 ず い し 中 し タ 覇 日 し を 、 株 入 、 り 手 、 て た 、 ー し 本 。 て 、 た 続 実 ) り 二 練 に 全 我 い ナ ラ 。 け 業 へ が 〇 な そ 習 日 慢 ま シ の ン 社 ま 団 の 決 一 を れ 本 し ョ キ 会 す チ 就 ま 二 す 後 続 る 総 て 。 ナ ン 人 。 ー 職 り 年 よ の ム も ま 度 け 合 優 プ ル ニ グ を て う 選 勝 レ チ ュ サ 含 の 決 し の に い 、 手 す ッ ャ ー ー め 一緒に戦った仲間たちと5
  • 敬和祭 申 方 窓 れ て 備 者 成 ン が し ジ 今 多 た   大 私 し 々 会 も 出 し に 功 グ 多 、 ャ 回 く し 敬 成 た 上 、 の 協 し て 恵 の ル 数 普 ー は の ま 和 ち 功 完 げ 教 方 賛 切 き ま 二 さ ご 段 ナ 同 方 し 祭 ま 職 し る た れ 日 ん 来 お 窓 た に 全 々 リ 々 を 終 燃 す 員 、 て こ 各 た 間 の 場 目 ス 会 か 。 一 焼 。 の く と サ こ と お さ に の 残 わ 支 ト ら 念 〇 で   皆 え だ が ー と な 笑 れ か ご ご 月 っ き   ( の な た さ て さ で ク で り い ま か 池 支 来 二 ま ま い き ル 、 ま ラ し れ 援 が 敬 し 敬 く 上 場 ら 二 和 の ま た も 敬 し イ た な に い 、 和 た お だ し と 、 和 た ブ 。 い 彰 よ 雨 二 祭 さ さ た 模 三 祭 実 陰 た 思 持 祭 。 も 二 年 り だ と っ 皆 い て を 大 盛 三 齢 ん 、 様 日 行 た を き で 委 深 さ ま る 目 勢 況 日 層 二 に ま 011 く 地 ま す 力 標 の で の の お 二 し 開 員 し た val 2 まちカフェメンバーは特製カレーライスを提供 会 感 域 、 。 を に 来 、 ザ 方 招 日 催 謝 の 同 こ 全 準 場 大 ブ 々 き に た が い ) 。 、 wa Festiげ ト   本 け 了 が て だ し も が く 励 こ な 続 楽 も   と で 普 祭 メ     ア  て 等 今 当 て 後 っ く き 、 つ ど れ み と さ け し ち ア 思 、 段 に ダ 私Keiい に 後 に い も て 、 当 か の る ま に に て く ろ ニ い 少 あ 参 ン た ア ニ れ 掛 ニ メき 積 も よ た 、 楽 る 日 な よ の し と 絶 き 踊 ん メ 、 し ま 加 ス ち メた 極 、 か だ た し 声 は い う か た て 望 ま り ダ こ で り を ア 研 研 方 を 研 し 究い 的 ア っ け く く 予 ま な 、 。 も し し た ン 究 の も 目 た 披 ニ 部 究 た か 部と に ニ た た さ 踊 ち 想 ま 反 こ ど 苦 、 た い ス 部 出 盛 立 こ 露 メ 部思 参 メ と の ん る け 以 本 応 の の 労 難 。 と 経 し り た し 研 長 の も て は と  い 加 研 感 で の こ い く 上 番 を 出 く し し そ い 験 運 物 上 な は ま 究 加 挑ま し 究 じ 、 方 と の を す し ら な い の う も 動 を げ い な し 部 村 戦す て 部 ま 敬 か が て れ 人 迎 る 物 い が 振 た 熱 な 企 る 活 た は   、 た す か 苑。 、 は し 和 ら で に え の に の ら り め 意 い る 画 こ 動 っ 。 、 た と り し 子 敬 学 祭 温 き 、 集 ま か つ 人 、 付 自 だ の 機 と を た こ 敬 和 内 。 に か ま て 一 ま し な い が 毎 け 分 け で ま が し れ 和 も 会 し の を の 参 い し 緒 っ た ど て 見 日 を の で 、 が で て で ま 祭 盛 イ 加 声 た 盛 に て 。 、 ま に 練 覚 キ 練 部 た き い で で り ベ し を 。 り い し 見 わ き 習 え レ 員 な 。 た す 敬 ア 踊 習 く る が 上 ン て か 終 上 っ た か 当 り て に る の を の 、 ら の 、 和 ニ た さ 裡 に 講 職 ホ と ジ た え 上 今 デ 日 の   ホ 卒 業 。 ん に は 演 員 テ 」 ウ だ る 彰 回 ー の つ 卒 ー 生   の 終 約 会 に ル を ム い と 氏 は を 一 な 業 ム と   ご え 六 に よ に 行 「 た は を 、 開 〇 が 生   カ 母 参 る 〇 は る 会 い 今 後 」 お 本 催 月 り 同 ミ 校   加 こ 名 三 パ 場 ま 、 、 と 迎 学 し 二 を 士 を   〇 ー え ン つ あ と ご を し 一 池 い に ま 二 深 の グ   〇 テ 番 し な り が 参 移 た 上 う ジ し 日 め 旧   が 名 ィ 。 若 氏 テ 、「 ャ 、 デ ぐ   ( で 加 し た よ 交 と き い 以 ー て 夜 者 を ー ー 。 ホ う を ー 上 わ を 同 う ま た を 、 は に 交 マ か ナ 二 ー と 温 窓 、 行 開 ご し だ パ 卒 新 伝 え で り リ 回 ム 、 め 会 ざ た き い 業 潟 え た ご や ス 目 カ 敬 、 催   ー ま い 。 、 テ 生 市 た シ 講 す ト と ミ 和 母 皆 ま た 盛 ィ し と 内 い ン 話 く の な ン 祭 校 川 し く 況 ー た 教 の こ ポ い 伝 池 る グ 初 と学長とのジャンケンゲームで盛り上がりました ) 。 6
  • ふれあいバラエティ ( を で 成   力 H ボ も ト し に 一 と さ   ふ 地 ボ み 学 長 さ を O ラ 楽 を て 準 年 、 れ 今 域 せ 生 し ま 発 P ン し ど 行 備 を 野 ま 年 れ の ラ あ 福 ン て た て ざ 揮 E テ み う わ が か 澤 し も く ち い ま し の ィ に 改 れ 進 け と た 敬 い 祉 テ バ 施 ィ れ は き な て メ ア し 善 、 め て も 。 和 設 ア ま 、 ま 経 く ン と て し ほ ら じ こ 四 ふ ラ の コ し そ す 験 れ バ し い て ぼ れ っ 副 年 れ エ 皆 ー た の 。 を ま ー て ま 実 完 ま く 委 生 あ テ さ デ 。 努 今 重 し も 活 し 施 成 し り 員 の い ィ ま ィ 力 回 ね た 、 躍 た す さ た と 長 本 バ を と ネ が の な 。 ス し 。 る れ 。 、 を 間 ラ 開 の 実 が タ た 今 の た 開 し 中 悟 エ 交 ー 「 催 流 タ を ふ ら ッ K 年 か こ 学 か 心 実 テ 結 、 フ e は を の 以 も に 行 ィ し ー れ ま ぶ バ 学 と i 、 、 イ 来 精 、 委 が 池 さ 生 し w 震 今 ベ 継 力 ほ 員 開 し 施設利用者の方と笑顔でふれあう ラ 田 ま は て a 災 年 ン 続 的 ぼ 長 催 た ) 」け 学 の 与 と 自 こ す ケ さ 祉   イ 員 か バ た 全 見 が ベ   携 行 バ   きと 生 ふ え っ 分 の 。 ー る 施 ふ ベ に ら イ 。 員 を 、 ン 例 わ 委 ラ 私し の れ て て の イ し 設 れ ン 向 の ス 参 盛 今 ト 年 る 員 エ は っ シ 施 が かて み あ く 大 中 ベ か ョ 設 の あ ト 上 意 に 加 か り 年 を は こ 会 テ 一活 ん い れ 学 に ン し 方 い は 心 見 加 経 込 は 企 四 と の ィ 年 け ン 利 か をき な バ る 生 目 ト 、 を 用 々 バ 大 が を え 験 わ み す 画 年 が 中 に 生て の ラ も 活 標 は 毎 と 者 を ラ 成 生 取 、 の れ 、 べ し 生 で 心 参 の 生く 中 エ の の が 、 年 る さ お エ 功 ま り 初 あ る 実 て 、 の き メ 加 と むれ で テ に さ で 先 学 招 テ だ れ 入 め る 行 の 成 先 ま ン し き ふ イた 輩 こ ん っ 、 よ し れ 、 ィ な ま き に 生 と と き ィ ま れ て メ う 委 学 功 輩 バ て か あ ベら な が っ ざ た 主 し は た て 参 ン 員 年 さ 方 た ー い ら い ンう ん 参 て ま り 憧 体 が 楽 、 、 と と い 加 バ 注 と の せ を 。 の ま 毎 れ 大 し ま 意 バ トれ ら 加 い な と で 参 大 思 く す ー 有 メ て 中 ひ す 年 ラし か し ま き 、 を 作 き く 加 学 い り こ る か を 志 ン き 心 と 。 、 エ 抱 も テい の て す っ 私 り な コ し 近 ま と 学 ら 払 ス バ た に り 今 ふ 加 ィで き く 。 か た い 上 目 ミ て 隣 す で で 生 の い タ ー の こ と 年 れ 藤 実す っ れ 今 け ち た げ 的 ュ く の 。 き 、 た ア ま ッ の で の し は あ   行 り て 委。 か た 年 を に る で ニ だ 福 全 ち ド し フ 意 す イ て 実 い 絋 員 、 、 子   ら   大 こ あ 気 出 大 学   と し 交 ゴ 出 ま 人 の   い れ 敬 母 デ   敬 と 来 切 れ り に 身 学 に 学 を い 流 ゲ 席 し が で 仕 ま 、 和 校 ー 第 和 て 年 に か ま 心 」 を 励 生 大 つ の ー し た い き 事 し 学 学 で に 二 学 も の し ら し の で 卒 ん 時 変 な な ム た が な な や た 生 園 久 参 回 園 Day 楽 ホ て も た 距 あ 業 だ 代 う が か が 同 、 か い 子 。 生 や し 加 と に し ー い 敬 離 る し を れ り っ 行 窓 第 っ 友 育 活 地 ぶ さ ing 。 友 な つ み ム き 和 同 が こ て 同 し を た わ 生 二 た 人 て を 域 り せ 人 っ な Com で カ た 学 縮 と か じ く 持 同 れ の 部 ら が な 思 の に て す い 窓 は 思 い た が ミ 園 ま で ら 場 つ 期 、 名 の と 多 ど い 方 友 ome 。 と の 、「 貴 っ パ 人 た ホ る ン に 力 る 、 重 所 こ 生 在 前 い く で 出 々 二 グ 思 つ こ 初 て と や 学 を ー う 、 参 し の た だ ー 絆 H 敬 で   〇 い は な い テ ち き ム 渡 〇 の デ ま な 偉 と 対 和 財 過 ま が 卒 中 使 不 知 加 懐 温 ま 邉 四 ー が が 面 学 ご で 業 に っ ィ 安 っ す か か と カ 年 温 す 大 産 す ー 過 し   が 。 る 幾 で 園 し 。 き 生 あ た も て る し さ た ミ 佳 度 か で で で ご ン 卒 さ 今 絆 度 も 大 、 た と ま ビ あ い こ く に 。 寿 業 か を す も 一 学 す 勉 こ 新 り ン は り る と 思 触 し グ 美   。 。 、 、 7
  • 新発田朝市十二斎市 地 知 り き り し い 回 を 県 す 援 す 行   新 る れ   域 っ 入 ま 、 い る か 寄 の る と 。 っ 今 発 飛 、 昨 を て れ し 私 も バ ら 付 野 獅 し 五 た 年 田 躍 目 年 活 も る た た の ナ は さ 菜 子 て 月 こ 度 市 の 新 一 性 ら こ 。 ち ナ エ せ を 頭 岩 の の 中 た し 〇 化 を と え た と で 今 後 が 望 つ の 販 ク ア て い 仕 入 、 手 県 第 六 が 十 二 心 市 め い こ 月 に 第 ま に ら 、 も む く る 売 ド た れ た 宮 回 大 き 斎 国 際 街 は と 七 七 と 思 広 く 新 し 定 期 こ も し ル で だ き 販 売 六 ・ 古 市 で は か 市 で 文 化 地 の 、 学 が 要 回 目 回 い こ い 市 と で ま 卒 ま し 七 回 の 、 っ た は 学 科 活 生 求 と 目 ま の 企 に し 業 し 、 黒 被 、 性 さ な す 朝 画 一 認 た 生 た そ を 森 災 と 新 三 年 5月は雨の中で開催でした 化 だ け れ っ と 。 市 に や 試 歩 近 知 度 。 回 が つ 。 ま れ ぞ 通 し 神 楽 地 の 感 じ し い   に つ で て い た 十 な は つ み づ が 毎 く た れ て に 復 て 試   月 な な る 二 っ が い て を 取 い て 上 が に 珍 っ て 第 六 売 上 福 島 関 係 興 支 い ま み を 華 子 る く 、 こ と 斎 市 た と 考 市 を を 新 肌 終 願 し 学 知 な 感 に え け り 発 ん 籠   え 民 の で え 発 っ て て い 生 に を 広 っ て じ ま 少 し 、 新 た と 、 多 田 市 と の 町 に 今 回 て い 皆 感 じ る こ 田 い ま く 興 げ 運 し ず 発 思 く 以 企 あ は ま す さ ん る と 朝 味 て 営 た つ 田 い の 外 画 る 岩 す メ ン を い し 。 近 市 ま 方 の ブ ジ 手 市に集まった人の賑わい   。 も よ う が で 市 巻 。 バ 持 っ く こ て い し か 付 い 商 店 す 。 に 十 地 域 ー ス ャ パ 、 福   き に き 十 な ま ー が て と く し て 街 出 二 の を ン 島 国 際   ( 込 ん っ し 二 も も た 、 い の 店 斎 方 設 サ の 国 増 ら 重 め 今 る 活 申 市 も 置 ッ 被 文 化 際 で て き た 。 斎 え て い 、 要 で に は 後 も の で 性 化 込 み を 知 い ら し た カ ー 災 地 学 科 文 化 開 催 ま 回 市 三 し を い 一 す 学 学 は と 数 っ し こ カ 支 年 学 す く   る た 重 緒 。 内 生 な い も て て と レ 援 渡 科 。 ね こ に 多 で 中 い う 年 い く で ッ や 邊   こ さ る と 活 く の 心 か 目 々 た だ 、 ジ 、   神 と ら に を 動 の 認 と と 的 増 だ さ 新 さ 聖 舞 田 が な つ 地域の方々と学生たちによる演奏 ) 、  あ   人 も ピ て ふ す ち ツ   ロ と れ 国 ト ら ク ト    た 最 に た ン 代 さ 。 の リ 書 ジ い は の 、 始 ト を 病た 初 は ち グ 金 わ お た ー 店 ェ っ よ ク 山 ま 」 贈 気 の サ に さ を し 客 め に の ク て い リ 﨑 り は ろ のか 二 ン 届 れ 払 い さ の は 店 ト 始 、 ス 由 ま 敬 う 子い 〇 タ け て う 本 ん カ 、 頭 ・ ま ぜ マ 紀 し 和 と ど心 〇 認 ら ク と を は ー 病 に し っ ひ ス 先 た 学 い もの 九 定 れ リ 、 選 自 ド 院 置 ば た の 生 。 園 う た 証 た 新 「つ 年 ま ス 本 び 由 が で か の 発 体 が 二 大 ち は が す マ は 、 に 下 過 れ 」 験 話 年 学 サ にな 渡 で が 田 ン 新 。 ス き 寄 そ げ ご た 「 を し 前 の 本が さ す で 受 タ 発 れ 本 の れ せ れ ら す ク 。 サ も て の チ ・ のり 田 を 日 い 書 を れ 子 リ ン け く ア ャ プ プ ま や て 市 す 贈 に に き 取 て ど ス タ ろ れ ド ペ ロ レ 内 っ 子 ラ を っ い も マ ・ 、「 た ベ ル ジ ゼ 。 う の た ど ッ し て ま た ス プ 」 こ 米 ン か ェ ン 大澤サンタから本が手渡されました 8
  • エコファッションショウ き つ き し 材 客   年 直 た シ レ 際   エ 衣 ま 、 活 て に が 当 層 す 。 ョ ー 文 イ 服 し 華 躍 参 訪 集 日 に こ 貴 ウ シ 化 オ コ の た や の 加 れ ま に 浸 と 重 」 ョ 学 ン フ リ ユ 。 か お し 、 り は 透 で な を ン 科 モ ァ ー   な 陰 て と 、 、 さ 、 資 、 共 主 ー ッ ス   シ で く り テ 会 せ エ 源 一 ル   ( ョ 、 れ わ レ 場 る コ と 一 催 催 新 シ を の 、 と ウ 眩 た け ビ に こ ロ し 月 発 ョ お 国 「 ㈱ 際 を い 学 ス 局 一 と ジ て 一 エ ハ 田 ン し 文 上 ば 生 タ や 〇 が ー の 九 を シ た 演 か た ッ 新 〇 主 精 衣 日 コ ー 会 エ 化 す り ち フ 聞 人 旨 神 服 に フ ド 場 ョ コ 学 ァ オ ウ ロ 科 る の の や 社 を で を の 開 に し ッ フ を ジ   こ 輝 特 モ も 超 地 価 催 、 ー 佐 と き 筆 デ 多 え た 域 値 し シ コ 本 開思い思いのエコファッションに身を包んだモデルの皆さん 藤 が を す ル 数 る 。 の を ま ョ ー 学 催 ) で 放 べ と 取 観 若 見 し ン ポ 国 ご と の さ シ ウ 力 何 の 郎   り れ と せ た ま テ e で た く   力 い エ 画   苦 ざ な を 、 ョ は が よ 方 経 ハ 組 ば が る 。 ざ ィ e 出 。 れ ま し た コ 部 私 い り 知 そ ウ 成 あ り 々 営 ー む あ 多 た そ ま ン ス 演 そ る ず て だ フ と は 労 ま ま る し を 功 っ 協 、 企 ド こ る け め れ な グ タ し の 人 モ 土 き ァ し こ を し し こ て 通 で て 力 大 画 オ と ほ れ に で 場 の イ て 後 が デ 台 、 ッ て の 共 た た と そ じ き こ し 学 室 フ が ど ば 、 も 面 内 ラ く も な ル を 同 シ 参 エ に 。 。 が こ て そ て の 長 コ で 、 多 煮 こ で 容 ー れ モ か や つ じ ョ 加 コ 皆 で か 協 た 、 く 教 様 ー き 私 い 詰 の 迷 を ズ た デ な ス く 部 ン フ し の さ さ き ら 力 こ れ 職 、 ポ た た ほ め 一 惑 は 」 ダ ル か タ っ の シ せ ァ て ん 、 生 す だ の た 員 イ レ と ち ど な 大 を じ の ン や 集 ッ て 佐 ョ ッ 深 と て 本 と ま る フ 学 の オ ー 思 は 、 け イ か め 人 ス ス ま フ き 久 ウ い シ め 当 て れ こ 思 ァ 生 皆 ン シ い 結 状 れ ベ け 、 た サ タ ら と ま 間 の ョ に も る と い ッ の さ モ ョ ま 束 況 ば ン て 準 ち ー ッ ず し し 清 お た ン た ま す た だ 絆 あ 貴 絆 の シ 仲 ま ー ン を が い ト し 備 に ク フ 苦 て 貴 話 き シ 企 す 。 。 東 画 り 重 と 素 ョ 間 、 ル の 強 大 け を ま 段 は ル 、 労 協 く を ま ョ 條 部 が な い 晴 。 ン た そ 新 山 め 変 な 成 い 階 、 「 ゲ し 力 ん 二 ウ   部 と 機 う こ シ し 発 て で い 功 の ミ F ス と し ら ち 本 ま ま し 月 た に 訓   長 う 会 も し の ョ の て 田 太 取 あ こ さ し さ ー r ト し て 協 に 。 企 之   二 街 ま   き 含 災 で プ が 大 市 て に た 冊 善 コ   〇 々 っ 敬 ま め し の ロ 届 学 で 合 は ち 、 意 メ サ 一 に た 和 し て た 二 ジ け 病 も 計 新 に 県 の リ ン 一 広 、 学 た 全 福 つ ェ ら 院 プ 四 発 届 立 市 書 年 が あ 。 部 島 の ク れ の ロ 五 田 け が 民 タ 園 房 の っ た で 赤 病 ト ま 子 ジ 冊 病 ら ん か と ・ ク 大 し て た 学 四 十 院 ・ ど ェ 。 院 れ セ ら 未 プ リ い か 〇 字 に し た も ク 三 小 ま ン の ロ ス い の 。 来 ( く 冊 病 加 ば た ト 年 児 し タ プ 屋 ジ 宗 マ こ 心 チ を 院 え た 今 ち が 目 科 た ー レ 教 ス の ャ 、 」 年 の 。 病 書 ェ と 贈 小 に 始 病 ゼ 店 部 で を つ ペ る 児 大 で の 四 ま 今 棟 二 院 ン ク 長 し な ル 「 が ト た 実 こ 科 震 は サ 一 り 年 も 〇 の ト 参   感 が か と 病 災 こ 冊 、 は 加 一 子 が 大 。 り ン 加 し ら が 棟 で れ タ の 新 新 わ 〇 ど 二 ご協力いただいたコメリ書房様 澤 た が 始 で も 被 ま 本 潟 潟 っ 年 も 六 し ) 、 ・ 、9
  • 保護者との懇談会 謝 ご ま た   義 で お の わ と 育 に   日   「 ご い さ す ご 懇 な 、 子 皆 れ 題 内 続 第 、 一 家 た せ と 意 談 意 学 さ さ た し 容 き 一 本 ・ 族 し て 共 見 会 見 業 ま 第 お に 、 部 学 二 と ま 連 ま い に を 当 交 成 と と 二 話 つ 桑 で を 年 す 換 会 生 携 た 、 今 日 績 接 常 部 し い 原 は し 。 だ 貴 後 に を や し 日 は い て ヒ 鈴 場 保 た   き 重 の 皆 行 学 て 頃 立 た 「 サ 木 に 護 学   ま な 参 さ う 生 ア 食 し 敬 子 佳 開 者 生   し お 考 ま こ 生 い ド の ま 教 秀 催 懇 指 る 和   た 時 と か と 活 ヴ 懇 し 学 務 学 い 談 導   ( こ 間 さ ら が 等 本 ァ 談 た 部 長 た 会 教 と を せ い で に 学 イ 会 。 園 大 長 の し 」 一 に ご て た き つ 教 ザ で 引 が ご ま を 務 員 学 、 一 い だ ま い ー 、 き 本 あ し 一 委 の 二 ・ 員 深 緒 た き し て と と 保 続 学 い た 一 た 教 。 保護者の皆さまとの情報交換 会 く 感 に 過 だ き ま し 。 有 意 の 間 し て 護 者 き 行 育 の 教 さ つ 月 五 年 ) 」 生 き 包 く さ と に ろ ゼ と れ 運   い 子 い 学 活 ら ま が の る   か   保 学 て み 思 っ 仕 関 、 ミ い て 転 そ る ど る 生 の 、 し 先 あ 、 鈴 っ 娘 生 護 い 込 い て 事 わ 普 の う 驚 手 れ の も 学 を 様 大 た 生 る 学 木 た は る む ま い の る 段 担 話 い の か か が 校 大 子 学 。 方 大 生 学 と 、 一 者 と 分 温 し る 合 皆 か 当 を た 方 ら が 分 普 の 切 を で 娘 全 学 一 長 感 じ い 人 と か た エ 間 さ ら し け が 、 段 姿 に 教 の の 員 に 人 の い 一 か い 。 ピ に ま 先 の 先 て ど 突 娘 か ど 勢 思 え 娘 ゼ に し 一 「 た 大 の 人 り 、 環 境 学 園 ソ ー 顔 写 が 学 生 方 生 く 、 然 自 が あ り と ん な が っ て て い の 勉 ミ を 伝 わ て い 人 に 小 規 懇 談 学 に を 懇 れ と 伝 と の 全 ド 真 生 だ に た て 分 る て 風 わ 見 た 強 担 っ き 対 模 会 入 大 談 て こ も 中 で 体 で を 聞 と 名 の 名 け で の こ も の 名 日 「 も 安 に 大 り 守 っ だ き に 対 当 し て い た い し て 校 だ で し 学 で 切 会 安 、 学 い 前 前 は 話 と う 前 大 心 学 ま て 、 す て る 」 細 か た き 一 年 に を 心 を が れ し 酒 す 娘 生 て を を な し を 学 し で く 一 る い こ と か ら 。 て 井 生 開 し し あ ま た 保 る が を 、 見 覚 く か 呼 の 過 だ 人 姿 る と い い こ 本   ま し 勉 優 う て え 、 た り ま っ ん バ し ご 。 ま さ 一 勢 先 を う 気 そ 当 夏 護 者 大 催 強 し れ く よ 学 と で ス た し っ 人 や 生 感 考 配 で に 枝   学 た す た 。 た   で く し だ う 生 こ 。 」 く の て て の 生 か じ え り き よ 様   。 、学 在 の た 思 に   て ま な や は リ   を 生 後   「生 に 敬 ち い 伝 私 い す ど チ 多 ー 敬 発 の 期 Kの な 和 「 、 え は な 。 の ア い 部 和 信 立 に E り に K こ 、 、 い 敬 サ リ と が の し 場 発 英立 た E て I な の 興 そ 魅 和 ー ー 思 有 バ を 足 W 語場 い い I 活 味 の に ク ダ い 名 ド い し 文で 力 活 A 化 と 新 W 動 を 魅 は ル ー ま な ミ く た コ が か C敬 思 し A に 持 力 た 、 も 部 す こ ン こ し 新 ミ和 っ と R ュ い C 参 っ を く ま 活 、 。 と ト て し E ニの て 風 加 て も だ 発 ブ し を ン が い ケ い R さ 目 「 W ー魅 を E し も っ ん あ に ラ か 知 部 敬 団 」 シ ま 標力 す 吹 W ま ら と あ ま 活 ス し っ や で 和 体 は ョ き し い 多 り 動 バ 、 て ア で 佐 ンを 。 」 り す の 、 藤 学 込 が た た く 知 し ン 野 い ー 。 魅 す 今 科発 む 、 。 い の ま ら て ド 球 る チ 。 年   三信 す 力 泰 年 存 今 私 と 人 。 れ い 部 部 人 ェ 」 学 度 一   「KEIWA CREW」のメンバー 10
  • 企業との懇談会 欲 し ま 活 十 教 だ   を け ん た 就 を   学 し て し 動 二 授 く 本 い る 、 。 職 お 八 生 い の た と 斎 の た 学 た 四 最 就 懇 招 一 た と 力 。 フ 市 め の だ 年 後 職 談 き 社 ち ゼ の 思 を 大 ィ 」 ミ 、 教 き 生 ま 活 会 し 一 社 い 就 学 ー と 生 昨 育 、 へ で 動 を 、 〇 会 ま 職 生 ル 題 が 年 の 心 の あ を 、 再 九 人 す 活 活 ド し 「 に 特 よ 追 き 開 一 来 名 と 。( 動 で ワ 、 引 徴 り 加 ら 始 一 春 の し 大 御 て 就 で 身 ー 地 き に 募 め す 月 採 企 も に ク 域 震 続 つ 礼 集 ず る 九 用 業 の 職 災 力 委 大 つ を に き い 申 に に 三 日 を 人 の し を 員 い け 紹 密 、 て つ 就 年 に 念 事 披 に た 介 着 復 神 ご 上 い 職 生 開 頭 担 露 長 興 発 社 し し 田 理 げ て 活 は 催 に 当   杉 揮 会 て た 支 よ 解 ま も 動 も し お の 就 学生たちにも就職への心構えを指導いただきました 村 し て 人 と く れ 教 育 援 と り 子 い た す 。 情 報 を 続 ち ろ ま し い た 方 々 職 ) にし 共 を 懸 以   す え に い の 種 い 信 え に   す で れ 豊 学 リ   信 む得ま に 生 積 み 念 さ 上 に 学 生 。 る よ 人 財 る と 広 さ で 活 命 題 頼 を た 人 と っ 地 域 。 は 一 、 弊 か な 園 大 ベ ラ 敬 愛 頼 けす き 重 れ 、 の う 育 こ は 躍 で い 財 て 社 八 社 新 学 ル の さ たこ る ね て 就 皆 、 成 ろ 、 し ご た を 、 会 名 に 発 の ・ 心 れと 企 、 お 職 さ 努 に で 確 て ざ だ 育 誠 に を 在 田 多 ア と る 企を切 業 選 そ し り ま 活 動 ま に 力 し は 研 ご ざ か な い る い ま く 上 て る 実 で 安 全 数 え 籍 す の 学 く の ー ツ 人 間 誠 業に 択 て す は お て 鑽 い 教 貴 す で こ 豊 、 る る び 学 教 性   新 実 懇願 を 、 が 厳 か 参 を ま 育 学 。 、 と か 安 ま 貴 舎 生 育 豊 人 でっ 、 こ 、 し れ る 重 す の の そ 欠 は な 心 で 学 か の を か 事 部 潟 綜 合 豊 談てお 自 ら れ か ど う さ を ま し 所 存 ね 、 。 私 成 果 卒 業 の 点 く こ 、 お 人 間 を 提 に 至 卒 業 ら 社 皆 さ 受 け な 教 長 警 備 か 会  り の ら か 増 て で ご 共 と 生 、 と 客 性 供 っ 生 会 ん ら 養 上 保 な をま 思 の 企 す は ご 期 も 敬 の 幅 の さ を す て も に が れ 人 障 人す い 人 業 こ 、 ざ 待 、 服 適 広 で ま 兼 る お 、 巣 、 た を 田 和 株 式 間 開。 で 成 生 を 研 究 と が 例 年 い ま に 添 さ ら し て 応 力 い 職 き な の ご ね 備 弊 社 り ま 現 在 立 た 自 然 敬 和 育 む 正 様 会 社 性 催   願 さ て こ 見 何 る   き ら 討 で フ 学 ぶ ク の   「 い ま や と 方 も 人 毎 集 こ し す リ 園 や 等 活 私 K し 、 っ が を な も 日 め そ て 。 ー 大 き の 動 た E ま 取 て き 変 い い 通 て 見 い 今 ペ 学 を ソ は ち I す 材 い っ え と る っ い え る 、 ー や 意 ー 、 「 W 。 の く と れ か て こ る と み パ 新 識 シ ツ 感 イ K A 際 つ あ ば も い う 敬 こ ん ー 発 的 ャ E る じ と ッ C は も 特 る し る 和 ろ な を 田 に ル I は れ 思 タ R ご り 別 よ 大 の で で 製 市 行 メ ― W E 協 で ず な ま 学 っ よ す 冊 作 の い デ 、 う て や A W」 力 す こ せ を い が 子 し 魅 、 ィ 国 と な ん い フ   際 発 よ 。 信 と こ 退 ま と 、 の て 力 さ ア ェ C 文 足 ろ 学 に 。 屈 こ 学 内 い を ら に 星 化 念 と し す イ R 野 学 し し 内 を 感 に 。 ろ 生 容 く 伝 に よ ス E   科 ま で か く の 持 じ 感 を だ を こ え 敬 る ブ W 拓 二 し 学長から任命状をいただきました お 皆 っ る も し じ か か 検 と る 和 つ ッ 年 た 、 、 」 郎  11
  • 骨髄バンク 多 き を   え 命 た た さ は 前 を よ か   い で 大   人 れ ク 推   の   く 、 実 死 で を 。 れ 私 の 迎 く っ た 荒 学 、 登 の 叔 私 私 の の 進 敬 骨 学 感 感 の 手 救 そ 母 て の 日 え わ た は こ 井 の が 命 今 ド 財 和 録 髄 生 謝 で こ 術 う こ の あ 叔 に て か の 身 と 善 チ 骨 年 ナ 団 学 を バ が し き と に こ で 死 り 母 、 い ら で 近 が 正 ャ 髄 を 度 ー 等 園 募 ン 骨 髄 て る と 臨 と 初 に ま が 母 ま ず 、 な き さ ペ バ 救 二 登 の 大 り ク バ い 貴 、 む に め 強 し 乳 か し 、 人 人 っ ん ル ン う 名 録 方 学 、 と ン ク ま 重 人 こ つ て い た 癌 ら た 受 の の か か ・ ク と の 会 か で 適 は ド す な の と い 私 。 で メ 。 け 命 け ら ア に 学 を ら は 合 、 ナ 。 体 命 が て は シ 何 亡 ー し 身 を 死 で 骨 ッ い 生 実 ご 毎 す 白 ー ョ に 登 う に 験 を で 実 死 度 く ル か の 救 し 髄 セ 録 の 施 講 年 る 血 登 を 救 き 感 の ッ も な が し 姿 う 触 た 移 ン こ 血 し 演 一 型 病 録 ク れ し 国 う ま お 、 勢 こ 。 液 の さ せ こ し し 、 こ と を 世 っ た 届 き 手 で と た 植 の ブ リ た 際 文 と の て い い た 回 、 血 な ど 骨 の て い と の た 。 よ い や 、 受 け 話 に こ と 、 そ 術 を 手 術 に つ 経 験 お 話 ・ ア は 関 化 学 型 が ま だ チ 液 を の 髄 科 す く ャ 治 た 両 心 人 ま な が こ す の い が を ワ 去 年   恵 三 年 一 。 こ ペ 持 療 液 致 だ 方 構 の し っ 記 に る 日 て な 聴 ー 、 児   し 多 く と に ル ・ つ 方 で 骨 提 、 の 加 ア を 髄 供 中 人 人 の   ま れ き け を 禁   ア 救 く る 提   命 骨 見 に が が 数 ま し ま 、 れ も 止 法 だ う な し 供 私 の 髄 学 生 え 、 ッ セ つ 移 植 で な っ ド ナ 多 い は 少 だ 日 た 。 で 気 痛 み ど 、 ら い さ れ 律 で と 思 と い い の 、 注 す る は 人 大 液 の た 年 ン け 、 が 実 ち に ブ 必 た ー の な 本 付 な 患 ま て 患 い う で 射 に 一 切 提 が 二 リ 骨 要 感 さ 供 髄 ら い 登 録 が 現 く 、 で 登 け な ん て 者 さ し た い ま 者 さ 、 ド こ と す が も さ は 、 倍 注 を を 骨 髄 回 、 ・ ア 液 な 患 し い な し 状 病 録 か 忘 ん 。 す ん ナ ー は 、 れ 病 射 実 行 う ド 献 ワ の 提 者 た 、 で 気 さ っ れ が 痛 が と 一 自 る 院 が と 提 す で れ た て よ く 、 提 登 番 分 し に 苦 感 こ ナ ー 血 と ー の 供 さ ん 命 と 思 い 供 に 。 一 命 を て い 命 の し ま く な て 本 病 院 供 者 録 を 身 近 の 意 、 怖 入 院 手 で が 登 合 時 を 行 の の 録 わ 間 た ま 困 人 落 る 大 い っ 当 を が し な 思 い す す 国 際 で き に せ に う 仕 め 大 す ら で と 骨 切 ま た に 通 会 ま ボ で こ る 。 文 。 な も し 髄 さ し こ 辛 し う し ラ だ と 必 骨 野 口 化 学 ま 協 力 て 骨 、 骨 組 に 、 切 い 世 多 く て い ド ナ を 感 た 。 と を か っ て 手 こ と た 。 ン テ れ か も 少 要 が 髄 液   科 三 し た し 髄 髄 み で ド さ 佳 て バ 移 ナ の の る ー じ こ 聞 た 紙 は ィ を な あ を 織 年 。 す   く ン 植 。 ー ま し   を 試 月 す 学 あ 日 番   い で ゃ 大 判 セ 中 。 力 り 程 を 新 よ お い 学 定 ン 旬 ま 試 、 ・ 迎 し い 問 ま 進 し タ に た 験 そ B え い よ い し 学 ま ー 全 、 の れ 日 ま 年 合 た す 試 国 セ 結 ぞ 程 と 本 を し 番 わ ら 考 。 験 一 ン 果 れ ・ 共 せ 、 C た ! 、 え の 斉 タ に 。 に く お て 成 に ー よ 英 日 一 、 入 だ 気 績 実 利 り 語 程 受 学 さ 軽 い を 施 用 合 と と 般 験 ( い る 入 試 に 利 さ 入 否 国 三 シ 験 入 。 広 方 用 れ 試 を 語 回 試 ー 試 報 が し た で 判 二 の で ズ の 委 入 い て 大 は 定 教 募 は ン ご 員 試 ら 合 学 、 し 科 集 、 も 案 会 ) 課 っ 否 入 一 ま の が A 本 内《お問合せ先》敬和学園大学広報入試課  0120-26-3637 12
  • オープン・カレッジ  多級 て ほ ら   ま 育 域   い 熟 い う び カ 界   な 今 鉱 び 書 タ み し 町 新 二 の ら   くの お と 年 高 し コ 福 こ て 年 う 名 ま の の 秋 作 年 脈 、 や ー 」 ま で 発 次 愉 夏 今 の出 り ん 二 校 た ン 祉 の 多 世 公 の し 歴 今 に 品 も へ 絵 シ ラ は し は 田 試 し に 年 ご題 、 ど 回 生 。 ソ 関 ほ 面 代 民 も た 史 」 は に 盛 と 本 ビ 今 た 「 市 験 み か 度 参 ェ 年方 真 が の 向 ー 連 か 的 の 館 と 。 と と 新 は 況 導 の ッ 。 夏 で 対 け の 加 イ で に法 剣 直 開 け シ の 、 に 生 企 に 新 今 題 発 い で か 中 ク ト 吉 休 の 策 5 」、 て オや 近 講 の ア 講 児 考 き 画 ~ 潟 、 し 田 つ し れ に 絵 五 田 み 、 ー 感 に ス 回 「 英 「 謝問 受 の と 英 ム 演 童 え 方 の 婚 市 日 、 市 も た た 生 ピ 本 新 子 フ 語 英 本 プ !題 英 な 検 の 会 英 ま 、 テ 活 北 本 中 で 感 。 思 き 」 目 一 ど 学 ン 講 ア ォ 集 検形 し 検 り 対 公 を 語 し た 終 ー マ か 区 と 国 「 心 し 子 い 続 の に を 迎 先 も ト 中 二 を ・ 二式 受 ま 策 開 開 教 わ ら で の 、 私 ど で け 見 生 陶 会 カ、 て い 検 し 講 講 催 育 。 り で 終 は 関 ド た て も す る 影 ら え ま の 芸 ウ ォ 講 座 級 ・ 場 レ 〇 響合格 ま を 視 た 。 座 は 座 に 、 ま セ ミ 方 な 、 結 活 ま 、「 『 係 に イ ツ ち が し ま た ち 。 陶 思 想 に れ る し 「 絵 教 室 ー 」( 準 に し ッ ジ 一す し 野 受 、 も た ナ ど 婚 で 愛 つ 、 生 い の 芸 や つ 欽 た 本 」 ク 春 二 級 た は 一 た や 。「 」、るた 。「 に 講 生 今 年 参 高 等 ー 愛 に 恋 ~ 」 』 と い て ア き る ま す 独 創 教 室 文 体 い て 定 の を 開 聖 ・ 一 「 、 年 入 加 、 メ 訳 ピ 愉 秋 絵 春め 二 れ の か し 教 地 つ 愛 、 と い 学 リ 世 。 的 は の 学 聖 ー し 講 籠 )、 次 ・ 本 か 度 オ 申 来   に 間 入 で き て 習 寧 強 勉 の ー し 上 場 く 本 学 上 の 学 費 生 資 に 英 ま し も た も 、 に 教 を し 強 に 勉 強 プ げ だ オ 級 を 格 検 た め 大 え た 生 も ン ま す さ い ー プ を 目 免 除 特 待 二 級 。 な に な 学 入 て い ら よ か し 分 か ・ 。 ま ン 指 さ 生 を お っ 試 た い た っ カ   し ・ し れ 奨 取 、 た の だ か た   ( た カ て る 学 得 本 」 た い 、 い 」「 た レ 広 皆 レ 欲 し 中 金 し 学 に な め の て 抑 え ど め 、 ッ さ ッ で が た ど よ 報 委 ま ジ い 、 あ 入 は の 模 か る ん こ ジ 員 に 心 に ご と 思 在 学 り ま 学 者 高 校 感 想 範 に っ た ポ イ な 学 れ か の   長 よ 協 い 中 す 対 卒 を な 。 ン 習 ら ご 金 り 御 力 、 ま す に さ 。 二 象 に 業 時 い た っ て 面 接 ト を 法 で の 自 報 山 吉田先生のユーモアあふれるお話を愉しみました ) 礼 ご 。 ら 年 新 ま だ と 練 丁 勉 主 告 だ し   金 方 に 点 ン 位   か 七 語 入 一 ま 象 点 英 「   す す C   特 が   ● き す 受 制 に は を タ 三 ま ら 三 検 に 五 語 新 。 る 、 敬 ん お 学 四 す 入 英 待 ば 、 る 験 度 は 授 挙 ー 位 た 授 〇 定 し 名 。 、 三 検 語 特 入 和 生 〇 問 ご 制 生 」 授 業 げ 試 ま 、 業 点 準 授 〇 定 生 待 試 学 っ 合 て 、 こ 資 で ・ た 一 活 度 の を 業 料 た 験 で 一 料 以 一 い 昨 の 業 点 二 が 生 の 園 受 二 せ 用 で 努 用 料 の 方 利 の 般 六 上 級 料 以 級 格 ・ 成 大 奨 先 ま 年 制 特 ん 験 〇 く す 力 意 の 全 の 用 方 入 九 を 以 す は 度 六 上 ま ば 奨 績 学 学 生   だ し 万 待 二 広 。 を 半 額 う 入 に 試 達 上 。 六 を 九 を た っ 学 に で 金 た さ て 円 生 - 奮 評 額 、 ち 試 は ( 成 ま 万 達 は 金 応 は ち 六 報 い い を 入 名 利 制 た 制 の っ 価 を 四 上 で 授 A し た 円 成 、 制 じ 、 入 。( て し ま 給 位 位 七 業 日 免 た は 学 の 用 を し T 度 成 度 て 英 度 授 三 試 後 資 し 果 の 業 - 入 挑 、 す 付 か 三 〇 料 程 除 方 、 二 た O 」 を 授 検 六 課 格 て を 料 三 試 戦 学 。 す ら 位 % の ) し は T も 年 受 E で 設 業 ・ ご を し 業 る 一 ま 以 半 の ま 、 O 、 特 一 間 験 I は 評 け 料 T 紹 七 委 支 員 て を 「 〇 で 上 額 成 す 次 E 実 待 昨 免 生 C 、 価 て を O 介 援 会 い 後 奨 位 の の 、 績 。 年 I 用 生 年 除 を の 実 す い 支 E ) た 押 学 の 方 得 セ 上 度 C 英 が は し 対 得 用 る ま 援 I13
  • お別れのメッセージ の 援 き れ 出 う   域 た う し の て も 脳 声 人 が る 中 年 バ コ く 康 赴 私   共 に の 出 が 来 れ ま の 学 願 、 皆 好 徐 裏 を 以 で こ 学 後 ス ー 、 系 任 は 初 な シ し 悩 事 し た 皆 生 っ 活 さ 成 々 に あ 上 き と 校 に で ト 聖 で し 開 代 に っ ス て み に い 、 さ た て 力 ん 績 に 浮 げ の ま が 移 グ 移 を 籠 す ま 学 北 築 て テ い を 出 こ 約 ま ち い に が を 整 か て 学 し で 転 ラ 動 お 町 が し と 垣 き い ム く 抱 合 と 一 の や ま 満 そ 収 い ん ス 生 た き に ン し 借 の 、 た 同 宗 、 く が こ え い 、 〇 ご 教 す ち れ め 、 で ポ た 。 、 伴 ド 、 り 体 当 。 時 治 こ 、 と 、 ま 悲 支 職 。 た て 各 き ー ち 小 ひ い が 倉 し 育 私 に 感 年 ぞ 時 学 と 更 は そ し し 間 援 員 二 学 い ク ま ツ が さ と 空 整 庫 て 館 の 郷 長 動 れ は を に 困 れ た い の に の 一 園 の ま ラ す を 、 い ま き 地 は い や ま 担 里 か を 願 柔 難 を 。 こ 学 感 方 年 生 す ブ 。 楽 割 体 ず 体 さ 私 ま 新 当 の ら 共 っ 軟 で 解 学 と 謝 々 間 活 分 。 が 今 し れ 育 専 育 れ の し 発 だ は 敬 て に し 決 生 、 生 い の 、 を 野 今 活 で ん ん 館 用 館 、 車 た 田 体 ス 和 の に い 部 た で 育 お し 充 た し た た 長 ご 共 送 後 発 は で ば で の を 新 で 。 市 ポ 学 声 共 ま し 力 施 久 生 た 実 。 意 ち く 在 協 に ら も に 体 い か 男 体 お 発 し 学 の ー 園 が 島 社 す し 学 欲 そ さ ま 力 過 れ を 、 活 育 た り 女 育 借 田 た 生 テ 設 ツ 大   会 学 。 た 生 を れ ん 任 す 、 ご る 伸 学 動 施 の 六 施 市 。 は ニ が ・ け 姿 り 学 で 公 学 舎 も 支 引 ぞ の 中 。 地 し よ ば 生 し 設 が 歓 〇 設 す の 二 学 ス な 健 に 科 、 、 夫  よ れ 続   言 あ を も 持 い な い び 長 切 特 で 後 こ 敬   り で 現   keeper. brother s keeper. You are your sister s Keiwa Familyろ る き 来 葉 る 持 で ち る る 、 を す に に き の と 和 三 、 、 が 英し こ 敬 年 の つ き に と 学 そ し そ た 卒 が 学 責 他 あ B か 通 る 年 語く と 和 度 本 ら 他 る な た 生 し し 姿 、 う 安 業 何 園 任 人 り に rお を 家 か 当 の と り く を て 学 思 堵 式 度 大 半 を で ま o 敬 だ 、 を 持願 う 族 ら の 教 思 ま さ 見 手 生 い で が も 学 前 も す t ’ “ 和 と 互 見 つ Brother s keeperい れ の は 意 の 感 職 い す ん て を い て も ま 教 終 あ は に 兄 。 hい し 一 非 味 員 ま 。 の き 取 兄 し 員 わ り 大 と と 弟 聖 教 を 着 e “た を じ き 迎 い く 員 常 育 の す 弟 弟 ま り 弟 た の り ま き の 書し 思 と 勤 理 に ま 皆 し や や し 他 思 ま 姉 。 皆 、 し な え 任 う よ に r’ す い し し 意 ’ま い し 講 解 携 さ 、 妹 妹 た 人 妹 教 さ 全 た 家 て う 由 sす ま て 師 で 。 ん そ の が 。 に や た の 職 ん 員 。 族 い 、 味 に 来 わ で。 す 、 と き り か れ た い 学 尽 り 。 よ 員 と の 東 な た 面 す k 使 You are your 。 教 し ま 、 ら は め る 生 く 、 四 う は 涙 無 日 ん だ 倒 る 人 e Welcome to 今 育 て し 私 の 同 な よ と す 挑 年 に 学 し 事 本 だ い わ を フ と 吉 文 e “ れ 沢 学 後 に 、 た は 支 じ ら う 接 よ 戦 間 共 生 た を 大 と て 見 レ い 部 と 携 引 。 こ え 思 何 な し う し の に を 時 確 震 思 か ま 、 ー う     p す 彩 も わ き の が い で 気 て に 合 学 成 大 は 認 災 う ら 守 ズ 表 子     e 。 r ’ た り 初 続   連 ま 大 テ   よ 注 人 希 を な 援 に 大 食 か い 長 れ し   校 研   高 震 。 、 年 者 ま 携 し 学 ー 講 り い 間 望 、 が を つ き を ら て の る 、 基 で 修 恒 大 災   二 度 の た に た の マ 演 願 で の の 当 ら 受 な な 多 ご 大 栃 原 行 会 例 合 に 提 調 よ 〇 に 表 、 発 。 教 ご 後 い 来 生 歩 事 希 け が 苦 供 く 講 津 木 発 講 い を の 同 る 年 着 彰 二 展 そ 職 と は ま ら き み 者 望 て る 難 し の 演 健 県 事 演 ま 、 高 ク 苦 と 任 が 〇 す こ 員 の 、 す れ る に の を 、 さ に て 研 を 一 那 故 で し 一 校 リ 難 い さ 行 年 る で が グ 学 。 た 根 感 視 抱 そ ま 直 こ 修 い 先 須 に た 一 ・ ス と は 大 う れ わ 以 こ 蒔 意 ル 校 ア 幹 銘 点 き の ざ 面 ら 生 た 生 塩 よ 。 月 マ 希 と ー 東 学 望 時 た れ 上 か 見 経 ジ に し か つ ミ ま し れ を だ か 原 る 二 ス の 教 ま 勤 を れ 交 プ 営 ア 関 ま ら つ ッ な つ 受 き ら 市 被 日 六 合 ・ を た 本 同 共 重 職 し 続 願 た 換 に や 学 わ し う 前 シ 共 つ ア け ま 、 の 害 日 研 み 員 た さ い 種 す 分 高 院 る た か 進 ョ 同 も 入 し 震 ア を 大 に の 有 ジ ク 修 を の 。 れ ま が る か 大 の 事 。 が さ ン 体 、 れ た 災 ジ 受 震 敬 会 す れ ア 災 リ 感 表 大 た 、 時 連 復 業 食 い れ を か キ 学 、 。 被 ア け 和 ス の じ 彰 学 永 。 今 を 、 携 興 に と 、 る 確 ら リ 安 ア 害 学 て で 学 ご 高 院 被 マ ま が 開 年 後 持 な を 力 い そ 様 認 の ス 全 ジ に 院 お 園 ス 報 し あ 学 勤 の ち 校 ど 心 を う の 子 し 支 ト が な ア つ 校 ら 災 高 ・ 、 ・ 告 14
  • 新発田学研究センター の ゾ 受 は 合 研   す 学 受 一 会 ま 籠 多 の 第     ま 募 ペ 賞 、『 わ 究 授 。 ホ 賞 二 は に 町 く 応 四 文   ち 集 テ さ せ セ 賞 ー 者 月 一 厚 様 の 募 回 藝   の 作 ィ れ い 、 ン 式 を く 、 支 を の 賞 ち ム 二 一   駅 品 氏 た 三 タ は ペ 決 三 月 御 協 援 い 実 「 の を ス げ 月 ー 、 定 日 礼 賛 を た 施 阿   よ ん ー 二 テ 講 イ 三 」 ま ジ し に 九 申 企 賜 だ と 賀   ろ ー 師 ス さ 日 開 ち ま し 業 り き な 北   ず ん に い 日 マ と 出 に 所 の し ず 上 様 ま ま り ロ   「 で し 身 』 開 五 駅 て た に げ 、 し し 、 マ で 近 れ 、   新 あ て の 催 周 よ 。 も ま そ た た 全 ン っ お 作 す し 年 ろ 日 受 第 す し 新 。 国 賞 お 発 中 本 二 た 招 家 ば ま 記 ず 賞 学 。 て 発 当 か 」 よ 田 「 き 、 る す 念 「 に 者 次 第 地 田 賞 ら は び 学 デ 文 公 で 審 食 し 。 講 新 名 行 一 域 市 の 九 、 第 研 」 、 ビ 学 講 演 発 開 は 査 次 の 様 運 六 今 と 今 ッ 賞 演 会 田 し 、 わ 会 審 皆 、 営 作 回 四 究 講師のデビッド・ゾペティ氏 文 回 ト ・ を 会 と 学 ま 本 れ は 査 さ 聖 に 品 で 回 セ 、 「 ン 阿 タ わ 浸 北 だ よ 作   ち れ と に ま る 予 長 賞 い 学 賀 ー     ※       ●     ● ら 透 地 く う 品 こ し る な て ち 「 定 の の た に     お 新 一 二 文 新 三 講 ぬ し 域 な し を れ て 方 り 開 の 文 し 加 審 だ つ 北 」     問 発 三 月 章 発 月 演 ご て の ど ば 、 ま お を ま 催 駅 章 て 藤 査 き い ロ 開     合 田 時 四 講 田 三 会 支 き 魅 、 エ で り 含 す い よ 講 宗 員 ま て マ 所     せ 学 か 日 座 市 ・ た い 日 援 ま 力 当 フ の ま め 。 た ろ 座 哉 長 す な ン 五     は 研 ら ( 地 授 」 ま ( を し を 賞 7 エ 「 す て 当 し ず す 先 で 。 ど 賞 周     〇 、本 究 一 土 域 土 賞 よ た 伝 の ム 阿 。 、 賞 ま 「 を 生 当 、 セ 六 )、 交 式 6 新 二 。 作 」 年 二 学 ) ろ 。 え 文 し 賀 皆 へ す に 日 ざ kyomu@keiwa-c.ac.jp ン 時 流 の 9 」 発 月 ま 家 授 記 五 教 三 一 し 今 る 藝 ば 北 さ の 。 よ ・「 は っ 四 タ ま セ ご く 後 取 作 に た ロ ま 応 い 田 四 た る 、 く 賞 念 務 月 三 学 日 、 ー で ン 案 お と り 品 て 様 マ の 募 ず シ 三 ゾ ば 二 係 四 タ 時 内 朗 研 と 加 式 講 願 も 組 を の ン ご を れ ン 田 ペ ら - 六 日 三 究 三 の 演 ( ー い 当 み 通 読 番 賞 参 考 も 藤 ポ 文 テ ん 〇 し し セ 月 先 ご 会 二 日 賞 も じ 組 」 加 え 参 ジ 学 ィ に - 五 分 ま て ン 四 生 」 案 ) ~ へ 地 て 「 の を て 加 ウ 氏 語 一 す の 域 阿 い お 受 お お 無 タ 日 に ム 編 と っ 内 四   。 ー に か に 賀 た は 賞 待 ら 料 よ も 集 当 て 」 、 三 二 一   一 一 二 一 ◆ 二 二   一 一 六 五   三 ◆   二 二 二 一 一 一 一 五 四 ◆ 学 一 三 六   五 三     三 八 四   七 四         二   九 七 六 六 四 三 一     一 事 日 日 日   日 日 日 日 月 日 日   日 日 日 日   日 月   日 日 日 日 日 日 日 日 日 月 予学 A 卒 外 一 一 セ 図 ◆ 再 一 一 学 後 後 春 セ 一 ◆ 一 社 後 後 留 大 A 卒 講 休 ◆年 O 業 国 般 般 ン 書 試 般 般 内 期 期 期 ン 般 般 会 期 期 学 学 O 業 義 業 告終 ( 式 人 ( ( タ 館 験 ( ( 合 末 集 休 タ ( ( 福 末 講 生 入 ( 論 再 (わ 五 ( C C ー 蔵 ( B B 同 追 中 暇 ー A A 祉 試 義 交 試 三 文 開 創り ) 二 )、 )、 利 書 二 )、 ) 企 試 講 ( 利 )、 )、 士 験 終 流 セ ) 提 立 合 ) セ 用 点 九 入 業 験 義 四 用 国 ( 了 餅 ン 合 出 記 格 合 ン 外 入 検 日 A 学 説 ( ( 月 入 外 外 家 二 つ タ 格 締 念 タ 国 O 国 国 ー 発 格 人 試 ( ま ( 試 明 一 一 三 試 人 人 試 月 き 発 切 日 表 発 ー ( 二 で 験 会 六 〇 日 ( 験 四 大 試 表 日 振 表 利 ( 二 二 ) 四 日 日 ま 一 ( ( 日 会 験( 替 用 二 ) 一 一 ) ) 日 合 ま ま で ) )、 ) ま 一 ) 入 合 ま で で ) 合 で 五 試 入 格 入 学 格 で 発 ) ) 格 学 ) 日 ( 発 ) 発 ま 三 試 表 表 表 試 験 験 で )、 )15
  • 同窓会リレー・エッセイ  が 今 ル ボ と す す た す て ん イ は て   ど い を く 紀 師 現 て   同 同 窓 私 あ も バ ラ っ の 。 関 。 作 。 し ヤ 、 話 数 う と 引 だ く を 在 承 今 窓 会 リ 事 り 誇 ス ン て で 私 係 し り の ま し 年 か 願 き さ ん し 、 認 年 会 レ で 、 ら 、 テ ア 、 は が か 出 か よ さ た 前 よ っ 継 い が て 新 さ 度 ー ・ す 血 し そ ィ ニ 今 母 変 し さ し う に こ 、 ろ て い ま 卒 い 潟 れ の は エ ッ が の く こ ア キ で 校 わ こ れ 真 な 一 と 大 し い で し 業 ま 市 ま 総 宝 セ 、 通 思 に 活 ・ も の る こ ま 珠 最 つ が 学 く ま 会 た 以 す 内 し 会 さ イ あ っ え は 動 よ す こ に す は 高 の あ の お す 長 。 来 。 に た に ア が 21 る た る 敬 、 ネ く ぐ と は 。 生 ” 級 真 り C 願 。 微 の 感 、 同 あ 、 一 て し と 関 出 和 教 ゴ 訪 近 な 今 敬 き の 珠 ま A い 任 謝 会 じ る 第 き 係 会 を 室 問 く く も 和 て 宝 貝 す H し 力 に と 長 く キ 期 二 の で 生 地 が い 卒 、 よ し に 生 昔 は い 石 で 。 に ま あ 共 の 一 リ 代 一 元 あ が 業 学 ま 教 き も 小 る で す 敬 て す は た に 重 期 ス の 同 九 り う 。 あ 近 九 の あ し 食 な す 会 続 、 さ “ は 。 和 真 っ 、 責 生 ト 窓 郵 ま り た 、 。 が け 血 な 貝 あ 真 学 珠 り て そ を の 教 伸 会 四 教 近 年 便 す 、 こ ス 学 あ て の 大 に り 珠 園 に ま い の 担 米 会 之 長 度 職 す で   局 。 教 と ク 生 り い 通 学 よ ま は 大 つ き 情 っ 山 で と 伸 卒 員 育 を ー 員 に ま ま っ で っ せ ダ 学 い が た 熱 て 光 牧 す し 之   業 、 、 。 だ に べ て ペ 視 各   ぎ 一 く ま す で 良 で を し 入 じ が け お き 、 ー 野 地 今 に つ に れ 。 ” す い し 利 た り つ 営 る 住 こ ぜ ジ に 域 後 し 一 い た 田 」 真 た 用 。 ま は 業 方 ま と ひ も 入 で の て つ る 無 ん と 珠 。 し ま せ 同 で は い は 近 新 れ の 活 い の の 数 ぼ い を 新 た た ん 窓 私 、 で 無 況 し て 同 動 く 真 で の の う 捜 約 時 つ で 生 の ぜ 、 数 を く 窓 と 働 珠 す 真 し 、 い し で ひ い 真 キ 聖 教 同 に お し 会 し き の 。 珠 ん リ て 書 担 先 た あ 会 大 ま て で 窓 あ 知 ま 支 あ 同 が 中 ス い の 当 日 が る を 学 会 り ら し す 部 、 す り 窓 、 る 職 、 、 と に 。 卒 ト 中 訪 事 ま せ た の 。 か 会 お “ 商 に 員 新 昔 の 問 ご 務 す く 。 同 立 業 を は 互 の の 人 が 潟 話 こ 連 窓 生 真 言 「 し に 。 だ 掲 ち 捜 、 い の 天 や 市 に と て 絡 ご 母 さ 示 会 上 名 し そ に 珠 葉 よ は の 花 。 く の 簿 貝 が の き 協 校 い 板 げ 、 の 、 う 御 り 文 が 保 ま だ 力 の 。 を ホ な の ひ よ す か あ な 同 化 咲 険 さ い 近 通 ー 整 と ら り 国 窓 き に し チャペルで後輩たちに思いを伝える や ど う ぐ も 施 い た 隣 る じ ム も 理 繋 な 近 生 ま の は 生 設 ま は た 。 、 、 。 (   〈 〈 〈 (     後   新 学   近 卒   新   日   婦   和   和   田   杉   佐   寒   中   笠   細   阿   一 二 寄 げ 支   ま 援 本 ) 内 援 井 園 関   業 生 潟 本 人 田 田 坂 原 藤 河 村 原 見 部 般 〇 一 付 す 。 ・ 学 、 会   ( 明 係 伸 之 ・ Y W キ リ 矯   風 信   秀 ゆ   た 晃   司 江   一 佐 佐   千 昌   濶 〉 一 者 ご に 漢 〉 在 年 厚 お 数 2 、 ( 学 C ス 会 市 男 か   、 郎 雄 保 子 平   、 一 ご ) 鷹 一 A ト 新 、 、 、 、 、 、 、 、   意 に 寄 せ 字 は 澤 ) 生 ・ 、 教 潟 横 和 冨 杉 佐 坂 中 小 細 長 一 月 芳 山 田 井 原 藤 上 山 宮 野 谷 心 く 期   昭 保 株 式 団 新 支 部 キ                 川 三 名 よ だ 生 護 ミ 淳 康 泰 良 富 幸 富 ヤ   〇 、 一 者 会 津 、 日 り さ 、 社 教 イ 一 年 洋   、 男 子 郎 エ 稔 感 い 算 〉 、 、 ・ 、   、 、 、 、   、 現 用 大 会 在 謝 ま 西 、 湯 和 良 高 相 坂 尾 松 伊 平 申 し 数 浅 田 子 橋 馬 井 﨑 村 藤 形 、 し た 字   美 、               敬 上 ご は 英 恵 眞 文 情 秀 三 紳 義 称 回 雄 子 澄 子 二 一 冬 一 人 略 数 、 、 、 、 、 、 、 、 、 ) 16
  • From Campus キャンパス日誌 10 October 11 November ④ 1 共生社会学科・人文社会科学研究所公開学術講演会 2 教授会   「地域福祉の新たな展望と課題」 (写真①) 4 チャペル・アッセンブリ・アワー⑲  講師 牧里毎治 日本地域福祉学会会長  説教 山﨑ハコネ 准教授  「愛がなければ」  基調講演  「地域福祉実践の新たな展望と社会起業のあり方を問う」  講話 本間正一郎 非常勤講師  「新聞、関心ないでしょ」   (新発田市生涯学習センター、113 名) 新発田市立猿橋中学校 職場体験(2 年生 2 名) 2 聖籠町日中国際交流事業 ぶどう狩り交歓会 5 1・2 年次生保護者との懇談会(41 名)   (留学生 16 名) 選書ツアー 4 新潟市北区オープン・カレッジ②(28 名) 9 企業との就職懇談会   講師 益谷真 教授  (ANA クラウンプラザホテル新潟、81 社)      「愛の本質を科学的にとらえる」 加茂市立加茂中学校大学見学(2 年生 8 名) ① 5 教授会 10 AFS 日本協会留学生大学見学(7 名、写真④) 6 新発田市オープン・カレッジ③  (68 名) 11 チャペル・アッセンブリ・アワー⑳  講師 松本ますみ 教授  説教 大澤秀夫 宗教部長「目から涙をぬぐいなさい」      「グローバル化の中の中国イスラーム」  講話 杉村使乃 就職委員長 「キャリアで考える大学生活」 7 チャペル・アッセンブリ・アワー⑯ 12 推薦(指定校Ⅰ、 公募、 Ⅱ、 スポーツ)入学試験  説教 大澤秀夫 宗教部長  「生まれる前から」 16 教授会  講話 佐脇奈都代 JICA 新潟デスク国際協力推進員 17 中条高校大学見学(1 年生 47 名)      「世界の中で私たちにできること」 18 チャペル・アッセンブリ・アワー 21 9 第 7 回新発田朝市 十二斎市  説教 山﨑由紀 准教授 ⑤ 11 新潟市北区オープン・カレッジ③(29 名)      「今日が人生最後の日であったなら」 講師 大澤秀夫 教授  「退職後のハッピーライフ」  学生団体報告 Keiwa HOPE(災害ボランティアチーム) 13 新発田市オープン・カレッジ④(62 名)         「災害ボランティア報告会」  講師 丸畠宏太 教授 19 エコファッションショウ(イオンモール新発田)      「過去の克服と現代ドイツ社会」 新津高校イングリッシュセミナー   年生 42 名、写真⑤) (1 14 チャペル・アッセンブリ・アワー⑰ 21 相談援助実習 2、フィールド ・ トレーニング(~ 12 月 3 日)  説教 山田耕太 副学長 ② 22 小千谷西高校大学見学(2 年生 23 名)      「共に苦しみ、共に生きる」 24 理事会  学生団体報告 敬和国際ボランティアサークル(KIV) 25 チャペル・アッセンブリ・アワー 22          「ボランティアツアー報告会」 (写真②)  説教 片岡謁也 日本基督教団若松栄町教会牧師 15 社会福祉士模擬試験②      「真実な神を信じて」 18 新潟市北区オープン・カレッジ④(30 名) 26 大学・高校合同クリスマス研修会(敬和学園高校)  講師 山﨑ハコネ 准教授 「死ぬまでにすべきこと」  講師 大津健一 アジア学院校長 19 北越高校大学見学(1 年生 168 名)      「東日本大震災とアジア学院の教育」 新潟市立上山中学校大学見学(3 年生 13 名) 20 新潟市立小針中学校大学見学(2 年生 3 名) 新発田市オープン・カレッジ⑤(58 名) 12 December  講師 山﨑由紀 准教授  「アメリカの宗教保守」 2 チャペル・アッセンブリ・アワー 23 21 ふれあいバラエティ(87 名)  アマリア・ネクラエシェ ポピュラー・ゴスペル歌手 22 第 21 回敬和祭(~ 23 日)  クリスマス・コンサート「讃美と証し」 (写真⑥) ホームカミングデーⅠ部(315 名) クリスマスツリー点灯式  記念講演会  7 教授会  講師 池上彰 ジャーナリスト ③ 9 チャペル・アッセンブリ・アワー 24      「わかりやすく伝えるとは」  説教 金山愛子 教授 シンポジウム  「今、一番若者に伝えたいこと」     「クリスマスの希望の光」 ⑥ パネリスト 池上彰 ジャーナリスト   救世軍タンバリンバンド「伝導と社会福祉」       杉村使乃 准教授 14 留学生を支える会奨学金贈呈式       永野茂洋 明治学院大学教授 16 クリスマス燭火礼拝 ホームカミングデーⅡ部 懇親会  説教 長倉望 日本基督教団新潟教会牧師   (ANA クラウンプラザホテル新潟、64 名)     「希望の光」 (写真⑦) 23 外国語スピーチコンテスト(写真③) キャロリング、クリスマスパーティー 28 チャペル・アッセンブリ・アワー⑱ 23 チャペル・アッセンブリ・アワー 25  説教 大澤秀夫 宗教部長  「何が見えるか?」  説教 大澤秀夫 宗教部長「場所をつくる」  講話 イザベラ・ガラオン青木 アニマルフレンズ新潟代表   ブラスバンド部「クリスマス讃美演奏」      「大震災の中の動物たち」 25 冬期休暇(~ 1 月 3 日) 30 社会福祉士模擬試験③ 29 冬期特別休業(~ 1 月 3 日)17 ⑦
  • Gems in チャレンジ学生ファイル Vol. 36REPORT 言葉の本当の意味の受け取り方 英語文化コミュニケーション学科 2 年 西方 花子January 2012  私は新潟でモデルの仕事をしていま す。仕事内容は、お金が発生するものも あれば、ボランティアのようなものまで さまざまです。  普段とは違う世界、普段とは違う自 分、仕事の思い出には楽しいものが多い です。鏡の中に映るのは全く違う自分の 姿です。周りから褒められて、綺麗に写 真に収めてもらう、靴を自分で脱ぐこと さえせず、その上お給料をもらうので す。こんなに楽しいことは他にないよう 「板倉庄三のサロン」様のフライヤー用写真 に感じます。その反面、華やかに見える印刷/島津印刷株式会社 〒 957-0000 新発田市富塚 1419 番地 Tel.0254-27-2101発行/敬和学園大学   〒 957-8585 新発田市富塚 1270 番地 Tel.0254-26-3636 のにどうして楽しくないのだろうと感じ ることも多くあります。可愛い、綺麗と いう言葉に自分がおぼれてしまうのでは ないかと不安でたまらなくなります。そ の言葉をそのまま受けて自分を見失った 時が仕事を辞める時だと思っています。  相手がどうしてその言葉を選んで、か けるのか。写真でメッセージを伝えるの が難しいように、自分に向けられた言葉 を受け取るのも簡単ではありません。何 を求められているのか、仕事を通して、 本当の意味で使われる言葉を受け取る方 法を学ぶことができたと感じています。 敬和学園大学の最新情報 敬和学園大学 検 索