「ソーシャルメディアを活用した情報発信を考える」

572 views
490 views

Published on

新潟市社会福祉協議会研修20130129

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
572
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

「ソーシャルメディアを活用した情報発信を考える」

  1. 1. ソーシャルメディアを活用した情報発信を考える 一戸信哉(敬和学園大学) 新潟市社会福祉協議会広報活動研修会 2013/1/29
  2. 2. プロフィール• 一戸信哉(いちのへしんや)、青森県出身• 2006 年 10 月より敬和学園大学人文学部国際文化学科• 情報法・情報メディア論• ソーシャルメディア/ソーシャルウェブの社会的なインパクト に関心• 新潟ソーシャルメディアクラブ主宰• 情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 大会運営委員 長
  3. 3. 新潟ソーシャルメディアクラ ブ• パーティ形式 で、 Twitter などソ ーシャルメディア について学び、交 流
  4. 4. 新潟フォトウォーク• 県内各地を訪ねて、みんなで写真を 撮り、写真共有サイトで共有する• Creative Commons で公開し、新潟 の写真データベースに • 新潟 ×4 、新発田、柏崎(高柳) 、栃尾、村上、弥彦、燕、田上、 佐渡、上越
  5. 5. 今日とキーワード• オープンデータ• ソーシャルリスニングとアクティブサポート• 「現場」にどこまで任せられるか• Twitter 、 Facebook 、ブログ、 LINE• 効果測定• 最後に、紙とウェブの最適な組み合わせを考えたい
  6. 6. オープンデータ
  7. 7. 「電子行政オープンデータ戦略」(高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部決定平成 24 年 7 月 4 日)
  8. 8. ソーシャルリスニングとア クティブサポート• ソーシャルリスニング:ソーシャルメディア上 で、自社製品への評判を調査・分析すること • 検索などで無料で行えるが、有料の解析サー ビスも増えてきている• アクティブサポート:ソーシャルメディア上で の自社製品への言及に対して、広報アカウント などが積極的に働きかけてサポートすること
  9. 9. Yahoo! Japan で横断検 索• Twitter と Facebook を横断検索• 「新潟市社会福祉協議会」、提供しているサー ビス名、イベント名などで検索し、常時状況を 把握• 必要に応じて応答(直接または間接) • 第三者にも伝えたいときには、引用 RT (情報 の正確性を担保すべき場面では使わない)
  10. 10. アクティブサポート先駆者 は「辞表を胸に」• 元テーブルマーク広報部長 末広栄二さんの「おそれい りこだし」(前例がなかっ たから)• 「現場」の部長の力で著名 アカウントに
  11. 11. 「現場」にどこまで 任せられるか?きちんと任せられる体制をつくるべき
  12. 12. かっこつきでつぶやく警視 庁犯罪抑止対策本部
  13. 13. フィンランド大使館とのやり取りに「失敗」した外務省アカウント• 2012年9月• Tweet1 回毎に 上司の許可を得 ていたため、 2 回しか書き込む ことが出来ず
  14. 14. まんべくん炎上• 2011 年 8 月• 終戦記念日に「侵略戦 争」に関して発言して 炎上• 長万部町は、町との関 係を否定し、アカウン トを「中止」(現在は 再開されている)
  15. 15. UST 再送信を独断で許可し @nhk_pr
  16. 16. 朝日新聞は Twitter を取材の 起点に• マッキーのサッカー実 況 Tweet ( 2009 年 6 月)• 記者アカウントからの 呼びかけを軸に取材す るなどの取り組みを強 めている
  17. 17. 統制型の発想から 抜けだせるか? 抜けだせるか?• 斉藤徹「 BE ソーシャル!」の提言 • 社員も顧客も口コミの起源(「ブラッ ク企業」も暴かれる) • 全社員が使命・価値観を共有し自律的 に行動できる(させる)ようにすべき • 最善策を現場が判断して発信できるこ とが最大の「炎上」対策でもある→外 注は得策ではない?
  18. 18. 「インサイド・アウト」」(斉藤徹)
  19. 19. 発信者へのとりあえずの アドバイス アドバイス• 書いたものは消えないと自覚すること • 機密情報などの取り扱い方を決めておく• 社協の発言と受け取られる可能性を常に意識するこ と(完全に没個性化するのは困難)• 正確な記述につとめること• 「親しみ」の先に獲得する目標は?
  20. 20. Post it に書いて貼って欲し いテーマ• 新潟市社会福祉協議会の取り組みにつ いて、「ソーシャルリスニング」を行 うとした場合、このキーワードやハッ シュタグをチェックすべきというもの を挙げてください(いくつでも)
  21. 21. ツールごとの特徴
  22. 22. Twitter か Facebook か• 同時に投稿することも可能• Twitter :オープン(検索されやすい)、法人と個人の区別なし 、匿名ユーザが増加?(多少の自制はある)、格差拡大傾向? • 若者は素性を隠している(つもり)の人が多い→炎上しやす い • ハッシュタグで情報共有できる • Togetter により、イベントやトピックごとのまとめを作成 できる
  23. 23. Twitter か Facebook か• Facebook :細かいプライバシー設定、法人・個人の区別(できることに違 い)、写真へのタグ付け、友だちからの紹介による信頼の連鎖 • オールインワンの強み • 少額で広告出稿も可能(イベント時など) • 偽物アカウントが増えつつある(新潟市在住の架空アカウントに注意) • Facebook ページの「エッジランク」を上げ続けるには? • 写真をなるべく入れるように(動画よりも写真のほうが反応が多い) • ブログ記事には必ず写真を入れて、手動投稿 • よいコメントに積極的に「いいね」を押す
  24. 24. ブログか SNS か• 速報的に Twitter や Facebook→ 「ストック」としてブロ グへ • ソーシャルブックマーク、ソーシャルメディアで長 期的に定着し、広がる • ソーシャルメディアへの投稿ボタンをつけること • ブログで記事化したあと、再度 SNS へ • アクセスログとともに口コミの広がりを必ず確認
  25. 25. 連携ツール• IFTTT (If this then that )などにより、 ブログと SNS 、 SNS 間の接続(自動 投稿可能) • ただし Facebook では、手動のほう が表示されやすい• Twitter→Facebook 、 Facebook→Twitter の設定はそれぞれ可能
  26. 26. LINE と LINE@• LINE は、スマートフォンを主に利用する、無料通話とメッセージングのサービス • スタンプが人気• 電話帳連動によりライトユーザ/若者にも爆発的に浸透(この点批判もある) • ユーザ 1 億人を突破• 首相官邸も「公式アカウント」を設置(「ミサイル発射」の速報)• LINE@ は小規模事業者向けの「法人」アカウント(民間は有料、公的機関は無 料) • 集客は自力でやる必要がある(公式アカウントは、プロモーションされる) • QR コードを店頭に設置するなど • 「プッシュ」機能が強み
  27. 27. LINE@EGOIST• LINE@ 導入後、 3,000 人 ユーザーを集めるのに、 Facebook で 7 ヶ 月、 Twitter だとそれ以上 の期間がかかったのに対 して、わずか 2 週間で 3,000 人の友だち登録を集 めることに成功
  28. 28. すぐに使える 効果測定ツール 効果測定ツール• Google Analytics • リアルタイムでブログへのアクセスを把握• iPhone アプリ「 Feedback 」 • ブログ記事への各ソーシャルメディア上での言及数を 一覧化• Facebook ページのインサイト • Facebook 上での口コミの広がりを把握• Tweet の評判を確認する Favstar• LINE の効果測定は今のところ難しいか
  29. 29. その他ツール• Google+ : Google の SNS 。低迷してきたが、ここへきてユーザが戻ってきて いるという説も出ている• Instagram : スマートフォン用の写真共有ツール / SNS • ハッシュタグの利用して、横断検索ができる• Youtube :動画共有、生中継も可能になった• ニコニコ生放送:若者の認知度は非常に高いが、匿名コメントが画面上に出 る(ライブ感はある) • Ustream の利用者も多い• Pinterest :画像つき投稿中心の SNS 。米国の女性に人気がある。楽天が出資
  30. 30. 紙のリーチを再評価した 「大槌みらい新聞」• 地元メディアのなくなった大槌 にできた「新しいメディア」• 現地の高齢化の実情を踏まえ、 紙を中心に • 外に向かってはソーシャルメ ディア(資金もウェブ経由で 集めている)• 町民の発信力向上のための講座 も
  31. 31. Web→ 紙のフローを作る• Twitter / Facebook (速報、雑報、雑談)→ブログ記事→ Twitter / Facebook でのブログ更新情報• 写真と動画は SNS に流しつつ、ブログにも活用• ログ、口コミの広がりを確認し共有(締切のない仕事を評価)→評価の高い ものを紙媒体にも(「今月反応の多かった話題」としてとりあげる方法もあ る)• ウェブでの反響は鈍かったが告知すべきものと組み合わせて、紙媒体を発行 (反響の少なさは放置すべきではない)→紙の発行を SNS で告知( PDF で の公開はおすすめしない) • 理由なく、紙だけで告知しているものはないか? • 理由なく、ウェブでは申し込みを受け付けていないものはないか?
  32. 32. イベント参加者募集ツー ル• Google ドライブで「フォーム」を作って埋め込むことも可能• Facebook のイベント機能( Facebook ユーザ限定) • Facebook ページを使って周知するには便利• Doorkeeper 、 ANTD などのツール • 事前決済機能(手数料がかかる) • Facebook を使って登録してもらうことも可能• ウェブだけに頼るのは難しいが、参加の「敷居」を下げる効果 はある
  33. 33. 炎上対策に王道なし• 対応の速さ、情報開示の速さによって、 組織の「誠実さ」が問われる • 広報担当者だけの問題ではない• 「 UCC 」の素早い火消し( 2010 年 2 月) • 関連 Tweet を把握する体制(人の監 視よりも評判の監視) • トップの素早い決断(必要に応じて 、担当者も独断で誠実に対応)
  34. 34. プラットフォームに近づけるか?• 社協自体が SNS になる(?)• データの公開(オープンデータ)→的確 な情報発信→市民の声が集まる場所へ• ハッシュタグ利用→まとめページの作成 や回答ページの作成など
  35. 35. ニューヨーク市の 「 #lovenyc 」• Instagram にハッシュタグ付きで投稿 された写真をピックアップしてコン テストを実施
  36. 36. グループワーク: 発信情報の仕分け 発信情報の仕分け• 社会福祉協議会の広報活動の中で • 紙の広報誌に必ず盛り込んでいくべき情報 • ウェブでのリアルタイム発信を強化すべき情報 • ソーシャル上の一般投稿をウォッチして収集するべき情 報(キーワードやハッシュタグで書いてください) • (もし可能ならば)集めた情報の利用方法• について、整理してください(網羅的でなくてもかまいま せん)

×