車座会議2010資料

857 views
804 views

Published on

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 2010

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
857
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

車座会議2010資料

  1. 1. 車座会議 ソーシャルネットワークとセキュリティ
  2. 2. ソーシャルメディアを考える切り口 <ul><li>個人的な外部記憶か共有・世論形成か </li></ul><ul><li>速報型サービスかまとめサイトか </li></ul><ul><li>ユーザの参入障壁を下げる </li></ul><ul><ul><li>Trackback よりも Retweet 、 Reblog / Blog よりも Twitter 、 Posterous </li></ul></ul><ul><li>コンテキストの付与と可視化 </li></ul><ul><ul><li>チェックインサービスでリアルタイムの位置情報 </li></ul></ul><ul><ul><li>位置情報の可視化 </li></ul></ul>
  3. 3. 個人的な外部記憶か共有・世論形成か
  4. 4. 台頭する Twitter 経由の情報共有 <ul><li>第一報の「目撃情報」は Twitter から。 </li></ul><ul><li>Tweet ボタンの存在感:ニュースサイトへの設置も広がる </li></ul><ul><ul><li>横断投稿用プラグイン( WP Social Bookmarking Light など) </li></ul></ul><ul><ul><li>Tombloo や Taberareloo など </li></ul></ul><ul><ul><li>Mixi も参入( mixi plugin ) </li></ul></ul><ul><li>Twitpic などの Twitter 系写真共有も存在感を増している </li></ul><ul><li>Buzztter </li></ul><ul><li>蓄積情報としてはイマひとつ </li></ul>
  5. 5. 退潮傾向にあるソーシャルブックマーク / ソーシャルニュース <ul><li>ブックマークデータの静的な共有から Twitter による動的・リアルタイムの情報共有へ。 </li></ul><ul><li>Digg の Kevin Rose は「燃え尽き」た </li></ul><ul><li>はてなブックマークは Twitter でのコメントを取り込んだ </li></ul>
  6. 6. 外部記憶: Evernote もソーシャル化 <ul><li>クラウド型データ、個人スクラップサービス </li></ul><ul><li>スキャンデータを検索できる OCR 機能 </li></ul><ul><li>Google 検索と同時に検索する Chrome Extention が登場 </li></ul><ul><li>ノートごとの共有、公開が可能に </li></ul>
  7. 7. Google Buzz : Gmail との自動連携問題 <ul><li>2010 年 2 月 </li></ul><ul><li>Gmail のコンタクトリストを自動的に Buzz にインポート </li></ul><ul><li>出遅れた Google の焦り? </li></ul><ul><li>情報共有のコンテキスト </li></ul><ul><ul><li>メール </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitter など </li></ul></ul><ul><ul><li>音楽 </li></ul></ul>
  8. 8. Twitter のプライベート化? <ul><li>@myen : Evernote に Twitter から記録 </li></ul><ul><li>Grouptweet: Twitter を ML 化 </li></ul><ul><li>Awayfind: Gmail にフィルターをかけて、重要メールのみ Twitter DM で通知 </li></ul>
  9. 9. 速報型サービスかまとめサイトか
  10. 10. Twitter で「イマ」を追いかける <ul><li>Timeline でのリアルタイム情報共有 </li></ul><ul><ul><li>ハッシュタグによる特定トピックに関する情報共有 </li></ul></ul><ul><ul><li>#iranelection #urumqi など </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitroll や Tweetbubbles による会場での情報共有 </li></ul></ul><ul><ul><li>@rt_report   Favotter   @Buzztter などが Hot Topics を切り出す </li></ul></ul><ul><li>特定分野に関する情報検索 </li></ul><ul><ul><li>リアルタイムで特定トピックを追いかける(「うどん」について常時検索) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>「そんなに Twitter ばかり見ていられない!」 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>一定間隔で、ユーザの発言動向を確認する </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>例: Tweetmail – 一日一回特定キーワード、特定ユーザの発言をメールで配信 </li></ul></ul></ul>
  11. 11. もリアルタイム検索
  12. 12. Twitter をまとめる Togetter
  13. 13. Twitraq <ul><li>Twitter に関する各種分析結果を表示 </li></ul><ul><ul><li>TL 上のトピックを分析 </li></ul></ul><ul><ul><li>フォロワー分析 </li></ul></ul><ul><ul><li>キーワード分析 </li></ul></ul>
  14. 15. Social Magazine の可能性 <ul><li>ユーザが整理し、共有する「雑誌」 </li></ul><ul><ul><li>ユーザ自身が編集 </li></ul></ul><ul><ul><li>プロと共存? </li></ul></ul><ul><ul><li>「流れゆく」 Twitter それ自体よりも、上の世代に親和性? </li></ul></ul><ul><li>RSS フィードを整理する Feedly </li></ul><ul><li>Twitter と Facebook を雑誌風にレイアウトしなおして表示: Flipboard </li></ul><ul><li>リストや TL を雑誌風のウェブページにする Paper.li </li></ul>
  15. 16. ユーザの参入障壁を下げる
  16. 17. Trackback よりも Retweet 、 Reblog <ul><li>Trackback スパムの横行と Trackback の衰退 </li></ul><ul><li>Twitter の Retweet / Tumblr の Reblog </li></ul><ul><ul><li>まるごとコピーして転載 </li></ul></ul><ul><ul><li>転載がループする </li></ul></ul>
  17. 18. Photo by Andrew Wilkinson
  18. 19. Blog よりも Posterous <ul><li>Posterous :「登録作業」のないメール投稿型ミニブログ </li></ul>
  19. 20. Facebook への情報蓄積 <ul><li>写真アップロード数では、 Flickr を凌駕 </li></ul><ul><ul><li>Flickr は 9 月に 50 億枚を達成 </li></ul></ul><ul><ul><li>Facebook は 300-500 億? </li></ul></ul><ul><li>facebook Connect によるファンページの台頭 </li></ul><ul><ul><li>イイネによる応援を蓄積 </li></ul></ul>
  20. 21. Twitter :「軟式アカウント」 <ul><li>自治体や企業は、 @ メッセージを送り続けられるのか? </li></ul><ul><li>誰もがカトキチになれるわけではない </li></ul><ul><li>しかし、 Feed から更新情報を流す Twitter は必要なのだろうか? </li></ul>
  21. 22. コンテキストの付与と可視化
  22. 23. タグづけ <ul><li>Twitter のリスト機能 </li></ul><ul><li>Facebook や Flickr のユーザタグ </li></ul><ul><li>顔認識機能や Similar Image Search との連動 </li></ul><ul><li>一般ユーザには、どのように機能しているかわかりにくい </li></ul>
  23. 24. 写真サービスと位置情報 <ul><li>Flickr は新しい UI に移行:位置情報を全面に </li></ul><ul><li>Geotag の付与: GPS ロガーを利用すれば簡単に </li></ul><ul><ul><li>スマートフォンでは簡単に付与できる </li></ul></ul><ul><li>Flickr Photo Map の登場で、さらに可視化が進む </li></ul><ul><li>Google Map と Flickr の連携は実現するか? </li></ul>
  24. 26. 位置情報関連サービス <ul><li>今どこにいる? </li></ul><ul><li>Foursquare 、 Gowalla の競争に割って入る Facebook Place </li></ul><ul><li>ライブドアのロケタッチは、ガラケーユーザに浸透できるか </li></ul><ul><li>Mayor 割引は今のところうまくいっていない模様 </li></ul><ul><li>チェックイン履歴は、可視化され、共有される </li></ul><ul><ul><li>Wee Places </li></ul></ul>
  25. 27. Wee Places
  26. 28. まとめ <ul><li>即自的な情報共有が注目されがちだが、従来型のサービスとの連携も進んでいる </li></ul><ul><li>位置情報その他各種のコンテキスト情報の付与により、蓄積された情報が可視化される </li></ul><ul><li>過去との連続性確保と切断の問題 </li></ul>

×