「Lean Interview」 誰でも、ほぼコストゼロ、1日でできるインタビュー法

4,015 views
3,901 views

Published on

「Lean Interview」 誰でも、ほぼコストゼロ、1日でできるインタビュー法 Our Growth Hack Method To KAIZEN Product

・ いわゆる「正しい」⼿法とは異なります。王道はビービット社による「ユーザ中⼼ウェブサイト戦略」などが参考になります。・ [Lean Interview]は私の造語です。権利は主張しません(笑)

・ ディップ株式会社での社内共有資料です。

※ 素人訳なので誤訳等々あるかもです。間違ってたら是非教えて下さい。※ わたしが働いているディップ株式会社ではリーンなひとを募集しています。ご興味ある方はぜひコンタクトください。◆ まとめた人 http://about.me/sin10k

Published in: Business

「Lean Interview」 誰でも、ほぼコストゼロ、1日でできるインタビュー法

  1. 1. Lean Interview 誰でも、ほぼコストゼロ、1日でできるインタビュー法 Our Growth Hack Method To KAIZEN Product
  2. 2. ・ [Lean Interview]は私の造語です。権利は主張しません(笑) ・ ディップ株式会社での社内共有資料です。 ・ エリック・リース「リーン・スタートアップ」アッシュ・マウリャ「ラン ニング・リーン」樽本徹也「アジャイル・ユーザービリティ」の3冊に大きな ヒントとエネルギーをもらいました。ありがとうございます。 ・ いきあたりばったりなインタビューにお付き合い頂くユーザーのみなさま ありがとうございます。 ・ いわゆる「正しい」⼿法とは異なります。王道はビービット社による 「ユーザ中⼼ウェブサイト戦略」などが参考になります。 ※ 素人訳なので誤訳等々あるかもです。間違ってたら是非教えて下さい。 ※ わたしが働いているディップ株式会社ではリーンなひとを募集しています。 ご興味ある方はぜひコンタクトください。 ◆ まとめた人 http://about.me/sin10k/
  3. 3. ユーザーインタビューしたいけど難しそう… 時間も費用も経験もないし…結果もわかりにくい ① 設計・実施するコストがない ② 結果のサービス反映ができない ③ 時間がかかる <ユーザーインタビューを阻む3つの壁> ヒト・モノ・カネ 誰でも、ほぼコストゼロ、1日でできるインタビュー法 Lean Interview をお試しください!
  4. 4. Lean Interview は「正確さより速度を優先」した スタートアップ、アジャイル開発向けの手法です。 ① 誰でもできてコストほぼゼロ ② 結果がわかりやすく利⽤しやすい ③ 1日あれば改善策までできる <Lean Interview の特徴> ※ 逆に、ヒト・モノ・カネがあって精度優先ならおすすめしない手法です。 「間違えるかもしれないが、どのみちスタートアップはゴールも⾒えていな いのだからフォーカスしてすばやく検証しろよ、という発想」です。
  5. 5. サービスがなくてもOK。予算2万円あればできます。 付箋、模造紙、サービス、お菓子をご用意ください。 <インタビューに必要なもの> プロトでも紙でも実サイトでもOK もしくは謝礼 ふせん 模造紙 謝礼 30分程度なので外部の方には時給 換算1000円程度の謝礼でもOK だと思います。(実施者のキャラに よるけど) テストするサービスをお忘れなく
  6. 6. ① インタビュー設計をする(2h) ② インタビューを実施する(4h) ③ 結果を改善策にする (2h) <Lean Interview の3ステップ> 1日をかけて3ステップで インタビューをやっていきます。 最大8時間。これならアジャイルの短い イテレーション期間にも間に合うはず!
  7. 7. ただし、いわゆる 「正しい」「ちゃんとした」 ユーザーインタビュー法ではありません。 「どんなテストでもプロダクトの成⻑につながればOK」発想で 最低限をクリアするための「ダーティな」インタビューです。 ・ターゲットはあっているか ・シーンはあるか ・価値設計は正しいか ・価値は理解されているか ・サービスは利⽤できるか を最小コストで検証したい場合のみおすすめします。
  8. 8. やりかたも素人感丸出しでよいです。 5つの原則にもとづいてやります。 ① インタビューしようとしない(脱線上等) → インタビューというより楽しくお話のノリで、まじめにやるとお互い緊張する ② 1インタビューで被験者は最大5人まで → ニールセン※の言うことを信じて、最低5人ワンセットで84%網羅と考える ③ 発話、撮影、録音など難しいことはしない → インタビューの正攻法をやり過ぎて難しくしない。発話法などは無理。 ④ 取り囲まない、グルインしない → 基本は1対1。N対1のグルインは効率良さげに⾒えるけど難しいのでやらない。 ⑤ 1人試して、また増やす → いきなりたくさんの人にやらない。最初の人で「ないわ」ってわかるかも <Lean Interview の5原則> ※ ユーザーテストでは、5人の被験者でユーザビリティ問題の85%を発⾒できることが明らかになっています (Nielsen and Landauer, 1993) http://www.usability.gr.jp/whatis/methods/
  9. 9. Lean Interview 設計編
  10. 10. ① 候補者選び (20分) → 「どういう人がサービスにぴったりかなー」というノリで。 ② スクリプト作り (30分) → 「何の話題がたのしく喋ってくれるだろう?」というノリで ③ リクルーティング (20分) → 意中の人を飲み会に誘うノリで。最初の一人だけでよいですよ <設計の3ステップ> 設計はかんたん。 合コンの幹事にでもなった感じです。
  11. 11. 候補者はペルソナに合うひとりだけ決めればOK。 あとは芋づる式に5名も集めれば十分。 そういえば、営業に来る◯◯さん ちょうどこんな感じのリア充男子 だったような… 街で歩いてる人でもOK。 ※ ペルソナに合う社員がたくさんいるとかなら、 最初っから5人集めてもいいですね(企業内起業のメリットですね) このユーザーの知り合いを辿ります
  12. 12. ① シーン、コンセプト雑談(10分) ② サービス体験 (10分) ③ 質疑応答 (10分) <Lean Interview のかんたん3ステップ> 被験者にやってもらうのは3つ シーンの確認、コンセプトの理解、⾏動観察です。
  13. 13. <インタビューざっくりスクリプト> 完璧にスクリプトを作る必要はありません。 1回めが終わったら、修正しますので軽い気持ちで。 1、挨拶 → こんにちはー。◯◯です、よろしくお願いしまーす! 2、趣旨説明 → 今日はですね、◯◯という内容で30分ほどお時間いただきます。 3、発言の枠ぎめ → 今日のお話はどこにも出ませんので、ご安⼼ください。 4、イントロ → きょうのテーマ、◯◯って聞いてどんなイメージしました? 5、サービスコンセプト確認 → ◯◯ってサービス、どんなサービスだと思います? 6、シーン確認 → ◯◯ってなシーンで使うんですが、こういうことってあります? 7、シーン価値の深堀り → こういうシーンで困ることってあんまりないですよね? 8、利⽤テーマの設定 → お聞きした◯◯を◯◯する時、でサービスを使ってみてください! 9、サービス利⽤の実施 → 質問はのちほどお受けしますので、いつものように使ってくださいね。 10、サービス利⽤観察のFBとQA → このページのここでしばらく待ってたのはどうしてでしょうか? 11、雑談 → こういう時、ほかにどんなサービス使うんですか? 12、インタビューの振り返り → 今回◯◯ということがわかりました。◯◯させていただきますね。 13、次回協⼒のお願いとリクルーティング → また聞いてイイですか?◯◯さんに似た人いないですか? 構えられたら良い発⾔はもらえない。 会話のきっかけがあれば大丈夫。
  14. 14. <実際のリクルーティングメール> リクルーティングは対面>電話>メールでストレート かつカジュアルに伝えれば大抵OKしてくれます。 選ばれた理由を簡潔に ※ このメールはやや強引w 趣旨と所要時間 相⼿が気になる事項に配慮 ※ 社内でも社外でも仁義は大事です 参加までのアクションと謝礼 ※ 謝礼はなくてもOK
  15. 15. Lean Interview 実施編
  16. 16. インタビュー当日の準備は、静かな場所 付箋、サービスを印刷した紙、謝礼だけ <インタビューに必要なもの> ふせん サービスを印刷したもの 謝礼 ペーパープロトでも、サイトでもなんでもいいので テストするサービスをお忘れなく 30分程度なので外部の方には時給 換算1000円程度の謝礼でもOK だと思います。(実施者のキャラに よるけど)
  17. 17. <インタビューほぼ全文書き起こし> まじめは自分も相手も緊張します。本音を聞くために も、ゆるく、ゆるく。解決策を聞こうとしない。 こんにちはー。進藤です、バイトルってご存知ですが?あの会社でサービス作ったりしてます。よろしくお願いしまーす。ここちょっと寒くないで すか?あ、寒くない?電⾞が寒かったんですよね。今日はここまで電⾞で来ていただいたんですか?(雑談続く) 今日はですね、◯◯という3ステップ、10分✕3ってな内容で30分ほどお時間いただきます。 ちなみに、このサービスぼくのアイデアでもありませんし、今日の話はどこにも出ませんので誰も傷つかないですー。安⼼してディスってください ねー。 さてじゃージャブから⾏きますねー。きょうのテーマ、◯◯って聞いてどんなイメージしました?「かっこいいとか、わかりにくいとか、むずかし そうとか…」(雑談続く) そっかそっか…◯◯ってサービス、どんなサービスだと思います? 正解です!(回答にかかわりなく)またどうしてそんな正解を導き出しちゃったんですかー? おっしゃってるのに似たこんなシーンで使うんですが、そういうことってあります?ふむふむ、どのくらいの頻度で?どういう人とやるんですか? へー彼⽒と⾏くんですね。ふーん。(雑談続く) こういうシーンで困ることってあんまりないですよね?(課題が⾒えていても)へーそれは困りますねー! どのくらいの頻度で起こるんですか?どうやって解決してるんですかー?お⾦使うんですか?(雑談続く) なるほどですー。ぼくらのサービスがお⼿伝いできるといいんですけどー。お聞きした◯◯を◯◯する時◯◯をする、というテーマでサービスを 使ってみてください!ぼくらはぼんやり⾒てます!質問はのちほどお受けしますので、いつものように使ってくださいね。 はい!以上です。ありがとうございました。じゃ、ちょっとだけ質問させてくださいね。 このページのここでしばらく待ってたのはどうしてでしょうか?このページのどこかにヒントがあるんですけどどれでしょうねぇ…?(深堀り続 く) 今回◯◯ということがわかりました。◯◯させていただきますね。たぶん10月くらいには報告させていただけると思います。その時はまた聞いてイ イですか? ありがとうございます!それでは、本日のお礼です!もっと持って⾏ってください! こんな感じでインタビューしてるんですけど◯◯さんに似た人いないですか?
  18. 18. 「できるだけアホそうな顔」で 生暖かく会話に乗り、気づいたことをメモる <観察の心得> 怖い顔で腕組みしたり、操作途中で質問したり、遮ったり、説得したり プレゼンテーションしたり、動画を撮ったりしないこと
  19. 19. 1回めが終わったら、かならず振り返りを それに応じて次のステップを変える <とっても大事なふりかえり> 1人終わる毎にふりかえりを5分程度でやり 「次の被験者に⾏くか」「内容を変えるか」を決める
  20. 20. <インタビュー後の状況> 1つの発⾔、気付きを1つの付箋に貼り、 該当するサービス箇所に貼り付けます。 終わった時に 「こんなんで良かったんですか?楽しく喋っただけなのに!」 と付箋をたくさん貰えるようにがんばります。
  21. 21. Lean Interview 実現編
  22. 22. ① カテゴリ分類 (20分) ② ステータス分類 (50分) ③ 優先順位付け (30分) <設計の3ステップ> 改善案に落としこむには 3つのステップを踏みながら進めます。
  23. 23. <カテゴリ分類> 要望/評価/改善の軸で分類 ごちゃまぜのまま結果としないようにする ユ ー ザ ー 発 話 に よ る 要 望 ・ ア イ デ ア な ど そ の 他 変 わ っ た 使 い 方 コ ン セ プ ト に 対 す る 評 価 想 定 シ ー ン 評 価 想 定 外 シ ー ン 評 価 インタビューアの観察に基づくUI改善リスト (機能改善候補) 改 善 候 補 だ が 判 断 が で き な い ( A/B テ ス ト 候 補 ) ※ すべてのユーザーの声、観察事実をそのまま受け入れるべきではない。 すべてのユーザーの声を聞き続ければ、誰も使わないものになるだけ。 段階的にチェック、適した検証を⾏い、無駄なリソースを消費しないように。
  24. 24. <カテゴリ分類> 想定してきたターゲットにシーンがあるか、 想定外のほうが現実的でないかを確認 想 定 シ ー ン 評 価 想 定 外 シ ー ン 評 価 ※ シーンを確認して想定外が中心であればターゲットかシーン設計を疑うべき。 「そんな人いないよね」「そんなことしないよね」の可能性が高く ターゲットとシーンのそもそもを⾒直す必要がある。
  25. 25. <カテゴリ分類> コンセプトに対し、支払い価値があるか どの位の量の⾼評価・低評価があるかを確認 ※ コンセプト、支払い価値が低評価である場合、UI改善に進んでも意味が無い。 「誰が使うん?」「お⾦、時間使わないよ」の可能性が高く訴求価値に問題がある。 変わった使い方の中にPivot候補があるかも。 そ の 他 変 わ っ た 使 い 方 コ ン セ プ ト に 対 す る 評 価
  26. 26. <カテゴリ分類> ユーザーの要望は真に受けず 間違いなくマストなものだけ改善に回す ユ ー ザ ー 発 話 に よ る 要 望 ・ ア イ デ ア な ど インタビューアの観察に基づくUI改善リスト (機能改善候補) 改 善 候 補 だ が 判 断 が で き な い ( A/B テ ス ト 候 補 ) ※ ユーザーが「客観的に」「個人的に」というコメントをしたら注意。 両者のコメント共に「演技込」「条件付」のコメントの可能性大。観察と一致したらマスト。 どちらか片方の場合、ABテストを実施。
  27. 27. お疲れ様でした。 以上で、サービスの ・ターゲットはあっているか ・シーンはあるか ・価値設計は正しいか ・価値は理解されているか ・サービスは利⽤できるか が検証出来ました。 あとは次のステップに進むなり、再度インタビュー にすすむなりしていただくことができると思います。
  28. 28. 最後に
  29. 29. まず、色々「ない」なりに やってみることをおすすめします。 ちゃんとやろうとすると 「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満た すまで膨張する」の格言通り壮大になってしまいます。 もしかしたら1人聞いただけで 「これないわ」ってなるかもしれません。 理論も大事ですが、まずは実践。 それがリーンの考え方、ですよね。
  30. 30. 困ったときは、この3冊の本を 読んでみてください

×