Your SlideShare is downloading. ×
0
Salesforce1最速経路
Salesforce1最速経路
Salesforce1最速経路
Salesforce1最速経路
Salesforce1最速経路
Salesforce1最速経路
Salesforce1最速経路
Salesforce1最速経路
Salesforce1最速経路
Salesforce1最速経路
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Salesforce1最速経路

618

Published on

Published in: Mobile
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
618
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Salesforce1
 最速経路 @stomita FastestPath
  • 2. Who am I ? • Shinichi Tomita (@stomita) • Founder & CEO at Mashmatrix, Inc. • Ex-salesforce.com • Ex-OracleJapan • Digital Identity Enthusiast • JavaScript Developer • Others: Node.js, OAuth, Force.com, heroku, Ext JS
  • 3. Salesforce内の情報まで
 何ステップでたどり着く?
  • 4. Salesforce1アプリの起動まで
 何秒かかってる?
  • 5. ハリウッドの法則 「私を呼び出すな、必要ならば私から呼び出す」
 (Don t call us, we ll call you.) • 古典的には、ソフトウェア開発におけるフレームワーク やコンテナとその上のコードの関係を、ハリウッドの監 督と女優、俳優の関係になぞらえたもの • http://en.wikipedia.org/wiki/Hollywood_principle • S1におけるS1アプリの関係も同じ
  • 6. 逆に考える 「おれがSalesforce1を呼び出してやる」
  • 7. S1:コンテナ コンポーネント 最速の情報アクセスを達成するためには Salesforce1の中で動くアプリを作る のではなく アプリの中でSalesforce1を呼び出す ことが必要
  • 8. Salesforce1最速経路 FastestPath
  • 9. なぜ最速か? •画面のリストをタップしたらすぐにS1の詳細レコードが表示される 面倒なタブ切り替えや検索入力の必要なし ⇒ 最速#1 •表示するリストをレポートの仕組みを利用してカスタマイズできる 業務必要な情報がまっさきに手に入る ⇒ 最速#2 •お気に入りの追加ができる よく使うレコードにすぐアクセスできる ⇒ 最速#3
  • 10. 細かい実装など •ハイブリッドアプリ、UIはSenchaTouchで作成 •http://github.com/stomita/fastestpath •S1レコード詳細画面はWebViewで呼び出し •Salesforce1におけるレコードへのダイレクトアクセス方法 http://qiita.com/stomita/items/79ec9c4b6273f7970d3e •起動時にバックグラウンドのWebViewでfrontdoor.jspを 経由し、事前にS1のWebアプリへログインしておく
 S1での詳細表示時にロード時間のストレスなし

×