福祉給付券型広告付地域通貨『ヨーネ』 システム概要書

237 views

Published on

以前、米沢市に提案しようとした地域通貨の仕組みのプレゼンテーション資料です。広告銀行というコンセプトがキモですね。

Published in: Social Media
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
237
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

福祉給付券型広告付地域通貨『ヨーネ』 システム概要書

  1. 1. 福祉給付券型広告付地域通貨『ヨーネ』 システム概要書 アドマネー推進プロジェクト 2004 年4月12日
  2. 2. 広告付地域通貨とは? 1000 ヨーネ 表面 高橋医院 広告スペース 裏面 裏面にスポンサー広告が印刷された地域通貨 人から人へ転々流通する紙幣は、効果的な広告媒体でもある 「ヨーネ」は、広告掲載料金を原資にするという、 いままでにないまったく新しい発想による地域通貨である。 通貨名「ヨーネ」について 米沢の「米」であると同時に以下のように「共感」と「意志」を表す。 「〜だヨネ」「〜しヨウネ」
  3. 3. 仕組み1 スポンサーが広告通貨の 発行枠を購入 NPO 法人米沢アドバンクが広告通貨 (およびフリーペーパー)を発行 発行された広告通貨は町内会等を 通して福祉対象者に無償で給付 一定期日がくれば円貨に償還可能 ボランティアから事業者へ さらに事業者間で転々流通 福祉対象者からボランティアへ
  4. 4. 仕組み2 福祉対象者へ ボランティアへ スポンサー 50万円で広告枠購入 NPO 法人米沢アドバンク 10万円 制作・運営費用 町内会を通じて 無償で提供 額面40万円分の 地域通貨発行 一般事業者へ 40万円 償還のための原資 としてプール 償還
  5. 5. フリーペーパーについて ● 広告効果を補完するため、同時にフリーペーパー(地域情報紙)を発行、そこ でも広告スペースを提供できるようにする ● フリーペーパーは広告通貨と一緒に、町内会等、地域の自治組織を通して各家 庭へ届けられる ● コンセプトは、「健康」「共生」「エコロジー」「オルタナティブライフ」等 、スポンサーに合わせて選択・決定する ● 病、障害、老い等は、いわば「生の隠喩」であり、そこには人が学ぶべき重要 なテーマが隠されている。その意味から福祉対象者は、その存在自体、社会全体 にとっての物言わぬ「教師」といえるだろう。その点、かれらに無償で提供され る広告通貨は、たんなる弱者救済のための施策ではない。それは、かれらがその 存在を賭けて社会全体に提供している教育的「価値」、あるいは物言わぬ教育 サービスに対する正当な報酬である。 ● メディアとしてのフリーペーパーは、広告通貨の根底をなすそうした考え方を 編集に反映させることで、福祉対象者が一方的に保護される「社会的弱者」では ないことを周知させる役割をもつ。
  6. 6. スポンサーが有償で広告通貨を発行するメリット ● 紙幣を自社の広告媒体として利用できる ● フリーペーパーも広告媒体として利用できる ● コーズリレーテッドマーケティング(*)が可能になる *コーズリレーテッドマーケティング 企業の社会貢献を前面に打ち出した新しい PR 手法。たとえばユニセフとの協賛キャンペーン等 ☆ 広告効果についてーー広告予算50万円のケース ● 広告通貨 ○ 40万円分の広告通貨が発行可能  ーー紙幣にして400枚(1000円券の場合)分発行可能 ○ 回転速度10回/年として、のべ4000人の目に触れる計算となる(4000 GRP ) ● フリーペーパー ○ 発行部数5万として、年間最大のべ60万人(5万 × 12)の目に触れる計算となる ○ またパブリシティ記事等による露出も期待される ● コーズリレーテッドマーケティング ○ このプロジェクトに参加していること自体、「地域貢献」の証しであり、こ れをもとにして企業イメージの向上がはかれる
  7. 7. 償還について ● 広告通貨は毎年、新しい紙幣に取り替えられる ● 古い紙幣は、原則として使用できない ● 広告通貨をもつ者は誰でも一定期日が経過した後、円貨と引き 換えることができる ただし、引き換えられるのは翌年度から1年以内で、交換比率は次の通り ○ 円貨との交換 1ヶ月以内       80% 1ヶ月以上2ヶ月以内  70% 2ヶ月以上3ヶ月以内  60% 3ヶ月以上6ヶ月以内  40% 6ヶ月以上1年以内   20% 1年以上         0% ○ 新紙幣との交換 1ヶ月以内      90% 1ヶ月以上2ヶ月以内  80% 2ヶ月以上3ヶ月以内  70% 3ヶ月以上6ヶ月以内  50% 6ヶ月以上1年以内   30% 1年以上        0%
  8. 8. プール資金の貸し出しについて プールされた原資は、社会的に意義のある事業(*)に対して 優先的に出資される *「福祉」「環境」「女性」「地域」等 町おこし銀行 or エコバンクとしての側面
  9. 9. 運営団体について NPO 法人米沢アドバンク 広告会社 銀行 これはいわば「広告銀行」という今までにない新しい形態の事業モデルであり、したがってそこ に求められるのは「広告会社+銀行」的なノウハウである。そのため運営団体は、地元の広告会 社や銀行などが協力しあって新しい組織を立ち上げるのがのぞましい。またこのビジネスモデル は、できれば NPO 法人で運営するのがのぞましい。なぜなら、そのサービスは地域貢献度の高 さからいってもきわめて公共性の高いものだからである。さらにこのビジネスモデルのポイント は、町内会等、既存の自治組織を通して末端まで配布するところにある。仮にこの部分を折り込 み広告やポスティングサービス等、通常の有料サービスを利用しては事業的に成立させるのは、 かなり困難なものになると予想される。
  10. 10. オリジナル通貨発行代行サービス 福祉サービス対象者への無償配付を行わず、そのまま スポンサーがみずから発行し、使用することもできる。 ● 会社やサークル向けに、オリジナルメッセージを入れた広告通貨を 提供するサービスも考えられる ● その場合、完成した広告通貨をそのまま持ち帰ることも可能 ● ただし、フリーペーパーへの無料広告掲載サービスはない。 ● グループ内での地域通貨として、またちょっとした贈り物代わりに 、さらに自社の商品券として等、利用の仕方はいろいろ。 ● もちろん個人もオーケー!(俺様通貨)

×