20101018 JJUG CCC10 WindowsAzure
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

20101018 JJUG CCC10 WindowsAzure

  • 1,422 views
Uploaded on

JavaユーザーグループCCCにおける ...

JavaユーザーグループCCCにおける
WindowsAzureセッション資料です。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,422
On Slideshare
1,422
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
16
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. い さ ご 砂金 信一郎 shisago@microsoft.com アーキテクトエバンジェリスト マイクロソフト株式会社 デベロッパー&プラットフォーム統括本部 クラウドプラットフォーム推進部 所属 ブログでもAzureの話題を提供 http://blogs.itmedia.co.jp/isago/ Twitterフォローはお気軽に http://twitter.com/shin135/ マ゗クロソフトでクラウドコンピューテゖングを中心とした啓蒙活動 を行うエバンジェリスト。東京工業大学出身。日本オラクルで修行を 積んだ後、戦略コンサルタントに転身していた時期もあったが、 Windows Azureの世界観に魅せられてマ゗クロソフトに参画。自社技 術に閉じないスタ゗ルが信条。自他共に認めるガンダム好きで、特に 戦略シミュレーションものにぐっときます。
  • 2. さとうなおき エバンジェリスト マイクロソフト株式会社 マ゗クロソフトでクラウドコンピューテゖングを中心とした啓蒙活動 を行うエバンジェリスト。日本オラクルで修行を積んだ後、Windows Azureの世界観に魅せられて、最近マ゗クロソフトに参画。 @satonaoki フォローはお気軽に。
  • 3. Azure サービス利用 http://bit.ly/azureactivate
  • 4. PDC10以降少しだけIaaS的に ゕプリケーション ゕプリケーション ゕプリケーション ミドルウェゕ ミドルウェゕ ミドルウェゕ OS OS OS ハードウェゕ ハードウェゕ ハードウェゕ SaaS PaaS IaaS 完成品の 開発・実行環境となる ハードウェゕを提供 ソフトウェゕを提供 プラットフォームを提供 (CPU貸し、デゖスク貸し) ○ すぐに利用でき、ASP か ○ スケーラビリテゖ、コス ○ 自由度が高く自社運用と らの延長で利用は一番、 トにおいて他サービスに 差がないため、利用障壁 進んでいる 勝る は低い × プラットフォームとして × ゕプリケーション開発が × これまで同様の管理が必 の拡張性、自由度に欠け 必須ということと、後発 要になり、煩雑化 る場合が多い のため、事例は少ない する可能性がある
  • 5. • ハードウェゕやOSの購買、゗ンフラ構築費用が不要 初期投資 • 費用として支払うため、資産計上しなくて済む 安い • 従量制課金であるため、必要がなくなれば、容易に停止可能 無駄の排除 • キャンペーン サ゗トや頻度の少ないバッチ処理に有効 • すぐにゕプリの開発、利用が可能になる スピード • 新規事業などの変化の早いニーズに対応 簡単 • システム管理業務をすべてゕウトソース、パッチ適用も自動化 運用 • 遠隔地での冗長化で事業継続性を確保 スケーラ • スケーラブルな基盤設計要求からスキルの高い技術者を解放 ビリテゖ • 所有が不可能な規模に、理論上無限の拡張が可能 事業 • 世界中に建設されたデータセンターとネットワーク網を活用 拡大 グローバル展開 • データやゕプリケーションを効率的に配布・管理
  • 6. 海外におけるソーシャルゲームでの活用事例 フランスのSAPであるkobojoは、Windows Azureを基盤とする ことで65%もの原価低減に成功
  • 7. HTTP/HTTPS
  • 8. データストレージの選択 総じて コスト 機能性 容量 言えば… SQL Server × ○ ○ 高いけど なんでも (オンプレミス) 相対的に高価 高機能 ~16 TB/DB ACID 制御 できる SQL Azure データベース ○ ○ × 容量を犠牲に 比較的安価 高機能 ~50 GB/DB して機能と サービス ($9.99/GB) ACID 制御 価格を優先 Windows Azure ストレージ ○ × ○ 機能を犠牲に して容量と さらに安価 相対的に低機能 ~100 TB サービス 価格を優先 ($0.15/GB) BASE 制御
  • 9. SQL Azure のデータ確認 SQL Server 2008 R2 Management Studio テーブルの作成、データの追加等が可能 SQL Azure 側のフゔ゗ゕーウォール設定 とネットワーク ポート 1433 が必要 "Houston" https://manage.sqlazurelabs.com/ ブラウザー経由で SQL Azure を管理 (Silverlight) テーブルの作成、データの追加等が可能 ポート設定 (1433) が不要 現在 CTP (プレビュー版)
  • 10. 最近の主なAzureアップデート  1.2 SDK with Visual Studio 2010  .NET 4.0 サポート  Intellitrace サポート(VS2010 Ultimate)  SQL Azure DB サ゗ズ (50GB)  Spatial & MARS サポート  SQL Azure Web 管理ツール (Houston)  Adaptive Streaming with Blob and CDN  Windows Azure Appliance(ゕナウンスのみ)  Windows Azure Architecture Guide Part1 公開
  • 11. What’s VM Role ?
  • 12. System Center Cloud
  • 13. Project Sydney  IPv6/IPSec を利用し end-to-end で オンプレミスのサーバーと Windows Azure がセキュアに通信可能  2010年にベータ リリース予定
  • 14. http://www.microsoft.com/windowsazure/interop/
  • 15. http://code.msdn.microsoft.com/winazuretomcat
  • 16. http://code.msdn.microsoft.com/azuretomcat
  • 17. Service Instance listen port(x) JVM Catalina server.xml index.jsp Tomcat Sub-Process new Process() RoleEntry bind port(x) Point get Worker Role runtime info Service Instance SQL http://instance:y http://instance:x Database Service Access Bus Control http://app:80 Load Fabric Table Blob Queue Balancer Controller Storage Storage
  • 18. string response = ""; try { System.IO.StreamReader sr; string port = RoleEnvironment.CurrentRoleInstance.InstanceEndpoints["HttpIn"].IPEndpoint.Port.ToString(); string roleRoot = Environment.GetEnvironmentVariable("RoleRoot"); string jettyHome = roleRoot + @"approotappjetty7"; string jreHome = roleRoot + @"approotappjre6"; Process proc = new Process(); proc.StartInfo.UseShellExecute = false; proc.StartInfo.RedirectStandardOutput = true; proc.StartInfo.FileName = String.Format(""{0}binjava.exe"", jreHome); proc.StartInfo.Arguments = String.Format("-Djetty.port={0} -Djetty.home="{1}" -jar "{1}start.jar"", port, jettyHome); proc.EnableRaisingEvents = false; proc.Start(); sr = proc.StandardOutput; response = sr.ReadToEnd(); } catch (Exception ex) { response = ex.Message; Trace.TraceError(response); } <Endpoints> <InputEndpoint name="HttpIn" port="80" protocol="tcp" /> </Endpoints>
  • 19. http://blogs.msdn.com/b/dachou/archive/2010/0 3/21/run-java-with-jetty-in-windows-azure.aspx http://bit.ly/azurejetty
  • 20. Azure ユーザー会にご参加ください http://jazug.jp
  • 21. 次回予告
  • 22. PDC10ってどんなイベント? • Professional Developers Conference • 今年はマ゗クロソフト本社で開催 • Azure の新機能発表、Phone7、… • 1,000名だけの開催→ストリーミング
  • 23. PDC10パブリックビューイング 10/28 23:00~@渋谷
  • 24. PDC Tokyo やります! 11/25,26