Your SlideShare is downloading. ×
BPStudy#48 PyCon JP 2011 開催報告
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

BPStudy#48 PyCon JP 2011 開催報告

595
views

Published on

PyCon JP 2011 の開催報告です。

PyCon JP 2011 の開催報告です。


0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
595
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 少々お待ちください
  • 2. PyCon JP 2011 8/27( ) 産業技術大学院大学 #pyconjp
  • 3. ● PyCon JP 2011 副座長です
  • 4. イベントの概要 2011年1月27日(土曜日)PyCon mini JP 2011 開催
  • 5. miniイベントの概要開催 2011年1月29(土) 9:30-17:10参加費 無料規模 参加者数 136名トラック 1数講演数 9(4.5h)CfP応募数 19言語 日本語のみStaff 約15名(+当日2名)準備期間 2010/9/21 から 130日間
  • 6. 無料 → 2000円
  • 7. 紙チケット vs PayPal
  • 8. 136名 → 247名
  • 9. 4社 → 9社20万円 → 120万円
  • 10. SponsorsGoldSilverBronzeSnack & Beverage Supported by: 株式会社デジタルガレージ 楽天株式会社
  • 11. SponsorsBronze
  • 12. Sponsors
  • 13. 1→3 (+ Open Space, Office Hour)9 (4.5h) → 19 (12h)
  • 14. CfP19 → 35
  • 15. 日本語 → 日+英
  • 16. 15名(当日2名) → 30名(当日8名)
  • 17. 130日 → 199日
  • 18. 今回イベントの概要開催 2011年8月27(土) 9:30-18:30 + party + sprints参加費 (本編)2,000円規模 参加者数 247名トラック 3 + Open Space + Office Hour数講演数 19 (12.0h) + Open SpaceCfP応募数 35言語 日本語、英語Staff 約30名(+当日8名)準備期間 2011/2/9 から 199日間
  • 19. 講演の内容が難易度・分野とも充実
  • 20. フランスからゲストスピーカーを呼べ た
  • 21. Tarek Ziade Python Py
  • 22. スタッフ規模が増加し自由なアイディア・要素 が 自然発生した
  • 23. お祭りっぽい規模になり遠方からの参加者が増え た
  • 24. ジョブボードが賑やかになった
  • 25. 前回
  • 26. 運営の難易度
  • 27. エキスパートPython プログラミング の売上数
  • 28. エキPy
  • 29. 締め切り直前までスタッフの活動が おとなしめ
  • 30. 組織の構造を チーム単位にしてチームで好きに進めて 欲しかった、が..
  • 31. 担当チーム毎に独立して運営し 決定事項や議事録のみを 全体に共有するスタイル
  • 32. 担当チーム毎に独立して運営し 決定事項や議事録のみを 全体に共有するスタイル
  • 33. 何人かの活動的な人が全体把握しながら推進するセミラティスに近い?
  • 34. 何人かの活動的な人が全体把握しながら推進するセミラティスに近い?
  • 35. ( ω `)
  • 36.  譲り合いの精神  集中する作業  提案になっていない提案  多すぎるツール コミュニケーションの分断  早すぎる返信  見えない戦況
  • 37. (` ω )
  • 38.  座長・副座長があまり関与しなかった要素が成 功  開催前記事をCodeZine.jpさんに掲載  guidebook app  Office Hour(with Guido)  Twitterの当日実況中継  Party(懇親会)
  • 39. コミュニティー運営の バイブル
  • 40. PyCon JP 2012
  • 41. 2012