ハイブリッド・クラウド自動化基盤
openQRMのご紹介	
2013/12/1

http://www.ossl.co.jp
Mail: funai@ossl.co.jp
Twitter: @satoruf
FaceBook: http://w...
ハイブリッド・クラウド運用の自動化をサポート	

ユーザ
ポータル	

クラウド管理
ダッシュボード	

• 
• 
• 
• 
• 
• 

ベアメタル
VMware
KVM
Xen
LXC
OpenVZ

各種	
設定	

OSインスト
ー...
V5.1アップデート	
l 

GUIの一新
l 

l 

操作ウィザードの強化
l 

l 

既存VMを稼働したまま移行

ロールベース権限管理の強化
l 

131001	

VMイメージストアに分散ファイルシステムのGlu...
GUIの一新	

131001	

Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved

4
AWSインテグレーション	
l 
l 
l 

131001	

openQRMコンソールから、EC2/S3の操作が可能
AMIとローカルイメージのインポート/エキスポート
Nagios/Puppet等と併用でインスタンス設定も自動化	
...
openQRMシステム概要	

クラウド
	
管理者
	
コンソール
	
ユーザ
	
管理者
	
コンソール
	

プラグイン・マネージャ
	

openQRMサーバ
	
DHCP
	
DNS
	

PXE ブート
構成情報取得	

PXE
	...
プラグイン アーキテクチャ	
openQRMサーバは、プラグインの管理機能のみ
必要な機能は全てプラグインで提供
APIも提供されているため、カスタムプラグインの開発が可能	

l 
l 
l 

ストレージプラグイン

仮想化環境プラグ...
CloudZones(エンタープライズ版機能)	
l 

WAN経由で複数のデータセンタにあるopenQRMクラ
スタへのプロビジョニング機能を提供

CloudZones
https/SOAP
インターネット/
WAN
	

openQRM...
openQRMの管理単位	
サーバ
リソース
システムが稼働する入れ物(物理サーバ/仮想マシン)

カーネル
openQRMが集中管理するためのブートローダ
(PXELinux)

サービスレベル	
サーバへのリソースの割当等構成情報

イメー...
サーバ作成機能	
1.  使用するストレージを作成(スナップショット/クローン)
2.  ストレージと使用する起動ファイルを指定して、イメージ
を作成
3.  イメージとリソースを指定して、アプライアンスを作成
4.  アプライアンスの起動
l...
マイグレーション機能	
l 
l 
l 
l 
l 

既存システムをopenQRM配下に追加
P2V/V2P(非仮想化ó仮想化環境)
V2V(仮想化環境Aó仮想化環境B)
P2P(非仮想化環境Aó非仮想化環境B)
ライブマイグ...
ハイブリッドクラウド機能	
l 

複数のクラウド基盤とイメージをインポート/エキスポート
l 

l 

パブリッククラウドサービス
l  Amazon EC2
プライベートクラウド
l  Eucalyptus、Ubuntu Ent...
サーバテンプレート機能	
イメージシェルフ

NFS/ftp/http/local

LAMPイメージ DBイメージ WindowsServer

Etc.
登録	

オンプレミス
(物理・仮想マシン)	

131001	

VMware/xe...
Cobbler+Puppetで全自動セットアップ	
l 

Cobblerは別途インストールが必要
l 

l 

l 

openQRMサーバと同居可能だ(と思う)が、Ubuntu10.04では
Cobblerを上手く設定できなかった...
運用管理機能	
Zabbix監視システム
連携	

i-doit構成管理システム
連携(エンタープライズ版)	
131001	

Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserv...
HA機能	
l 

N+1フェイルオーバー
従来のHA構成	

openQRM
N+1 フェイルオーバー	

本番系	

OpenQRM
リソースプール	

待機系	

l 

LCMCインテグレーション
l 

131001	

Lin...
セルフサービスポータル機能	
l 

ユーザー管理
l 
l 
l 

l 

プロダクト管理
l 
l 

l 

グループ/ユーザ毎の使用プロダクト設定
課金管理
セルフ登録/管理者登録
各リソースの課金単位設定
IPプーリ...
稼働環境	
(1) 物理HW
OpenQRMが動作するのに、必要なプロセッ
サ/メモリ/ディスク	
• Intel/AMD x86 2core、1.8Ghz
• メモリ 1GB
• 20GB以上のフリーディスクスペース	
(2) OS
Open...
サポート環境	
OpenQRMが、管理できる環境	
l 
物理サーバ(Intel/AMD x86アーキテクチャ)	
ストレージ:OpenQRMが、管理できるストレージ	
l 
VMware ESX/ESXi 4.1/5.0	
l  各サー...
利用案:BCP/DRサービス	
l 
l 
l 

既存サーバ群のシステムイメージを複製
システムイメージをバックアップ
必要に応じてシステムイメージを複製、必要な環境で起動
イメージ・ストレージ	

OpenQRM	
サーバ	

MyS...
利用案:バッチ処理 as a Service	
l 

l 

Hadoop上の基幹バッチ処理フレームワークAsakusaを
PaaSとして提供する
システム構成
l 

l 

Hadoopクラスタリソースは、物理環境、仮想化環境、パ...
リソース	
http://groups.google.com/group/openqrm-ja
openqrm-ja@googlegroups.com	
開発元:http://www.openqrm-enterprise.com/
OSSホーム...
OSSラボ株式会社 概要	
l 
l 
l 
l 
l 

英 語 社 名:OSS Laboratories Inc.
資 本 金:2500千円	
代表取締役:船井 覚	
顧問:松田 俊介(元 松下電器産業株式会社 技監)	
主要取引...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

openQRM V5.1 Update

967

Published on

openQRM V5.1リリースにあわせて紹介資料をアップデート

Published in: Technology
1 Comment
6 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
967
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
18
Comments
1
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

openQRM V5.1 Update

  1. 1. ハイブリッド・クラウド自動化基盤 openQRMのご紹介 2013/12/1 http://www.ossl.co.jp Mail: funai@ossl.co.jp Twitter: @satoruf FaceBook: http://www.facebook.com/satoru.funai LinkedIn: http://jp.linkedin.com/in/satorufunai/ja 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 1
  2. 2. ハイブリッド・クラウド運用の自動化をサポート ユーザ ポータル クラウド管理 ダッシュボード •  •  •  •  •  •  ベアメタル VMware KVM Xen LXC OpenVZ 各種 設定 OSインスト ール プロビジョ ニング •  •  •  •  LinuxCOE Cobbler Clonezilla FAI, OPSI •  Kickstart •  preseed オンプレミス (物理・仮想マシン) •  Puppet •  Ansible •  •  •  •  131001 •  •  •  •  •  ユーザ管理 課金管理 Live Migration イメージインポート/エキスポート LCMC Pacemaker, Corosync, Heartbeat, DRBD OpenLDAP パブリッククラウドサービス (仮想マシン) 移行 API VMware, KVM, Xen, etc. システム イメージ 移行 HA/DR ZABBIX Nagios/Icinga Collectd idoit プライベートクラウド (仮想マシン) 移行 IPMI 運用 監視 アプリイン ストール システム イメージ Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved API AMI 2
  3. 3. V5.1アップデート l  GUIの一新 l  l  操作ウィザードの強化 l  l  既存VMを稼働したまま移行 ロールベース権限管理の強化 l  131001 VMイメージストアに分散ファイルシステムのGlusterFSをサポート KVM/Libvirtdのサポート l  l  既存VMを稼働したまま移行 KVM/GlusterFSのサポート l  l  Windowsイメージのスナップショット/クローン VMwareサポートの強化 l  l  構成維持ツールのPuppetに加え、Ansibleを統合 Windowsサポートの強化 l  l  EC2/S3を他のサーバと同様に操作可能 Ansibleサポート l  l  ワークフローに沿った操作ガイド AWSインテグレーション l  l  フラットデザイン化 グループ毎に詳細な権限付与 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 3
  4. 4. GUIの一新 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 4
  5. 5. AWSインテグレーション l  l  l  131001 openQRMコンソールから、EC2/S3の操作が可能 AMIとローカルイメージのインポート/エキスポート Nagios/Puppet等と併用でインスタンス設定も自動化 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 5
  6. 6. openQRMシステム概要 クラウド 管理者 コンソール ユーザ 管理者 コンソール プラグイン・マネージャ openQRMサーバ DHCP DNS PXE ブート 構成情報取得 PXE その他 プラグイン API サーバイメージ ダウンロード tftpd, SAN Local, 他 Linux Solaris Windows 仮想化環境 VMware, Xen, KVM, lxc, OpenVZ Linux Solaris Windows 物理環境 Intel/AMD x64アーキテクチャ サーバイメージ・ストレージ NFS SAN サーバイメージ変換 REST API Enterprise Cloud クラウド・サービス iSCSI 131001 Gluster FS他 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 6
  7. 7. プラグイン アーキテクチャ openQRMサーバは、プラグインの管理機能のみ 必要な機能は全てプラグインで提供 APIも提供されているため、カスタムプラグインの開発が可能 l  l  l  ストレージプラグイン 仮想化環境プラグイン •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  •  VMware ESXi Citrix XEN server KVM/libvirtd OpenVZ Lxc Local Server (ベアメタル) 131001 Local LVM/Block tmpfs NFS iSCSI AOE (ATA over Ethernet) GlusterFS •  •  •  •  •  •  •  •  管理ツールプラグイン クラウド管理プラグイン •  •  •  •  ネットワークプラグイン セルフサービスポータル ハイブリッド・クラウド(AWS) イメージシェルフ ECサポート* •  •  •  •  •  •  •  •  Nagios/Icinga Collectd Zabbix Puppet Cobbler LinuxCOE LDAP認証* i-doit CMDB* Dhcp Dns Tftp Wake On Lan IPプール管理* ボンディング* noVNC SSH-term HAサポートプラグイン •  •  •  •  自動フェイルオーバー OpenQRM HA構成 LCMC IPMI管理* Etc. *はエンタープライズ版提供機能 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 7
  8. 8. CloudZones(エンタープライズ版機能) l  WAN経由で複数のデータセンタにあるopenQRMクラ スタへのプロビジョニング機能を提供 CloudZones https/SOAP インターネット/ WAN openQRMクラスタ #1 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved openQRMクラスタ #2 8
  9. 9. openQRMの管理単位 サーバ リソース システムが稼働する入れ物(物理サーバ/仮想マシン) カーネル openQRMが集中管理するためのブートローダ (PXELinux) サービスレベル サーバへのリソースの割当等構成情報 イメージ ファイルシステム、デプロイメント情報 ストレージ ルート オペレーティング・システムのrootファイル+サ ービスプログラム群 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 9
  10. 10. サーバ作成機能 1.  使用するストレージを作成(スナップショット/クローン) 2.  ストレージと使用する起動ファイルを指定して、イメージ を作成 3.  イメージとリソースを指定して、アプライアンスを作成 4.  アプライアンスの起動 l  システムのインストールから構成設定まで自動実行 ★リソースが足らなければ、ネットワークブート構成にしたシ ステムを接続するだけで自動的にリソースに追加される 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 10
  11. 11. マイグレーション機能 l  l  l  l  l  既存システムをopenQRM配下に追加 P2V/V2P(非仮想化ó仮想化環境) V2V(仮想化環境Aó仮想化環境B) P2P(非仮想化環境Aó非仮想化環境B) ライブマイグレーション l  l  131001 ハイパーバイザに依存、異種仮想化環境間は不可 KVM, Xen, OpenVZ, lxcをサポート Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 11
  12. 12. ハイブリッドクラウド機能 l  複数のクラウド基盤とイメージをインポート/エキスポート l  l  パブリッククラウドサービス l  Amazon EC2 プライベートクラウド l  Eucalyptus、Ubuntu Enterprise Cloud 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 12
  13. 13. サーバテンプレート機能 イメージシェルフ NFS/ftp/http/local LAMPイメージ DBイメージ WindowsServer Etc. 登録 オンプレミス (物理・仮想マシン) 131001 VMware/xen等 (仮想マシン) パブリッククラウドサービス (仮想マシン) Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 既存サーバ 13
  14. 14. Cobbler+Puppetで全自動セットアップ l  Cobblerは別途インストールが必要 l  l  l  openQRMサーバと同居可能だ(と思う)が、Ubuntu10.04では Cobblerを上手く設定できなかったので、別途Ubuntu11以上か、 CentOSのマシン(VMでも可)で作成するのが簡単 Cobblerサーバ上にはapache2(httpd)とtftpdが必須、dhcpは openQRMサーバを使うので動かしてはいけない openQRMとの連携の仕組み 1.  2.  3.  4.  5.  131001 openQRM上でイメージ作成時に、Cobblerのプロファイルを選択 自動的にdhcpd.confのnext serverがcobblerサーバに変更される アプライアンスを起動すると、Cobblerからtftpブートされる Cobblerでのインストール完了後、openQRMサーバから再起動 起動時にPuppetのマニフェストが実行される Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 14
  15. 15. 運用管理機能 Zabbix監視システム 連携 i-doit構成管理システム 連携(エンタープライズ版) 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 15
  16. 16. HA機能 l  N+1フェイルオーバー 従来のHA構成 openQRM N+1 フェイルオーバー 本番系 OpenQRM リソースプール 待機系 l  LCMCインテグレーション l  131001 Linuc Cluster Management Consoleを使用し、簡単にLinuxHA環境を構築 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 16
  17. 17. セルフサービスポータル機能 l  ユーザー管理 l  l  l  l  プロダクト管理 l  l  l  グループ/ユーザ毎の使用プロダクト設定 課金管理 セルフ登録/管理者登録 各リソースの課金単位設定 IPプーリング/VLAN設定(エンタープライズ版のみ) セルフサービスポータル l  l  GUIリソース管理 課金情報提供 クラウド管理者 OpenQRM ユーザー/グループ管理 リソースプール割当 サービスレベル管理 課金管理 リソース作成 構成設定/変更 サービス起動/停止 リソースプール 構成DB システム担当者 プロビジョニング要求 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 17
  18. 18. 稼働環境 (1) 物理HW OpenQRMが動作するのに、必要なプロセッ サ/メモリ/ディスク • Intel/AMD x86 2core、1.8Ghz • メモリ 1GB • 20GB以上のフリーディスクスペース (2) OS OpenQRMが動作する、オペレーティングシス テムとバージョン • Ubuntu / Debian Lucid以降 (推奨) • CentOS / Redhat EL 5.5以降 131001 (3) ミドルウェア OpenQRMが動作するのに、サポートされるソフト ウェアとバージョン • Apache 2.2以降 • MySQL 5.1以降 • PHP 5.3以降 • 他、プラグインによって多数あるが、インストー ル時に自動的に選択される (4) ネットワーク OpenQRMが動作するのに、必要なネットワーク環 境 • 管理/ストレージ用と公開用の別々の1Gbps ネットワークを推奨 • 被管理サーバの管理/ストレージ用ネットワー クは、dhcp設定が必要(但し、OpenQRM側で 固定IPアドレス割当は可能) • 被管理サーバは、dhcp/PXEブートするために 管理サーバと同一のarpブロードキャストドメイ ンである事 • NTPが稼働している事(推奨) Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 18
  19. 19. サポート環境 OpenQRMが、管理できる環境 l  物理サーバ(Intel/AMD x86アーキテクチャ) ストレージ:OpenQRMが、管理できるストレージ l  VMware ESX/ESXi 4.1/5.0 l  各サーバのローカルストレージ l  Citrix Xen Server V5.5 l  LVM2 l  Xen V3.5以降 l  NFS4 l  KVM kvm-62以降 l  iSCSI2 l  OpenVZ l  AoE l  Lxc l  AWS/Eucalyptus l  Dell Equallogic サポートOS:OpenQRMが、管理できるOS l  NetApp Filer l  Ubuntu l  Solaris/OpenSolaris ZFS l  Debian l  GlusterFS l  CentOS / Redhat EL l  Fedora l  FreeBSD l  SUSE/OpenSuse l  Windows XP / 2000 server以降 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 19
  20. 20. 利用案:BCP/DRサービス l  l  l  既存サーバ群のシステムイメージを複製 システムイメージをバックアップ 必要に応じてシステムイメージを複製、必要な環境で起動 イメージ・ストレージ OpenQRM サーバ MySQL クラウド ストレージ サービス サーバ イメージ パブリック・クラウドサービス 複 製 プライベート・クラウド 既存サーバ群 Windows 131001 Linux バックアップセンター Vmware etc. Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 20
  21. 21. 利用案:バッチ処理 as a Service l  l  Hadoop上の基幹バッチ処理フレームワークAsakusaを PaaSとして提供する システム構成 l  l  Hadoopクラスタリソースは、物理環境、仮想化環境、パブリッククラウド を選択可能 提供機能 l  l  オンデマンド・バッチ処理 ジョブ管理 Asakusa Asakusa MySQL サーバ Asakusa MySQL サーバ MySQL サーバ ユーザ毎に割当 インタークラウド ・コントローラ OpenQRM サーバ MySQL バッチ処理毎に割当 Hadoopクラスタ・リソースプール (物理サーバ群 & パブリッククラ ウド) Hadoop Hadoop クラスタ Hadoop クラスタ クラスタ 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 21
  22. 22. リソース http://groups.google.com/group/openqrm-ja openqrm-ja@googlegroups.com 開発元:http://www.openqrm-enterprise.com/ OSSホーム:http://www.openqrm.com プロジェクト:https://sourceforge.net/projects/openqrm/ 日本語資料 l  製品紹介プレゼンテーション l  クイックスタートガイド l  プラグインガイド http://www.ossl.co.jp 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 22
  23. 23. OSSラボ株式会社 概要 l  l  l  l  l  英 語 社 名:OSS Laboratories Inc. 資 本 金:2500千円 代表取締役:船井 覚 顧問:松田 俊介(元 松下電器産業株式会社 技監) 主要取引先 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、TIS株式会社、株式会社ソリトン システムズ、株式会社セキュアスカイ・テクノロジー、S&Jコンサルティン グ株式会社、オープンソースCRM株式会社、株式会社神戸デジタル・ラ ボ、株式会社トライコーダ 、ヒューベルサービス株式会社、等 設計/構築 運用/保守 OSSラボ サービス 調査、検証、提案作成、コミュニティ代行 コンサルテーション、教育、設計、開発、保守 OSSラボ コミュニティ サービス ライセンス ソースコード 保証 教育 2次サポート 131001 Copyright 2013(C) OSS Laboratories Inc. All Rights Reserved 23
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×