130822 jobscheduler jasperreport

1,276 views

Published on

第3回 JobScheduler勉強会で説明した資料です。「JobSchedulerのジョブ結果レポートをJasper Reportで作成する」

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,276
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
39
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

130822 jobscheduler jasperreport

  1. 1. JobSchedulerJobScheduler JasperReportJobJasperReportJob でレポートを作成でレポートを作成
  2. 2. 目次目次 JasperReportJob とは ? 環境構築要件 インストール iReport の設定 JobScheduler の設定 レポートの出力例 最後に
  3. 3. JasperReportjobJasperReportjob とは?とは? 簡単に言うと JasperReports Library(Java レポーティングエンジン ) を使い 帳票作成を自動化してくれる job です。 例えば、 JobScheduler の各ジョブの稼働時間やエラー回数 を 日次、月次、年次で集計するといった事が出来ます。 レポートフォーマットは、 PDF, HTML, RTF, XML, XLS に対応しています。
  4. 4. 環境構築要件環境構築要件 ● Jobscheduler をインストールしただけでは利用出来ないので、 下記を含んだ環境を用意します (Jobsheduler と同一サーバでも可 ) ● Linux でも構築は可能ですが、今回は Windows 環境での構築方法を説明しま す - JDK - Apache Ant - JasperReportLibrary - iReport - JDBC Driver   JasperReportLibrary の他に帳票のデザインテンプレートを 作成する「 iReport 」というソフトも必要
  5. 5. インストールインストール  JDK http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html   インストール後、 JAVA_HOME と Path を設定  ApacheAnt http://ant.apache.org/bindownload.cgi   解凍後 適当なフォルダに格納し、 ANT_HOME と Path を設定  JasperReportLibrary http://community.jaspersoft.com/project/jasperreports-library   解凍後 適当なフォルダに格納する  iReport http://community.jaspersoft.com/project/ireport-designer    Windows の場合、 installer.exe が用意されているので、   デフォルトのままインストールを実行するだけで完了  ※ JDBC Driver も環境に合わせて入手する
  6. 6. iReportiReport の設定の設定 (1)(1) JobScheduler のサイトにサンプルが用意されているので、 レポート機能を試してみたい場合はこちらをご活用ください http://www.sos-berlin.com/mediawiki/index.php/Job_JobSchedulerJasperReportJob
  7. 7. iReportiReport の設定の設定 (2)(2) iReport を起動し、 jasperreport_examples フォルダ内にある jrxml ファイルを開くと 下記のテンプレートが表示されます
  8. 8. iReportiReport の設定の設定 (3)(3) ツールバーにある下記赤枠のアイコンをクリックし Database の設定をします(この例では、 MySQL を使用しています)
  9. 9. JobSchedulerJobScheduler の設定の設定 (1)(1) JOE ( JobScheduler Object Editor )を起動しウィザードから Job を登録します
  10. 10. JobSchedulerJobScheduler の設定の設定 (2)(2) その他 Classpath 、 Java Option 、 Parameter を設定し保存します 下記は、 JOE で設定した項目を xml 出力したものです  ※赤字の箇所には、ファイルのパスを代入してください
  11. 11. レポート出力例レポート出力例 (1)(1) あとは、 JOC で作成したジョブを実行するだけです! ※ 作成された PDF ファイルの出力例です
  12. 12. レポート出力例レポート出力例 (2)(2) 日本語で帳票出力する場合は、 iText という Java 用 PDF 生成ライブラリを使用します。 iReport の [ ツール ]-[ オプション ]-[iReport] の [Fonts] タブから C:Program FilesJaspersoftiReport-X.X.XireportmodulesextiTextAsian.jar にチェック 他、 iReport の各パラメータ、クエリを変更する事で、月次レポートを作成する事が出来ます 。 ※ 作成された PDF ファイルの出力例です
  13. 13. 最後に最後に ...... 今回は JobScheduler で提供されている サンプルを用いて各種設定、説明をしましたが、 iReport のフォーマット、参照するデータベースや クエリを変更する事で様々な集計レポートを 自動作成する事が出来ます。 興味がある方は、是非サンプルからお試しくださ い。
  14. 14. ご清聴ありがとうございましたご清聴ありがとうございました

×