クラウド+ソフトウェアで起こすイノベーション
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

クラウド+ソフトウェアで起こすイノベーション

on

  • 4,655 views

ソフトウェアのパワーでイノベーションを起こしたいと考えていらっしゃる企業の方に向けて、(1) イノベーションとは何か ...

ソフトウェアのパワーでイノベーションを起こしたいと考えていらっしゃる企業の方に向けて、(1) イノベーションとは何か (2)イノベーションとはどのように起きるのか (3)なぜイノベーションにクラウドが有効なのか についてお話しさせて頂いた資料です。

私たちサーバーワークスも、クラウドとソフトウェアのパワーでイノベーションを起こそうとチャレンジしている企業の一つです。答えを求めるのでは無く「こういう考え方もあるんだ」という参考にして頂ければ幸いです!

Statistics

Views

Total Views
4,655
Views on SlideShare
1,333
Embed Views
3,322

Actions

Likes
7
Downloads
23
Comments
1

6 Embeds 3,322

http://blog.serverworks.co.jp 3096
http://blog-admin.serverworks.co.jp 189
http://www.google.co.jp 18
http://feedly.com 14
http://www.newsblur.com 4
http://www.slideee.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

クラウド+ソフトウェアで起こすイノベーション クラウド+ソフトウェアで起こすイノベーション Presentation Transcript

  • AAWWSS専業クラウドインテグレーターが語る クラウドと ソフトウェアが起こす イノベーション 株式会社サーバーワークス 代表取締役 大石 良
  • –  昭和48年7月20日 新潟市生まれ –  コンピューターとの出会いは10歳の頃 –  当時はPC-8001にベーマガのプログラムを入力する日々 –  コンピューターの購入は11歳 / SHARP X1 –  中2の時に初めてプログラムが書籍に掲載 –  高校入学記念にX68000を購入 –  仙台の大学に進学・本格的なオタクライフ開始 –  大学生の時にパソコン通信開始。本格的にシェアウェアを販売 –  総合商社でインターネットサービスプロバイダー事業に携わる –  2000年にECのASPを立ち上げるべく起業 おおいし 大石 株式会社サーバーワークス 代表取締役 クラウド の すけ 蔵人之助
  • 持ちネタ 切腹
  • もし今日のセッションで 皆さんに何も得るものがなければ・・・ 切腹します
  • 私たちの過去のAction をお伝えすることで、 答えではなく材料を ご提供します
  • 本日のメインテーマ イノベーション
  • イノベーションとは? イノベーション(innovation)とは、物事の「新結合」 「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活 用法」(を創造する行為)のこと。 →イノベーションとは、実行の問題である 一般には新しい技術の発明と誤解されているが、それだけ でなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を 創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組 織・社会の幅広い変革を意味する。つまり、それまでのモ ノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入 れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こす ことを指す。 http://ja.wikipedia.org/wiki/イノベーション
  • イノベーションの例 •  CCDD--RRの太陽誘電 – 発明では無い(既にPPDDSS,, CCDD--MMOOなど先行規 格があった) – 「家庭でCCDDが作れる」という、誰も考えな かったことを実現した – そのアイディアを、世界に展開することに成 功した – 実行に成功した
  • イノベーションの例 •  iiPPhhoonneeのAAppppllee – 発明では無い(先行するアイディア、製品は PPaallmm,, WWiinnddoowwssCCEE含め既にあった) – 皆がぼんやりと描いていた未来を、エレガン トに実装した – そのプロダクトを、世界に展開することに成 功した – 実行に成功した
  • ソフトウェアが起こした イノベーション
  • HHeerrookkuu •  アプリケーションを仮想コンテナ上で実 行させるというアイディアをエレガント に実現した (PPaaaaSSというアイディアを実装した) •  それを世界に展開すること(SSaalleessffoorrccee へのバイアウト)に成功した
  • DDrrooppbbooxx •  高速に全てのデバイス上でファイルを同 期するという「実現できそうで、できな かった夢」をエレガントに実現した •  それを世界に展開することに成功した
  • 共通点
  • OOnn AAWWSS
  • クラウドだったから •  すぐ始められる •  マズいと思ったら止められる •  伸びたときにも、スケールさせることが できる
  • 私たちの制約とチャレンジ
  • 世間の論調 SIは必要悪だ SIは終わった SIは保険でしかない
  • データを見ても
  • SSII企業倒産件数 120   140   160   180   200   220   240   2010年 2011年 2012年 年間222211件 過去最悪!
  • 厳しいのは 本当っぽい
  • 22000088年ごろの 私たちも・・
  • AWSで SIオワタ\(^o^)/
  • SIオワタ\(^o^)/ ユーザー企業が自分でシステム構築できてしまう ソフトもAAWWSSを使えば流通がいらなくなる AAWWSSでハードが要らなくなる AWSでSIオワタの図
  • 仮説からActionへ 仮説: ユーザー企業は、自前でクラウドを コントロールしようとするのでは無いか?          ↓ Action! ユーザー企業が、AAWWSSのコントロールを やりやすくするツールをビジネスにしよう!
  • Cloudworks •  コンセプト 「日本語でEECC22が操作できる!」
  • AAWWSSの画面
  • ユーザー数 0   100   200   300   400   500   600   700   800   900  
  • ビジネス上の結果 • 有料ユーザーが全く増えず! • 22000099年〜22001100年は 大赤字!!
  • そこに震災
  • 震災が私たちに教えてくれたこと
  • 私たちが得た学び •  顧客が望んでいるものはセルフサービス ではなく、新しい技術を安全に利用する ための保険 •  日本赤十字社の事例が示すように、突発 的な事態(災害・ハードの故障)への 迅速な対応の方が大切だった
  • Pivot and Action! Cloudworks自体は無料で続け、 AWSの導入�支援(SI)で収益化 顧客はセルフサービスを 望んでいない
  • 成果(SI売上) 2010年 2011年 2012年
  • サーバーワークスのチャレンジ 11..  SSIIだけどレバレッジが効いて 22..  エンタープライズだけど テクノロジーオリエンテッドで 33..  プロフェッショナルサービスだけど ストックビジネス
  • クラウドをやってわかったこと イノベーションに関する日米の違い
  • 次の2つ 共通のポイントは?
  • 戦艦大和
  • ゼロ戦
  • 一点豪華主義
  • なぜ一点豪華主義が 敗戦を招いたのか?
  • 単体の性能は優れていたが こだわりすぎて 大量生産できなかった 山本五十六は11,,000000機必要だと言ったが、実際には332222機しか配備されなかった
  • こだわり過ぎエピソード •  最初は三菱が開発したが、中島飛行機 もライセンス生産し、あとから改�造し て燃料タンクを取り付けるなど勝手に 改�良。戦地の整備兵にとってはありが た迷惑! •  飛行機によっていちいち部品が違うの で非能率で、空母上でネジをやすりで 削って使ったりしていた・・・!
  • 単体の性能が良くても 戦争には勝てない 航空機が戦力として機能するには、 大量生産と運用システムの両方が必要 運用システム • 空母 • レーダー • 通信網 • 補給 大量生産 • 大規模工場 • 大量調達 • 標準化
  • 運用のキモである レーダーの例
  • 日本では •  実は技術としては確立していた •  でも、実地で戦闘員がはずしてた •  レーダーがあっても、通信網と 接続されていなかったので無意味
  • その頃 アメリカさんは・・ •  開発者を空母に同乗させてた •  現地で何がおきるか、一緒に把握 して改�良させていた •  新技術のリーンスタートアップ
  • 国産クラウドで •  自社のシステムを全部クラウドに 乗せたという話を聞きますか?
  • その頃 Amazonさんは・・ •  44兆円のEEコマースサイトをAAWWSS に乗せて、一緒にサービスを枯れ させていた・・・!
  • 利用者へのインパクト
  • 最近よく見る比較広告 AA社より4400%安い! AA社よりCCPPUUが早い!
  • 現実 Amazon  Elas5c  Compute  Cloud  (EC2) Amazon  Elas5c  MapReduce   Auto  Scaling   Amazon  CloudFront   Amazon  SimpleDB   Amazon  Rela5onal  Database  Service  (RDS)   Amazon  Elas5Cache   AWS  Elas5c  Beanstalk   AWS  CloudForma5on   Amazon  Simple  Queue  Service  (SQS)   Amazon  Simple  No5fica5on  Service  (SNS)   Amazon  Simple  Email  Service  (SES)   Amazon  CloudWatch   Amazon  Route  53   Amazon  Virtual  Private  Cloud  (VPC)   Elas5c  Load  Balancing   AWS  Direct  Connect   Amazon  Simple  Storage  Service  (S3)   Amazon  Elas5c  Block  Storage  (EBS)   AWS  Import/Export  
  • 現実 Amazon  Elas+c  Compute  Cloud  (EC2) Amazon  Elas5c  MapReduce   Auto  Scaling   Amazon  CloudFront   Amazon  SimpleDB   Amazon  Rela5onal  Database  Service  (RDS)   Amazon  Elas5Cache   AWS  Elas5c  Beanstalk   AWS  CloudForma5on   Amazon  Simple  Queue  Service  (SQS)   Amazon  Simple  No5fica5on  Service  (SNS)   Amazon  Simple  Email  Service  (SES)   Amazon  CloudWatch   Amazon  Route  53   Amazon  Virtual  Private  Cloud  (VPC)   Elas5c  Load  Balancing   AWS  Direct  Connect   Amazon  Simple  Storage  Service  (S3)   Amazon  Elas5c  Block  Storage  (EBS)   AWS  Import/Export   EC2相当のサービス 他社クラウド
  • どんな違いをもたらすか?
  • EECC22相当のサービスを使った場合 EC2相当のサービス 他社クラウド BIND PosTix MySQL Backup インストール時間 サーバー資源 が必要! 監視 squid
  • AAWWSSの場合 Amazon  Elas+c  Compute  Cloud  (EC2) Amazon  Elas5c  MapReduce   Auto  Scaling   Amazon  CloudFront   Amazon  SimpleDB   Amazon  Rela+onal  Database  Service  (RDS)   Amazon  Elas5Cache   AWS  Elas5c  Beanstalk   AWS  CloudForma5on   Amazon  Simple  Queue  Service  (SQS)   Amazon  Simple  No5fica5on  Service  (SNS)   Amazon  Simple  Email  Service  (SES)   Amazon  CloudWatch   Amazon  Route  53   Amazon  Virtual  Private  Cloud  (VPC)   Elas+c  Load  Balancing   AWS  Direct  Connect   Amazon  Simple  Storage  Service  (S3)   Amazon  Elas+c  Block  Storage  (EBS)   AWS  Import/Export  
  • AAWWSSの場合 Amazon  Elas+c  Compute  Cloud  (EC2) Amazon  Elas5c  MapReduce   Auto  Scaling   Amazon  CloudFront   Amazon  SimpleDB   Amazon  Rela+onal  Database  Service  (RDS)   Amazon  Elas5Cache   AWS  Elas5c  Beanstalk   AWS  CloudForma5on   Amazon  Simple  Queue  Service  (SQS)   Amazon  Simple  No5fica5on  Service  (SNS)   Amazon  Simple  Email  Service  (SES)   Amazon  CloudWatch   Amazon  Route  53   Amazon  Virtual  Private  Cloud  (VPC)   Elas+c  Load  Balancing   AWS  Direct  Connect   Amazon  Simple  Storage  Service  (S3)   Amazon  Elas+c  Block  Storage  (EBS)   AWS  Import/Export   インストール時間0 サーバー(EECC22)の利用量削減
  • 実システムでの比較(コスト) AWS EC2 20台 ELB 2 RDS 2 Route53 1 CloudFront -­‐ SES -­‐ CloudWatch -­‐ S3 20GB Total 約18万円/月 EC2相当 仮想サーバー 45台 約22万円/月
  • 実システムでの比較(時間) EECC22相当 4455台分の セットアップ時間 4455台分の 運用時間
  • AWSでは インフラにかかる時間とコストが減る! サーバーのセットアップとメンテナンスに かかる時間が減って EECC22以外のサービスが システマチックに連携しているから
  • 私が伝えたいこと •  11点に拘る姿勢は日本人特有 •  芸術・研究面では良い点もあるが、 イノベーションの様に システム思考が必要な分野では仇に •  これからは使う技術の洗練と、何を 作り何を買うかの判断がより重要に!
  • 作っちゃいけなかったモノ •  1100PPffppssのスパコンになんと11,,112200億円。 まさに現代の大和www •  ちなみに11年後に抜かれたIIBBMM SSeeqquuooiiaa の開発費は7799億円
  • (官製でも)作るべきもの •  量子コンピューター – こういう分野は官製でリードすべき – 日本が世界をリードできる可能性がある – 詳しくは日経コンピュータ 22001144年44..1177号を!
  • イノベーションが起きる仕組み
  • 種まき 実験 社会
  • 失敗=パワーの蓄積 実験 社会 イノベーションの種をまいても 社会には何のインパクトもないが、 パワーは蓄積されている状態
  • 実験 社会 種そのものは、今までと何ら変わらないが、 実験台にパワーがたまっていると
  • 実験 社会 社会からみると、突然イノベーションが起きたように見える! (実際は試行錯誤・失敗の蓄積がエネルギーとなっている) イノベーション!
  • 典型例 •  ffaacceebbooookk – SSNNSSとしては後発 – MMyySSppaaccee,, OOrrkkuuttなど数々の失敗の蓄積が実 験台にあがっていた – 市場からはある日突然出てきたように見える が、実際には社会的な実験を経て登場 – 発明ではなく、実行が良かった
  • 私たちができること
  • 役職が上の方へお願い •  自由にしないで! – やりたいことをやらせる、ではイノベーショ ンは起こらない – 制約は何で、どこを実験台にして、どこに 粒を蓄積させるのかはデザインが必要 – 失敗のダメージコントロール、リスク分散の ためにクラウドが有効
  • 役職が上の方へお願い •  失敗を容認 – 失敗を容認しないとイノベーションは起こら ない。制約と、失敗の積み重ねの上にある – イノベーションは「実行の問題」なので、 種だけ見ても見誤る可能性がある
  • 現場の皆さんへ •  イノベーションは「発明」ではない •  制約を乗り越えて実現することが、 イノベーションの本質
  • ありがちな制約=グチ •  予算がないから・・ •  上司の理解がないから・・ •  ウチの会社は組織が縦割りだから・・
  • 昔のAAmmaazzoonn コマース インフラチーム
  • 縦割りにした結果・・・
  • 縦割りが起こしたイノベーション コマース インフラチーム インフラチームの都合 に関係なくインフラを 調達できて、スピード と売上がアップ! 人的コストが削減で き、Amazon.com以 外からの売上も増え てスケールアップ! API
  • 「制約」が「強み」に •  AAmmaazzoonnがAAWWSSを作れたのは 縦割りにしたから •  しかも、22000033年にAAnnddyy JJaassssyy氏が ボトムアップで立案
  • すぐにやるべき3つのこと 11.. 制約は何かを明らかにする 22.. 最新のツール・サービスに触れる 33.. 自分に投資する(勉強会に行ってみる) 制約を乗り越え、 イノベーションへ!
  • 本日のまとめ
  • まとめ ①イノベーションは「思いつき」「発明」とは 異なり実行の問題 ②組織をリードする立場の方は、イノベーション のための「システム作り」と「失敗の蓄積」を。 失敗をコントロールするためにクラウドは有効 な解決策 ③イノベーションが実行の問題=現場の問題 ボトムアップでできるチャレンジを積み重ねて 「場のパワー」を蓄積しよう!
  • 切腹しろ という方は お申し出下さい
  • そうでない方は・・・
  • It s your turn!