2013年08月 夏サミ2013-A5「DevOpsってどうなのよ?」
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

2013年08月 夏サミ2013-A5「DevOpsってどうなのよ?」

on

  • 13,373 views

翔泳社主催のソフトウェア開発者向けカンファレンス「Developers Summit 2013 Summer」(夏サミ2013)で、サーバーワークスの代表 ...

翔泳社主催のソフトウェア開発者向けカンファレンス「Developers Summit 2013 Summer」(夏サミ2013)で、サーバーワークスの代表 大石をモデレーターに、はてな・GREEでCTOを歴任された伊藤直也さん、Sansan株式会社でEightの開発指揮を執られている宍倉功一さんと3人で「DevOpsって本当のところどうなのよ?」と題したパネルディスカッション行いました。
本資料は、その内容をダイジェスト形式にまとめたものです。

Statistics

Views

Total Views
13,373
Views on SlideShare
3,633
Embed Views
9,740

Actions

Likes
22
Downloads
72
Comments
0

20 Embeds 9,740

http://blog.serverworks.co.jp 8442
http://toshi-miura.hatenablog.com 778
http://blog-admin.serverworks.co.jp 346
http://makopi23.blog.fc2.com 88
http://www.google.co.jp 17
http://kidatti.livedoor.biz 15
http://cloud.feedly.com 14
https://twitter.com 8
http://www.newsblur.com 8
http://dev.localhost 6
http://webcache.googleusercontent.com 5
https://www.google.co.jp 3
http://admin.blog.fc2.com 2
http://www.serverworks.co.jp 2
http://54.249.168.79 1
http://feeds.feedburner.com 1
https://www.chatwork.com 1
http://ec2-54-199-99-225.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com 1
http://plus.url.google.com 1
http://feedly.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    2013年08月 夏サミ2013-A5「DevOpsってどうなのよ?」 2013年08月 夏サミ2013-A5「DevOpsってどうなのよ?」 Presentation Transcript

    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 黒帯ディベロッパーたちに聞く   DevOpsって 伊藤直也 #natsumiA5 Sansan株式会社 Eight事業部 宍倉 功一 株式会社サーバーワークス 大石 良 本当のところどうなのよ?
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 自己紹介
    • 自己紹介   宍倉功一(ししくら こういち)     Sansan株式会社 Eight事業部    Eight開発統括 兼    Webアプリケーションエンジニア     Twitter:  @orangesupporter   Facebook:  koichi.shishikura
    • Meets 宍倉功一
    • NAOYA ITO
    • –  昭和48年7月20日 新潟市生まれ –  コンピューターの購入は11歳のとき、SHARP X1 –  中2の時に初めてプログラムが書籍に掲載 –  大学生の時にパソコン通信開始。本格的にシェアウェアを販売 –  総合商社でインターネットサービスプロバイダー事業に携わる –  2000年にECのASPを立ち上げるべく起業 –  2007年よりAWSの利用を開始 –  2009年よりAWS専業のインテグレーターとして活動 –  2012年 AWS Advanced Consulting Partner –  2013年3月 Developers Summit ベストバリュー賞受賞 おおいし 大石 株式会社サーバーワークス 代表取締役 クラウド の すけ 蔵人之助
    • 持ちネタ 切腹
    • もし今日のパネルディスカッションで 皆さんに何も得るものがなければ・・・ 切腹します
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 本日のお題 DevOps って 本当のところどうなのよ?
    • これからDDeevvOOppssをやろうとするときに BBiizzから、またはマネジメントから 聞かれるであろう問答を疑似体験する ことで、効果的に説明・説得できるよう なヒントを提供する! 「本日のねらい」
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer まずは聞いてみよう 宍倉さん、伊藤直也さんの DevOps成功例を教えて!
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 宍倉さんのDevOps •  Eightの開発は10名、運用は1名   •  最初からDevOpsを目指してやっていた訳では無く、 会社で最初のB2Cサービスだったので、運用レベル の向上が課題だった   •  そのために①AWSの利用②サーバー構築の自動 化③デプロイの簡略化(Capistrano)を進めていった ら、結果的にDevOps的なものになった   •  メトリクスを取得するためのツールは自作した  
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 宍倉さんが考えるDevOpsのメリット •  Eightでの実績   – 開発スピードと品質が向上した→(結果、20万 ユーザーのサービスに成長!)   – お互いのツールを理解することで、チーム間の相   互理解が進んだ   •  気をつけたこと   – 近くに座るとか、物理的なコミュニケーションも気 をつけた
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 伊藤直也さんのDevOps •  はてなでのDevOps   –  インフラ担当が3名でサーバー1,000台   –  手作業ではムリになって自動化を進めてきたのがPXE ブートによる構築自動化→劇的に構築がスピードアップ!   –  2006年くらいにpuppetを使い始めるなど、2009年の Velocity  Conferenceの前からやっていた  
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer DevOpsの定義って?
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 伊藤直也さんの考える定義 •  広い意味   –  OpsとDevの溝を無くしてチームのベクトルをそろえる     •  (最近の流れ)狭義   –  インフラをツールとコードで自動化していく方法論   •  「DevOps」が狭義の意味で使われ始めている背景   –  2007-­‐2008年頃はオンプレが中心だったので、自動化の恩恵が限定的だった   –  今はAWSなどのクラウドが当たり前で、多数のサーバーを構築するケースが劇的に増 えた。そのため、手作業で構築することが非現実的になり、ツールやプログラミングで インフラを構築するアプローチが注目されるようになてきた
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 現実
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 現実 •  「DevOpsやってますか?」という   岩切さんの質問に対して   本日挙手した人   0人
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 使われていないのには   理由があるはず!
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer なにが阻害要因? 「いいものだけど流行らない」原因は?     ① DevOpsはハードル高すぎない?   インフラエンジニアにRuby書けとかAWSのAPIを全 部理解させるとかムリゲー   ② そもそもお客さんの方に「開発と運用をシームレス に」なんていう意識がないのでは?   ③ DevOpsで開発と運用の距離が近くなると、一つのプ ロジェクトに開発者(運用担当)がへばりつくように なって、退職などのリスクが増すのでは?  
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 宍倉さんの反論 ①DevOpsはハードルが高いんじゃ?。インフラ エンジニアにコードを書かせるのはムリゲー   •  逆にこれが醍醐味。教育が必要   •  インフラエンジニアにコードを書いてもらう工夫は いくつかある→ex.ペアプロ   •  実績として1ヶ月くらいでOps側が(Chefの)recipeを 書けるようになっている  
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 伊藤直也さんの反論(1) ②そもそもお客さんの方に「開発と運用をシームレスに」なんていう 意識がないのでは?   •  確かに事情によって(エンタープライズ用途では)向かないケースもあり える   •  アジャイル界隈でも「なんでもアジャイルにすればよいというわけではな い」という議論に収束しつつあることと同様、「なんでもDevOpsにすればよ い」という話ではない(DevOpsの適用自体が目的ではない)   –  DevOpsの適用を積極的に検討すべきポイント   •  運用が継続するプロジェクトは絶対にやるべき   •  AWSなどコードで操作できるインフラを利用する場合は、そのメリットを引 き出すためにDevOpsを適用すべき  
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 伊藤直也さんの反論(2) ③DevOpsで開発と運用の距離が近くなると、一つのプロジェク トに開発者(運用担当)がへばりつくようになって、退職などのリ スクが増すのでは?   •  完全に誤解。考え方が逆   •  今までは運用が継続すると複雑化してしまったサー バーの状態なども、Chefのrecipeなどを使うことで誰 でも同じ状態を保てるようにできる   •  今までは運用担当者の頭にしか無かった暗黙知を DevOpsによってコード化し、属人性を排除することが できる  
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 斬り込みタイム
    • DDeevvOOppssがDDeevvとOOppssとBBiizzの コミュニケーションの話なら、 BBiizz側の話を聞かないとダメ じゃね?
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Biz側からツッコミ… (宍倉さんに質問)   •  サービスの企画・営業としては正直   DevとかOpsとかどうでもいい   んだけど、DevOpsをわざわざやる意味、   メリットってなんかあるの?
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Dev側から反論! •  サービスの企画・営業としては正直「DevとかOpsとかどうでも いい」んだけど?   –  DevOpsって、そういう垣根を無くして「みんなで同じ方向を向こうぜ」と いう話   –  DevOpsは早くアウトプットする方法論。早くリリースすれば早くフィード バックが得られてビジネス側もメリットが増えるはず   –  DevOpsでない時(DevとOpsが分かれていたころ)は経験としてスピー ドが遅かった。ビジネスのスピードを向上させるためにも、DevOpsは 現時点での最適解だと思う
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Biz側からツッコミ… (伊藤直也さんに質問)   •  そもそもDevとOpsが相互に協力できるような 組織になっていないんだけど?   •  DevOpsって、サービスの開発にしか使えなく ない?SIビジネスにDevOpsとか使えるの?  
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Dev側から反論! •  DevとOpsが相互に協力できるような組織になっていないんだ けど?   –  これはマネジメントの問題   –  DevとOpsが協力できるような組織にする努力を、マネジメントが行っ ていく必要がある   –  DevOpsの目指すところは、自動化によるビジネスのスピード向上。 DevOpsは、スピードの向上によって変化に対する適応力をつけようと いう(アジャイルやリーンスタートアップと同様な)流れの一部。部分的 に閉じた自動化を行っても影響は限定的なので、自動化によるス ピード向上を組織全体に適用していくべき  
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Dev側から反論! •  DevOpsって、サービスの開発にしか使えなくな い?SIビジネスにDevOpsとか使えるの?   –  これからは継続的な開発(頻繁なリリース)が前提の 案件が増えると考えられるので、適用できるケースは 増える   –  開発環境をDevOpsで構築していくような方法もある   –  「こういうケースではできない」という話では無く、カス タマイズして自分たちの組織に部分的に適用するこ ともできる  
    • じゃあどうするの?
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer SIビジネスの現場にDevOpsを導入するには? •  コンシューマーサービス(Eight)の開発に 従事している宍倉さんのアイディア   – DevOpsの神髄はチームのコミュニケーション   – 設計段階からOpsチームのメンバーにも参加して もらう   – 小さくはじめてみる。部分的な協力からはじめてみ よう!  
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer SIビジネスの現場にDevOpsを導入するには? •  コンシューマーサービスの開発でDevOpsをバリバリやってきて、アジャイル とかDevOpsとかの先端パラダイムをエンタープライズに持ち込もうと奮戦し ている、伊藤直也さんのアイディア   –  エピソード:   •  SIerのところにお客さんから「AWSを使いたい」「アジャイルでやってほしい」という話 がくる   •  ところが、そのままやっても満足されない   •  よく調べてみると、お客さんの期待はそういう表面的なことではなく、「本当に求めて いる期待にもっと高いレベルで応えて欲しい」ということだった   –  このエピソードから分かるように、DevOpsもそれ自体が目的なのでは 無く、変化に対して強く、たくさんの試行錯誤を繰り返せるような「柔ら かい」組織にしましょう、という手段の話   –  重要なことは「何をやりたいか」という目的を明確にすること
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer SIビジネスの現場にDevOpsを導入するには? •  Biz側代表としてモデレータからも1つアイディアを   •  Bizなヒトにとって一番大切なメトリクスは「お金」   •  AWSならお金の情報が全て取れるので、サーバーワークスではそれを Salesforceに突っ込んで見られるようにしている。これで、うまくいってい るのかいないのか、コストはどれだけかかっているのか、Dev,  Ops,  Biz が共通のメトリクスで会話できるようになる   •  定性的な情報や感情で議論するのでは無く「事実」で議論できる素地 が整う
    • AAWWSSの利用料金をSSaalleessffoorrcceeでレポート化
    • クラウド利用で メトリクス取得が容易に ↓ DDeevvとOOppssとBBiizzが 共通の数字で語り合える基礎 ができる
    • いかがでしたか?
    • 切腹しろ という方は お申し出下さい
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Let’s  Dev♡Ops 黒帯ディベロッパーのお話を参考に、   サービス開発だけでなくSIビジネスの現場でも DevOpsが適用できるように、そしてDevもOpsも Bizもハッピーな職場にできるよう   このムーブメントを一緒に拡げていきましょう! #natsumiA5
    • Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Speakers Speaker  and  moderator             Special  Thanks  to…   •  翔泳社取締役・デブサミプロデューサー 岩切晃子さん   •  デブサミ事務局 荒井千恵さん 伊藤 直也 @naoya_ito h]p://d.hatena.ne.jp/naoya/ 宍倉 功一 @orangesupporter 大石 良 @ooishi h]p://blog.serverworks.co.jp/ceo/