• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
20120827 AWS Storage Gatewayを極める
 

20120827 AWS Storage Gatewayを極める

on

  • 4,965 views

AWS Storage Gateway の機能を説明した資料です。

AWS Storage Gateway の機能を説明した資料です。

Statistics

Views

Total Views
4,965
Views on SlideShare
3,829
Embed Views
1,136

Actions

Likes
1
Downloads
47
Comments
0

5 Embeds 1,136

http://blog.serverworks.co.jp 1098
http://www.newsblur.com 18
http://www.serverworks.co.jp 17
http://webcache.googleusercontent.com 2
http://cache.yahoofs.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    20120827 AWS Storage Gatewayを極める 20120827 AWS Storage Gatewayを極める Presentation Transcript

    • AWS Storage Gateway を極める @hashiva
    • 自己紹介  @hashiva  株式会社サーバーワークス  営業部責任者  技術好き  イカ好き
    • 切腹不要のソリューションAWS Storage Gateway をご紹介します
    • Storage Gatewayの3つの特徴そのまま使える既存の技術安全なバックアップ先次につながるバックアップ
    • Storage Gateway 概要 iSCSIでマウント するだけ
    • AWSへ送り込む機能  差分・圧縮バックアップ  1-24時間までのバックアップ間隔  帯域制限 (Kbps単位) バックアップ
    • 強力で安全なバックアップの正体 EBSスナップショット は耐久性99.99(ry の Amazon S3に存在
    • 次につながるバックアップEBSスナップショット はS3直よりはるかに リカバリしやすい
    • 注意事項 1  VMwareが動作する環境   Storage GatewayはVMware上で稼働   VMware環境の用意が必要  VMware上でのStorage Gateway最低スペック   4vCPU , 7.5GBRAM   ディスクは利用容量の他にWorking Storageというデータ一時保管 用の領域も必要  Storage Gatewayがインターネット通信可能であること   Storage Gatewayがインターネットへ出ていける必要がある   帯域制御等の機能は有しているが必要に応じて専用回線を手配  1TBまでのボリュームが作れる   EBSの制限   複数つくることは可能
    • 注意事項 2  Working Storage の容量を忘れない   Storage Gatewayがスナップショットを作るス ピードとAWSへ送り込む回線スピードとの差分  HOST OS (VMware) にてNTPサーバーが適切 に設定されていること  EBSスナップショットのローテーションは自前で 作成する必要あり  プロキシサービスを利用している企業への導入は 注意
    • 利用用途 ぜひバックアップで!• テープバックアップの代替え• ファイルサーバーのバックアップ• iSCSIディスクなので用途たくさん• 大丈夫、ちゃんと動きます
    • まとめ今すぐ導入できます•  構築してしまえばバックアップ先を変更するだけ•  あとはStorage Gatewayが勝手にバックアップしますS3の耐久性を活かせます•  EBSスナップショットはS3に実体があるため、バックアッ プ先として世界最強です将来のクラウド化の手始めとして•  VPCやEC2との親和性が高く、将来につながります
    • 最後に  9/11(火) 19:00 ‒  豪華なスピーカー陣がお待ちしております
    • ありがとうございました