.NET Micro Framework の基礎

  • 2,839 views
Uploaded on

技術ひろば.net 勉強会 2012年12月(12月1日(土) 開催) …

技術ひろば.net 勉強会 2012年12月(12月1日(土) 開催)
セッション資料「.NET Micro Framework の基礎」

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
2,839
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5

Actions

Shares
Downloads
4
Comments
0
Likes
6

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. .NET Micro Framework の基礎瀬尾佳隆 (@seosoft)Microsoft MVP for Visual C# 技術ひろば.net 勉強会 2012年12月
  • 2. 自己紹介瀬尾 佳隆 (せお よしたか) MVP for Visual C# (Jan 2009 – Dec 2012) デバイス、ガジェットって楽しいですよね “組み込み” は実は趣味の範囲(ごめんなさい) 本業は業務アプリ開発 ブログ・・・http://yseosoft.wordpress.com/ Twitter ・・・@seosoft 劇団四季と AKB48 とディズニーリゾートが好き
  • 3. アジェンダ.NET Micro Framework とは?開発環境/デバイス/情報源.NET Micro Framework 開発の基本.NET Gadgeteer 開発の基本デモは超簡単! 組み込み経験者の皆さん、 ごめんなさい
  • 4. .NET Micro Framework とは?
  • 5. .NET Micro Framework の位置づけMS の組み込み技術の中で最小のファーム http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/kumikomidev
  • 6. .NET Micro Framework のメリットVisual Studio が使える インテリセンス デバッグ機能C# が使える 使い慣れた System 名前空間 Network, FileSystem などのサポートが充実移植が比較的簡単
  • 7. 開発環境/デバイス/情報源
  • 8. 開発環境の入手Visual Studio 2010 Express Edition でも OKSDK / Package FEZ シリーズ http://www.ghielectronics.com/support/dotnet-micro- framework Netduino http://netduino.com/downloads/
  • 9. デバイスの購入FEZ シリーズ http://tinyclr.jp/ .NET Gadgeteer / Panda / CobraNetduino http://netduino.com/Mountaineer http://tinyclr.jp/
  • 10. 参考書残念ながら、あまりありません orz インターフェイス (月刊誌) NET Micro Framework による デバイスソフトウェア開発 Beginners Guide to C# and .NET Micro Framework Getting Started with .NET Gadgeteer Getting Started with Netduino Getting Started with the Internet of Things
  • 11. リファレンスGHI Electronics Support Page GHI 提供のライブラリの API リファレンス Gadgeteer モジュールの API リファレンスAPI Reference for .NET Micro Framework
  • 12. その他の情報源.NET Micro Framework 開発者向け技術情報.NET Micro Framework 開発のためのヒントデバイスとITの架け橋 (太田さんブログ)おまけ :-P http://yseosoft.wordpress.com/pages/netmf/
  • 13. .NET Micro Framework 開発の基本
  • 14. 組み込みの基本的な考え方 入力値の InputPort 取得 OutputPort 繰り返し 値の変化 出力する に応じてコンピューターは基本的に全て同じですね
  • 15. FEZ Panda / Netduino のメリットいろいろなモジュールが手に入るArduino 用シールドも使える 電圧には注意(3.3V or 5V)ピン単位で入出力を決められる 電子工作ができれば自由に組み立てる手も
  • 16. .NET Gadgeteer のメリット開発生産性の高さ モジュールの機能に集中できるモジュールの機能 カメラ、タッチスクリーンを 自分で作るのはかなり大変
  • 17. NETMF の主な名前空間System ・・・ .NET 開発者ならおなじみSPOT ・・・Smart Personal Object Technology かつて高機能腕時計がありましたWs ・・・ Web ServicesDpws ・・・ Device Profile for Web Service
  • 18. 最初の開発 ~Netduino の場合~LED と スイッチを使って LED = 一番簡単な出力 → OutputPort スイッチ = 一番簡単な入力 → InputPort組み込みの基本的な考え方を見てみる
  • 19. .NET Gadgeteer 開発
  • 20. .NET Gadgeteer とは?Visual Studio のデザイナー画面を使う 組み込みの世界の Visual Basic 的発想直感的なオブジェクト指向 入出力モジュール配置=クラスのインスタンス化
  • 21. 入力モジュールからのデータ取得モジュール毎にどちらを使うか決まっている モジュールからイベント発行される ポーリングする
  • 22. 入力モジュールからのデータ取得ポーリングの場合は Sleep か Timer モジュールから イベントハンドライベント発行される 定義 ポーリングする Thread.Sleep Timer
  • 23. 接続するソケットの選択方法(1)自動接続するコネクターをドロップする
  • 24. 接続するソケットの選択方法(2)モジュールごとにコネクターのタイプが 決まっている
  • 25. .NET Gadgeteer のデモGadgeteer の開発手順入力モジュールからのデータ取得 3通り
  • 26. まとめ
  • 27. まとめ.NET Micro Framework なら組み込みも簡単 Gadgeteer ならもっと簡単 個人でもお小遣いの範囲で十分楽しめます「入力値に応じた出力」の繰り返しネットワークやクラウドがカギになるのでは? その辺は太田さんセッションで!