映像制作でスイッチャーを使う意味と意義Pp

409 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
409
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

映像制作でスイッチャーを使う意味と意義Pp

  1. 1. 映像制作でスイッチャ ーを使う意味と意義
  2. 2. 音と映像と通信のプロフェッショナル展「 Inter BEE 2013 」が、千葉市・幕張メッセにおいて 開催された。
  3. 3. 「 Inter BEE 2013 」のテーマと トレンド • 放送機器のコンパクト化とネットへの対応 • ネットに完全対応したプロダクションスイッチャ ーの普及 • 4 K 、8 K への高解像度化
  4. 4. ネット対応のプロダクションス イッチャーの普及 • コストをかけずにコンテンツを作成する事が可能 • コンテンツのローカライズ化、専門化して作成す る事を可能にした • 専門的な知識を少なく、コンテンツの充実をはか れる。
  5. 5. 自宅での模擬スタジオの模様
  6. 6. • スタジオに入らなくても簡単に編集作業をこなし たい。 • ポストプロダクションの作業時間を短縮したい。
  7. 7. ある個人の映像プロダクションではポストプロ ダクション作業に単価を細かく規定している。
  8. 8. • プロダクションスイッチャーを導入する事でプロ ダクション終了後に映像を録画し、ポストプロダ クションの作業を軽減する。
  9. 9. スイッチャーを有効に使うポイント 1 . 前提として技術的な項目は把 握されている事 2. 映像参加者を短い映像時間で コンテンツに参加できるよう にマネジメントする事 3. 映像内に納める映像要素をプ リプロダクションで準備可能 なものでありようにルール作 りをする事(デレクティング する事)
  10. 10. スイッチャーを有効に使うポイント 以上の3項目がデレクティングと マネジメントできれば、繰り返し 映像が作成できる環境が構築でき る。 又、それを目指します。

×