• Like
  • Save
私の失敗道(仮)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

私の失敗道(仮)

on

  • 1,426 views

修正版は後日上げます

修正版は後日上げます

Statistics

Views

Total Views
1,426
Views on SlideShare
1,426
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    私の失敗道(仮) 私の失敗道(仮) Presentation Transcript

    • 私の失敗道(仮)-ETロボコンへの参加を通して-
    • 自己紹介● HN:さいさ(scixer@Twitter)● 所属:INCT・化学系5年● 先行:化学工学(自称)● 卒研:有機化学● 組み込み系 メカトロとソフトの中間
    • 技術要素:ソフトウェア工学/ みんなでモノを作るには 主張:専門を捨てろ!!
    • 一年生● 入学● 化学系まっしぐら?→プログラミングに興味を持つ● PCは無く、ポケコンで無理矢理C
    • 先生↑
    • ポインタで挫折して 一年生終了
    • 二年生● 実は剣道部員。最弱の男 →頑張っても試合に出れない・・・ →幽霊化の兆候● 趣味がプログラミング→PC欲しくなる →ジャスコでバイトして購入(Dell)● その勢いでポインタを克服、C一通り終了● C++、オブジェクト指向の存在を知る
    • 三年生
    • 先生「ETロボコンけど参加するひと~」 学生「はーい」
    • 化学科を飛び出してETロボコン・参戦
    • ETロボコンとは● 組込みシステム開発分野および同教育分野におけ る若年層および初級エンジニアへの分析・設計モ デリングの教育機会を提供すること(公式HP)● モデル部門と総合部門で構成される →ロボットを走らせて終わりではない 設計・プレゼンまで加点要素● HWは全チーム共通→(ほぼ)SWの勝負● 各地区予選→全国大会(チャンピオンシップin横浜)● 基本的にチームプレイ
    • ウォーターフォールプロセス 実際の開発は一人でできるものではないETロボコンを小規模なプロジェクトとして実践練習
    • やってみた● 動かすだけならAPIで楽勝● 集まった寄せ集めメンバー、先輩後輩の壁 →コミュニケーション不全● 時間はたっぷりあった →実装先行のTrial&Error
    • こうなった各自が一人で細々と開発 設計なしの一発実装
    • 大会直前でマージ 動かない初めてのデスマ(?)
    • そして地区大会当日仕様に無い動きをして難所突破→全国出場 ここらへん
    • その後・・・● 全国大会に向けたステップアップ開発スタート● 方針:スクラップ&ビルド スクラップはできたが ビルドできなかった 全国大会でボッコボコに敗退
    • 四年生ETロボコン/2nd
    • ↓NEW
    • やってみた● 昨年のメンバー+後輩1人● 人数が多いので2チームでエントリー● 走行体の変更、開発言語の変更、APIの変更 →初めてのRTOS,オブジェクト指向,C++● 昨年の設計資産は一切なし →改めて上流工程優先の方針
    • こうなった 上流工程で計画倒れ 「なんでこんなにクラス少ないの?」「なんでこんなにファイル容量小さいの?」 デスマ一直線
    • そして大会当日 理想:難所(得点源)を避けて完走!現実:勝手にラインから外れていった・・・ ただ走ってただけなのに 結果:地区大会敗退
    • 五年生ETロボコン/the last
    • ↑WIDE
    • やってみた● メンバー:自分、後輩2人、新人2人 →先輩の大量離脱(卒業)● 昨年の反省:設計を実装に細かくフィードバック● 会長(自分)の進路、卒業研究 →新人教育できない● クラスの再利用性を最重視して設計 →しわ寄せは実装に
    • こうなった史上最大の一人デスマ 期間:7day 睡眠・食事:2h 設計・実装:22hその後、合宿で普通のデスマ
    • そして大会当日確実な基本走行を実現!(設計時の目標を達成)結果:14位/約30チーム
    • 五年間で学んだこと● 他人とモノを作るのは困難だが楽しい →学科を飛び出しても意外となんとかなる● 「学科・専門が違う」は勉強しない理由にならない● 知らないよりは知っていたほうが良い● 他人のフィールドで戦うのは不利。だが実践を通し てこそ学ぶこともある
    • はたして失敗なのか● ETロボコン:三年間負け続け● 学科を超えるメリットを実感 他分野の専門知識 人脈(他学科の先生、企業、先輩後輩) 自分の専攻の客観
    • はたして失敗なのか 参加したことは断じて失敗ではない!!
    • Again, you cant connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. スティーブ・ジョブズ (アップルコンピュータ創業者の一人 スタンフォード大学卒業式にて)
    • チャレンジするのはリスキーな事。しかしチャレンジしないで平凡を望む事は エンジニアとしての最大のリスクを 一生背負う事になりうる。 池末明生((株)ワールドラボ代表取締役、久留米高専OB 一関高専・先端科学特別講演会にて)
    • 高専生よ 大志を抱け!恐れずに学び続けろ! さいさ(一関高専生、高専カンファレンスin北東北にて)