• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
エンジニアtype編集長による実践WEBライティング〜取材編 先生:伊藤 健吾
 

エンジニアtype編集長による実践WEBライティング〜取材編 先生:伊藤 健吾

on

  • 654 views

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
schoo WEB-campusは「WEBに誕生した、学校の新しいカタチ」。
WEB生放送の授業を無料で配信しています。
▼こちらから授業に参加すると、先生への質問や、ユーザーとのチャット、資料の拡大表示等が可能です。
https://schoo.jp/class/297/room
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Statistics

Views

Total Views
654
Views on SlideShare
501
Embed Views
153

Actions

Likes
3
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 153

http://schoo.jp 153

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    エンジニアtype編集長による実践WEBライティング〜取材編 先生:伊藤 健吾 エンジニアtype編集長による実践WEBライティング〜取材編 先生:伊藤 健吾 Presentation Transcript

    • 実践WEBライティング 〜取材編~ ㈱キャリアデザインセンター 『エンジニアtype』編集長 伊藤健吾 Copyright 1999-2013 CAREER DESIGN CENTER CO.,LTD. All Rights Reserved.
    • ■自己紹介 1 まずは、自己紹介を。 名前:伊藤健吾 山形県出身、成城大学卒。 今は雑誌やWebメディアの 編集長をやっております。 剣道三段。サッカーマニア。 [Twitter]@itoken0226 [Facebook] facebook.com/kengo.ito
    • ■自己紹介 編集者歴、12年です。 ■大学在学中にサッカージャーナリストを目指すも挫折。 ■成城大学を卒業後、約半年のフリーター期間を経て、 2001年7月キャリアデザインセンターにアルバイト入社。 ■2003年に正社員。雑誌『type』『ウーマンtype』などを編集。 ■2005年、雑誌『エンジニアtype』に異動。翌年、副編集長に。 ■2007年、『就活type』創刊(副編集長)。 ■2008年、雑誌『エンジニアtype』編集長に。 ■2011年、Webマガジン『エンジニアtype』編集長に。 2
    • ■自己紹介 3 本日は何卒 よろしくお願いいたします。
    • ■自己紹介 4 『エンジニアtype』のご説明。 《旬の技術屋インタビュー・サイト》 【発行】 株式会社キャリアデザインセンター 【創刊】 2011年4月1日 【読者層】IT/Web/ハードエンジニア 起業家、ITビジネス従事者 など 【PV】 月間で約50万 【更新】 毎週Week Day更新
    • ■自己紹介 5 俗に言う、オウンドメディアです。 会社のメイン事業である転職サービスとのシナジー創造 @type=転職支援 Etype=仕事・キャリア支援 転職しない(転職活動をしていない)ユーザーの方々とも 中長期的な接点を創るのをミッションに、独立して運営しております。
    • ■エンジニアtypeの編集方針 6 こんなコンセプトでやってます。 【1】 「ヒト」の経験知・経験則にフォーカス ニュース系Techサイトとの差別化/ヒトは元来、人に興味がある 【2】 「ニュースの裏側」を深掘りする 今読む必然性の追求/ヒトは、5しか知らないことを10知りたくなる 【3】 業界のオープンイノベーションを応援 対談etc.の企画性を重視/ヒトは「驚き」「意外なもの」を共有したくなる
    • ■記事作りのステップ 7 以下の3ステップで記事作成。 ライゾマティクス真鍋大度さんのお言葉を拝借してます… 【1】 Think 【2】 Make 【3】 Share 《企画立案/切り口検討》 《取材/構成》 《公開/普及》 どんな情報を? 誰に? いつ? どういう風に? 何をテーマに? どのくらいの頻度で? 誰に向けて? どう伝える? どう拡散する?
    • ■今日の授業 8 今日は2つのポイントを公開。 のちほど、今日の取材趣旨もご説明します 【1】 Think 【2】 Make 《企画立案/切り口検討》 《取材/構成》 どんな情報を? 誰に? どういう風に? 何をテーマに? 誰に向けて? どう伝える?
    • ■本日の取材のお相手 9 MOVIDA JAPAN伊藤健吾さん。 シードアクセラレーターとしてご活躍中の“イトケン”さんです そもそも、シードアクセラレーターとは?
    • MOVIDA JAPAN Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • MISSION We incubate 1000 big-impact ventures. We create 100K jobs. We entertain 1B people. We connect Asia. We link the East and the West. ... and we help change the world. Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • VISION ベンチャー 生態系 統合されたマーケット 2030年までにシリコンバレーの ようなベンチャー生態系を 東アジアに作り、世界一になる Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • ベンチャーエコシステム Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • 17,000社 - 12,000社 5,000社 Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • 高き山の頂を目指せ! Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • Programs Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • シードアクセラレーションプログラム スタートアップを戦略的かつシステマティックに育成する仕組み Application Selection Mentoring Funding Schooling Exit Demo Day IPO Advise Reorganizing or Sell Out Hot Stove League 7weeks 1week Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved. 12weeks 4weeks 2-5years
    • 投資機能 育成機能 32社 投資社数  前回Demo Day以降15社増 ※4期プログラム参加11社含む Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • MOVIDA SCHOOL 先輩起業家/専門家による 体験談やノウハウ Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • Workshop UI/UX Lean Startup KPI Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • Pitch Trainning プレゼンのスキルアップ Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • Demo Day 投資家向けのピッチイベント Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • シェアオフィスを 渋谷に開設! Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • バンドを組むように スタートアップしようぜ。 If you start me up, I’ll never stop. Copyright MOVIDA JAPAN Inc. All rights reserved.
    • ■本日の取材テーマ イトケンさんに伺いたいこと。 「生き残るスタートアップの プロダクト戦略」とは? 10
    • ■本日の取材テーマ 《Think》なぜ今、このテーマ? 【1】 アプリバブル、ソシャゲバブルは終焉? 【2】 ピボットするスタートアップが急増中? 【3】 「1強」がシェアを占める分野が増加? 11
    • ■本日の取材テーマ 12 イトケンさんに感謝。 そして、ご清聴 ありがとうございました インタビュー記事はエンジニアtypeで掲載