Your SlideShare is downloading. ×
福島に学ぶ、地方スタートアップの現状とこれから -ふくしま復興塾【4回目:食(前編)】
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

福島に学ぶ、地方スタートアップの現状とこれから -ふくしま復興塾【4回目:食(前編)】

226
views

Published on

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー …

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
schoo WEB-campusは「WEBに誕生した、学校の新しいカタチ」。
WEB生放送の授業を無料で配信しています。
▼こちらから授業に参加すると、先生への質問や、ユーザーとのチャット、資料の拡大表示等が可能です。
https://schoo.jp/class/000/room
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Published in: Business

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
226
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 夜明け市場/TATAKIAGE  Japanプロジェクト紹介 ~福島に学ぶ、地方スタートアップの現状とこれから~
  • 2. いわき駅 小名浜 いわき市とプロジェクトの場所 ■いわき市   ・人口33万人。   ・震災後、避難者で3万人増   ・復興の拠点の町   ・スパリゾートハワイアンズは有名?   第一原発
  • 3. 自己紹介:松本  丈 松本 丈(マツモトタケシ)     ■1982/12/1生まれ     ■いわき市四倉町出身   四倉 いわき駅 小名浜 ■高校生のときの夢   いわき駅前が寂れていて   ツマラナイので面白くしたい!   ■現在   ㈱夜明け市場 取締役/事務局長   NPO法人TATAKIAGE  Japan理事長  
  • 4. 震災前の活動と、震災直後の炊き出し 4 47都道府県の活性化を目的に設立。 まずは、食を通した地域活性をしよう! と立ち上げた最初の事業「47DINING」で、居酒屋とケータリング カーを使って東京で福島の食文化のPRすることを計画しました。 株式会社47PLANNING  (2009年6月~) ⇒2011年4月オープンのはずが・・・震災で中断
  • 5. 震災直後の炊き出し 5 全国から届いた食材たち ケータリングカーで現地入り 被災者の方と共に準備 炊き出しをして思ったのは ボランティアでは続かない、 単発のイベントではなく、 継続的な仕組みを つくる必要があるということ
  • 6. 夜明け市場プロジェクト 6 被災してしまった飲食店を集めて 事業再開の場所を提供し、飲食街をつくろう。 ・もとの場所で再開するリスク  ⇒  駅前の一等地を提供しよう ・集積力を活かしたブランディングをしよう ・風評被害に苦しむ農産物の消費地になろう ・福島から元気を発信する復興の拠点になろう ・もとの街に戻すのではなく、新しい街づくりをしよう
  • 7. ようやく見つかった候補地はシャッター街の「白銀小路」 「踊る大捜査線」のロケ地になったレトロなスナック街 全長40メートルの細い路地 7 40年近く営業を続けるお店もある さびれてしまい暗い雰囲気の通り 多くの候補地を検討し、最後に辿り着いたのは 築45年の寂れたスナック街でした。
  • 8. 夜明け市場になるまで・・ 8 まずは場所の整備からスタート ボランティアの学生と壁のペンキ塗り 大量のゴミ捨て 明かりをともす提灯を設置
  • 9. 2011年11月から2周年を迎えて 「3.11」より約7ヵ月後の2011年11月、さびれたシャッタースナック街をリノベーション し夜明け市場はオープン。最初は2店舗からスタートし、現在11店舗に拡大。被災者だ けでなく、UIターンなど多様な出店者が集まりコミュニティを形成しています。 9 2011.11.4 2店舗からスタート
  • 10. 人が集まる仕掛けづくり 10 夏の屋外ビアガーデン (2013年は、7/5~8/18の毎週金・土・日)
  • 11. 人が集まる仕掛けづくり 11 共用スペースで催し物を企画 じゃんがら念仏踊り(伝統芸能) ライブパフォーマンス 地元アーティストによるライブペインティング
  • 12. 一緒に夜明け市場を支えている店長 12 和風居酒屋ダイニングKINKA 押田昇治郎(31)・将利(30) いわき市出身 2012年5月、東京からUターン 実家の魚屋は津波で全壊 復興に取り組む同級生の姿に後押しされ、 兄弟でUターンすることにした 焼鳥居酒屋 旬”平 草野淳一(37) いわき市出身 2012年12月、東京からUターン 東京で焼鳥屋を経営していたが、 元気がなくなってしまった故郷を もう一度活気のある街にしたいと お店ごといわきへ移転した フルーツビールの店gohoubi 山越 礼士(39) 長野県出身 2012年1月神奈川からIターン 被災地でのボランティアがきっ かけで東北で何かしたいと思う ようになり、知人の紹介で夜明 け市場にたどり着いた 盛岡じゃじゃ麺さんさ 石川 公一郎(45) 東京都出身 2012年1月より 盛岡・東京・いわき三地域居住 じゃじゃ麺を広めて一緒に東北を 盛り上げていくため、 夜明け市場に出店を決意 Uターン Iターン 被災して店舗をなくした人だけでなく   いわきを盛り上げようという志のある人が   全国から集結する場に
  • 13. TATAKIAGE  Japan始動 13 場所を必要としているのは、 飲食店の店主だけではない!   ・今こそ地元に戻り復興に貢献したい人   ・社会問題の解決のために起業したい人   ・県外からのボランティア、NPO関係者 自分達が起業の過程で得たノウハウや人脈を共有し、 地域のキーパーソンと連携して U・Iターンしたい人の受け皿をつくることで 一人でも多くの現地で活躍する人材を生み出したい! そして夜明け市場の場所を超えた街づくりをしたい! 新たにNPO法人を設立し起業家支援をスタート 夜明け市場2階にオープンしたコワーキングスペース
  • 14. 事業モデル 14 TATAKIAGE Japanは、起業家育成プラットフォームとして機能し、県内外から 必要なスキル・資金・情報・ネットワークを集め、起業家をサポートします。 起業家育成プラットフォーム TATAKIAGE Japan
 TATAKIAGEフェロー •  経営者 •  先輩起業家 •  投資家 •  有識者 支援依頼 スキル提 供/資金支 援 起業家が集まる場(Co-working) 起業スキルの 向上 資金面の バックアップ 47PLANNING 夜明け市場 KOMEバーガー @シアトル 関連事業として コラボレーション 外部支援者 •  いわき市 •  いわきリエゾンオフィ ス企業組合 •  (社)MAKOTO •  グロービス経営大学 •  アクセンチュア 各種支援・協力 •  福島テレビ •  福島民報 •  福島民友 •  じゃらん •  その他各種メディア 外部発信支援・協力 スキル提 供/資金支 援/ 各種協力 支援依頼/ 開拓 起業家の卵 ※切磋琢磨してお互い成長する 事業化に向けた全面サポート
  • 15. 事例1:建築家・畑克敏さん、株式会社コスモスモアとのコラボレーション 15 コワーキングスペースの実現に向け、若手建築家へ設計協力を打診。 また(株)コスモスモアにはオフィス内装の本業スキルを活かし、コストマネジ メント、コンストラクションマネジメントなどを担当していただいた 独立したばかりの   若手建築家・畑克敏さんに   とってはこれがデビュー作 株式会社コスモスモア   高田祐一さん 壁左官ワークショップ ボランティアの方々
  • 16. コワーキングスペース 16 夜明け市場2階を改装し、2013年7月利用開始   フリー席スペース 固定席スペース ミーティングスペース
  • 17. 事例3:Google株式会社  イノベーション東北 17 インターネットの力で復興をサポート イノベーション東北では、インターネットを通じて企業や個人が力を結集し、 東北のビジネスやコミュニティの復興を加速させることを目指します。   TATAKIAGE Japanの松本鈴木も、現地側のコーディネーターとして参加して おります。
  • 18. 2013年度グッドデザイン賞 受賞 18 夜明け市場からTATAKIAGE  Japanまでの一連の起業家支援の取組みが、「街 の活性化はそこに働く人たちの活気をつくる事が何より重要」(審査委員コメン ト)と、高い評価をいただき、2013年のグッドデザイン賞受賞に至 りました。 <2013年年度度グッドデザイン賞  受賞> ■受賞対象名:  復復興飲⾷食店街夜明け市場   起業家⽀支援プロジェクト ■事業主体名:  株式会社夜明け市場 ■分類:  街づくり、都市づくり ■受賞企業:  株式会社夜明け市場/NPO法 ⼈人TATAKIAGE  Japan ■プロデューサー:  株式会社夜明け市場   代表取締役  鈴鈴⽊木  賢治/取締役  松本  丈 NPO法⼈人TATAKIAGE  Japan  共同理理事⻑⾧長   鈴鈴⽊木  賢治/松本  丈
  • 19. 食文化の発信拠点としての夜明け市場 19 夜明け市場を活用し、さらにいわき市内外の団体と連携することで、生産者 や消費者・料理人といった異なる立場の方を横断的に繋ぎ、魅力ある新たな 商品や人の繋がりをつくる、ふくしまの食文化の発信拠点をつくります。 食文化のプラットフォーム としての夜明け市場
 •  いわき農業青年クラブ •  いわきリエゾンオフィス 企業組合 •  スカイストア 消費者と の顔も見 える関係・ 直接販売 団体として 協力、ツ アー受入 農業体験ツアー 新商品開発 夕焼け マルシェ 支援団体 いわき市内 県外 スキル提 供/資金支 援/ プロジェクト 組成 支援依頼 連携 魅力ある6次化商品、 生産者・消費者・料理人の顔の見える関係 風評被害対策を越えた ふくしまの食文化の発信拠点へ 農業関連団体
  • 20. 20   進行中の事例:Hyaccoi、夕焼けマルシェ、農家バー 100%いわき産野菜スムージー 「Hyaccoi」 生産者と消費者と料理人を繋ぐ 「夕焼けマルシェ」「農家バー」
  • 21. 21   この一連の事業を通して実現したいことは、 福島の食を 応援しよう⇒食べたい! に変えること。 そして福島を 若者が出て行ってしまう場所 ⇒チャンスに溢れるUIターンの聖地 に変えること。
  • 22. おわりに 22 ご静聴ありがとうございました。 【僕にとっての福島とは?】     ■日本や世界を変革する中心の場所   ■若い世代にもチャンスがある場所   ■本気になれることがある場所   【福島復興塾で得たこと】     ■福島で、福島から、何かをしようとする同世代との出会い   ■第一線で活躍するメンター陣との出会い   ■事業の今後を考えるヒント