Your SlideShare is downloading. ×
S27
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

S27

1,480
views

Published on

Web 2.0 Expo Tokyo http://www.cmptech.jp/web2expo/

Web 2.0 Expo Tokyo http://www.cmptech.jp/web2expo/

Published in: Technology

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,480
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 企業システムにおけるWeb2.0の可能性を探る ~エンタープライズとソーシャルコンピューティングの出会い~ BEA AquaLogic “PEP” 2007年11月16日 日本BEAシステムズ株式会社 BIDフィールドオペレーション本部 本部長 松本理哉 BEA Confidential | 1 目次 システムズ BEAシステムズ 私たちとは誰か? Web 2.0とエンタープライズ PEP まとめ BEA Confidential | 2 1
  • 2. なぜBEAなのか? なのか? なぜ なのか BEA Confidential | 3 企業システムを支える包括的なアーキテクチャ External Services Internal Services Acquire Design Portfolio Quote to Customer Auction Call Center Commerce Customer Services Devel. Collect Support Service Infrastructure BEA AquaLogic™ Product Family Custom Applications Packaged Applications BEA IBM MSFT SAP CA MANU ORCL ORCL Application Infrastructure BEA WebLogic® Real- Tuxedo® .NET Edge SIP CICS Time Product Family HPUX AIX Solaris Windows Linux Mainframes BEA Confidential | 4 2
  • 3. 業界標準をサポートした最新のミドルウェア BEA Confidential | 5 アプリケーションサーバ BEA Confidential | 6 3
  • 4. 基盤 SOA基盤 BEA Confidential | 7 トランザクション処理 トランザクション処理 BEA Confidential | 8 4
  • 5. BEA Confidential | 9 なぜそうなるか? 私たちには私たちのためのソリューションが 必要だからです。 BEA Confidential | 10 5
  • 6. 目次 BEAシステムズ 私たちとは誰か? たちとは誰 Web 2.0とエンタープライズ PEP まとめ BEA Confidential | 11 私たち 最新のITツールで武装したナレッジワーカー BEA Confidential | 12 6
  • 7. 私たち、現代のナレッジワーカー 複雑な 複雑な 仕事の 仕事のスタイル 作業プロセス 作業プロセス 目的指向、コラボ ラティブ、コンテン つぎはぎだらけの ツリッチ データを渡り歩く ダイナミックで ダイナミックで緊 情報過多 急性の 急性の高い業務 「何か」「誰か」を 硬直化した企業ツ 探し続ける ールによるサポート BEA Confidential | 13 特定の目的を持ったタスクと、一貫性の無い複数のツール RFPへの対応 への対応 への •ワープロソフト 顧客の 顧客の状況確認 •表計算ソフト •CRMアプリケーション •BIツール •電子メール 方針決定 情報収集 情報共有 更なる調査 なる調査 承認依頼 キックオフ 作成 •電子メール •Webカンファレンス •ポートフォリオ管理 コミュニケーション •プロジェクト管理 必要な資源の 必要な資源の調整 •カレンダソフト BEA Confidential | 14 7
  • 8. 私たちの真実 最新のITツールで武装したナレッジワーカー? BEA Confidential | 15 私たち、ナレッジワーカーとビジネスのスピード 現在のグローバルマーケットでは ビジネスのスピードこそが重要 企業は高効率、成長性、革新に 対する責任を負っている ナレッジワーカーの生産性の向上 は努力目標にとどまっている BEA Confidential | 16 8
  • 9. 新たなソリューションは… 私たち自身によってもたらされます。 BEA Confidential | 17 目次 BEAシステムズ 私たちとは誰か? Web 2.0とエンタープライズ と PEP まとめ BEA Confidential | 18 9
  • 10. Web 2.0への取り組みと導入状況 80% サービス Webサービス 6% 48% 集合知 26% 47% 質問 ピアツーピアのネットワーク ピアツーピアの 28% あなたの会社はこれらの 37% ソーシャルネットワーク Web 2.0技術に取り組ん 39% でいますか? 35% RSS 42% 35% ポッドキャスト 40% 33% ウィキ 39% 32% ブログ 43% 21% マッシュアップ 54% 導入の予定無し 使用中または検討中 Source: 2007 McKinsey survey on Internet technologies BEA Confidential | 19 Web 2.0=最新技術への取り組みと導入状況 私たちとティーンエージャー BEA Confidential | 20 10
  • 11. ソーシャルインターネット:Web 2.0 インターネットは初めから オープン、型にはまらない、高度な発展性 全てが唯一無二なコンテンツ ひとつの巨大なコンテンツリポジトリ Web 2.0 人はコンテンツに関連し、コンテンツは人に 関連する 新たに発現した参加型のWebは、タグ付け、 検索、ランク付け、ディスカッション、リミック スを通してそれ自体を有機的に系統立てる 企業にとっての学習教材 BEA Confidential | 21 レッスン1:Digg~私たちの参加が既成概念を変える 一握りの編集者が選んだトップニュース 一定時間での更新(毎時、毎日、等) 編集者数の限界がサービスの限界 私たちの多くによって選ばれたト ップニュース 更新され続ける 私たちの参加によってサービは より良くなり続ける BEA Confidential | 22 11
  • 12. Digg(集合知)が仕事に使えたなら… 多くの調査員(私たち)によって選ばれた 最高のリサーチツール さまざまなビジネスグループに よって作り出されたコンテンツ さまざまなビジネスの専門家 である、すべての私たちが Diggしたコンテンツが最も価 値がある 専門家の知識が私たち全社 員で活用できる BEA Confidential | 23 レッスン2:del.icio.us~必然的に生まれた関係性が最も強力 リチャード 田中さん 田中さん 小川さん 小川さん ジェシカ コミュニティグループ BEA Confidential | 24 12
  • 13. del.icio.us(ソーシャルネットワーク)が仕事に使えたなら… 専門家やグループの視点での 企業情報ネットワーク 他のユーザの視点で集約され た情報を発見 組織上の部署や任意のグル ープによって集められたコンテ ンツ 特定の専門家の視点を再現 企業内の全社員の知識を最 大限に活用 BEA Confidential | 25 レッスン3:Redfin~小さなパーツから生まれる総合的な価値 MLSデータの 活用 資産税とその 履歴情報 所在地に応じ たサービス 直感的な検索 WebサービスAPI によって提供され たサービス 開発者によるマッ シュアップ データ駆動型 BEA Confidential | 26 13
  • 14. Redfin(マッシュアップ)が仕事に使えたなら… 私のお客様のすべては私が知っている 複数の異なるシステムに隔離さ れた顧客情報 特定顧客の様々な情報をひと つのシンプルなページとしてマ ッシュアップ 購入した商品 問い合わせ履歴 アカウントチーム 顧客を全方位的に360°から見 渡せる新たなアプリケーション BEA Confidential | 27 レッスン4:ウィキペディア~「私たち」は「私」よりもすごい 100,000人以上 のアクティブな寄 稿者 古典的なオンラ イン百科辞典の 10倍以上の記事 私たちが認めた 品質と正確さ BEA Confidential | 28 14
  • 15. ウィキペディア(ウィキ)が仕事に使えたなら… 競合情報分析&調査…2.0 競合に関するすべての情報をコラ ボラティブに追跡 RSS:ニュース記事、プレスリリース、 業種アセスメント 状況に応じたコメント、フィード、タグ、 データ オープンでコラボラティブな編集 ここだけの話し:電子メールの送信 や直接の書き込みによってページ を簡単に更新 BEA Confidential | 29 目次 BEAシステムズ 私たちとは誰か? Web 2.0とエンタープライズ PEP まとめ BEA Confidential | 30 15
  • 16. BEAのソーシャルコンピューティングへの回答: 「ユーザ参加型」をITの統制の元に実現 AquaLogic AquaLogic AquaLogic Pages Ensemble Pathways エンドユーザがマッシュ 開発者主導のマッシュア ユーザ主導のソーシャ アップするWebアプリケ ップとWebアプリケーショ ル検索と専門知識の ーション ンの管理 発見 ブログ、ウィキ、RSS 再利用可能なウィジェット コンテンツとユーザへ のタグ付け Webサービス SSOと利用傾向分析 ブックマーク 役割ベースのセキュリ 境界セキュリティと認証 ソーシャルネットワーク ティ 役割ベースのセキュリ ティ BEA Confidential | 31 Pages 全ての「私たち」のためのWebアプリケーション構築ツール それは… Word文書を編集する感覚でWebアプリケーションを構築 ページの作成 ページへの書き込み 共有 BEA Confidential | 32 16
  • 17. Pages 全ての「私たち」のためのWebアプリケーション構築ツール それは… 様々な場所にあるデータのWebアプリケーションへの取り込み eb W ージ ペ RSS Webサービス 企業内の データ BEA Confidential | 33 Pages 全ての「私たち」のためのWebアプリケーション構築ツール どんなことが出来るのか? 簡単に再利用可能な統合されたブログ 様々な、変化するアプリケーションの構築 営業向け顧客動向管理 競合の追跡調査 プロジェクトチームのウィキ 動的でいつでも編集可能なポータルコミュニテイの作成 簡単なポートレットの開発 BEA Confidential | 34 17
  • 18. Ensemble マッシュアップ、ページレット、Webアプリ管理の簡素化 それは… ポイント&クリックによるマッシュアップ <code> <xml> ウィジェット </code> サービス BEA Confidential | 35 Ensemble マッシュアップ、ページレット、Webアプリ管理の簡素化 それは… 全てのWebアプリケーションに対する認証、プロビジョニング、分析 新たなサービス 様々な アプリケーション BEA Confidential | 36 18
  • 19. Ensemble マッシュアップ、ページレット、Webアプリ管理の簡素化 どんなことが出来るのか? 古いアプリケーションを蘇らせる 価値あるポートレットや新たなウィジェットを複数のアプリケーションで共有、再 利用 外部ユーザにアプリケーションを容易に提供 Webアプリケーションに簡単にセキュリティを追加 Webアプリケーションに簡単に利用傾向分析を追加 何度も行なうログインの不便さを解消(SaaSにも適用可能) BEA Confidential | 37 Pathways ソーシャル*{ディスカバリ、ネットワーキング、タギング、分析} それは… ソーシャルブックマークとソーシャルタギング 製品 その他全般 一覧 ドラフト 自分用 重要 競合 プロジェクト コラボレーション 共有 会議用 BEA Confidential | 38 19
  • 20. Pathways ソーシャル*{ディスカバリ、ネットワーキング、タギング、分析} それは… ソーシャルネットワークと専門家ネットワーク 何かと便利 かと便利 交渉上手 マーケティング プレゼンの プレゼンの エキスパート BEA Confidential | 39 Pathways ソーシャル*{ディスカバリ、ネットワーキング、タギング、分析} どんなことが出来るのか? 各業務分野のエキスパートを発見できるシステム より「的確」な検索機能 実際に利用されている、本当に価値あるコンテンツの発見 パーソナル/ソーシャルブックマークアプリケーション タグ付けによるフォークソノミーでのコンテンツの分類 BEA Confidential | 40 20
  • 21. 目次 BEAシステムズ 私たちとは誰か? Web 2.0とエンタープライズ PEP まとめ BEA Confidential | 41 一般のインターネットユーザに必要なこと、必要でないこと 必要なことは? 楽しいこと Web 2.0がもたらした楽しさ 共通の目的をもったコミュニティ 自分自身を発信 情報交換、共有 人と人とのつながり 新しい可能性の発見 必要でないことは? 楽しくないこと BEA Confidential | 42 21
  • 22. 企業ユーザに必要なこと、必要でないこと 必要なことは? 組織、プロジェクトチーム 専門性 さまざまな企業資産 コラボレーション 新たなビジネスチャンスの発見 必要でないことは? 「楽しさ」は必要ない? 仕事は厳しいもの? BEA Confidential | 43 企業ユーザに必要なこと:再考 必要なことは? Web 2.0がもたらしたもの 組織、プロジェクトチーム 共通の目的をもったコミュニティ 専門性 自分自身を発信 さまざまな企業資産 情報交換、共有 コラボレーション 人と人とのつながり 新たなビジネスチャンスの発見 新しい可能性の発見 エンタープライズはWeb 2.0を求めている BEA Confidential | 44 22
  • 23. ガバナンス?拡張性? 信頼性?セキュリティ?… 私たちはBEAです。 BEA Confidential | 45 http://en.terpri.se/ エンタープライズとWeb 2.0の出会い。恋の始まり。 http://www.beasys.co.jp/pep/ BEA Confidential | 46 23
  • 24. (付録) PEP? BEA Confidential | 47 AquaLogic Pages:作り出せ! 日常業務の生産性を劇的に向上させるために、日々変化する Webアプリケーションをエンドユーザ自身が作成、変更することを 可能にする、簡単かつ強力なアプリケーション AquaLogic Pages 変化し続けるコラボラティブなWebアプリケ ーションを誰もが作成可能 誰もが ウィキ、ブログ、企業データ、RSS、外部 Webサービスのマッシュアップ 拡張可能なデータとウィジェット 簡単に使えるコーディング無しのインタフェ ース デスクトップツールのような高機能なユー ザエクスペリエンス エンタープライズクラスの拡張性と安全性 を前提に、ビジネスニーズの隙間を補完 BEA Confidential | 48 24
  • 25. AquaLogic Pagesの価値 ブログやウィキのようなコラボラティブなソーシャルコンピューテ ビジネスの ィングツールであり、様々な個別のビジネスに対応するアプリ 効率の向上 ケーションを私たち自身が柔軟に作成、編集することが可能 様々なデータとコンテンツの統合が可能なアプリケーション構 築用ワークスペースによって、ITのオーバヘッド無しにユーザ ビジネスの 自身が日々変化するビジネスの要求に即したアプリケーション スピードの向上 を構築することが可能 ユーザが作成したコンテンツ、データ、アプリケーションがビジ ユーザへのセキュ ネスのコンプライアンスに準拠することを、既存の企業システム アな権限委譲 に対する高度なセキュリティとインテグレーションによって実現 BEA Confidential | 49 AquaLogic Pages:私たちのマッシュアップアプリケーション BEA Confidential | 50 25
  • 26. AquaLogic Pathways:見つけ出せ! 利用傾向に基づいたソーシャルブックマークとソーシャルタギング を組み合わせることによって、ソーシャル検索と専門知識の発見 を可能にし、ソーシャルネットワークにおいて様々な情報や専門 AquaLogic 知識の体系化、発見、共有を可能にするシステム Pathways 企業内の任意のリポジトリにある任意のフォー マットのコンテンツやインターネット上のコンテン ツの発見 ユーザ独自の視点による人やコンテンツへのタ グ付けと、システムによる自動タグ付け タグクラウドの生成による「発見」 アクティビティランク 利用状況に応じたランク付け 企業内ソーシャルネットワーク 人とコンテンツを含めることによって古典的な検 索を拡張 タグとアクティビティを活用 洗練された管理機能とセキュリティモデル BEA Confidential | 51 AquaLogic Pathwayの価値 ユーザの行動を把握することと、価値のある情報を迅速に提供 ビジネスの するためにユーザと情報の意味のある関連付けを作り上げるこ 効率の向上 とによって、より正確なエンタープライズ検索を実現 各ユーザが自身の観点で重要な情報のビューを作成し、それを 私たちの ソーシャルネットワーク内で共有することによって、コミュニティ内 知恵の集約 の全てのナレッジを余すこところ無く集約し活用することが可能 利用パターンに基づいてシステムが動的に作成する暗黙的な専 門家のネットワークとユーザが作成した専門家のネットワークを 専門知識の 拡大させることによって、特定の目的に対して最も価値のある特 発見性の向上 定分野の専門知識を容易に発見することが可能 BEA Confidential | 52 26
  • 27. AquaLogic Pathway:企業で働く私たちのための情報発見 BEA Confidential | 53 AquaLogic Ensemble:組み立てろ! 開発者がアプリケーションのマッシュアップのために再利用可能 なウィジェットを作成し、IT部門が様々なタイプのWeb資源を簡 AquaLogic 単に管理できるアプリケーション基盤 Ensemble プラットフォームに依存することなく再利 用可能なウィジェットを任意のWebアプ リケーションから作成 ウィジェットを既存のWebアプリケーショ ンや新しいアプリケーションにマッシュア ップ 簡単でコーディング不要なセキュリティと プロビジョニングによるWeb資源の管理 任意のWebアプリケーションの利用傾向 の測定 既存のセキュリティ基盤、実行環境との 統合 BEA Confidential | 54 27
  • 28. AquaLogic Ensembleの価値 開発スピード 開発者はプラットフォームの制約に縛られずにWebコンポーネ の向上 ントの共有、再利用、マッシュアップが可能 企業内の全てのWebアプリケーションに対して、境界セキュリ 瞬く間に適用 ティ、役割に基づくプロビジョニング、利用傾向分析をコーディ 可能な実用的 ング無しで迅速にレイヤリングすることによって野放しのアプリ なガバナンス ケーションを管理する 既存の開発資産、ポータル環境、セキュリティ基盤と共に動作 ROIの向上 することによって、既存のアプリケーション環境を補完する BEA Confidential | 55 AquaLogic Ensemble:Webアプリケーションのマッシュアップ BEA Confidential | 56 28
  • 29. (最終ページ) BEA Confidential | 57 29

×