S24
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

S24

on

  • 1,585 views

Web 2.0 Expo Tokyo http://www.cmptech.jp/web2expo/

Web 2.0 Expo Tokyo http://www.cmptech.jp/web2expo/

Statistics

Views

Total Views
1,585
Views on SlideShare
1,585
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
8
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

S24 S24 Presentation Transcript

  • 1 立両の度速答応、力集収 立両の度速答応、力集収 立両の度速答応、力集収 立両の度速答応、力集収 報情、力現表なチッリりよ 報情、力現表なチッリりよ 報情、力現表なチッリりよ •より 、 を容内携連 装実、計設を容内携連 • Mashups (REST APIs) に由自でーザーユドンエ に由自でーザーユドンエ に由自でーザーユドンエ に由自で •エンドユーザー • Simple extensions 用活に効有し携連 用活に効有し携連 用活に効有し携連 用活に効有し携連 • Feeds (Atom, RSS) services とムテスシ存既で外内社 とムテスシ存既で外内社 とムテスシ存既で とムテスシ存既で外内社 •社内外 • Responsive UIs (AJAX) and data user interface easy to remix and consumers between providers SIMPLE Easy to use, • Tight feedback loop infrastructure management • Public • Community rights • Low cost of entry • User comments • Value on demand • Tagging Web 2.0 adoption features SERVICE • User-driven • Social networking Software as a • Recommendations not software mechanisms ルデモ・スネジビ ルデモ・スネジビ Users add value ルデモ・スネジビ ルデモ・スネジビ Service, COMMUNITY 進促 をンョシーベノイ、りよにンョシーケニュミ をンョシーベノイ、りよにンョシーケニュミ をンョシーベノイ、りよにンョシーケニュミ をンョシーベノイ、りよにンョシーケニュミ Web2.0の要素 コのと」人ぬら知見「で間業企 内業企 コのと」人ぬら知見「で間業企 内業企 コのと」人ぬら知見「で間業企 内業企 コのと」人ぬら知見「で間業企 •企業内/ IBM Software Group 明秀 島森 明秀 島森 明秀 島森 明秀 島森 長部当担グンィテケーマトクダロプ 部業事スターロ 長部当担グンィテケーマトクダロプ 部業事スターロ 長部当担グンィテケーマトクダロプ 部業事スターロ 長部当担グンィテケーマトクダロプ 部業事スターロ 業事アェウトフソ 社会式株 ムエ・ービ・イア本日 業事アェウトフソ 社会式株 ムエ・ービ・イア本日 業事アェウトフソ 社会式株 ムエ・ービ・イア本日 業事アェウトフソ 社会式株 ムエ・ービ・イア本日 2007/11/16 実装テクノロジー 実装テクノロジー 時代 Web2.0時代のコラボレーションツールと Web2.0時代のコラボレーションツールと IBM Software Group ® Web2.0 EXPO
  • 2 い高は性 い高は性 い高は性 い高は性 い高は性 い高は性 い高は性 い高は性 能可るなと が部一、ていおにスセロプスネジビたし携連がムテスシ外内社で SaaSとなる SOAで SaaSとなる SOAで スビーサ・ーィテーパ スビーサ・ーィテーパ スビーサ・ーィテーパ スビーサ・ーィテーパ 3rd ーダイバロプ・スビーサ ーダイバロプ・スビーサ ーダイバロプ・スビーサ ーダイバロプ・スビーサ 関機融金 関機融金 関機融金 関機融金 スーソトウア スーソトウア スーソトウア スーソトウア /BPO Motor Vehicle) (Department of DMV LOB Commercial LOB Home 員業従 員業従 員業従 員業従 LOB 内社 内社 内社 内社 客顧 客顧 客顧 客顧 Auto 社会 社会 社会 社会 険保 険保 険保 険保 者険保再とーナトーパ 者険保再とーナトーパ ーサーュデロプと店理代 者険保再とーナトーパ 者険保再とーナトーパ ーサーュデロプと店理代 ーサーュデロプと店理代 ーサーュデロプと店理代 現実をルデモ・スネジビの規新、がンーェチ・ーュリバな的想仮たれさ携連でAOS ビジネス・サービス・エコシステム IBM Software Group 術技 なた新 術技 なた新 術技 なた新 術技 なた新 なた新 術技 なた新 術技 なた新 なた新 T技術 盤基 るえ支を応対な速迅の IIT技術 T基盤 IIT基盤 るえ支をルデモスネジビの野分長成 るえ支をルデモスネジビの野分長成 るえ支をルデモスネジビの野分長成 へえ替組オリォフトーポ業事 へえ替組オリォフトーポ業事 へえ替組オリォフトーポ業事 へえ替組オリォフトーポ業事 へえ替組オリォフトーポ業事 へえ替組オリォフトーポ業事 へえ替組オリォフトーポ業事 へえ替組オリォフトーポ業事 ズーニ 業 企 小 中 いなきで担負 をトスコ化ムテスシ *SSC (シェアード・サービス・センター) ズーニ 業 企 小 中 能機 いなきで担負 )退撤( へ部外 アコンノ をトスコ化ムテスシ ) の業企大 ( ス 能機 SSC*) アコンノ 能機通共 ー 、 、 、 ASP、SaaS ソ 業事 ズーニ 業 企 小 中 ,etc 能機 ト いなきで担負 アコンノ 能機アコンノ 供提品用スィフオ アコ ウ をトスコ化ムテスシ の業企大 遣派材人 ンノ 能機 ア・ ータンセルーコ アコ 託 社会送運 能機 能機 アコンノ 委 アコ 能機 ズーニ 業 企 小 中 部 アコンノ いなきで担負 能機 の業企大 外 をトスコ化ムテスシ 務業接間 D業事 C業事 B業事 A業事 ( アコンノ の業企大 へ 部 用活を”済経の模規“ 用活を”済経の模規“ 用活を”済経の模規“ 用活を”済経の模規“ 展進のグンシーソトウアので位単 外 展進のグンシーソトウアので位単 展進のグンシーソトウアので位単 展進のグンシーソトウアので位単 てね束をズーニの部外 てね束をズーニの部外 てね束をズーニの部外 てね束をズーニの部外 スセロプスネジビるけおに業企大 スセロプスネジビるけおに業企大 スセロプスネジビるけおに業企大 スセロプスネジビるけおに業企大 じ通をトッネ、は業企堅中るび伸 じ通をトッネ、は業企堅中るび伸 じ通をトッネ、は業企堅中るび伸 じ通をトッネ、は業企堅中るび伸 今、お客様の現場で起こっていること IBM Software Group
  • 3 立両 立両 立両 立両 の度速答応、力集収報 の度速答応、力集収報 の度速答応、力集収報 の度速答応、力集収報 情、力現表なチッリりよ 情、力現表なチッリりよ 情、力現表なチッリりよ •より 、 を容内携連 装実、計設を容内携連 • Mashups (REST APIs) に由自でーザーユドンエ に由自でーザーユドンエ に由自でーザーユドンエ に由自で •エンドユーザー • Simple extensions 用活に効有し携連 用活に効有し携連 用活に効有し携連 用活に効有し携連 • Feeds (Atom, RSS) services とムテスシ存既で外内社 とムテスシ存既で外内社 とムテスシ存既で外内社 とムテスシ存既で •社内外 • Responsive UIs (AJAX) and data user interface easy to remix and consumers SIMPLE Easy to use, between providers • Tight feedback loop infrastructure management • Public • Community rights • User comments • Low cost of entry SOA • Tagging • Value on demand Web 2.0 features adoption SERVICE • User-driven • Social networking Software as a • Recommendations mechanisms not software Users add value COMMUNITY ルデモ・スネジビ ルデモ・スネジビ ルデモ・スネジビ ルデモ・スネジビ Service, 進促をンョシ 進促をンョシ 進促をンョシ 進促をンョシ ーベノイ、りよにンョシーケニュミコ Web2.0の要素 のと」人ぬら知見「で間業企 内業企 のと」人ぬら知見「で間業企 内業企 のと」人ぬら知見「で間業企 のと」人ぬら知見「で間業企 内業企 •企業内/ IBM Software Group © 2007 IBM Corporation るす付送し成作に的理物をルイァフ るす含包て全を るす付送し成作に的理物をルイァフ るす含包て全を るす付送し成作に的理物をルイァフ るす含包て全を XMLファイル るす付送し成作に的理物を ルイァフ るす含包て全を るす付送し成作に的理物を るす含包て全を XMLファイル 理管スセクア、ンョジーバ動自 理管スセクア、ンョジーバ動自 理管スセクア、ンョジーバ動自 理管スセクア、ンョジーバ動自 歴履 歴履 歴履 •履歴 歴履 •履歴 、ルール・スセロプ、クッジロ算計 •計算 出抽動自ターデ務業 •計算 、式形刷印・示表、ターデ •データ •データ 出提 出提 出提 出提 epolevnEe epolevnEe 、名署、力入 、名署、力入 、名署、力入 、名署、力入 epolevnEe 者 者請申 者認承 者認承 者認承 者認承 認承、名書、認確 出抽報情 出抽報情 出抽報情 出抽報情 携連に軟柔もで 携連に軟柔もで 携連に軟柔もで 携連に軟柔もで 間業企もでムテスシ別 間業企もでムテスシ別 間業企もでムテスシ別 間業企もでムテスシ別 代世 3第 代世 3第 代世 3第 代世 3第 得取でみこり作をターデ分差に常、果結たきてし築構をリプア別個に毎スセロプ理処 ムテスシ払支 ムテスシ払支 ムテスシ払支 ムテスシ払支 ムテスシ払支 ムテスシ払支 ムテスシ払支 ムテスシ払支 ム テスシ求請 ムテスシ求請 ム テスシ求請 ムテスシ求請 ムテスシ定査 ムテスシ定査 BD払支 BD払支 BD払支 BD払支 BD定査 ムテスシ定査 BD求請ムテスシ求請 BD定査 ムテスシ定査 BD求請ムテスシ求請 BD定査 ムテスシ定査 BD求請ムテスシ求請 BD定査 ムテスシ定査 BD求請ムテスシ求請 換変・出抽ターデ 換変・出抽ターデ 換変・出抽ターデ 換変・出抽 換変・出抽 換変・出抽 換変・出抽 タ ターデ 力入期初 代 世2 第 代 世2 第 代 世2 第 代 世2 第 Lotus Formsは“第3世代帳票”として企業間のシステム連携を促進 IBM Software Group | Lotus software
  • 4 う担が能機ドーボュシッダやズイラナソーパ、は分部グンィテーュピンコーザーユドンエ う担が能機ドーボュシッダやズイラナソーパ、は分部グンィテーュピンコーザーユドンエ う担が能機ドーボュシッダやズイラナソーパ、は分部グンィテーュピンコーザーユドンエ •エンドユーザーコンピューティング う担が能機ドーボュシッダやズイラナソーパ、は分部 グンィテーュピンコーザーユドンエ う担が能機ドーボュシッダやズイラナソーパ、は分部 う担が能機ドーボュシッダやズイラナソーパ、は分部グンィテーュピンコーザーユドンエ う担が能機ドーボュシッダやズイラナソーパ、は分部グンィテーュピンコーザーユドンエ う担が能機ドーボュシッダやズイラナソーパ、は分部 •エンドユーザーコンピューティング い狙るせさ展発にスビーサけ向ーナトーパ 客顧 社自 由経 い狙るせさ展発にスビーサけ向ーナトーパ 客顧の社自で由経ルターポ •ポータル •ポータル // るあつつりなに要の理管権スセクア、ィテリュキセ、がルターポ業企 るあつつりなに要の理管権スセクア、ィテリュキセ、がルターポ業企 るあつつりなに要の理管権スセクア、ィテリュキセ、がルターポ業企 •企業 るあつつりなに要の理管権スセクア、ィテリュキセ、がルターポ 業企 るあつつりなに要の理管権スセクア、ィテリュキセ、がルターポ るあつつりなに要の理管権スセクア、ィテリュキセ、がルターポ業企 るあつつりなに要の理管権スセクア、ィテリュキセ、がルターポ業企 るあつつりなに要の理管権スセクア、ィテリュキセ、がルターポ •企業 いならなくなは有保内社や発開社自、はで域領のスネジビアコ、系幹基 いならなくなは有保内社や発開社自、はで域領のスネジビアコ、系幹基 いならなくなは有保内社や発開社自、はで域領のスネジビアコ、系幹基 •基幹系 いならなくなは有保内社や発開社自、はで域領のスネジビアコ、 系幹基 いならなくなは有保内社 発開社自 はで域領のスネジビアコ いならなくなは有保内社や発開社自、はで域領のスネジビアコ、 •基幹系 内社 内社 外社 外社 内社 内社 外社 外社 理管庫在・産生 理管庫在・産生 理管庫在・産生 理管庫在・産生 ドーボュシッダ 向先引取 け向先引取 注発受 注発受 注発受 注発受 、ーザーユ 、ーザーユ 、ーザーユ 、ーザーユ 、ーザーユ 、ーザーユ 、ーザーユ 、ーザーユ 報情先引取 報情先引取 ンジンエ索検 ンジンエ索検 ンジンエ索検 ンジンエ索検 ズイラナソーパ ズイラナソーパ ズイラナソーパ 報情品製・品商 報情品製・品商 報情品製・品商 報情品製・品商 盤基証認 盤基証認 盤基証認 盤基証認 ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ 術技 術技 術技 術技 術技 術技 術技 トイサ索検 トイサ索検 トイサ索検 トイサ索検 報情図地 報情図地 報情図地 報情図地 ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ ドーボュシッダ 報情業企・価株 者理管 者理管 ンョシーテンゼレプ 者理管 者理管 者理管 者理管 ンョシーテンゼレプ ンョシーテンゼレプ ンョシーテンゼレプ 者理管 者理管 タ ターデ庁公官 の連携活用が主流になると思われる 当面は、ポータルによるサーバー側を経由したSaaSと既存システム IBM Software Group 力機能) TypeAhead(先行入 ブラウザ上での リッチなUser Interface Google Gadget活用 WebSphere Portal のWeb2.0対応(Demo) IBM Software Group
  • 5 ベース ベースのクライアントアプリケーション促進 Eclipseベースのクライアントアプリケーション促進 アプリケーションとのマッシュアップ アプリケーションとのマッシュアップを Web2.0アプリケーションとのマッシュアップを実現 Sametime+ Google Map のマッシュアップ連携 IBM Software Group を示表 更変を示表 動連に的動 動連に的動 動連に的動 動連に的動 てせわ合に てせわ合に てせわ合に てせわ合に スビーサ 動移ルソーカ 動移ルソーカ 動移ルソーカ 動移ルソーカ 図地の部外 図地の部外 図地の部外 図地の部外 リプア Notesアプリ の来従 の来従 の来従 の来従 スビーサ 価株の部外 価株の部外 価株の部外 価株の部外 現実 も 現実 も 係連ターデの間リプアため含も)スーベターデ(ンョシーケリプア現実も 係連ターデの間リプアため含も)スーベターデ(ンョシーケリプア現実も ターデ の間リ プアた も )スー ー デ( Notesアプリケーション 係連能可が行実のリプア め含、リプア ベター上トンョシーケリプア 係連能可が行実のリプア め含、リプア ベタで上トンアイラク ターデ の間リ プアた も )スー で デ( 能 可が行 実の リ プ ア 、 リプ ア で 上 ト ンアイ ラ ク 能 可が行 実の 、 で 上 ンアイ ラ ク Javaアプリ Webアプリ Lotus Notesクライアント アップを実現 Notesクライアントは、EclipseRCPベースでクライアント側のマッシュ IBM Software Group
  • 6 習学を験 す探を 経や識知門専らかグ クーマクッブるいて ロブの者他。るけ受 し用活が”人るきで“ をクッバドーィフし表 。クーマクッブ有共 公をアデイアの分自 グロブ グロブ グロブ グロブ アイ・グッド 現実に速 “室 迅を物果成の 議会“の々人 日毎、し画計を つ持を野分門 ンョシクアの次 専、務業当担 、し理整を事仕 、事心関の通共 ーィテビィテクア ーィテビィテクア ーィテビィテクア ーィテビィテクア ーィテニュミコ ーィテニュミコ ーィテニュミコ ーィテニュミコ す出けつ ルーィフロプ ルーィフロプ 見に速迅を」人「な要必に的断横織組 ルーィフロプ ルーィフロプ すで」アェウトフソ・ルャシーソの めたのスネジビ「、たし携連がルーュジモの数複に心中を」ルーィフロプ「 、めたるす用活に めたのスネジビ「、たし携連がルーュジモの数複に心中を」ルーィフロプ「 、めたるす用活に めたのスネジビ「、たし携連がルーュジモの数複に心中を」ルーィフロプ「 、めたるす用活に めたのスネジビ「、たし携連がルーュジモの数複に心中を」ルーィフロプ「 、めたるす用活に 速迅をクーワトッネなクッミナイダのと客顧・ーナトーパ・間仲事仕、は snoitcennoC sutoL 企業用ソーシャルソフトウェア:Lotus® Connections * * * * IBM Software Group 立両 立両 の度速答応、力集収報 の度速答応、力集収報 の度速答応、力集収報 の度速答応、力集収報 情、力現表なチッリ 情、力現表なチッリりよ 情、力現表なチッリりよ 情、力現表なチッリりよ •より 装実、計設を容内携連 装実、計設を容内携連 装実、計設を容内携連 装実、計設を容内携連 • Mashups (REST APIs) に由自でーザーユドンエ に由自でーザーユドンエ に由自でーザーユドンエ に由自で •エンドユーザー • Simple extensions 用活に効有し携連 用活に効有し携連 用活に効有し携連 用活に効有し携連 • Feeds (Atom, RSS) services とムテスシ存既で外内社 とムテスシ存既で外内社 とムテスシ存既で外内社 とムテスシ存既で •社内外 • Responsive UIs (AJAX) and data user interface easy to remix and consumers between providers SIMPLE Easy to use, • Tight feedback loop infrastructure management • Public • Community rights • Low cost of entry • User comments SOA • Value on demand • Tagging Web 2.0 adoption features SERVICE • User-driven • Social networking Software as a • Recommendations not software mechanisms ルデモ・スネジビ ルデモ・スネジビ ルデモ・スネジビ Users add value Service, COMMUNITY 進促をンョシ ーベノイ、りよにンョシーケニュミコ ーベノイ、りよにンョシーケニュミコ ーベノイ、りよにンョシーケニュミコ ーベノイ、りよにンョシーケニュミコ Web2.0の要素 のと」人ぬら知見「で間業企 内業企 のと」人ぬら知見「で間業企 内業企 のと」人ぬら知見「で間業企 内業企 のと」人ぬら知見「で間業企 •企業内/ IBM Software Group
  • 7 得獲クッバドーィフ、スビーサ客顧、グンィテケーマ根の草 得獲クッバドーィフ、スビーサ客顧、グンィテケーマ根の草 得獲クッバドーィフ、スビーサ客顧、グンィテケーマ根の草 得獲クッバドーィフ、スビーサ客顧、グンィテケーマ根の草 点接のと客顧 点接のと客顧 点接のと客顧 点接のと客顧 能性がある 能性がある 3つの局面で活用の可 つの局面 活用の 局面で 実現 イノベーション実現の イノベーション実現の 成醸の性明透、成形ムーチトクェジロプな軟柔 成形のンラプスネジビ、グンチッマのンョシーュリソとズーニ 出創のンョシーュリソ 掘発のスンャチスネジビ イノベーション実現のためのソーシャルソフトウェア活用 IBM Software Group い多がとこるいていづ紐に」人「は価評の報情の々個 い多がとこるいていづ紐に」人「は価評の報情の々個 い多がとこるいていづ紐に」」人「「は価評の報情の々個 い多がとこるいていづ紐に 人 は価評の報情の々個 い多がとこるいていづ紐に」」人「「は価評の報情の々個 い多がとこるいていづ紐に」人「は価評の報情の々個 い多がとこるいていづ紐に」人「は価評の報情の々個 い多がとこるいていづ紐に 人 は価評の報情の々個 )クーマクッブ有共( )クーマクッブ有共( )クーマクッブ有共( )クーマクッブ有共( 実確らな報情 実確らな報情 実確らな報情 実確らな報情 アイ・グッド アイ・グッド アイ・グッド アイ・グッド )報日(グロブ るいて見が人のこ るいて見が人のこ るいて見が人のこ るいて見が人のこ ?はルベレ識知・験経 ?はルベレ識知・験経 ?はルベレ識知・験経 ?はルベレ識知・験経 ?か動活 者成作のルナジリ ?か動活 ?か動活 ?か動活 ? 、がだ見知なクーニユ 、がだ見知なクーニユ 、がだ見知なクーニユ 、がだ見知なクーニユ ?はどは源報情の人のオ こ 者成作のルナジリオ こ 者成作のルナジリ こ ?はどは源報情の人のオ ?はどは源報情の人のオ ?はどは源報情の人のこ こ 者成作のルナジリ こ こ こ 常日いしわ 常日いしわ 常日いしわ 常日いしわ さふに歴経 さふに歴経 さふに歴経 さふに歴経 ?かみ込書 ?かみ込書 ?かみ込書 ?かみ込書 心安らなトクェジ 心安らなトクェジ 心安らなトクェジ 心安らなトクェジ るきで用信 ロプの人のこ ロプの人のこ ロプの人のこ ) ( )理管トクェジロプ( )板示掲( )板示掲( )板示掲( )板示掲( ーィテビィテクア ーィテビィテクア ーィテビィテクア ーィテビィテクア ーィテニュミコ ーィテニュミコ ー ー うそりあが ィテニュミコ うそりあが ィテニュミコ うそりあが うそりあが ?るめ頼クスタ ?るめ頼クスタ ?るめ頼クスタ ?るめ頼クスタ 値価らなィテニュミコ 値価らなィテニュミコ 値価らなィテニュミコ 値価らなィテニュミコ なんこに人のこ なんこに人のこ なんこに人のこ なんこに人のこ るす加参の人のこ るす加参の人のこ るす加参の人のこ るす加参の人のこ )報情人個( )報情人個( )報情人個( )報情人個( ル ルーィフロプ なぜ、5つの要素とその連携が必要なのか? IBM Software Group
  • 8 グタのめ たす探に確的 をーィテニュミ コるいてめ求 、でとこるす グンリタルィフ ?か発活?か 名著?かい し新がーィテ ニュミコのこ ルーツのめた るすりたし成 作、りたし加 参、りたし探を ーィテニュミコ 。すま きでが とこる す加参 、し索 検、り 作 。すま きでが とこる す加参 、し索 検、り 作 。すま きでが とこる す加参 、し索 検、り 作 。すま きでが とこる す加参 、し索 検、り 作 をーィ テニュ ミコの めたる す有共 をどな 野分門 専、割 役、味 興 をーィ テニュ ミコの めたる す有共 をどな 野分門 専、割 役、味 興 をーィ テニュ ミコの めたる す有共 をどな 野分門 専、割 役、味 興 をーィ テニュ ミコの めたる す有共 をどな 野分門 専、割 役、味 興 コミュニティー IBM Software Group ズイマ タス カ を ル ーィフ ロ ドーワーキのめ プ 、てっよにど たる す定特を野 な 験 経トクェジ 分味 興や門専 ロプ や定認 。すま し 出し 探てっ 使 をどなド ー ワ ーキ 、野分門専 」ー ュビ路 、前 名 、をか誰た 経属所 「のめた っ 持を 識 知と 験 る見 を造構織組 経る め求が たな あ 、で上 ーュビ ・ドーカス ネジビ 。すまきでがとこるけつ見、し索検を人いたし探で断横織組 。すまきでがとこるけつ見、し索検を人いたし探で断横織組 。すまきでがとこるけつ見、し索検を人いたし探で断横織組 。すまきでがとこるけつ見、し索検を人いたし探で断横織組 、てっ使をドーワーキをどな割役、事仕るいてっわ関在現、野分門専 、てっ使をドーワーキをどな割役、事仕るいてっわ関在現、野分門専 、てっ使をドーワーキをどな割役、事仕るいてっわ関在現、野分門専 、てっ使をドーワーキをどな割役、事仕るいてっわ関在現、野分門専 プロフィール IBM Software Group
  • 9 すましータ ルィフをクーマ クッブてしグ ンギタ、てっよ にドーワーキ すまきで録 登読購てし対 Webページに の間仲たれ うょしまし有 さクーマクッブ 共と人の他、し 存保に上ーバ ーサをクーマ クッブのたなあ す まきで がとこ るす用 活、り 知をク ーマク ッブた れらめ 認に既 て す まきで がとこ るす用 活、り 知をク ーマク ッブた れらめ 認に既 て す まきで がとこ るす用 活、り 知をク ーマク ッブた れらめ 認に既 て す まきで がとこ るす用 活、り 知をク ーマク ッブた れらめ 認に既 て っよ に者他 つ持を 心関や 味興の 様同、 ばれす 化有共 をクー マクッ ブ っよ に者他 つ持を 心関や 味興の 様同、 ばれす 化有共 をクー マクッ ブ っよ に者他 つ持を 心関や 味興の 様同、 ばれす 化有共 をクー マクッ ブ っよ に者他 つ持を 心関や 味興の 様同、 ばれす 化有共 をクー マクッ ブ ブックマーク IBM Software Group ドーワーキる い用にきとる す索検てっ渡 にグロブの数 複や内グロブ すま きで有共を方 え考、し換交 を見意、にめ たるす大拡を ンョシーベノイ すまきでトス ポをグロブに 単簡にめたる す有共を識知 と者読い広幅 す まきで がとこ ぶ す まきで がとこ ぶ 識知 のく りよ りよ に る け 学を識 知や験 経のく 多りよ 、りよ に事る け受を クッバ ドーィ フ の らか者 他 示 提 ア デイア 分自 てっ グ ロブェ ウ の らか者 他や示 提のア デイア の分自 、てっ 使をグ ロブェ ウ ブログ IBM Software Group
  • 10 Other IBM CM * IBM FileNet * IBM JCR Lotus Domino ーロフクーワの知通更変 ーロフクーワの知通更変 ーロフクーワの知通更変 ーロフクーワの知通更変 ーロフクーワの知通更変 ーロフクーワの知通更変 ーロフクーワの知通更変 ーロフクーワの知通更変 スセク スセク スセク スセク スセク スセク スセク スセク アらかトンアイラクな様多 アらかトンアイラクな様多 アらかトンアイラクな様多 アらかトンアイラクな様多 アらかトンアイラクな様多 アらかトンアイラクな様多 アらかトンアイラクな様多 アらかトンアイラクな様多 能可付添をけ 能可付添をけ 能可付添をけ 能可付添をけ 能可付添をけ 能可付添をけ 能可付添をけ 能可付添をけ Quickr だク ン だク だク だ だクンリはに体本ルーメ クンリはに体本ルーメ リはに体本ルーメ クンリはに体本ルーメ ンリはに体本ルーメ ンリはに体本ルーメ 理管ンョジーバ、御 理管ンョジーバ、御 理管ンョジーバ、御 理管ンョジーバ、御 理管ンョジーバ、御 制他排、理管権スセクア 制他排、理管権スセクア 制他排、理管権スセクア 制他排、理管権スセクア 制他排、理管権スセクア 制他排、理管権スセクア 制他排、理管権スセクア 制他排、理管権スセクア ルーツ理管ルイァフ ルーツ理管ルイァフ ルーツ理管ルイァフ ルーツ理管ルイァフ ルーツ理管ルイァフ ルーツ理管ルイァフ ルーツ理管ルイァフ ルーツ理管ルイァフ の通共で間業企、内社 の通共で間業企、内社 の通共で間業企、内社 の通共で間業企、内社 の通共で間業企、内社 の通共で間業企、内社 の通共で間業企、内社 の通共で間業企、内社 : 導入後: 導入後: 理管ンョジーバたれ乱 理管ンョジーバたれ乱 理管ンョジーバたれ乱 スクッボルーメるれふあ スクッボルーメるれふあ スクッボルーメるれふあ ス クッボルーメるれふあ スクッボルーメるれふあ ルイァフ付添う交び飛 ルイァフ付添う交び飛 ルイァフ付添う交び飛 ルイァフ付添う交び飛 ルイァフ付添う交び飛 : 導入前: 導入前: オンライン・ストレージ : Lotus Quickr IBM Software Group く叩 を門のクーワ トッネ・ルナ ョシッェフロプ 理管の 、にめたるげ クスタいなら 遂し成を事仕 取気、で量軽 るきで がとこるす業 作てし理整を クスタの分自 のてべす、も で動活プール グもで動活人 個、で所箇一 すまきで行実に速 すまきで行実に速 すまきで行実に速 すまきで行実に速 迅りよ、を事仕な的常日、てっよに事るす開展をクーワトッネルナョシ 迅りよ、を事仕な的常日、てっよに事るす開展をクーワトッネルナョシ 迅りよ、を事仕な的常日、てっよに事るす開展をクーワトッネルナョシ 迅りよ、を事仕な的常日、てっよに事るす開展をクーワトッネルナョシ ッェフロプ、てたを画計のプッテスの次、げあめとまをクスタの連一 ッェフロプ、てたを画計のプッテスの次、げあめとまをクスタの連一 ッェフロプ、てたを画計のプッテスの次、げあめとまをクスタの連一 ッェフロプ、てたを画計のプッテスの次、げあめとまをクスタの連一 アクティビティー IBM Software Group
  • 11 adamaY hsekaT adamaY iihsekaT adamaY iihsekaT adamaY hsekaT 報情ーザーユ ーュビレプの書文 ーュニメンョシクア めたの上向手勝い使 すまいてし用採を術技新最等 すまいてし用採を術技新最等 すまいてし用採を術技新最等 すまいてし用採を めたの上向手勝い使 めたの上向手勝い使 めたの上向手勝い使 Ajax等最新技術 使いやすいインターフェース IBM Software Group © 2007 IBM Corporation 5 em temaS 5.7 emiitemaS ンョシーケリプア・スィフオ ンョシーケリプア・スィフオ ンョシーケリプア・スィフオ ンョシーケリプア・スィフオ ルターポ ルターポ ルターポ ルターポ ”トンメュキド イマ“ ダーリ・ドーィフSSR ,グロブ ,ikiW / ラーロプスクエ / ラーロプスクエ / ラーロプスクエ / ラーロプスクエ 、トイサ beW 、トイサ beW 、トイサ beW 、トイサ beW ルーメ ルーメ ルーメ ルーメ 能可スセクアへrrrrkciiiiuQ suttttoLらかンョシーケリプアう使くよがーザーユの外内社 能可スセクアへ kc uQ su oLらかンョシーケリプアう使くよがーザーユの外内社 能可スセクアへ kc uQ su oLらかンョシーケリプアう使くよがーザーユの外内社 能可スセクアへ kc uQ su oLらかンョシーケリプアう使くよがーザーユの外内社 ファイル共有促進のための仕掛け IBM Software Group | Lotus software
  • 12 ご清聴ありがとうございました。 IBM Software Group 進促を用活の能機るれま含に盤基、らか界世の”み組手て全“ 進促を用活の能機るれま含に盤基、らか界世の”み組手て全“ 進促を用活の能機るれま含に盤基、らか界世の”み組手て全“ 進促を用活の能機るれま含に盤基、らか界世の”み組手て全“ 力注に進促及普と化準標界業し装実へ品製を術技 力注に進促及普と化準標界業し装実へ品製を術技 力注に進促及普と化準標界業し装実へ品製を術技 力注に進促及普と化準標界業し装実へ品製を術技 連関 連関 連関 種各、にスーベを術技なンプーオ、はアェウトフソの 種各、にスーベを術技なンプーオ、はアェウトフソの 種各、にスーベを術技なンプーオ、はアェウトフソ 種各、にスーベを術技なンプーオ、はアェウトフソの Web2.0関連 IBMの るなと提前はで界世の るなと提前はで界世の るなと提前はで界世 るなと提前はで界世の Web2.0の がルーツるす現実を携連ムテスシので間業企、もてしとスセロプ務業 がルーツるす現実を携連ムテスシので間業企、もてしとスセロプ務業 がルーツるす現実を携連ムテスシので間業企、もてしとスセロプ務業 がルーツるす現実を携連ムテスシので間業企、もてしとスセロプ務業 るすと提前を携連プッアュシッマ るすと提前を携連プッアュシッマ るすと提前を携連プッアュシッマ るすと提前を携連プッアュシッマ 、有共報情なクッミナイダので外内社、はルーツンョシーレボラコのて全 、有共報情なクッミナイダので外内社、はルーツンョシーレボラコのて全 、有共報情なクッミナイダので外内社、はルーツンョシーレボラコのて全 、有共報情なクッミナイダので外内社、はルーツンョシーレボラコのて全 のもるがなつとへ革変スセロプスネジビ、くなはでけだ のもるがなつとへ革変スセロプスネジビ、くなはでけだ のもるがなつとへ革変スセロプスネジビ、くなはでけだ のもるがなつとへ革変スセロプスネジビ、くなはでけだ 術技スーェフタンイーザーユ、は界世 た見らかムテスシ業企 術技スーェフタンイーザーユ、は界世の 術技スーェフタンイーザーユ、は界世の 術技スーェフタンイーザーユ、は界世の た見らかムテスシ業企 た見らかムテスシ業企 た見らかムテスシ業企 Web2.0の まとめ IBM Software Group