RedmineとElectronで 新人の育成状況を可視化した話

1,885 views

Published on

今年から新人の活動や成長度合いを可視化する取り組みをはじめました。
Redmineによるタスクの管理やElectronベースの専用アプリを用いた教育について、
背景や仕組み、現在の実データなどを交えて紹介します。

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,885
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,229
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

RedmineとElectronで 新人の育成状況を可視化した話

  1. 1. R e d m i n e と E l e c t r o n で 新 人 の 育 成 状 況 を 可 視 化 し た 話 テ ク マ ト リ ッ ク ス 株 式 会 社 会 田 圭 司 redmine.tokyo #11
  2. 2. 2 redmine.tokyo 自己紹介  テクマトリックス株式会社に所属。  ソフトウェア開発に役立つツールやサービスを提供してます。  元は家電の組込み開発者。  Certified SCRUM Master.  iPhoneアプリをつくったり, 子育てをしたりしています。 会田 圭司 Keiji Aita
  3. 3. 3 redmine.tokyo 今日お話すること Redmineで新人の活動を記録し Electronで可視化したらよさそう。
  4. 4. 4 redmine.tokyo やってみた
  5. 5. 5 redmine.tokyo やってみた
  6. 6. 6 redmine.tokyo 所属部署について 顧客からのシステムエンジニアリング事業部への相談例 ソフトウェア開発者(顧客) 多くのシリーズを開発していて、ソースコード の修正する箇所が多く手間がかかる。 修正箇所をうまく絞り込む方法はないか? テクマトリックス では、ソフトウェアの構造を分析するための ツールをお使いになってはいかがでしょうか? 分析をお手伝いします。 私が所属するソフトウェアエンジニアリング事業部では、ソフトウェア品質保証の観点から、 ソフトウェア開発に寄与するツールやサービスを提供しています。 お客さまがソフトウェア開発者であるため、仕事には開発に関する知識が必要です。 特に新人は開発全般の知識を1から身につける必要があり、 どう育成するかが組織の重要課題です。
  7. 7. 7 redmine.tokyo これまでの新人育成  配属前に所属チームを決める。  所属チーム内で教育する。 これまでの新人育成
  8. 8. 8 redmine.tokyo あたらしい新人育成 Redmine  Wiki Redmine  チケット Electron  チケット情報を 可視化  最初に所属チームを決めない。  新人教育のカリキュラムや新人の活動データを記録し、 改善することで教育のばらつきをなくす。 あたらしい新人育成
  9. 9. 9 redmine.tokyo なぜRedmine?なぜElectron? Redmine  部署のエンジニア全員がRedmineを利用中なので、みんな見てくれる(はず)。  Redmine 3.x.xへ移行したタイミングなので基本設定が変更しやすい。  管理面において学習コストがかからない。(勝手を知っている)  (私が)RedmineのREST APIを叩いて遊んでいるので楽にデータが取り出せる。 Electron (ElectronでRedmineを可視化する)  サーバー不要、HTML5 + node.jsでUI込みのアプリが作れるので(私が)楽。  開発したアプリをパッケージして配布できる。(インストール作業が不要)  独自のポイント算出を使ってチケットを可視化したい。 チケット数のカウント 工数のカウント ・・・ 細かくチケットをつくれば多く活動したことになる ・・・ 長くゆっくり仕事すれば多く活動したことになる
  10. 10. 10 redmine.tokyo 新人の1日の流れ 始業 終業 朝会 帰りの会 日報 活動 チケット更新 RedmineのWikiを毎日更新 時間がもったいないので 効率的にやりたい。 帰りの会 日報 Electronアプリで 経験値を確認
  11. 11. 11 redmine.tokyo Redmineのチケット情報から日報を自動生成する
  12. 12. 12 redmine.tokyo Redmineのチケット情報から日報を自動生成する その日に完了したチケット 未完了のチケット Redmine Electronアプリ
  13. 13. 13 redmine.tokyo Electronアプリの実データ ステータス表示では、学習内容のバランスやレベルがわかります。 (参考) レベル算出方法 レベルアップに必要な経験値 = (前のレベルアップに必要だった経験値 * 1.1 + 現在のレベル*5) / 2
  14. 14. 14 redmine.tokyo Electronアプリの実データ 経験値のレーダーチャートから、月別の活動がわかります。  7月まで:プログラミング  8月中:UML・モデリング  9月中:プログラミング  10月中:プレゼンや弊社取り扱いツール
  15. 15. 15 redmine.tokyo ポイント算出方法  独自のポイント算出を使ってチケットを可視化したい。 チケット数のカウント 工数のカウント ・・・ 細かくチケットをつくれば多く活動したことになる ・・・ 長くゆっくり仕事すれば多く活動したことになる ⁃ 座学:0.8 ⁃ 自習:1.0 ⁃ 実習:1.2 ⁃ 打ち合わせ:0 経験値ポイント = 活動種別 × ベロシティ × 10 活 動 の 難 易 度学 習 効 率 チケットごとにトレーナーがベロシティを決定し、 作業カテゴリごとに経験値を集計しています。
  16. 16. 16 redmine.tokyo 約半年の間、運用してみて Redmine Electronアプリ  プラグイン無しでも十分有用。  新人の活動がチケットやWikiに記録されるた め、新人育成を改善しやすい。  チケット集計を外部に持たせたのが個人的に はよかった。(集計プラグインでおすすめがあれば教えてください)  独自のチケット集計が実装しやすい。  新人専用なので頻繁にメンテできる。 Redmineは全員利用のためメンテしにくい。  チケット情報から日報を生成するため、チケッ トを丁寧に記載するようになる。  帰りの会は日報ジェネレーターの出力ベース で行うため、5分あれば終わる。
  17. 17. 17 redmine.tokyo テクマトリックス株式会社では 一緒に働いてくれるエンジニアを募集しています。 http://recruit.techmatrix.co.jp/recruit/detail/23/
  18. 18. 18 redmine.tokyo おわり

×