Your SlideShare is downloading. ×

Solaris11 osc tokyo2011_fall

4,238
views

Published on

OracleSolaris11始めました …

OracleSolaris11始めました
先日リリースされた、Solaris11の紹介

Published in: Technology

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
4,238
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
55
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. OracleSolaris11始めました OSC 2011 Tokyo/Fall みやざきさとる 日本OpenSolarisユーザグループ
  • 2. 自己紹介とあるIT企業のSolaris使いTwitter: s_miyazaストレージとかも触ってますSolarisなのは趣味です最近Solarisのお仕事がありません… (´・ω・`) OSC2010 Tokyo/Fall pg 2 どこのご家庭にもあるOpenSolarisを、ZFSで有効活用
  • 3. Agenda Solaris11新機能 Solaris10から削除された機能 Solaris10からの移行
  • 4. Solaris10からSolaris11へ 2005/03 2005/05 2011/11 Solaris10 Solaris11 製品版 SolarisExpess 開発版 OpenSolaris Solaris11Express 2008/05 2010/11
  • 5. Solaris11の主な特徴 ZFSをroot filesystemに使用 インストーラの変更 新パッケージシステム(IPS) Network仮想化 ZFSの強化 Zoneの拡張 デスクトップの変更
  • 6. Solaris11で削除されたモノ(1) 32bit kernelのサポート – 古いPCは要注意 – 初期のNetbook(ATOM N270とか)も要注意 – X server&driver も32bitは未サポート UltraSparc I〜IV+ のサポート – SPARCは、TとMシリーズのみ xVM/Linux Container – xVM= Xenのポート – linux Container=Linuxバイナリが使用出来る Zone
  • 7. Solaris11で削除されたモノ(2) NIS+ OpenWindow – s10 or s10 zoneで使用可能 SVM(Solaris Volum Manager) でのboot SMC(Solaris Management Console) LP – CUPSに置き換え /etc/hostname.* – dladm/ipadm を推奨
  • 8. インストーラ(1) ライブCDインストーラ – CD/USBによりOS起動 – レスキューディスクとしても使用可能 – GUIによるインストール – Gpartdによるパーティション設定 – ハードウェアの確認 – X86版のみ
  • 9. インストーラ(2)テキストインストーラ – CUIによるインストールAI(Automated Install) – CD/USBによるブート – PXEブート・Networkブート – JumpStartの代替Distribution Constructor – カスタム版インストールイメージの作成 – AIでも使用可能
  • 10. IPS(Image Packaging System) SVR4パッケージから変更 – 追加・削除・更新 – 検索 – パッチの概念が無くなる レポジトリからパッケージをインストール – ネットワーク(http[s])経由でアクセス – レポジトリサーバを立てることも可能 – ミラーサーバー使用可能 – SVR4パッケージをレポジトリにインポート可能
  • 11. IPSの導入によって変わることSolaris Zone – Sparse Zoneの廃止 – Zoneインストール時にIPSからパッケージ導入Live UpgradeからBoot Environmentへ – ZFSと連携したブートシステムの更新
  • 12. ブート環境(Boot Environment) ブート可能な複数のOS環境 – x86ではgrub menuから選択可能 更新をzfs cloneベースで行う – 安全・確実 – 停止点の確保=失敗しても元に戻せる Live Upgrade よりシンプル – パーティションの確保が不要 – 高いディスク利用効率 高速ブートがデフォルト – BIOS画面・ハードウェアチェックをスキップ
  • 13. Network仮想化(Project Crossbow) NICの仮想化 – 仮想NIC(VNIC)、仮想Switch 帯域制御 – 帯域分割 – リソース制御 – リアルタイムの使用率・履歴 再設計されたネットワークスタック – IPoverIB などとの連携
  • 14. NICの管理データリンク層の管理 – dladm によるデータリンク層の管理 – VLAN, link-aggrigation(802.3ad), ip tunnel – 仮想NIC(VNIC)の作成 – Vanity name=自由なNIC名の使用IP層の管理 – ipadm を使用して、IPの管理 – IPアドレス、Netmask, broadcast, gateway, IPv4/IPv6, … – データリンクに対し、複数のIP設定
  • 15. NICの仮想化 仮想NIC(VNIC) 物理NICもしくは仮想switchと接続 仮想switch(etherstub) 仮想NIC同士を接続する、仮想的なswitch Global-Zone InternetZone VNIC etherstub VNIC NIC VNICZone VNIC VNIC Zone
  • 16. 帯域制御帯域の分割 – VNIC、サービス、プロトコル、接続毎に優先度や 帯域制限を設定 – dladm で、VNICに帯域制限 – flowadm で、サービス、プロトコル、接続対象リソース制御 – NIC、VNICが使用するCPUを制限 – pool設定との連携リアルタイムに使用率・履歴の表示 – dlstat, flowstat を使用
  • 17. 再設計化されたネットワークスタック Crossbow ハードウェアレーン       物理マシン 物理NIC ハードウェア VNIC 仮想マシン リング/DMA カーネルスレッド /Zone ク ラ ハードウェア VNIC 仮想マシン シ リング/DMA カーネルスレッド /Zoneswitch フ ァ イ ハードウェアレーン ア ハードウェア VNIC 仮想マシン リング/DMA カーネルスレッド /Zone
  • 18. ZFSの強化(1) ZFS暗号化 – データセット単位で暗号化 – CPUの暗号化機能を使用 ZFS重複排除 – ブロック単位の重複検知 – 重複判定の即時実行 – 圧縮、暗号化と同時に使用可能 ZFS比較 – Snapshot間の比較 – ファイルの増減、変更などを表示
  • 19. ZFSの強化(2) COMSTARとの連携 – COmmon Multiprotocol SCSI TARget – サーバをストレージに • Ethernet(iSCSI) • Fibre Channel over Ethernet(FCoE) • InfiniBand(iSER, SRP) CIFS server – カーネルレベルで高速に動作 – ZFSとの連携 – DFS(distributed File System)のサポート – smbstat による統計情報取得
  • 20. Zoneの拡張(1) ZFSブート環境とIPSの統合 – IPSでパッケージインストール – ブート環境をZoneで利用可能 – AIによるインストールが可能 – cloneによる容易な複製 Zone単位での管理権限委譲 – RBACを使用して、特定Zoneの管理権限を 特定ユーザに委譲可能 Solaris10 Zone – Solaris10が動作するZone
  • 21. Zoneの拡張(2)zonestatコマンドによる監視 – メモリ・CPUの利用状況 – Zone毎の総合的な利用状況排他的IP(Exclusive-IP)がデフォルトに – Network仮想化によりVNICを作成、 多くのZoneで使用可能Automatic VNIC – 自動的にVNICを作成Sparse Zoneの廃止 – 代わりに、 ZFSの重複排除でディスク使用率削減
  • 22. Zoneの拡張(3) ファイルシステムの使用 – 使用出来るファイルシステムの指定 – mount オプションの指定 – 書き込み不可のファイルシステムが可能 デバイスの強化 – 特定デバイスを割り振ることが可能 – 音声デバイスの使用など NFSをZoneで使用可能 – Zoneをファイルサーバとして使用可能
  • 23. デスクトップの変更GNOME2.30.2を使用 – Compizも使用可能gnu バイナリがデフォルトPATHにデフォルトシェルがbashに変更OpenSoundSystem APIの採用CUPSを印刷エンジンに採用その他OpenSourceSoftwareの採用 JavaSE6/7、gcc4.5、Python2.7、Perl5.12、 Ruby1.8.7、 PHP5.2.17、 Apache2.2.20
  • 24. Solaris10からの移行 Solaris10以前からの アップグレードインストールは不可能 Solaris10 Zoneを使用して移行 – 物理マシンからの移行 – Zoneからの移行 Solaris10以前の環境からの移行は不可能 – Solaris10のSolaris8/9 Zoneを使用 – LDOMを使用すると、Solari11とSolaris10が 共存可能
  • 25. Oracle Solaris11始めました ご静聴ありがとうございました。
  • 26. 参考資料Oracle Solaris 11 Downloads – http://www.oracle.com/technetwork/server- storage/solaris11/downloads/index.htmlOracle Solaris11 Documents – http://www.oracle.com/technetwork/server- storage/solaris11/documentation/index.htmクラウド世代を担う新世代OS Solaris11 – http://www.oracle.co.jp/events/jpm110119/download.htmlOracle Enterprise Computing Summit in Autumn – http://www.oracle.co.jp/events/jpm111110/download.html