Oracle on AWS日本オラクル株式会社 さとうなおき (@satonaoki)<br />
2<br />以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確...
Complete. Open. Integrated.<br />
パブリック・クラウドとプライベート・クラウド<br />プライベート・クラウド<br />パブリック・クラウド<br /><ul><li>共有方式で複数のテナントが使用
クラウド・サービス・プロバイダがホスト、管理
限られたサービス
1つの組織だけが使用
社内IT部門が制御、管理
多数のアプリケーション</li></ul>SaaS<br />イントラネット<br />インターネット<br />SaaS<br />PaaS<br />PaaS<br />IaaS<br />IaaS<br />ユーザー<br />両者とも:...
高可用性
キャパシティの弾力性</li></ul>パブリック・クラウド:<br /><ul><li>低い「初期」コスト
規模の経済
管理が容易
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Oracle on AWS (Amazon Web Services)

4,418

Published on

「第2回 AWS User Group - Japan 勉強会」(2010/06/14開催) のLTで使用したスライドです。

関連リンク:
http://d.hatena.ne.jp/satonaoki/20100615/p1
http://twitter.com/satonaoki

http://www.oracle.com/technology/global/jp/tech/cloud/
http://www.oracle.com/technology/tech/cloud/

https://aws.amazon.com/solutions/global-solution-providers/oracle/
http://developer.amazonwebservices.com/connect/kbcategory.jspa?categoryID=205

http://www.oracle.com/technology/products/database/xe/

http://www.incharge.jp/
http://www.oracle.co.jp/events/sb100521/
http://www.mototaker.com/yokatai

http://jaws-ug.jp/
http://jaws-ug.jp/events/2zcqpf
http://atnd.org/events/4998

Published in: Technology, Business
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
4,418
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Oracle on AWS (Amazon Web Services)"

  1. 1. Oracle on AWS日本オラクル株式会社 さとうなおき (@satonaoki)<br />
  2. 2. 2<br />以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。<br />OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。<br />
  3. 3. Complete. Open. Integrated.<br />
  4. 4. パブリック・クラウドとプライベート・クラウド<br />プライベート・クラウド<br />パブリック・クラウド<br /><ul><li>共有方式で複数のテナントが使用
  5. 5. クラウド・サービス・プロバイダがホスト、管理
  6. 6. 限られたサービス
  7. 7. 1つの組織だけが使用
  8. 8. 社内IT部門が制御、管理
  9. 9. 多数のアプリケーション</li></ul>SaaS<br />イントラネット<br />インターネット<br />SaaS<br />PaaS<br />PaaS<br />IaaS<br />IaaS<br />ユーザー<br />両者とも:<br /><ul><li>高い効率性
  10. 10. 高可用性
  11. 11. キャパシティの弾力性</li></ul>パブリック・クラウド:<br /><ul><li>低い「初期」コスト
  12. 12. 規模の経済
  13. 13. 管理が容易
  14. 14. OpEx(運用コスト)</li></ul>プライベート・クラウド:<br /><ul><li>低い「総」コスト
  15. 15. セキュリティ、コンプライアンス、サービス品質の制御
  16. 16. 統合が容易
  17. 17. CapEx(設備投資) とOpEx</li></li></ul><li>Oracle Cloud Platform<br />Oracle Applications<br />ISVアプリケーション<br />サードパーティ<br />アプリケーション<br />Platform as a Service(PaaS)<br />クラウド管理<br />共有サービス<br />Oracle Enterprise Manager<br />インテグレーションSOA Suite<br />セキュリティIdentity Mgmt<br />プロセス管理BPM Suite<br />ユーザインタラクションWebCenter<br />構成管理<br />アプリケーション グリッドWebLogic Server, Coherence, Tuxedo, JRockit<br />ライフサイクル管理<br />データベース グリッド:Oracle Database, RAC, ASM, Partitioning,IMDB Cache, Active Data Guard, Database Security<br />アプリケーションパフォーマンス管理<br />アプリケーション品質管理<br />Infrastructure as a Service(IaaS)<br />Operating Systems: Oracle Enterprise Linux<br />Oracle Enterprise Linux<br />Oracle Solaris<br />Oracle VM for SPARC (LDom)Solaris Containers<br />Oracle VM for x86<br />Ops Center<br />物理/仮想システム管理<br />サーバー<br />ストレージ<br />
  18. 18. AWSでのオラクル製品の利用<br />EC2向けの事前構成済み仮想マシン・イメージ (AMI) を利用可能<br />Oracle Enterprise Linux + Oracle Database <br />Oracle Enterprise Linux + WebLogic Server <br />などなど…<br />オラクル製品が完全に動くサーバー環境を、簡単に構築可能<br />テスト、開発、QA、検証などでの、短期間の利用<br />新バージョンやオプション機能を試す「サンドボックス」として利用<br />
  19. 19. オラクルが提供するAMI<br />http://developer.amazonwebservices.com/connect/kbcategory.jspa?categoryID=205<br />
  20. 20. オラクル製品のクラウド・ライセンス<br />オラクル製品は、クラウド環境でもライセンス可能<br />Amazon EC2に対応<br />Database、FusionMiddleware、EnterpriseManagerのライセンス<br />EE:<br />(EC2の) 仮想コア =x86物理コア<br />例:8仮想コア×0.5(マルチコア係数)=4プロセッサ<br />SE/SE1:<br />4仮想コアごとに1プロセッサ (ソケット)<br />例:5仮想コア =2プロセッサ<br />プロセッサ・ライセンスに加え、ユーザー数ライセンスも可能<br />Oracle Enterprise Linuxのライセンス<br />各EC2インスタンスを「システム」としてカウント<br />新規ライセンスの購入、または既存ライセンスの利用<br />包括契約をお持ちの場合、追加ライセンスなしでEC2上で利用可能<br />
  21. 21. 無償ライセンス<br />試使用ライセンス<br />「Oracle Technology Network Developer License」<br />OTNから製品版と同じバイナリをダウンロード可能<br />使用期限なし<br />Oracle Database10gExpress Edition<br />http://www.oracle.com/technology/products/database/xe/<br />オープンソース・ソフトウェア<br />MySQL、GlassFish…<br />
  22. 22. OTN: Oracle Cloud Computing Center<br />http://www.oracle.com/technology/global/jp/tech/cloud/(日本語)<br />http://www.oracle.com/technology/tech/cloud/ (英語)<br />
  23. 23. Ruby / JRuby on RailsWith Oracle XE on AmazonEC2(もとくんβさん)<br />http://www.incharge.jp/<br />
  24. 24. クラウド Amazon EC2上で作るOracle 11g R2 + WebLogicシステム。そして、計測!(もとくんβさん)<br />http://www.oracle.co.jp/events/sb100521/<br />http://www.mototaker.com/yokatai<br />

×