• Like
  • Save
OSC 2013.Cloud@Osaka
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

OSC 2013.Cloud@Osaka

  • 1,262 views
Published

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,262
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
2

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Apache  ProjectでHotなIaaSクラウドOSS!CloudStack〜~最新アップデート〜~Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.2013年年05⽉月25⽇日⽇日本CloudStackユーザー会@MayumiK0
  • 2.  ◆@MayumiK0  ・日本CloudStackユーザー会  会長  ・一般社団法人クラウド利用促進機構                      技術アドバイザー ◆普段のお仕事               一般社団法人クラウド利用促進機構               (CUPA)  代表理事  荒井さんのお母さん      2 who  are  you?Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.クラウド大好き CloudStackを利用したシステムのコンサルティング設計、構築、運用全般SDN、NetScalerなども
  • 3. 3 Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.ユーザー会有志で本を書きました!Cloudstack徹底入門電子書籍もあるよGoogle  Playで購入可http://cloudstack.jp/cloudstack%E5%BE%B9%E5%BA%95%E5%85%A5%E9%96%80
  • 4. 4 Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.Apache  CloudStack超・概要                Apache  CloudStack概要
  • 5. ◆オープンソースのIaaS構築・管理ソフトウェア◆歴史  ・2012/02  CloudStack3.0リリース  ・2012/04  Apache  Software  Foundation寄贈  ・2012/05  CloudPlatform3.0.2(Bonita)リリース  ・2012/09  CloudPlatform3.0.5(Burbank)リリース  ・2012/11  Apache  CloudStack4.0.0-incubatingリリース  ・2013/02  Apache  CloudStack4.0.1  ・2013/03  Apache  CloudStack4.1.0-RC1  ・2013/07  Apache  CloudStack4.2リリース予定                5 Apache  CloudStack概要Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.
  • 6. Apache  Software  Foundation(ASF)は2013/03/25(米国時間)インキュベーター(正式公開に向けた体制構築段階)プロジェクトであった「Apache  CloudStack」をトップレベルプロジェクトに昇格させることを発表しました             6 Apache  CloudStack  is  so  Hot  !Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.
  • 7. 7 Apache  CloudStack  is  so  Hot  !Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.http://www.ohloh.net/orgs/apache/
  • 8.            8 基本構成Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.ManagementServer(+DB)NFS HostSecondaryStoragePrimaryStorageここは仮想サーバでも可Internet
  • 9.            9 大規模構成InternetManagementServerHostManagementServerDatabaseServerDatabaseServerHostHostHostHostHostPrimaryStoragePrimaryStorageSecondaryStorageDB
  • 10. 10 CloudStackコンポーネントPod ZoneClusterPrimary  Storage Host Host Management  ServerPod ClusterSecondary  Storage User 仮想マシンを実行CPU/メモリ提供仮想マシンのディスク領域ホストとPrimary  Storageで構成Clusterの集合Pod+Secondary  Storageテンプレートやスナップショット、ISO用のディスク領域GUI、リソース管理イベント管理etc
  • 11. 11 CloudStackコンポーネント
  • 12. ◆SystemVM・Virtual  Router    LoadBalancer,Firewall,PortForwarding    DHCP,DNS,NAT,VPNなどを提供・Console  Proxy  VM    VMにVNC接続するためのProxy機能を提供・Secondary  Storage  VM    スナップショット取得やテンプレート登録等    SecondaryStorageに対する操作を実施                    12 SystemVMCopyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.
  • 13. ◆ネットワークモード・Zoneを作成するときに選択する・作成後の変更は不可          13 ネットワークモードCopyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.ネットワークモードネットワークオファリング特徴Basic Shared ・ゲストNWは単一ネットワーク・AWSライク・トラフィックはVRを経由しない(VRの機能を使えない)・セキュリティグループでユーザを分離Advanced Shared 。・ゲストNWは複数・1つのVLANを複数のユーザで共有可・トラフィックはVRを経由しない(VRの機能を使えない)Zoneの中で両方使用可能Isolated ・ゲストNWは複数・ユーザごとにVLANを占有・トラフィックはVRを経由する(VRの機能を使える)・VLANでセグメントを分離・VLAN数の壁(論理的には4096だが、実際にはそこまで使用できない場合のが多い)
  • 14. ◆ユーザ管理と権限・ROOTドメインのAdmin=システム管理者          14 ユーザ管理と権限Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.ドメイン アカウント ユーザ 役割Domain 複数のアカウントをグループ化したもの。ドメイン毎にリソース制限が可能。Account サービスプロバイダーの顧客や、大規模な組織の部門のイメージ。1つのアカウントに複数のユーザーを存在させることが可能。アカウント毎にリソース使用の制限が可能。User ログインの単位Domain-Adminドメインの管理者ドメイン内のリソース管理が可能サブドメイン作成も可User ドメイン内の利用者自分のリソースのみ操作可能
  • 15. 15 Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.Apache  CloudStack4.1新機能              Apache  CloudStack  4.1新機能
  • 16. ◆4.1  新機能         ・ボリュームのリサイズ  ・ VM  snapshot  ・S3ベースのストレージ  ・リージョンの概念  ・QuaryAPIサポート  ・ベアメタルサポート  ・Cisco  UCS連携  ・BIG  Switch対応  ・Nicira  NVP対応強化  ・KVMのOpenvSwitchサポート  ・オートスケール  などなどもりだくさん16 Apache  CloudStack  4.1  新機能Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.
  • 17. みろりん先生(@star76popin)   の資料を元にお話を進めます◆みろりん先生のslideshareh"p://www.slideshare.net/star76/20130322-­‐12cloud-­‐stackapachecloudstack17 ここから先は…Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.
  • 18. ◆ボリュームのリサイズ作成後のデータボリュームのサイズを変更できる18 ボリュームのリサイズCopyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.HyperVisor 増 減KVM CLVM ○ ○QCOW2 ○ ×Xen SRs ○(停止が必要) ○(停止が必要)VMware ○ ×https://cwiki.apache.org/confluence/display/CLOUDSTACK/Resize+Data+Volumes
  • 19. ◆従来◆これから19 VM  snapshotCopyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.VM snapshot TemplateVM スナップショットからテンプレートを作成し新しいVMを作るVM snapshotVM snapshotVolume  SnapshotVM  Snapshotstoppedrunning深堀りによると44..11から はずれてるっぽい ∑((fl゚Дfl゚))∂カfi゙∞ー›ン
  • 20. ◆従来20 S3ベースのストレージCopyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.Secondary Storage  VMSecondaryStorage(NFS)・NFSストレージのため容量の拡張が難しい(複数のSecondaryStorageを登録することは可能)・ゾーン単位に必要 →ソーン間でのTemplateのコピーが発生 →SecondaryStorageVMに結構負荷がかかる →運用中にはインパクトが大きいHostPrimaryStorage)NFSNFS
  • 21. ◆これから21 S3ベースのストレージCopyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.NFS  ExportService  VMSecondaryStorage(Object  Storage)・リージョン単位で利用可能・Secondary  StorageとしてS3ベースの 商用ストレージを使用可能に!HostPrimaryStorage)NFSScratch/Cache  StorageNFSただいま深堀り中 https://cwiki.apache.org/confluence/display/CLOUDSTACK/S3-based+secondary+Storage
  • 22. 22 リージョンの概念Pod ZoneClusterPrimary  Storage Host Host Management  ServerPod ClusterObject  Storage ZoneRegion RegionZoneManagement  ServerObject  Storage https://cwiki.apache.org/confluence/display/CLOUDSTACK/AWS-Style+Regions
  • 23. ◆Query  API・EC2  Query  APIのサポート・AWSのJava  SDKおよび  AWS  PHP  SDKのサポート・最新のEC2  APIバージョンのサポート23 Query  APIサポートCopyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.https://cwiki.apache.org/confluence/display/CLOUDSTACK/EC2++-+Functional+Spec+for+Query+API+support
  • 24. ◆まだまだもりだくさんApache  CloudStack  UIXAutoscalingJavelinReset  SSH  key  Functional  SpecNetwork  inline  mode  functional  specUI  -  Dynamic  TooltipCloudStack  API  refactoringAPI  Request  ThrottlingEvent  Notification  with  message  oriented  middleware  ProposalCPU  and  RAM  OvercommitRaise  cluster  size  limit  to  16  on  VMwareSupport  non-contiguous  VLAN  rangesSite-to-Site  VPN  2.0Persistent  NetworksCPU  and  Memory  OverCommitCluster  TagsResize  Data  VolumesFS  Investigate  and  add  back  KVM  snapshot  supportAdd  Remove  Networks  to  VMsIPv6  supportAPI  Discovery  ServiceEgress  firewall  rules  for  guest  network24 ほかにもCopyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.
  • 25. ◆まだまだもりだくさん25 4.1深堀発表会やります!Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.
  • 26. 26 Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.日本CloudStackユーザー会ご紹介                日本CloudStackユーザー会
  • 27. 活動内容27JCSUGでは⽇日本語によるCloudStackに関する情報発信・情報共有を⾏行行いCloudStackの普及・⼈人材育成に貢献します・CloudStackユーザー会(勉強会)等のイベントの開催・オープンクラウド実証実験タスクフォース(OCDET)・WebとMailingListによる情報発信→Web:  http://cloudstack.jp/→Mailing  List:  参加するには以下に空メールを☆       users-‐‑‒join@cloudstack.jpCopyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.ハッシュタグ  #cloudstackja12‎5/17時点でのメンバー数mailman  250google  groups  429facebook  207MLに登録した貴⽅方は既に ユーザー会メンバーです /)( ◕ ‿‿ ◕ )(\  
  • 28. ユーザー会の構成・組織28Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.会⻑⾧長・副会⻑⾧長運営委員会翻訳&⽇日本語化Wiki整備メンバー メンバー MLに⼊入っている⼈人地⽅方⽀支部プロジェクト活動OCDET参加 イベント勉強会など東京と連携  +  独⾃自活動・・・
  • 29. 2013年年の運営組織29Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.会⻑⾧長:  輿⽔水副会⻑⾧長:  島崎・⼤大削九州 ⼤大阪 名古屋 東京 北北海道鈴鈴⽊木(⼤大阪⼤大学) 荒井  CUPA輿⽔水  CL⼤大削  NCOM島崎  CTXS北北川  CL林林  NCOMCUPA⻤⿁鬼形  FLM平⽥田  NELCO北瀬 CTXS顧問:  林林・荒井活動メンバー募集中活動メンバー募集中例例えば…-‐‑‒全国で開催されるOSCでユーザー会として発表-‐‑‒東京以外の地域で勉強会を開催
  • 30. プロジェクト活動  ⼀一覧30Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.n Apache  Project  への貢献– 翻訳&⽇日本語化– Wiki  整備  n 技術ノウハウ蓄積・発信– OCDET  参加– テンプレート⼯工房n 普及啓蒙、コミュニティ活性化– 広報– イベント企画・運営
  • 31. イベント企画(案)31Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.•  ハッカソン–  ソースコードリーディング–  エコシステム–  運⽤用ノウハウ–  デザインパターン共有•  勉強会–  これまでまでやってきたような勉強会–  読書会CloudStack  Dayみたいな⼤大規模イベント–  CloudStack  Collaboration  Conferenceの⽇日本版みたいなハッカソン勉強会⼤大規模イベント
  • 32. イベントプラン32Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.4/16(⽕火) 読書会(前半)@東京5⽉月〜~6⽉月予定5/24(⽕火) 読書会(後半)@東京6/X       勉強会@東京6/20(⽊木) 勉強会@名古屋(OSC名古屋  前⽇日)6/X       ソースコードリーディング@東京http://cloudstack.jp/cloudstack徹底⼊入⾨門・4.1深堀発表会・翻訳会
  • 33. JTF2013:  July  Tech  Festa33Copyright  (C)  2013  Japan  CloudStack  User  Group  All  Rights  Reserved.http://www.techfesta.jp/
  • 34. ご清聴ありがとうございました