• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
130112分類学会連合
 

130112分類学会連合

on

  • 495 views

 

Statistics

Views

Total Views
495
Views on SlideShare
495
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    130112分類学会連合 130112分類学会連合 Presentation Transcript

    • 生きた自然を記録・継承し、守り人 を育てる自然史博物館とその標本 佐久間大輔(大阪市立自然史博物館) 2013年1月12日 分類学会連合シンポジウム@国立科学博物館13年1月13日日曜日
    • 今日のお話13年1月13日日曜日
    • 今日のお話 • 標本の学術的価値は釈 に説法です ==>なので私はしません13年1月13日日曜日
    • 今日のお話 • 標本の学術的価値は釈 に説法です ==>なので私はしません • 博物館界としてする議論、文化財レスキューの検証も、別の場が用 意されています(例えば1月23日、2月4日、23日に開かれます) ==>なので、今日は分類学分野全体に向けて、博物館から考える 論点をアピールします13年1月13日日曜日
    • 今日のお話 • 標本の学術的価値は釈 に説法です ==>なので私はしません • 博物館界としてする議論、文化財レスキューの検証も、別の場が用 意されています(例えば1月23日、2月4日、23日に開かれます) ==>なので、今日は分類学分野全体に向けて、博物館から考える 論点をアピールします • すぐに何か法制度が動くとは残念ながら思っていません ==>なので、いくつかきっかけとして出来そうな提言を書きます13年1月13日日曜日
    • 自然史博物館=地域の自然の研究機関であり、教 育機関であり、人々が新たな価値に気づく出会い の場。ただしまだどこにでもあるわけではない13年1月13日日曜日
    • 1.天然記念物や自然保護区の 科学的証拠標本としての自然史標本 • 文化財行政で所管されている自然:天然記念物、世界 自然遺産(、それと名勝?) • 天然記念物などをどう意義付け、管理するのか • 世界自然遺産を文化財で扱うのであれば、国立公園や その他自然保護区にも文化財的意義を認めるのが自然13年1月13日日曜日
    • 京都市深泥池 生物群集全体が天然記念物に13年1月13日日曜日
    • 天然記念物をどう管理する? • 過去の記録は報告書・研究成果報告書などだけでいいのか • 昔の深泥池はどんなだったのか?例えばある生物が在来個 体群だったのか、遺伝子で再検証する必要がある……など ==>標本による検証が必要(誰がどこでどう責任を持つ のか)13年1月13日日曜日
    • おなじことが、国立公園など環境省事業にもいえる (あえて厳しく言えば生物多様性センターの規模では難しい)・過去との比較ができず、地域ぐるみの継続したモニタリングがない。・ナショナルセンターに保管されても残念ながら地域での活用はできない13年1月13日日曜日
    • 植物標本庫 (ハーバリウム)13年1月13日日曜日
    • 植物標本庫 (ハーバリウム) 大阪市立自然史博物館の標本を基礎に作られた 植物関連の生物多様性情報 ・大阪府植物誌 ・奈良県植物誌(作成中) ・近畿地方の苔類(児玉コレクション) ・和歌山県産シダ植物標本目録(真砂コレクション) ・近畿地方の保護上重要な植物 ・大阪府レッドリスト ・奈良県レッドリスト ・三重県レッドリスト ・堺市レッドリスト、上野市レッドリスト・・13年1月13日日曜日
    • 今後はレッドリストと並び生物多様性 ホットスポットもより重要に • ホットスポットのコアになるのは天然記念物・国 立公園などなど。 • 生物多様性国家戦略の立場で天然記念物や国立公 園のモニタリングをどう実施し、貢献できるの か?13年1月13日日曜日
    • 提言13年1月13日日曜日
    • 提言 • 天然記念物の現状調査の際に可能な範囲で「現状を記録する標本」を! それを地域の博物館で保管を(保管の現地主義を) • その事業を端緒に文化庁は地域の自然史博物館とコンタクトを • 世界遺産指定地だけでなく、国立公園などの自然にも文化財的価値 そうした複合的価値について積極的な対話を • 実は地方には自然系部局がなく、文化財以上に脆弱なところが多い。地 方の文化財担当が「我が事」と意識を持つことが重要。国の動きは地方 にも反映されることが期待できる13年1月13日日曜日
    • 2.文化的景観の 構成要素として 滋賀県近江八幡 奈良県明日香村13年1月13日日曜日
    • 13年1月13日日曜日
    • 生物学的多様性と文化多様性の複合 現状、その調査は自主的な研究13年1月13日日曜日
    • 文化財的価値は 複合的価値の一つ • 景観に関わる歴史資料・民俗資料==>指定 ではその構成要素である生物要素は?=>所管外?? • 文化庁として対処するなら 天然記念物と同様の制度付けはできないのか? • 自然要素は環境省、農地は農水省、公園は国土交通省ではある が、共管を模索しては • (名勝、の制度も活用を考えるべきだろう)13年1月13日日曜日
    • 提言! • 文化多様性と生物多様性複合に関する制度設計のため の調査を環境・農水・文化の共同でパイロットスタ ディを!! The Classic Historyof Britain’s Landscape,Flora and Fauna ギ ス イ リ の ギ ス イ リ の カン リー ト サイド カン リー ト 人と自然の 人と 然の サイド 景観形成史 景観 成史 Oliver Rackham 人と自然の リ ・ッ ム オ バー ラ カ Oliver Rackham Oliver Rackham 景観形成史 監訳 伊東宏樹 奥敬一 リ ・ッ ム オ バー ラ カ 佐久間大輔 Oliver Rackham 篠沢健太 深町加津枝 監訳 伊東宏樹 奥敬一 佐久間大輔 篠沢健太 深町加津枝 昭 昭 和 和 堂 堂 Showado Showado13年1月13日日曜日
    • 3.自然とともに暮らす 市民科学の成果として • 地域の自然史博物館の標本は誰が集めた?その先人は どういう存在? • 標本を利用し、成果を還元されるべきは誰? • そのことによって育つ次世代13年1月13日日曜日
    • 積極的な情報発信が、 集まる情報の質を高める  良い標本の取り方・送り 方マニュアル  自然を楽しむための視点 の提供  その結果として良い展示  webで事前学習・楽しみ 方も多様に13年1月13日日曜日
    • 鳥羽源藏13年1月13日日曜日
    • 3.11が発生、その時遠隔地の博物館に求められる役割は? 公的位置づけがなかった  勝手連が機能した13年1月13日日曜日
    • レスキューをオンサイトと オフサイトに切り分ける オンサイト オフサイト • 人命救助 • 避難提供 • 遺体捜索 • 情報収集整理 • 生活復旧 • 資金収集 • 物資収集 • 文化財修理・保管 • 回収・トリアージ • 復興支援 • 方針決定13年1月13日日曜日
    • たくさんの館が、素早く呼応 月刊ミュゼなど様々な媒体に記録が出ています13年1月13日日曜日
    • 自然史博周辺の コミュニティの実力試験 ・友の会、植物のアマ チュア研究者など、標 本の扱いに習熟した ボランティアがすぐに 呼応。驚くべきスピー ドで処理をしてくれた ・のべ40人余が参加 ・緊急即応なので習熟 したスタッフの存在が 鍵。13年1月13日日曜日
    • 西日本自然史系博物館ネットワークをはじめ、昆虫学芸員協議会や S-net参加館、GMMLなど自然系の博物館が震災に際して見せた 動き 遠隔地での植物標本レスキュー 遠隔地での昆虫標本レスキュー、現地への派遣支援 化石標本の現地でのレスキュー 中間総括シンポジウム その他、正式に西日本事業ではないが、大阪自然史センターな どと共同した「子どもワークショップ」の遠征団派遣 これらの活動は、現地の皆さんの活動が あってはじめて成立したもの13年1月13日日曜日
    • ∼ 三木茂博士が研究したメタセコイアと水草 ∼ 三木茂博士生誕110年 メタセコイア発見70年  2011年は三木博士が化石をもとにメタセコイアを発見してから70年、生誕110年。  基本に忠実な観察で、それまでヌマスギやセコイアとされていた化石が未知の植物であ 落葉樹。公園や学 科の 校 ることを見出し、1941年にそれをメタセコイアと命名したのです。その後1945年に中 ギ に ス 国で三木博士が推定したとおりの、「生きているメタセコイア」が発見され、三木博 よ   く ? 植 とは 士の研究の正確さが実証されました。郷土香川県が輩出した三木博士の偉業は「20 えら メタセコイア 世紀前半における植物学最大の発見!」と称賛されました。 れています。  今回、三木博士の36000点余りの膨大な研究物を保管している大阪市立自然史博 物館から、300点もの貴重な資料が貸し出されます。世界的な研究をした三木博士 の成果の一端を見て、実感してください。   * 期間中、親子教室「三木茂博士に挑戦しよう!」を実施しています。 三木町運動公園内「太古の森」 会 1 期 2011年 7月16日 ∼ 9月11日 (土) (日) 観覧料無料 期 2011年 9月17日 ∼11月23日 午前9 30∼午後4 30まで : : 2 期 (土) (水) 月曜休館(祝日の場合は翌日休館) さぬき市雨滝自然科学館 国道11号 〒761-0902 香川県さぬき市大川町富田中515番地2 TEL.0879-43-0155 FAX.0879-23-2138 主催:さぬき市雨滝自然科学館 第三P (50台) 共催:大阪市立自然史博物館 さぬき市教育委員会 第一P (20台) 後援:三木町教育委員会 香川県教育委員会 香川県小学校理科教育研究会 第二P (19台)13年1月13日日曜日    香川県中学校教育研究会理科部会 香川県高等学校教育研究会生地部会
    • 大上宇市13年1月13日日曜日
    • 現地保存・現地活用により どう広げるのか =博物館活動・社会教育活動 • 先人を天上人にしない、身近に研究者、学芸員、アマ チュア研究者たちがたくさんいて、交流できる環境 • 住民であるアマチュアのレベルアップが博物館コレク ションの質を上げる。 • 次世代がひきつけられ、刺激され、育つ環境13年1月13日日曜日
    • 市民を自然へいざなう 自然を語るための博 物館の展示は、展示室 内で完結しません。 大阪各地の自然環境 へと市民を誘い、また アマチュア研究者の楽 しく、奥深い道へと誘 います。13年1月13日日曜日
    • アマチュアの育成・支援 好きな事を科学や活動 を通して社会に還元す る存在 続けるためには交流の 輪が必要13年1月13日日曜日
    • ジュニア自然史クラブ 親子では参加しない、中高生をターゲットにし た活動。もはや学校には文化部的活動は稀少 既に初期のメンバーの中には博物館周辺で活躍 する社会人、教員、ポスドク研究者などが13年1月13日日曜日
    • 地域に根をはるための 博物館の活用 • 文化財であるなら現地保存・現地公開が原則 そうでなければ担い手も育たない • ここまで述べてきたとおり博物館の保つ役割は大きい • 地方自然史系博物館の活用 しかし現状では地方博物館は自治体の意向で改廃も容 易・事業費の余裕もあるわけではない13年1月13日日曜日
    • 使いやすさ優先の悲劇 • 「文化財にしてしまうと住みに くいから」と条例指定文化財に しなかった渡辺家住宅の悲劇 • 安定的維持の担保と活用のバラ ンスの制度設計をどうするか • 現状で博物館の改廃は届出のみ 渡辺家住宅 (文化財保護行政とのアンバラ 毎日新聞より ンス)13年1月13日日曜日
    • 提言!!13年1月13日日曜日
    • 提言!! • 天然記念物や文化的景観・地域の自然史解明に関連した「重要コレク ション」をコレクション単位で文化財と認定しては。国宝、重文級にす ることが必要なのではなく、登録文化財のように広く、薄く。活用の判 断の中に学芸員を位置づける。 • 公開承認施設のように、「文化財保存施設」を承認。その廃止や重要な 変更は文化庁申請。保護法24条に基づく国庫補助が付けば理想的。 • 博物館の保全施策は一元的な施策をあるいは共管を(知らないとはいっ てくれるな)13年1月13日日曜日
    • 自然史博物館は「地域の自然の情報拠点」  情報がたまっている場所  情報の発信拠点  情報が集まってくる場所  情報を持った人が集まる 場所  情報にきづき、集める人 を育てる場所  情報を価値付ける場所13年1月13日日曜日