• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
120915 sig indie9
 

120915 sig indie9

on

  • 602 views

 

Statistics

Views

Total Views
602
Views on SlideShare
602
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
5
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    120915 sig indie9 120915 sig indie9 Presentation Transcript

    • IGDA日本SIG-INDIE 第9回研究会 同人ノベルゲーム―開発から流通まで― SIG-INDIE世話人 マルチメディア振興センター 七邊 信重
    • 国際ゲーム開発者協会日本 同人・インディーゲーム部会 設立: 2009年5月 目的: 同人・インディーゲームの開発・流通・ 交流・研究の促進
    • ゲームの変化  ソーシャル化  モバイル化  グローバル化  インディーゲーム  技術進化  社会利用 など引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/6946618/http://www.zimbio.com/pictures/_0L1pTkQEFg/Supreme+Court+Strikes+Down+Ban+Violent+Video/dCWuMPvtbuM
    • 第9回研究会プログラム 13:40-14:10 七月隆文  「ラノベ作家がひとりでギャルゲを作った方法と、キャラ の創作法」 14:10-14:40 マサシロウ(ぜろじげん)  「多言語対応ノベルゲーム制作の舞台裏と、世界5カ国 &オンライン頒布を振り返る」 14:50-15:20 御影 Kazu (m-kz)  「iPhone/Androidスマホ向けノベル/ADVゲームの作り方」 15:20-15:50 玉川博章 (日本大学)  「ノベルゲーム作家のキャリアパス」 16:00-16:30「質疑応答」
    • 研究会を始めるにあたって 自由で活発に討論しましょう。  各発表者の発言の責任は、発言者にあります  発表内容は「発表者の意見」であって、この会の 正式見解でも何でもありません  IGDA日本は学術団体でも、特に公的な権威があ る団体でもありません 解釈は、参加者一人一人に委ねます  こちらで「模範解答」を用意することはありません
    • 同人ゲーム展示会「東京ロケテゲームショウ」 目的: 同人ゲームのロケーションテスト 日程: 11月11日(日)10時半~15時半 場所: 板橋区立グリーンホール2Fホール 規模: 30サークル 規定: オリジナルもしくは版権元が二次 創作を許容しているゲーム 参加費: 3,500円 出展申込受付期間: 9月16日~30日