Temple u 2012_07_03
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,911
On Slideshare
1,741
From Embeds
170
Number of Embeds
4

Actions

Shares
Downloads
8
Comments
0
Likes
0

Embeds 170

https://si0.twimg.com 89
https://twimg0-a.akamaihd.net 55
https://twitter.com 25
http://us-w1.rockmelt.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Internal contamination of Fukushima citizens - What we have learned from the recent whole body counter measurements - Ryu HayanoProfessor of Physics, The University of Tokyo hayano
  • 2. My research at CERN “antimatter”purely fundamental no practical use not this →
  • 3. March 11, 2011, Tokyo University
  • 4.    March 12 14:22 hayano My first “Fukushima” tweetCs137が出す662 keVのガンマ線を確認したという意味か.福島第一原子力発電所.Cs137は天然には存在せず,Sr90とともにウランの核分裂で生じる代表的な放射性同位元素.
  • 5. TEPCO dataVisualization
  • 6.     3月13日 07:49 hayano 福島第一原子力発電所正門付近のガンマ線量測定値,東電公表データ (http://bit.ly/engea6) からグラフにしてみました.The first Fukushima-Daiichi graph 民間事故調の報告書にも掲載
  • 7. Radioactive plume detected withIbaraki monitoring post, March 15,
  • 8. 2500 (before the quake)→ 150,000 followers
  • 9. Q: ~100% of radioactivecesium has already beenreleased from NPP (T or F)
  • 10. F
  • 11. Cesium release from Fukushima Daiichi 137Cs (Bq)Total (before the accident) 70 x 1016 3 reactorsRelease to atmosphere 1 2 x 1016Release to ocean 0.4 x 1016Release fraction about 3%
  • 12. Q: Radiation in downtownTokyo has returned to the“pre-3.11” level
  • 13. F
  • 14. Radiation level in Tokyo Not quite - yet
  • 15. Radiation level in Chiba (near Tokyo) µSv/h dose rate ~ 0.1 µSv/h 1.0 40% is due to Cs-134 Radiation level 20% is due to Cs-137 ↓ 40% is due to natural backround 0.1 ←Cs-134→ ←Cs-137→0.01 precipitation ↓ 2011/3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2012/1 2 3 4 5 yr/mo http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/nodo.pdf
  • 16. is abi-directional media
  • 17. soil contamination map and various monitoring results have become available - but what about food safety? what are kids eating?5
  • 18. So, I proposed to measure school lunch
  • 19. This is in JFY12 budget ( 2011/9/21 に 森文科副大臣に提案)三次補正予算 食品のサンプル検査 新規提案 給食一食まるごと検査 子供が食べたのと同じ物を丸ごと 簡易検査機による ミキサーにかけて サンプル検査 マリネリ容器に詰め すり抜けても 分からない という 不安 イメージ図と イメージ図と ゲルマニウム検出器で ご理解下さい ご理解下さい 特定の機器を 精密測定 特定の機器を 示すものでは 示すものでは ありません ありません
  • 20. ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析 測定時間2,000秒 First school lunch measurement in Yokosuka 学校給食で実際に児童に提供した給食1食分を1週間(5日分)ごとにまとめて測定 Oct 2011~ 検体は毎日、諏訪小学校から採取 検査結果と内部被ばくの実効線量 測定結果(Bq/kg) 内部被ばくの 提供期間 合計重量 検査日 放射性 放射性 放射性 実効線量 (日数) (kg) ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 (μSv) 平成24年3月5日~3月14日 検出せず 検出せず 検出せず 4.713 3月15日 0~0.072未満 (8日分) <0.60 <0.61 <0.67 平成24年2月27日~3月2日 検出せず 検出せず 検出せず 3.009 3月3日 0~0.057未満 (5日分) <0.53 <0.82 <0.76 平成24年2月20日~2月24日 検出せず 検出せず 検出せず 3.263 2月25日 0~0.053未満 (5日分) <0.48 <0.74 <0.58 平成24年2月13日~2月17日 検出せず 検出せず 検出せず 3.085 2月18日 0~0.053未満 (5日分) <0.59 <0.76 <0.65 平成24年2月6日~2月10日 検出せず 検出せず 検出せず 3.004 2月11日 0~0.036未満 (5日分) <0.53 <0.44 <0.57 平成24年1月30日~2月3日 検出せず 検出せず 検出せず 2.759 2月4日 0~0.041未満 (5日分) <0.56 <0.63 <0.59 平成24年1月23日~1月27日 検出せず 検出せず 検出せず 2.949 1月28日 0~0.043未満 (5日分) <0.55 <0.61 <0.59 平成24年1月16日~1月20日 検出せず 検出せず 検出せず 3.128 1月21日 0~0.056未満 (5日分) <0.58 <0.72 <0.79 平成24年1月10日~1月13日 検出せず 検出せず 検出せず 2.622 1月14日 0~0.035未満 (4日分) <0.56 <0.57 <0.55 平成24年1月10日~3月14日 28.532 0~0.446未満 小計(47日分) 平成23年10月13日~12月22日 29.823 0.012~0.417未満 小計(49日分) 合計(96日分) 58.355 0.012~0.863未満Yokosuka school lunch is completely Cs free ・「<」の横の数値は、検出下限値を表しています。検出下限値は測定ごとに異なります。 ・測定結果から計算されるセシウム134と137による内部被ばくの実効線量は、「検出せず」の場合、セシウム134と  137がそれぞれ検出下限値と等量含まれていたと仮定して計算しています。
  • 21. Yokosuka lunch is OK.What about Fukushima?
  • 22. My proposal to the mayor of Minamisoma city, 20 km north of Fukushima Daiichi東京大学 2004.2.12シンボルマーク+ロゴタイプ新東大ブルー UNIVERSITY OF TOKYO基本形 SCHOOL OF SCIENCE, DEPARTMENT OF PHYSICS 7-3-1 HONGO, BUNKYO-KU, TOKYO 113-0033, JAPAN Professor Ryugo S. Hayano TELEPHONE: +81-3-5841-4235 TELEFAX: +81-3-4496-4043漢字のみ 早野 龍五 e-mail: hayano@phys.s.u-tokyo.ac.jp http://nucl.phys.s.u-tokyo.ac.jp/hayano 2011年10月28日英語のみ 南相馬市長 桜井勝延様 FAX 0244-24-5214 南相馬市学校給食丸ごとセシウム検査の御提案 桜井市長,初めてお便り差し上げます,東京大学理学部物理の早野龍五と申します.
  • 23. Q: Fukushima milk issafe to drink
  • 24. T
  • 25. Minamisoma school lunch measurement started in Jan 2012. Cesium not yet detected.学校給食放射線量測定結果 3/26/12 9:52 AM English Chinese Korea  HOME > 東日本大震災関係インデックス > 学校給食放射線量測定結果  東日本大震災関連情報 セシウム不検出 最終更新日:平成24年3月22日 学校給食提供食の放射線量の測定結果 検査方法 (財)日本冷凍食品検査協会(横浜市金沢区福浦)に委託 ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析 測定時間2,000秒 学校給食で実際に提供した給食1食分を1週間〈5日分)ごとにまとめて測定 検体は毎日、南相馬市学校給食センターから採取 検査結果と内部被ばくの実効線量 測定結果(Bq/Kg) 提出期間 合計重量 内部被ばくの実効線量 検査日 (日数) (Kg) 放射性 放射性 放射性 (μSv) ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 平成24年 3月12日∼ 3月16日 不検出 不検出 不検出 4.00 3月19日 0∼0.061未満 (5日分) <0.58 <0.65 <0.62 平成24年 3月 5日∼ 3月 9日 不検出 不検出 不検出 3.72 3月11日 0∼0.058未満 (5日分) <0.60 <0.69 <0.60 平成24年 2月27日∼ 3月 2日 不検出 不検出 不検出
  • 26. Helping MDs in Fukushima with WBCs
  • 27. Minamisoma municipal hospital
  • 28. Q: Food screening & WBCboth are based on thesame principle
  • 29. T
  • 30. γ γγ γ
  • 31. 1 15The WBC at Fukushima CRMS also had problems Everybody inx Fukushima city - 150 100mm NaI(Tl) - Cs-137 K-40 contaminated with - AT1316カタログより 20 Bq/kg of cesium?? - Age -80 - - - -60 (40 - -20 Cs137 Cs134 Bq kg 10 20 30 40
  • 32. Calibrating the WBC with Phantoms
  • 33. This phantom was found to be “Cs-positive” Cs-137 282 Bq Cs-134 96 Bq
  • 34. Some recent WBC results
  • 35. MinamisomaFukushima Daiichi
  • 36. Minamisoma (25km north of Fukushima Daiichi) WBC (Measured between Sep 2011 to Mar 2012, n = 9,502)Relative number of people Chernobyl (5-10 years after the accident) WBC in Russia, Ukraine, Belarus, n=119,306 Hoshi et al, Health Phys. 67 (1994) 272 137Cs Bq/kg
  • 37. Minamisoma (25km north of Fukushima Daiichi) WBC (Measured between Sep 2011 to Mar 2012, n = 9,502)Relative Number of people Chernobyl n=119,306 WBC in Russia, Ukraine, Belarus, 5-10 years after the accident Hoshi et al, Health Phys. 67 (1994) 272 137Cs Bq/kg wild bore in Fukushima Bq/kg
  • 38. Q: Once you eat 137Cs,it continues to damageyour body for some 30years
  • 39. FBiological half life,100 days (adult),50 days (10-year old)
  • 40. Can we tell which of these curves apply? Bqêbody 20 000 15 000 昨年3月吸入 Inhalation, March 2011 constant ingestion 10 000 15.5Bqê日摂取 15.5 Bq/day 昨年吸入+10Bqê日摂取 Inhalation+10Bq/day 5000 200 400 600 800 1000 days 日
  • 41. Cs-level increase found=in 2 cases 137 n 25 137 30 40Bq/kg n = 9502Bq/body ① ②detection limit 250Bq/body 125Bq Days
  • 42. 137 n = 25 137 30 40Bq/kg 30Bq/dayBq/body 20Bq/day ① 10Bq/day 0Bq/day 250Bq/body 125Bq
  • 43. Fukushima DaiichiHirata
  • 44. 134+137CsBq/body Hirata Hospital (FastScan) 全データ:検査日ごとの総セシウム Bqêbody n= 15593 Cs on cloths suspected80008000 “half life” too short ND = 13422 (86%) re-measured 163600060004000400020002000 0 0 Nov Jan Mar May Nov Jan Mar May
  • 45. These WBC results areconsistent with“Co-op Fukushima” duplicateportion studies
  • 46. Q: everybody eatsradioactive isotopeseveryday
  • 47. 40K T injestion - about 0.2 mSv/year Radon inhalation ~1 mSv/year
  • 48. 100 families in Fukushima
  • 49. Co-op Fukushima: Cs ingestion of 100 families コープふくしま・100世帯の陰膳検査 - 放射性セシウム濃度の分布 人数100 ND NDも含めた分布(NDはCs-134, Cs-137 各々1Bqêkgとして表示) NDでなかった家庭の分布80 人数 2.0 1.5 Max. 11.7Bq/kg → 0.14 mSv/year60 1.0 0.540 Bqêkg 2 4 6 8 10 12 1420 総セシウム Bqêkg 134+137Cs Bq/kg 2 4 6 8 10 12 14
  • 50. Q: The current Japanesefood regulation limit is 100Bq/kg
  • 51. Tmuch stricter thanthe Japanese provisional limit of 500Bq/kgEU limit 1250 Bq/kgUS Limit 1200 Bq/kg
  • 52. Q: since Apr. 1, some53,000 food samples havebeen tested for 134,137Cs;about 10% exceeded100Bq/kg
  • 53. F about 2%note - most tests were done at the producer
  • 54. Q: The internal (average)contamination in Fukushimais the worst in Japanesehistory
  • 55. F
  • 56. 137Cs Bq/day/person Year
  • 57. 05.gif 570×650 pixels 1/21/12 3:56 PM137Cs Bq/body Year
  • 58. Q: Internal vs External,the risk of internal exposureis higher in Fukushima
  • 59. F
  • 60. (ミリシーベルト) 1.5以上~2.0未満 10 0.027% 個人積算線量計(クイクセルバッジ)第2回測定結果概要 2.0以上~2.5未満 2 0.005% 2.5以上~3.0未満 5 0.014% *最大値は2.7ミリシーベルト3.1年間の線量の推計値 Glass badge results, Fukushima city 1.測定総数 : 24,115人 2.測定対象期間 : 平成23年11月7日(月)から平成24年1月9日(月)の64日間 1 mSv/y 3.測定対象期間の自然放射線被ばく相当量0.12mSvを除いた数値 1年間の線量推計値の分布 20,000 18,000 16,000 今回の測定値から推計 全体 測定値(64日間) した1年間の線量分布 14,000 最高値(mSv) 1.31 12,000 10,000 最低値(mSv) 0.01 人 8,000 数 平均値(mSv) 0.17 年間20ミリシーベルト 6,000 人 4,000 2,000 第2回目測定結果分布 0 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 mSv 0.01~0.09 0.10~0.115 29 0.30~0.39 0.40~0.49 17 59 0.60~0.6180以上 合計 14 9 0.20~0. 16 0.50~0. 9 0.7 19 20 年間積算線量(ミリジーベルト) 人数 5,240 10,066 6,855 1,573 291 64 18 8 24,1154.福島市健康管理検討委員会の見解 割合 21.73% 41.74% 28.43% 6.52% 1.21% 0.27% 0.07% 0.03% 100% Soma city Minamisoma 平成24年1月4日(水)に開催された福島市健康管理検討委員会において検証が行なわれ、 「今回の結果からは、将来、放射線によるがんの増加 などの可能性は少ないと判断されます。」 との見解をいただきました。 Koriyama city 1 mSv/y 1 mSv/y city 1 mSv/y (人) 人数 1,800 1,600 1,400 1,200 1,000 800 600 400 200 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 以上 0 検出限界 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 1.0 1.1∼2.0(mSv)   未満
  • 61. ‣ Quake&Tsunami devastated north-eastern part of Japan‣ 3 Fukushima-Daiichi reactors were damaged, releasing radioactive Xe, I, Cs, …,‣ Luckily, various results consistently show that the internal contamination level of Fukushima citizens is low‣ Food screening has been effective‣ But we need to continue food/WBC measurements for many more years to come