Your SlideShare is downloading. ×
ソーシャルメディアを活用した若年層政治参加意識向上キャンペーン メディアフェス20100904
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

ソーシャルメディアを活用した若年層政治参加意識向上キャンペーン メディアフェス20100904

1,514
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,514
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. ソーシャルメディアを活用した 若年層政治参加意識向上キャンペーン 佐別当 隆志
  • 2. 自己紹介
    • 株式会社ガイアックスに 2000 年創業期に入社。インターネット上のコミュニティサイトを開発する専門会社として、広報部門の立ち上げ、コミュニティサイトの企画運用を担当。新規事業の立ち上げ等により株式公開後、 400 社以上に内定者フォローや育児休業者向けに課題解決型 SNS を法人に提供する事業責任者を務める。
    •   2010 年参院選にあわせて有志と GoodNetVoting 立上げ。ツイッター模擬選挙を開催
    • あたらし「新しい公共」『 PURC 』や、 BOP 支援 NPO 『 soket 』、乳がんの再建手術写真集『いのちの乳房』(アラーキー撮影)制作プロジェクトのソーシャルメディア活用支援中。 
    09/04/10 09/04/10 Copyright Since 1999 © GaiaX Co. Ltd. All rights reserved. @sabe0524
  • 3. Good Net Voting ツイッター模擬選挙実施 参照:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査 2009 」 インターネットの善意の力・広がりを信じた若年層向けの政治意識・興味を高める WEB キャンペーン。慣れ親しんだメディアから気軽に参加できることで、若年層が政治について考えるきっかけを提供
    • 開催期間: 2010 年 6 月 25 日~ 7 月 11 日(不在者投票期間~投票日)
    • 参加条件:アカウント保有者で投票に参加したことをツイートすること
    メディア別接触率
  • 4. 問題意識:若年層の投票率の低さ/無関心 09/04/10 Copyright Since 1999 © GaiaX Co. Ltd. All rights reserved. 次世代を担う若者の政治への無関心や参加意識が低く、若者の投票率が低いため、高齢者や各組織団体に有利な政策になっている 参照:財団法人明るい選挙
  • 5. 若年層政治参加の負のスパイラル 若年層投票率が低い 若年層に向けた 政治がなされない 若年層が政治に 関心を持たない
  • 6. 次世代に引き継がれる国の借金 日本政府の借金は 2010 年 3 月末 883 兆円
  • 7. 『課題先進国』日本が背負う社会問題 年金 少子化 教育 環境 ニート 自殺 食料 自給率 介護 若年層が 日本の未来をつくる 若年層の投票率 向上が不可欠
  • 8. 政治に関心を持つことから 若年層投票率が低い 若年層に向けた 政治がなされない 若年層が政治に 関心を持たない
  • 9. 日本におけるネット選挙の現状 第 142 条  (文書図画の頒布) ・・・選挙運動のために使用する 文書図画 は・・・ 規定するビラのほかは、頒布することができない。 第 143 条 ・・・選挙のためのビラ、チラシ、ポスターなどの 文章図画は一部を除きすべて禁止 第 146 条 (文書図画の頒布又は掲示につき禁止を免れる行為の制限)  著述、演芸等の広告その他いかなる名義を問わず、第 142 条又は第 143 条の禁止を免れる行為として・・・ 文書図画を頒布し又は掲示することができない。 インターネットは文章図画に含まれるため、 ネット選挙活動は禁止 (平成 17 年 12 月 22 日東京高等裁判所判決)
    • ネット選挙活動を実現していくうえでの大きな課題は、公職選挙法による規制。現在公職選挙法によりネット選挙活動は禁止されている。
  • 10. ツイッター模擬選挙 結果
    •  有効投票者数 :  1,119 人
    •   30 代が多く、 20 代、 40 代と若年層が参加
    •  自民改選第 1 党、みんなの党大躍進
    ●  党派別当選者数 民主 国民 無所属 創新 みんな たち日 社民 改革 共産 公明 自民 33 1 1 4 22 2 4 0 5 1 48
  • 11. メディア掲載 09/04/10 09/04/10 Copyright Since 1999 © GaiaX Co. Ltd. All rights reserved.
    • 産経新聞 WEB
    • 共同通信
    • 読売新聞ニュース
    • Yahoo ニュース
    • インターネットドットコム
    • 現代ビジネス
    • Tokyo FM
    • 他ブログ等多数
  • 12. ソーシャルメディア活用
  • 13. 海外におけるネット選挙の現状(韓国)
    • 2002 年の大統領選の盧武鉉候補は、既存のメディアに反旗を翻し、自発的なボランティア団体のサイトにあるネット放送局を積極的に活用。ネット選挙活動が選挙結果に大いに影響し、 20 ~ 40 代の投票率が向上
    参照: International IDEA
  • 14. 若者における選挙活動(韓国)
    • 2010 年 5 月上旬に統一地方選挙が行われ、ツイッターにより若者の選挙参加を促進。与党ハンナラ党が候補が惨敗
    • 若者に人気の高い文化人や芸能人が、ツイッターを通して自分が投票している様子を写真で投稿。「投票しようぜ!」「友達にも投票を呼びかけよう!」「選挙は国民の義務だ!」などと呼びかけた
    • 投票所での「証拠写真」を投稿した人に、無料のドリンクを提供する飲食店も。選挙に行くことがカッコいい、という空気が生まれ、投票率も過去 15 年で最高の 54.5 %に。午後に突然 10 %以上上昇した区も
    女優のパク・ジニさん、小説家イ・ウェス氏のツイッター写真投稿
  • 15. 海外におけるネット選挙の現状(米国) 参照: CPS Turnout Rates BY Age
    • 2002 年に選挙募金活動法が改正され、個人献金の上限額が底上げ。 2004 年から SNS など双方向的なメディアを用いた選挙活動が盛んに行われ、その年の大統領選挙での 20 代、 30 代の投票率は上昇している。
  • 16. 若者における選挙活動(米国)   18 ~ 29 歳の米国大統領選での投票先 圧倒的な若者の支持で当選 オバマは米国の変化を求める若者の潜在意識を醸成させ、国政への参加意識を芽生えさせた。ヒューズと同世代の若者たちを初めとするインターネット世代に、ボランティア活動参加を呼びかけ、親にも説得するよう訴えた。ネットを扱い慣れた若い世代を、選挙運動のマーケッテイング要員と化し、効率的に選挙選を展開。若者たちが「自分たちでも社会を変えることが出来たんだ」と、大騒ぎで喜んだ SNS(My.barackObama.com) の活用 当時 24 歳のクリス = ヒューズは、同級生二人と創業した Facebook が急成長中にも関わらず抜けて、オバマ支援の SNS を立上げる ・メールアドレス :1300 万人 ・ブログ投稿数 :40 万件 ・ Facebook 内の Fan:343 万人 ・ 7 万人の個人が MyBO を通じて 集めた寄付金 : 約 30 億円 ・献金総額 : 約 620 億円
  • 17. 最後に 09/04/10 09/04/10 Copyright Since 1999 © GaiaX Co. Ltd. All rights reserved. ネットコミュニティによって、これまで取り組めなかった課題を解決すること ネットコミュニティによって新たに発生した 課題を解決すること 自分(会社)にとってのソーシャルメディアとは…