MR 夜ゼミ:第 1 回 (2012.04.23)      MR が症例ベースで話せるようになる            近道は?                              1
     MR 夜ゼミのコンセプトとデザインコンセプト 薬物療法のコンサルをしたい MR のバックアップ すべては、参加してくれる MR のために。デザイン よくある勉強会ではなく、 MR 参加型のディベート 形式で進行する。  1 テーマ30...
仮説:非専門医は、よく分かっていないのでは?      ・ガイドラインの薬物療法には、具体例がない    ・講演会でも、症例経過図を使うことが少ない    ・症例を解説した専門書が、ほとんどない    ・開業医には、症例検討会もない      ...
従来の情報収集・提供は?・ Dr が欲しいのは、貴社品の KOL の処方ノウハウ。 これを意図的に収集し、提供しているメーカーは ほとんどない。・患者によって、どの用量から開始すべきか等の データを、ほとんど収集していない。・症状に応じて、適宜...
症例ベースの問題を解けなかった私の理由1 . 症例経過図のどこに目をつけるべきかが分からなかった。1.2 . 治療のフロー、どういう経過をたどるかを予測するだけの3.  知識がなかった。3  検査値のどれを優先して、判断すればいいかが分から3....
病態に合わせた経口血糖降下薬の選択    2型糖尿病の病態                     経口血糖降下薬                              種類                  主な作用        インス...
MR テキスト:糖尿病のケース                  7
8
9
MR 諸氏の場合は?    知識詰め込み型なので、習っても忘れてしまう。1. 1 .  研修が毎回、新しい内容のため、知識がつながらない    研修は多々受けているが、自社品中心2.2 .    Drが薬物療法のどの段階で、何を、どう考えている...
症例経過図で話す際のポイント(糖尿病の場合) ● 身体所見: BMI                        Drは、どの時点で、何を基準に何を考えているか? ● 眼障害:網膜症の有無                        ● イ...
Drが、求めている情報 ・どんな患者にいいのか?どう処方したらいいのか?  ・KOLは、どう処方しているのか?  ・効果減弱、無効の場合には、どうしたらいいか?  ・副作用発現時の処置は、どうしたらいいのか?                  ...
糖尿病診療に自信がつく本               13
テーマ3:日常活動で、どういうことをやっていれば、薬物療法のコンサルになる近道か?                  14
テーマ4:症例経過図を作る手順は、これでいいか!1 . MRが、症例ベースで話せない一番大きな理由は?•2 . 従来の研修資材、販促資材の関連マップを作成する。•  (情報のつながりを視覚化する)3 . 薬物療法での判断基準 ( 検査値、効果判...
新しい治療アルゴリズムになるかも                   16
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Mr夜ゼミ20120423(症例経過)

711 views
670 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
711
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Mr夜ゼミ20120423(症例経過)

  1. 1. MR 夜ゼミ:第 1 回 (2012.04.23)   MR が症例ベースで話せるようになる 近道は? 1
  2. 2.      MR 夜ゼミのコンセプトとデザインコンセプト 薬物療法のコンサルをしたい MR のバックアップ すべては、参加してくれる MR のために。デザイン よくある勉強会ではなく、 MR 参加型のディベート 形式で進行する。  1 テーマ30分、ディベート 15 分で、 1 コースとする。  3 日以内にレポートを提出。 提出がない場合は、次回の参加は不可。      2
  3. 3. 仮説:非専門医は、よく分かっていないのでは?      ・ガイドラインの薬物療法には、具体例がない    ・講演会でも、症例経過図を使うことが少ない    ・症例を解説した専門書が、ほとんどない    ・開業医には、症例検討会もない  ・他科の薬剤に関しては、専門医も国試レベル 3
  4. 4. 従来の情報収集・提供は?・ Dr が欲しいのは、貴社品の KOL の処方ノウハウ。 これを意図的に収集し、提供しているメーカーは ほとんどない。・患者によって、どの用量から開始すべきか等の データを、ほとんど収集していない。・症状に応じて、適宜増減のデータが、ほとんどない。 テーマ1:  結果として、 MR は、 Dr が欲している情報を、 ほとんど提供できていない? なぜか?
  5. 5. 症例ベースの問題を解けなかった私の理由1 . 症例経過図のどこに目をつけるべきかが分からなかった。1.2 . 治療のフロー、どういう経過をたどるかを予測するだけの3.  知識がなかった。3  検査値のどれを優先して、判断すればいいかが分から3. .  なかった。4  ガイドラインを、症例ベースの話にどう応用するかが4. .  分からなかった。5  暗記しておくことが多すぎるので、イヤになった。5. . 5
  6. 6. 病態に合わせた経口血糖降下薬の選択 2型糖尿病の病態 経口血糖降下薬 種類 主な作用 インスリン抵抗性 抵 イ ビグアナイド薬 肝臓での糖新生の抑制 増大 抗 ン 性 ス 改 リ 骨格筋・肝臓での 善 ン チアゾリジン薬 + 系 インスリン感受性の改善 インスリン 分泌能低下 血糖依存性のインスリン 分 イ D PP-4 阻害薬 分泌促進とグルカゴン分 泌 ン 泌抑制 促 ス 進 リ糖 系 ン毒 インスリン作用不足 スルホニル尿素薬 インスリン分泌の促進性 より速やかなインスリン 速効型インスリン 改 食 分泌の促進、食後高血糖の 食後高血糖 分泌促進薬 善 後 改善 高 系 高 血 血 糖 α- グルコシダーゼ 炭水化物の吸収遅延、 糖 空腹時高血糖 阻害薬 食後高血糖の改善 「糖尿病治療ガイド 2010 」(日本糖尿病学会編、文光堂)より引用
  7. 7. MR テキスト:糖尿病のケース 7
  8. 8. 8
  9. 9. 9
  10. 10. MR 諸氏の場合は? 知識詰め込み型なので、習っても忘れてしまう。1. 1 .  研修が毎回、新しい内容のため、知識がつながらない   研修は多々受けているが、自社品中心2.2 .   Drが薬物療法のどの段階で、何を、どう考えている3.3 .  が分からないので、どのタイミングで、どんな情報を  提供すべきかが分からないテーマ2:    改定版の認定テキストで、どんな勉強をして    おけば、症例ベースで話せる近道になるか?     10
  11. 11. 症例経過図で話す際のポイント(糖尿病の場合) ● 身体所見: BMI Drは、どの時点で、何を基準に何を考えているか? ● 眼障害:網膜症の有無 ● インスリン分泌能は保たれているか? ● インスリン抵抗性は? ● 神経障害: ● 網膜症、神経障害、腎症、大血管障害はないか?   下肢振動覚の低下 ● 血糖プロファイル(食後高血糖、空腹時)?   アキレス腱反射低下 ● 体重は? ● 併存疾患? ● 血管:足背動脈の触知不良 ● 管理目標値は? ● 治療歴と用量は?● 糖尿学的検査  ・ 75g ブドウ糖負荷試験に   おける血糖値、インスリン値  ・空腹時血糖 ● 症例経過図での有効性の判定の指標  ・食後 2 時間値   ・ HbA1c  ・ HbA1c   ・空腹時血糖  ・グルカゴン負荷試験における   ・食後 2 時間血糖値   血糖値、血清 C ペプチド   ・持続血糖モニター:血糖動揺性  ・尿中 C ペプチド   ・血糖自己測定:血糖の日内変動  ・尿中アルブミン   ・1,5 AG :尿糖と逆相関  ・尿中アルブミン・クレアチニン   ・血中活性型 GLP-1 の変化  ・ 24 時間クレアチニンクリアランス   ・インスリン分泌促進効果  ・ HOMA - R   ・グルカゴン分泌抑制効果  ・インスリン分泌指数   ・ HOMA - β 11  ・自己血糖測定(食前、食後)   ・体重 
  12. 12. Drが、求めている情報 ・どんな患者にいいのか?どう処方したらいいのか?  ・KOLは、どう処方しているのか?  ・効果減弱、無効の場合には、どうしたらいいか?  ・副作用発現時の処置は、どうしたらいいのか? 12
  13. 13. 糖尿病診療に自信がつく本 13
  14. 14. テーマ3:日常活動で、どういうことをやっていれば、薬物療法のコンサルになる近道か? 14
  15. 15. テーマ4:症例経過図を作る手順は、これでいいか!1 . MRが、症例ベースで話せない一番大きな理由は?•2 . 従来の研修資材、販促資材の関連マップを作成する。•  (情報のつながりを視覚化する)3 . 薬物療法での判断基準 ( 検査値、効果判定、競合品、• ガイドライン ) が一目でわかる資料を作成する。4 . 製品での代表的な症例経過図のパターンと、その経過• 図を理解するために、問題を作成する。5 . 症例経過図に、現在のプロモーションの訴求点、差別• 化ポイントを織りこめる問題を作成する。 15
  16. 16. 新しい治療アルゴリズムになるかも 16

×