ERPのデータをフロントシステムでどう活かすか

  • 1,043 views
Uploaded on

ERPのデータを有効に活用するためにはFrontにSocialでAgileなアプリケーションをいかに革新的に提供し続けられるかが鍵になります。Force.comは最適な解を提供します

ERPのデータを有効に活用するためにはFrontにSocialでAgileなアプリケーションをいかに革新的に提供し続けられるかが鍵になります。Force.comは最適な解を提供します

More in: Business
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,043
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
18
Comments
0
Likes
2

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. ERPのデータをフロントシステムでどう活かすか榎 隆司執行役員 プロダクトマーケティング /ryujienoki @ryujienoki in/ryuji-enoki
  • 2. Safe HarborSafe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995:This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any suchuncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materiallyfrom the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements ofhistorical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability, subscriber growth,earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for futureoperations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments andcustomer contracts or use of our services.The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and deliveringnew functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses, possiblefluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our securitymeasures, the outcome of any litigation, risks associated with completed and any possible mergers and acquisitions, theimmature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate ouremployees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited historyreselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potentialfactors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-K for the mostrecent fiscal year and in our quarterly report on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter. These documents and otherscontaining important disclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site.Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are notcurrently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchasedecisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend toupdate these forward-looking statements.
  • 3. IT潮流の変化
  • 4. ITにおける四つの関心事ビジネスオーナー、ITプロフェッショナルに共通の 「業務変革要素」は?
  • 5. 1.ソーシャル革命
  • 6. 企業にとってのソーシャルとは? 需要 在庫 予測 相談 実績 販売 調達 物流 商談 人脈 製品 お客様 生産 工事 売上 履歴 予測 評判 苦情 会計 保守 成功 要因 オンプレミスの一枚岩 クラウドの有効活用 製品中心 お客様+製品サイクル 日/週/月 リアルタイム~年 生産性・業務効率向上 信頼・ブランド評価向上 デスクトップPC モバイル、どこでも
  • 7. 2.モバイル・デバイスの圧倒的な普及モバイルは、デスク/ラップトップからのアクセスを超え、ブラウザ利用を上回る
  • 8. ● 成人の91%は四六時中モバイルを手の届くところに置いている● 25%の米国人はインターネットに接続する目的の為だけにスマートフォンを購入● 成人の携帯保有率は82%● 90%のメッセージは送られてから3分以内に読まれる● モバイルで検索した結果の90%はアクションにつながる (半分以上は購入に)● モバイル検索結果の70%は一時間以内にアクションに (デスクトップでは一か月)● 74%のスマートフォンユーザはショッピングに活用● 79%は結果的に購入につながる● モバイルクーポンの利用率は印刷クーポンの10倍以上● 1670万人のモバイルユーザ(76%はスマートフォン)はロケーションベース チェックインを利用● スマートフォンユーザの81%は製品検索をし、50%が購入経験あり● 3000万人はモバイル経由でテレビのコンテンツにアクセス● マーケターの43%はモバイルテクノロジーをすでに活用● スマートフォンとタブレットユーザの平均モバイルアプリ使用時間は 94分/日 (Webは72分)● QRコードの利用は50% 18%は購入に● ローカル情報へのアクセス経験は95% そのうち61%は実際に電話を掛ける● 上の95%のうち59%は実際にそこに訪問● タブレットユーザの42%はTVを見ながらデバイスを使っている● スマートフォンユーザの16%はモバイル上にマーケティングメッセージが来たために 実際に購入している
  • 9. 3.IT基盤、アーキテクチャ・デザインのパラダイムシフト IT戦略のパラダイムシフト – Cloudがもたらす新しい価値Modern PaaS(MF,CS/PCに次ぐ) Pace-Layered Method Source: IDC (November 2011) Source: Gartner (February 2012) ・IDG:第三のプラットフォーム ・Gartner:Pace-Layered Model http://ow.ly/aMZQg http://www.gartner.co.jp/press/html/pr20120222-01.html
  • 10. Pace-Layered Method~ エンタープライズ・アプリケーション向けペース・レイヤ・モデルの例 ~ ★革新システムレイヤー -新規アイデア -アジャイル, 迅速な展開,捨てて もいい -ビジネス要件主導 ★差別化システムレイヤー -3-5 年周期 -プロセスが明確。ダイナミック -ビジネス要件とIT要件が均衡 ★記録システムレイヤー -コモディティープロセス, ビジネスコア -明確に定義されたプロセス、 インクリメンタルな改善 -コスト重視、品質
  • 11. ペース・レイヤによるSAP ERP投資のビジネス価値向上~ 例:典型的なSAP投資から価値を引き出すには ~ クラウド適用 により効果が 出易い領域 ●フロント統合 - 全社/グローバル ポータル - MDMマスター ●ワークフロー - ヒューマンWF - システム間WF ●スクラッチ& ビルド型アプリ - 戦略的、差別化 - トライアル業務 ●Any Time/Where - ロケーション不定 - アクセス時間不定 : :
  • 12. 4.Big Dataソリューション適用の現実解 - On Cloud Big Data On Cloud Cloud アプリケーション基盤 ■サービス連携 ■収集/解析 ■利活用自社保有は、あまりに無謀・オンプレミス リスクの塊り- 初期導入費用- 改修保守費用- 効果測定不明 な投資リスク
  • 13. Social Enterpriseの為のBig Data: Radian6
  • 14. セールスフォースによる ITモダナイゼーション
  • 15. 顧客と 製品と繋がる 繋がる パートナーと 従業員と 繋がる 繋がる
  • 16. クラウド . モバイル . ソーシャル
  • 17. Force.comを使ってSAPコアを取り巻くアジャイルなソーシャル層を形成します クラウド . モバイル . ソーシャル
  • 18. アーキテクチャの変移 – 変化対応力の強化 不確実性の高いビジネス環境
  • 19. 柔軟なフロントアプリを基幹のコアシステムと連携もっとアジャイルにコラボレーションを取り込んだビジネスプロセスを PaaS/Edge アプリケーションロイヤリティプログラム 現在の従業員 COREカスタマー 請求書 顧客, 部品, 取引先, 在庫 e-コマースサイト ポータル 損益, 売掛、買掛 在庫, 他. 注文 見積もり 休暇申請 プロジェク トマネジメ ント 分析/解析
  • 20. Force.comによるソーシャルアプリケーション開発 実績、リアルタイムインテグレーション 簡単にインテグレーション アプリケーション開発への クラウド同士の接続• 900M+ (1日当たりのトランザクショ 最速の方法ン) オープン 開発言語を選択可能• >50% API経由のトランザクション• 外部のWebサービスを利用 ソーシャルソーシャルアプリケーショ ンを簡単に• 新規のWebサービスを開発 100% クラウド Force.com for Facebook• 既存の投資を活用 速い 開発 Force.com for Google• 90+ 実証済みの接続コネクタ-ー Force.com for Amazon Web Services
  • 21. Force.com はフロントアプリを簡単に開発可能 A B D Cリレーショナル ウェブサービス ビジュアルプロセ フォーム & ペー レポーティング DB API スマネジャ ジレイアウトエ & 分析 (VPM) ディタ User セキュリティ 検索 マルチデバイス 多言語・多通貨 対応 管理者 クリック コーディング 80% 20% .NET, WebLogic, WebSphere 20% 80%
  • 22. Force.com アプリは基幹系システムと簡単に連携可能 すでに投資した資産を有効活用 どの階層でも連携実現 150M+ API コール/日 >50% API経由のトランザクション ユーザインターフェース ネイティブのOracle & SAP コネクタ アプリケーションロジック 外部のWebサービスも活用 新規のWeb サービスを構築 データ 60+ 認定連携ミドルウェアコネクタを 提供 セキュリティ
  • 23. 活用実績
  • 24. 次世代アプリケーションでビジネスを自動化 リアルタイムリアルタイムサービス&データ クラウド: 事業部門でもIT部門でも モバイル: すべてのモバイルデバイスから アクセス可能 ソーシャル:Chatter を用いたコラボレー ションを包含 +33% 従業員の生産性向上Source: Market Tools “Salesforce.com Customer Relationship Survey Results” May 2012
  • 25. Burberry は Burberry Worldを用いて生産性をアップ売上2000億円の高級洋服小売店9,500 人の従業員, 444店舗Burberry World従業員の用いるカスタムコラボレーションプラットフォーム Group,プロファイル,フィード
  • 26. ソーシャルフロントオフィスを使ってデータを解放 リアルタイム企業向けの先進クラウドAPI クラウド: アジャイルな開発プラットフォーム リアルタイム分析 モバイル: いかなるデータにもモバイルか らアクセス可能 ソーシャル:ライブデータのフィード +56% 業務に関する情報にアクセ スする機能の改善Source: Market Tools “Salesforce.com Customer Relationship Survey Results” May 2012
  • 27. Kimberly-Clark社はSAPを解放することで400%生産性が向上 2兆円売上 Huggies, Scott Towels, 等の業界を代表するブランド プラットフォーム上に14+のアプリケーション - マスターデータ管理 - 人材採用 - SAP との連携 Ramon Baez CIO
  • 28. ソーシャルアプリやウェブサイトを用いて顧客とエンゲージ リアルタイムリアルタイムエンゲージメント クラウド: 市場とITとのギャップを埋め る モバイル: すべてのモバイルデバイスからアク セス可能 ソーシャル:Cfacebookアプリケーション作成数 #1 すべてのWebsiteをソーシャルに +30% レスポンス率改善 (Hewlett Packard)Source: Hewlett Packard Customer Testimonial, 2011
  • 29. Asics はソーシャルアプリを活用し顧客とエンゲージしています750億円のスポーツグッズを販売するグローバル企業“マラソンランナーをサポートしよう!” プロジェクト17か国から2,000以上のパーソナライズされたビデオを準備ランニングにマラソンランナーかとして評価
  • 30. 基幹系/ERPパッケージとの連携による IT価値向上
  • 31. Videoコナビール社のケース
  • 32. ITモダナイゼーションSNS,Mobile,Cloud,BigDataなど新しい波は止められない。そういった環境下で、企業は勝ち残るために、対応をられています既存のシステム投資はできるだけ有効に活用し回収する必要があります。 。PaaSレイヤにアプリケーションを有効配置することで、変化対応力に強いエンタープライズ・アーキテクチャへ変革可能。 Force.comはそれを実現する最適なプラットフォームです。
  • 33. 最後に
  • 34. ありがとうございました