Play framework 2.0のちょっとした紹介

4,034 views
3,939 views

Published on

Play! Framework 2.0の非常に簡単な紹介。
ルーティングとコントローラとビューをほんの少しだけ記載。

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,034
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
27
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Play framework 2.0のちょっとした紹介

  1. 1. Play! Framework 2.0の ちょっとした紹介
  2. 2. Play Framework 2.0とは?● Scala/JavaのWeb Application Framework – フルスタック。 – Ruby on Railsのような高い生産性 ● 「ソース修正・保存→ブラウザreload」で コンパイルが走り処理実行。(サーバ再起 動不要) – VIEWにおいても静的型付けで安全(Scalaに 限る)● 今時の技術を盛り込み済み – JSON、非同期処理、WebService連携、自動 テストサポート● ※Java EEのお作法に非準拠。
  3. 3. Scala● JavaVM上で動く静的型付けの関数型/オブジェ クト指向言語 – 全て(関数も)がオブジェクト – 型推論により、冗長な型記述を削減。 – パターンマッチで条件分岐がすごいことに。 – Option型によるnullのラッピング – Javaのライブラリを呼び出すことができる。 – IDEのサポートが充実してきている。 – Twitter、Foursquare、Linkedin、英紙 guardianでも使われている。 – Javaよりもコンパイルの時間がかかる。
  4. 4. 動作環境、ラインセンス● Scala – JRE 1.5以降 – Scala License(BSDライク)● Play! Framework 2.0 – JDK 6以降 – Apache License, Version 2.0
  5. 5. 環境構築-1● JDK 6のインストール – 省略● Scalaのインストール – http://www.scala-lang.org/downloads (※2.9以降を推奨。)● Eclipseのインストール – 省略● Scala IDEのインストール – http://scala- ide.org/download/current.html 参照
  6. 6. 環境構築-2● Play! 2.0 インストール – http://www.playframework.org/documen tation/2.0/Installing – Zipファイルをダウンロード – 解凍 – PATHを通す。 – 以上!
  7. 7. 新しいアプリケーションを作成-1 myappという名前で 新しいアプリケーションを作成 ENTER
  8. 8. 新しいアプリケーションを作成-2 テンプレートを選択。 ScalaとJavaが選べる。 ここではScalaを選択。
  9. 9. 新しいアプリケーションを作成-3 テンプレートに基づいて アプリケーションが作られる。
  10. 10. playコンソールを起動 作られたアプリケーション フォルダへ移動。 playコンソールを起動
  11. 11. サーバを起動サーバを起動。 localhost:9000で起動
  12. 12. ブラウザで確認
  13. 13. Eclipseのプロジェクトに変換● Playコンソールで – eclipsify – と入力すると、 ● .classpath ● .project – が出力されるので、Eclipseにインポート。
  14. 14. Play!の基本:ルーティング● /conf/routesファイル – HTTPメソッド、URIパターン、Action ジェネ レータを記述● 例:GET /hello/:name controllers.Hello.hi(name: String) – HTTPメソッドがGETで、 – /hello/:nameというURIの場合、 – controllers.Hello.hi(name: String) を呼び出す ● :nameは動的に変わる値。 ● /hello/John というURIの場合、 controllers.Hello.hi(John) を実行
  15. 15. Play!の基本:Action● play.api.mvc.Action – play.api.mvc.Requestをplay.api.mvc.Resultに変 換する関数。 – リクエストを受け取って、処理結果をクライアント に返す。 – 普通のWebの仕組みですね。
  16. 16. Play!の基本:Controller● ControllerはActionジェネレータ – Requestを受け取ってResultを返す関数を書く。 – Controllerの例(controllers/Hello.scala): hi関数: String型のnameという引数を受け取る。 “Hello! :”という文字列に、 引数を追加した値を返す。 Okは、HTTPステータスコード「200 OK」、 text/plainであるレスポンスボディを返す。
  17. 17. 実行結果 /hello/:namehi関数から返された結果
  18. 18. Play!の基本:view(テンプレート)● View(テンプレート)はコンパイルされるとScalaの 関数になる – コンパイル時点で型エラーのチェックなどが可能。
  19. 19. Play!の基本:view(テンプレート)の例● view/greeteings.scala.html テンプレートの引数 @以降は Scalaステートメントと判断される。
  20. 20. Play!の基本:view(テンプレート)呼び出し hi関数をtemplateを使うように 書き換え。 Play!の規約で、views/greeting.scala.htmlは view.shtml.greeting関数にコンパイルされる。 Controllerからすると、普通のScala関数の呼び出し。
  21. 21. Play!の基本:view(テンプレート)呼び出し
  22. 22. Play!の基本:テンプレートは関数● view/greeteings.scala.html でおかしな記述をすると 存在しない値を参照
  23. 23. コンパイルエラーになる
  24. 24. Play!を更に学ぶには?● Play 2.0 documentation – http://www.playframework.org/documentati on/2.0/Home● サンプルアプリケーション – バイナリパッケージに同梱● メーリングリスト – https://groups.google.com/forum/? hl=en&fromgroups#!forum/play-framework

×