名古屋アジャイル勉強会第9回(2009/02/27)発表資料

1,469 views
1,404 views

Published on

名古屋アジャイル勉強会第9回(2009/02/27)の発表資料です。;

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,469
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
45
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

名古屋アジャイル勉強会第9回(2009/02/27)発表資料

  1. 1. 第9回 名古屋アジャイル勉強会 『アジャイルなら仕事を 楽しくできますか?』 2009/02/27
  2. 2. 今日のアジェンダ <ul><li>自己紹介
  3. 3. グループワーク1
  4. 4. 「楽しい」は良いことか?
  5. 5. グループワーク2
  6. 6. グループワーク3
  7. 7. グループワークの結果をシェア&フィードバック
  8. 8. クロージング </li></ul>
  9. 9. 自己紹介 <ul><li>RKTM </li><ul><li>三重県から名古屋に通勤するプログラマ
  10. 10. 大学では社会心理学専攻(文系です。) </li></ul><li>参加しているコミュニティ </li><ul><li>名古屋アジャイル勉強会、名古屋ライフハック研究会
  11. 11. Ruby勉強会関西、FLOSS桜山 </li></ul><li>最近読んだ本 </li><ul><li>北方謙三「水滸伝」 </li><ul><li>志のある人達が集まって、あるいはそれぞれの場所で奮闘し、何かを成し遂げようとする。
  12. 12. これなんてITコミュニティ? </li></ul></ul></ul>
  13. 13. 本日のテーマ <ul><li>アジャイルなら仕事を楽しくできますか? </li></ul>
  14. 14. IT業界 <ul><li>IT業界は“7K”と呼ばれているそうです。 </li><ul><li>きつい、帰れない、給料が安い、規則が厳しい、休暇がとれない、化粧がのらない、結婚できない。 </li></ul><li>うつ病が多いとか。
  15. 15. なんだか『嫌』な事が多い気が。 </li><ul><li>無謀な計画とともに無用な設計書が渡される。
  16. 16. 新人時代からずっとCOBOLなんですが、大丈夫でしょうか・・・。 </li><ul><li>次に自分ができる仕事ってあるのかなぁ・・・。 </li></ul><li>上の指示でオフショア活用するも、もらうソースはコンパイルすら通らない・・・。 </li></ul></ul>
  17. 17. そこで <ul>皆さんにお聞きしたいです。 </ul>
  18. 18. グループワーク1 <ul><li>皆さんの仕事における </li><ul><li>楽しくないこと
  19. 19. 面倒なこと
  20. 20. なるべく避けたいこと </li></ul><li>はなんですか?
  21. 21. 例えば・・・ </li></ul>
  22. 22. 楽しくないものの例 <ul><li>会議 </li><ul><li>無駄に紙が多い。 </li><ul><li>印刷するのは下っ端の自分の役目だったり。そもそもメールで済む内容だったり。 </li></ul></ul><li>管理 </li><ul><li>日報書き、週報書き、週報会。
  23. 23. 管理資料書くよりもコードが書きたいです・・・。 </li></ul><li>社内政治とか。 </li><ul><li>誰かと誰かの間で板ばさみとか。
  24. 24. 上の人の不仲が某巨大掲示板で晒されているとかどう見ても内部の犯行です。 </li></ul></ul>
  25. 25. グループワーク1(再) <ul><li>皆さんの仕事における </li><ul><li>楽しくないこと
  26. 26. 面倒なこと
  27. 27. なるべく避けたいこと </li></ul><li>はなんですか?
  28. 28. 例:会議、管理、人間関係、構成管理、官僚主義、飲み会、雑務、見やすいドキュメントでないと受領しない PM 、 etc 。 </li></ul>
  29. 29. 「楽しい」は良いことか? <ul><li>「楽しい」と良いことはあるのか? </li><ul><li>「楽しいなんてとんでもない。仕事はストイックにやるべきものだ」
  30. 30. 「へらへら仕事やっていては生産性も品質も下がるんじゃないか?」 </li></ul><li>でも楽しくやるのが、 </li><ul><li>自分にとっても
  31. 31. 組織にとっても
  32. 32. 良いような気がします。 </li></ul><li>ということで調べてみました。 </li></ul>
  33. 33. 羽生善治 <ul><li>羽生善治(はぶ よしはる) </li><ul><li>将棋のすごい人。 </li></ul><li>著書「決断力」 </li><ul><li>「深い集中力が得られるかどうかは・・・面白いと感じられるかどうかによる。楽しい局面かそうでないかで集中の度合いは全然違う。・・・考えて面白い局面、考えがいのある局面、そういう方向へ持っていくことが集中力につながるのだ。」
  34. 34. 「何かに興味を持ち、それを好きになって打ち込むことは、集中力だけでなく、思考力や創造力を養うことにつながると思っている。」 </li></ul></ul>
  35. 35. 要約すると <ul>羽生善治 「楽しむとすごく集中できるよ」 </ul>
  36. 36. さらに <ul>羽生善治 「楽しむとクリエイティブになれるよ」 </ul>
  37. 37. ということは? <ul><li>集中すると生産性も品質も上がるはず。
  38. 38. おお、つまり
  39. 39. 「楽しむ->集中  ->高品質・高生産性」 </li></ul>
  40. 40. 心理学の分野から <ul><li>ホーソン実験 </li><ul><li>作業者が自ら作業環境の条件を決めたり生産高の標準値を設定したりする自由が大きくなるほど、仕事の満足度は増した。
  41. 41. 仕事の満足度や生産高を左右するのは、物理的な作業条件よりも作業者間の協力や価値の実感である </li></ul></ul>
  42. 42. 昔の人も言っています。
  43. 43. 子曰く <ul><li>これを知る者はこれを好む者に如かず
  44. 44. これを好む者はこれを楽しむ者に如かず </li></ul>
  45. 45. つまり <ul>孔子 「楽しめる者が一番良い結果を出せる」 </ul>
  46. 46. グループワーク2 <ul><li>皆さんが </li><ul><li>楽しい!
  47. 47. と思う時はどんな時ですか? </li><ul><li>ヒント </li><ul><li>仕事以外でも。
  48. 48. 5W1H で考えると?
  49. 49. 逆に、どういう時に楽しくないですか? </li></ul></ul></ul><li>例:今まで 30 分かかっていた手作業が自動化で 10 秒で終わると楽しい、ほめられると楽しい、さくさく進むと楽しい。 </li></ul>
  50. 50. Flow状態 <ul><li>Flow(フロー)状態 </li><ul><li>フロー(英語:Flow )とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ZONE、ピークエクスペリエンスとも呼ばれる。 (wikipediaより) </li></ul></ul>
  51. 51. フロー状態の構成要素1 <ul><li>フロー状態の構成要素 </li><ul><li>8つの構成要素があげられます。 </li><ul><li>明確な目的(予想と法則が認識できる)
  52. 52. 専念と集中、注意力の限定された分野への高度な集中。(活動に従事する人が、それに深く集中し探求する機会を持つ)
  53. 53. 自己に対する意識の感覚の低下、活動と意識の融合。
  54. 54. 時間感覚のゆがみ – 時間への我々の主体的な経験の変更 </li></ul></ul></ul>
  55. 55. フロー状態の構成要素2 <ul><li>フロー状態の構成要素 </li><ul><li>後半4つ </li><ul><li>直接的で即座な反応(活動の過程における成功と失敗が明確で、行動が必要に応じて調節される)
  56. 56. 能力の水準と難易度とのバランス(活動が易しすぎず、難しすぎない)
  57. 57. 状況や活動を自分で制御している感覚。
  58. 58. 活動に本質的な価値がある、だから活動が苦にならない。 </li></ul></ul></ul>
  59. 59. フロー状態のモデル <ul><li>課題の難しさと能力のバランスが取れている場合、Flow状態に入りやすい。 </li></ul>
  60. 60. グループワーク3 <ul><li>では、グループワーク1で考えて頂いた「楽しくないこと」の中から1つを選んでください。
  61. 61. それについて、
  62. 62. 「どうすれば楽しくできるか?」 をグループで考えてみて下さい。
  63. 63. 例: </li><ul><li>ゲーム化する。(一番早く出来たらお菓子をたくさんもらえる)
  64. 64. 面倒な仕様を擬人化。すると「手がかかる子ほど可愛い」という格言通り、面倒な仕様についてもちょっとだけ優しくなれる。 </li></ul></ul>
  65. 65. シェア&フィードバック <ul><li>GW 1、2、3で出てきたアイデアを、全体でシェアしましょう。 </li></ul>
  66. 66. まとめ <ul><li>高杉 晋作 </li><ul><li>「面白く無き世を面白く、住み成す者は心為り」 </li></ul><li>アジャイルなら仕事を楽しくできますか? </li><ul><li>アジャイルを試してみると楽しくできるかも?
  67. 67. アジャイルでなくともできます。 </li><ul><li>試されたら是非その結果をシェアして下さい! </li></ul></ul></ul>
  68. 68. 最後に <ul><li>本日はお忙しい中ご参加下さり ありがとうございました! </li></ul>

×