Your SlideShare is downloading. ×
0
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20130202 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘い

223

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
223
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. ドメイン駆動設計読書会 @ 名古屋 へのお誘い於:わんくま同盟 名古屋勉強会 #26 2013/02/02 @RKTM
  • 2. 自己紹介● Twitter : @RKTM● コミュニティ – ドメイン駆動設計読書会@名古屋 – 名古屋 Scala 勉強会(休止中) – 名古屋アジャイル勉強会● 山登りと映画
  • 3. 今日お話すること● 「ドメイン駆動設計」って?● 「ドメイン駆動設計」読書会 @ 名古屋は こんなことをやってます。● 勉強会の参加者が増えると嬉しい! – あなたの知識・経験が皆の学びに! – そしてあなたも学びを得るはず!
  • 4. 『ドメイン駆動設計』?● エリック・エヴァンスの 『ドメイン駆動設計』 – http://amzn.to/eLaKbm – 価格: ¥ 5,460 – 最初は買わなくても手ぶらで来てみて!
  • 5. ソフトウェア開発の 現場が抱える問題
  • 6. ソフトウェア開発の現場が抱える問題● “ ソフトウェアを書き始める時、 我々は対象を十分に理解しているわけ ではない。” – ソフトウェア開発の伝言ゲームの中で、我々開発者 は、ビジネスの実態をどれだけ理解しているのか。 – 顧客が話していることをこちら側が間違って理解して いるかも。
  • 7. ソフトウェア開発の現場が抱える問題● “ 一方、すべてのプロジェクトから知 識は流出している” – 業務をヒアリングした上級 SE() は上流フェーズ () を 終え、得た知識を断片的に設計書に残して離脱。 – プロジェクトが終われば、チームは解体。 – 業務を熟知していた顧客側担当者も別の部署に異動に なったり。 – そんな状況で保守要員 or 二次開発要員 or 顧客企業が この先生きのこるには・・。
  • 8. ソフトウェア開発の現場が抱える問題● コードが設計書? – 顧客と話す際に『翻訳』しないといけない● ほぼコードのような詳細すぎる設計書? – 『ほぼ 1 分の 1 スケールの地図』は無価値● コードには表しきれない知識
  • 9. そこでドメイン駆動設計ですよ!
  • 10. ドメインって?● domain – 「活動、思考、影響」の分野・領域● (開発者から見た)ユーザー / 顧客の – ビジネスの領域、活動の領域、業務の領域● ソフトウェア開発の『対象』
  • 11. ドメイン駆動設計って?● ドメインとドメインロジックに フォーカスする。● 複雑なドメインの設計はモデルに 基づく。● その他具体的なことは勉強会で!
  • 12. ドメイン駆動設計のメリットって?● 『適切な地図』としての ”ユビキタス言語” ( 共通言語) – 顧客と開発者がワンテーブルで話せる 『地図』としてのモデル。 – 新しく PRJ に入ってきた開発者に 古参メンバーが説明するのにも使える。
  • 13. ドメイン駆動設計のメリットって?● 保守性の向上 – ドメインレイヤーの独立などにより、 将来のドメインの変更にも対応しやすい。
  • 14. ドメイン駆動設計のメリットって?● 楽しい! – モデルをみながらあれやこれやと議論して ● ドメインの新たな視点が得られる ● モデルが洗練されていく – のが気持ち良い。 – 勉強会で体験できます!
  • 15. 『ドメイン駆動設計』読書会● 毎月第3金曜: – 本の内容について議論● 毎月第2金曜: – 本の内容をベースにモデリング・実装● サイト・ ML – https://sites.google.com/site/dddnagoya/home – https://groups.google.com/forum/#!forum/dddnagoya
  • 16. 最後に● ぜひ勉強会に! – あなたの知識・経験が皆の学びに! – そしてあなたも学びを得るはず! – 次回は 2/8 (金)! ● http://partake.in/events/fad4e4bf-46a1-4495-884f-f9468e4f0f34● ご静聴ありがとうございました。

×