20120806 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘いα版

744 views
699 views

Published on

ドメイン駆動設計読書会@名古屋のお誘い資料です。
α版。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
744
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20120806 ドメイン駆動設計読書会at名古屋のお誘いα版

  1. 1. ドメイン駆動設計読書会 @ 名古屋 へのお誘い 2012/08/06 α版
  2. 2. はじめにまとめ● 『ドメイン駆動設計』はすごく良い(と思う)。 – 上を目指すプログラマーにとって: ● 『より良い設計』を学べる。 – 顧客と話し業務を理解し設計する人にとって: ● 『顧客と認識合わせできて、しかもソースコードま で地続きな設計』ができる。● 「ドメイン駆動設計」読書会 @ 名古屋をやって るんでみんな参加してくれると嬉しい! – あなたの知識・経験が皆の学びに! – そしてあなたも学びを得るはず!
  3. 3. 対象の本● エリック・エヴァンスの『ドメイン駆動設計』 – http://www.amazon.co.jp/dp/4798121967/ – 翔泳社 – ISBN-13:978-4798121963 – 価格: ¥ 5,460 – Yes! 気合の入った値段だ! ● ゆえに骨の髄まで味わい尽くさねば勿体無い!! ● しかも独りで読んでいると結構ぼんやりしてくる。 ● 最初は買わなくても手ぶらで来てみて!
  4. 4. ソフトウェア開発の 現場が抱える問題
  5. 5. ソフトウェア開発の現場が抱える問題● 『ソフトウェアを書き始める時、我々は対象 を十分に理解しているわけではない。』 – ソフトウェア開発の伝言ゲームの中で、実態を どれだけ理解しているのか。 多分、最も理解するタイミングはプロジェクト が終わるぐらい。 – 顧客が話していることをこちら側が間違って理 解しているかも。 – 顧客担当者の認識している業務の実態が、実 態と乖離しているかも。
  6. 6. ソフトウェア開発の現場が抱える問題● 『一方、すべてのプロジェクトから知識は流 出している』 – 業務をヒアリングした上級 SE() は上流フェー ズ () を終えてプロジェクトを離脱。 得た知識を断片的に設計書に残して。 – プロジェクトが終われば、設計者も PL も実装 者も他のプロジェクトへ。 – 業務を熟知した顧客担当者も別の部署に異動 になったり。 – そんな状況で保守要員 or 二次開発要員が この先生きのこるには・・。
  7. 7. ソフトウェア開発の現場が抱える問題● コードが設計書? – 詳細すぎても困ります。 – 顧客とコミュニケーションするにはコードから の”翻訳”が必要。● ほぼコードのような詳細すぎる設計書? – 『 1 分の 1 縮尺の地図』に価値はない。● コード(とコードコメント)が苦手とする領域 (例:背景・全体の俯瞰、などなど)をカバー する何かが欲しい。
  8. 8. そこでドメイン駆動設計ですよ!
  9. 9. つづく!とりあえず今月の読書会の詳細は以下から!◆第 4 回 ドメイン駆動設計読書会 @ 名古屋 http://atnd.org/events/30997

×