WebIntents × SNS

972 views
892 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
972
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

WebIntents × SNS

  1. 1. WebIntents × SNS @ritou 2012/05/xx(特にどこかで発表したわけでもない)
  2. 2. WebIntents
  3. 3. Androidの暗黙的Intent• ギャラリー側がインテントを送る – Action : “共有”, Data : 動画ファイル• 対応するアプリ一覧が表示される• ユーザーは好みのアプリを選択
  4. 4. WebIntents • AndroidのIntentのしくみを Webアプリ(Webサービス) に導入したもの • W3CのTask Forceで仕様策 定中 • 各ブラウザは対応を始めた ばかり – Chromeはかなり進めてる – デモ用のJavaScript shmが提 供されているが...
  5. 5. 登場人物• サービス – インテントを受けて処理するWebアプリ• クライアント – インテントを送るWebアプリ• UA – サービスの管理とインテントを仲介するWebブラ ウザ
  6. 6. サービスの登録サービス側は以下のようなJSによりブラウザにサービス登録を依頼<intent ↓共有のためのアプリ action=“http://webintents.org/share” type="text/uri-list" ←URLなどを扱う href="share.html" ←アプリの起動用URL/>
  7. 7. Default IntentsとType• Default Intents • Type – Discover – application/JSON – Share – image/* – Edit – audio/* – View – video/* – Pick – text/uri-list – Subscribe – Save• 独自に定義可能
  8. 8. サービスの管理• ブラウザ上でサービスの管理が行われる – 削除 – 新規登録• ブラウザの拡張機能やChromeのアプリのよう なイメージ
  9. 9. インテント送信クライアントがAction, Typeとデータを指定してstartActivityメソッドを呼ぶvar intent = newIntent( "http://webintents.org/share", "text/uri-list", [ url ]);window.navigator.startActivity(intent);
  10. 10. インテント受信サービス側はwindow.intentの値を取得if(!!window.intent) { var url = $.isArray(window.intent.data) ?window.intent.data[0] : window.intent.data;...
  11. 11. Chrome (β)
  12. 12. メリット• ブラウザを介して疎結合なWebアプリ同士を 連携可能 – 連携機能の開発工数を抑えられる – UX向上が期待できる • ブックマーク、共有ボタン、認証プロバイダーなど、使 いたいボタンがない!を回避できる• URIを利用したホームネットワーク内のデバイ ス連携なども視野に入れている
  13. 13. 課題• ブラウザの実装 – 仕様に忠実に従ってくれるか – そもそも実装してくれるか• サービス登録 – 登録してくれないと使えない – 登録しすぎるとうざい、意味ない• セキュリティ – クロスドメインのデータのやりとりに問題はないか• デバイス連携
  14. 14. WebIntents × SNS
  15. 15. サービスとして• 現状の機能を拡張 – 共有ボタン系 • Share : URLの“共有”サービス 個別のJavaScript導入などが不要になる – フォト, ビデオなどのコンテンツ系 • Pick : フォトアルバムに保存されているものから選択 • Save : フォトアルバムに保存• 新機能 – 開発するときにWebIntentsを意識して作りこむだけで、 簡単に外部サービスにその機能を提供可能
  16. 16. クライアントとして• 機能拡張 – Share : 競合SNS(汗)などへの共有がより簡単に!• 他のサービスを簡単に導入 – Edit : フォト編集機能 • InstagramのようなサービスがFilterを提供したら使える • PCにインストールされているPhotoShopとの連携できるかも – Save : フォトインポート • 利用規約が気に入らないから全データ移動じゃーみたいな
  17. 17. まとめ• WebIntentsによりWebサービスのUXが変わる かもしれない• SNSはサービスとしてもクライアントとしても対 応するメリットは大きい• Chrome以外のブラウザも頑張れ!

×