20120317 LinuxJM OSC 2012 Tokyo
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20120317 LinuxJM OSC 2012 Tokyo

on

  • 921 views

 

Statistics

Views

Total Views
921
Views on SlideShare
921
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
1
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

20120317 LinuxJM OSC 2012 Tokyo 20120317 LinuxJM OSC 2012 Tokyo Presentation Transcript

  • Linux JM の現状と今後?2012/03/17Akihiro MOTOKI (@ritchey98)
  • 自己紹介• Akihiro MOTOKI• @ritchey98 ▫ あまりつぶやきませんが。• ネットワーク研究者 ▫ 広域Ethernet, IDS, メールフィルタ・・・ ▫ OpenFlow, OpenStack, …• Emacs Lisp は昔から書きます。• 自転車乗り。
  • JM のこれまで• 1996年 ▫ 今はなき Linux ML 上で man page 翻訳ブームが突然発生。大量 の man page が投稿される。 ▫ どのページを翻訳するかはポリシーは特になく、当時のディスト ロに入っていたものを適当に。• 1997年 ▫ JM Project 発足。 ▫ 五月雨式に投稿された man page の校正・配布。• 2000年 ▫ LDP man-pages の翻訳が一通り完了。一区切り。• <中略>• 2010年 : sourceforge.jp へ移転 ▫ linux.or.jp の Linux.com JAPAN への統合 (10月)  何も知らなかった自分は突然 CVS サーバへアクセスできなくな る・・・関係者のつてをたどって、事情を知る。 ▫ とりあえず JM の配布だけを続けようと、サイトだけは移転。
  • JM の現状• 外から見ると、 ▫ マニュアル古いよね・・・・  “ls” のマニュアルなんて・・・・ ▫ どう活動しているのか分からないよね・・・• 実際のところ ▫ アクティブ(?)メンバーは数人(片手で十分)  更新も滞ってます・・・  LDP man-pages だけは(自分が)メンテしてます。  man って翻訳してもあまり楽しくないのが大きい? ▫ 配布ポリシーは特に決まっていない。  マニュアル過去の寄せ集め。
  • DocFest (2/25)で出た話題 (1)• マニュアルの更新方法 ▫ いろいろとツールがあるよ。参考になりました。  po4a, Transifex … ▫ 他の言語での対応方法の情報  Perkamon & man-pages-fr, man-pages-ru ▫ Coreutils などは help2man で作成すればいいので は?• 配布物の見直ししてもいいかも。• Upstream への還元
  • DocFest (2/25)で出た話題 (2)• ライセンスフリーな JM がほしい ▫ ライセンスがよく分からないページがあるので、 権利関係をはっきりさせたい。 ▫ 権利関係の譲渡先は?  JM Project は単なる団体なので、受け皿になれない。  Distribution などの Foundation の傘下に入るのもあ りかも。  この辺りはどうすればいいのでしょう。 ▫ 過去の翻訳者は各ページ内に History があるので、 分かります。
  • DocFest 以降• いろいろツール類はお試し中。 ▫ データ更新は po4a ベースがよさそう。  LDP man-pages は perkamon @ alioth.debian を利用す るのがよさそう。e2fsprogs でも実験中。 ▫ 翻訳作業はどうするか。  Transifex を使えば、共同作業や&進捗度合いの把握がや りやすそう。  原文の更新は自分たちでした方がよさそうな印象。勝手 に原文が更新されると管理が大変。• 配布物は UTF-8 に変更しようと思っています。 ▫ 現状は EUC-JP と混在でややこしい。
  • Po4a おもしろいですね• po4a-gettextize, po4a-updatepo をやるのもいいのです が、po4a(1) はいいですね。設定書いておけば make っ ぽいことをやってくれます。• LANGS=“ja”• po4a --variable langs=$(LANGS) --srcdir . --destdir . hoge.cfg ------ hoge.cfg ----- [po4a_langs] $(langs) [po4a_paths] po/e2fsprogs.pot $lang:po/$lang.po [type: man] original/man1/lsattr.1 $lang:release/man1/lsattr.1
  • さて、今後• マニュアルの鮮度確保に向けて、 ▫ もっとオープンに。  Fedora, Debian, Ubuntu などの関係者も巻き込んで翻訳アップ デートできるように。 ▫ 翻訳対象は整理したい。  必要なもの、Upstream/Distribution にあるもの、古いもの ▫ Upstream との同期  だれが継続的にするのかもポイント。• ライセンスフリーな配布物 ▫ 詳しい方、是非ご協力を。• Man の配布は続けていきたいとは思っていますので、 いろいろ相談させて下さい。