Cloud Computing(クラウド・コンピューティング)

1,067
-1

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,067
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
24
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Cloud Computing(クラウド・コンピューティング)

  1. 1. Cloud Computing(クラウド・コンピューティング) 早藤 良平 (パワーポイント作成他) 増田 大輝(パワーポイント作成他) 木田 翔(パワーポイント作成他) 椙田 真之(情報収集) 幸田 祥平(情報収集)
  2. 2. Menu ① クラウドを支える仮想化技術 (早藤) ② クラウド・サービスの提供形態 (増田) ③ クラウドにおけるセキュリティ (木田) ④ クラウドの長所と短所 (椙田) ⑤ クラウド時代のデータセンター(椙田) ⑥ パブリック・クラウド・サービスの実例 (幸田) *カッコは各担当者
  3. 3. おさらいクラウドとは・・・ ・インターネットをベースとした コンピュータの利用形態 ・ユーザーはコンピュータ処理を ネットーワーク経由で行う ・自社保有・管理する形態から、 ネットワーク経由で他社サービス を利用する形態へ
  4. 4. クラウドを支える仮想化技術 ・サーバ仮想化 ・ストレージ仮想化 ・ネットワーク仮想化
  5. 5. サーバ仮想化 ・きっかけは、「無駄遣い」 ・いろいろな手法、 自由な使い方が魅力 ・「究極のエコ」が 1番の売り!
  6. 6. ストレージ仮想化 ・ストレージ・システムの容量を 別のストレージ・システムの 容量とつなぎ合わせる ・物理的なデバイスの詳細を サーバー側から隠ぺい可能 ・管理負担の軽減と空き容量の 有効活用を同時実現
  7. 7. ネットワーク仮想化 ・複雑化するネットワークの運用 負荷を軽減させるネットワークの 構築手法 ・バーチャルLAN(VLAN)により LANケーブルが少なくてすむ, ケーブルをつなぎ換える作業 が不要 ・システムの振り向け処理を システム運用管理ソフトが 自律的に実行
  8. 8. クラウド・サービスの提供形態・SaaS・PaaS・HaaS(IaaS)
  9. 9. SaaS(サース、Software as a Service )・ソフトウェアを提供者側のコンピュータで稼働させ、ユーザーはそのソフトウェア機能をインターネットなどのネットワーク経由でサービスとして使用・メリット「使用した期間・容量だけのサービス料支払いで済む」、「ユーザー側のコンピュータ導入・構築・管理などが不要」「短期間での利用開始」「ユーザー数や処理量の急な増減にも対応しやすい」・デメリット「プロバイダ側や通信回線、ネットワークの障害時は使用不能」「セキュリティ上の懸念」「ユーザー固有の仕様変更や運用変更は困難」「長期利用の場合に割高となる可能性がある」
  10. 10. PaaS(Platform as a Service、パースまたはパーズ) ・ソースコードをアップロードし、 アプリケーションを動作させる ・ユーザーによるOSの直接操作が不要 ・開発言語が限定される ・提供されていないミドルウエア の準備が必要
  11. 11. HaaS(ハース,Hardware as a Service)IaaS(イアース/アイアス,Infrastructure as a Service) ・基盤一式を大規模なデータセンター などに用意して、仮想化されたサー バなどの形で顧客企業がネットを 通じて必要なだけ利用し、利用実績 に応じて課金 ・仮想化されたサーバのみを提供し、 顧客が必要なOSなどを自前で インストールして利用 ・代表的なものは、米アマゾン・ウェブ ・サービシズの「Amazon EC2」
  12. 12. クラウドにおけるセキュリティクラウドのインフラを外部の攻撃から守る対策物理サーバ環境における対策 ファイアウォールやIPS(不正侵入防御システム)、Webアプリケーションファイアウォール、ウイルス 対策や認証システムの導入など… ファイアウォールを導入する場合  ある特定のIPアドレス、あるいはIPレンジ以外からのアクセスを拒否するといった機能を利用し て、許可しないユーザーによるアクセスを遮断することが望ましい。
  13. 13. クラウドにおけるセキュリティ仮想環境への対策 システムが常時稼動しているわけではないゲストマシンに最善のセキュリティを提供 するのは難しくミッションクリティカル性が高いことなどを理由にセキュリティ対策を導 入できないケースも考えられる。 その場合には、「仮想アプライアンス(バーチャルアプライアンス)」によるセキュリティ 対策を行なうこともできる。  ハイパーバイザー上にソフトウェアをインストールし、VMSafeなどのアーキテク チャを利用して、仮想化されている個々のゲストマシンにはエージェントを入れなく ともセキュリティ対策を行なえるというものだ。
  14. 14. クラウドの長所と短所長所 拡張性と柔軟性  処理量に応じて、使用する資源の量に増減できる (ハードウェアの追加投資が不要) 初期投資が不要 一時的増強も可能 開発期間を短縮 変更・改良が容易 使用した分だけお金を支払う
  15. 15. クラウドの長所と短所デメリット データの物理的所在が不明 データやプロセスの相互隔離の保障 セキュリティや信頼性の評価指標が未確立 単一事業者への依存過多(ロックイン問題) 自社や第3者とのシステム・データ連携問題
  16. 16. クラウド時代のデータセンター・グーグルのデータセンター
  17. 17. パブリック・クラウド・サービスの実例
  18. 18. クラウド・サービスの最新トレンド・独SAPと米マイクロソフト、アプリケーション開発と クラウド導入で協業・富士通、クラウド活用で被災ペットの情報管理を開始・米3M、クラウド型電子書籍貸し出しシステムを 図書館向けに提供
  19. 19. おわり
  20. 20. 出典一覧●スライド3 クラウド・コンピューティング- Wikipedia http://goo.gl/gz4jB●どうして仮想化? サーバー仮想化の基礎知識 http://cloud.watch.impress.co.jp/epw/cda/virtual/2009/03/23/15082.html●ストレージ進化論 http://gihyo.jp/admin/feature/01/storage/0004●ネットワークの仮想化 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070213/261849/●情報マネジメント用語事典 > SaaS(software as a service) http://sankei.jp.msn.com/life/news/110523/trd11052307370001-n1.html● IaaS – Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/IaaS● IPAX2009パネルディスカッション 「クラウドコンピューティング: セキュリティ上の課題は何か」 横浜国立大学 大学院 環境情報研究院 教授 松本 勉 http://www.ipa.go.jp/about/news/event/ipax2009/pdf/IPAX2009_security_matsumoto.pdf#search=クラウドコン ピューティング セキュリティ‘●事例 http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201105230004.html http://sankei.jp.msn.com/life/news/110523/trd11052307370001-n1.html http://hon.jp/news/1.0/0/2406/
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×