Your SlideShare is downloading. ×
0
鉄は熱いうちに打て!  今すぐやろう社内勉強会!<br />八尾 崇(まっちゃだいふく)塩谷 啓 (kwappa)市谷 聡啓(papanda)<br />松井 洋一(Microsoft)<br />
勉強会の定義<br />1人で勉強しているのが勉強<br />2人集まれば勉強会<br />定義できない m(_ _)m<br />主催者、参加者が楽しく勉強できたら良いのです!<br />
社内勉強会とは?簡易アンケート<br />自社に社内勉強会がある人<br />社外の勉強会に参加したことある人<br />会社にSNSや掲示板、MLがある人<br />
本日の講師と紹介<br />塩谷 啓 (kwappa)<br />市谷 聡啓(papanda)<br />八尾 崇(まっちゃだいふく)<br />松井 洋一(Microsoft)<br />ここにいらっしゃる皆さん!<br />
当BoFのアジェンダ<br />
講師自己紹介<br />
自己紹介以下の内容で自己紹介します。<br />名前<br />コンタクト方法<br />会社の概要<br />会社でのポジション<br />ひとこと<br />
まっちゃだいふく<br />名前<br />まっちゃだいふく<br />八尾 崇<br />抹茶チョコをお土産に持っていって、豆大福をお土産に持っていったら付けられたハンドル名5年もたつと勉強会参加者にとっては本名よりなじんでくれていますw<b...
コンタクト方法<br />wassr / twitter : ripjyr<br />blog : http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/<br />ひとこと<br />参加してて、主催していて楽しい勉強会を開催してたのしみ...
Kwappa<br />名前<br />Kwappa<br />塩谷 啓<br />会社の概要<br />株式会社もしも<br />ドロップシッピングサイト「もしもドロップシッピング」を運営<br />会社でのポジション<br />ファンダメン...
コンタクト方法<br />twitter : kwappa<br />web : http://www.kwappa.net/<br />ひとこと<br />勉強会は「種」のようなものです。芽が出て花が咲くことも、発芽しないことも。どちらも楽し...
papanda<br />名前<br />papanda<br />市谷 聡啓<br />会社の概要<br />海岸沿いにあるSIer<br />会社でのポジション<br />係員が一人もいない係長<br />
コンタクト方法<br />twitter : papanda<br />blog : http://d.hatena.ne.jp/papanda0806/<br />ひとこと<br />勉強会を始めるのに必要なものは、たった1つです。<br />
松井 洋一<br />名前<br />松井 洋一<br />会社の概要<br />ソフトウェアの製造販売、日本本社は新宿、米国本社はシアトル<br />Tips: 日本法人は2,383 名(男性:1,892 名  女性:491 名)(2009 ...
コンタクト方法<br />mail : youichim@microsoft.com<br />blog : http://blogs.technet.com/jpitpro/<br />ひとこと<br />今日はみなさんの楽しく活発な議論を期...
社内勉強会事例紹介<br />
社内勉強会のお話<br />papandaさん<br />
papanda(市谷聡啓)<br />所属:<br />  DevLOVEコミュニティ<br />  Change The Rule!<br />  アジャイルチームWG<br />  XPユーザ会スタッフ<br />  PFP勉強会<br />
本日のお話。<br />
社内勉強会<br />
 なぜ、 <br /> 社内勉強会?<br />
社内勉強会を開催する理由<br />
社内勉強会を開催する理由<br />●知識が広がり、深まる<br />
社内勉強会を開催する理由<br />●知識が広がり、深まる<br />●セクションを越えた出会い<br />
社内勉強会を開催する理由<br />●知識が広がり、深まる<br />●セクションを越えた出会い<br />●仕事では見せない一面<br />
社内勉強会を開催する理由<br />●知識が広がり、深まる<br />●セクションを越えた出会い<br />●仕事では見せない一面<br />●誰かと一緒にやる楽しさ<br />
 社内勉強会に<br />ありがちなこと。<br />
人が集まらない。<br />
人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />
人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />
人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />
人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
 この世で<br /> 心を折る出来事の<br /> 5本の指に入る<br />
 誰も来ない、<br /> 会議室(勉強会会場)で<br /> 1人でいること。<br />
 <br />心を折るのは、<br />もう十分だ。<br />
人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
仕事が忙しい<br />
夜22時業務終了<br />その後勉強会?<br />ないわー。<br />
夜がダメなら、<br />朝があるじゃない。<br />
夜がダメなら、<br />朝があるじゃない。<br />例えば、早朝読書会<br />
毎週月曜日<br />朝8時から<br />その場で読む<br />
朝から、<br />達人プログラマーは<br />背筋が伸びる。<br />
朝から、<br />達人プログラマーは<br />背筋が伸びる。<br />が、朝は無理。<br />
人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
    定時後まで<br />勉強したくない<br />
これは諦める<br />
これは諦める<br />無理矢理<br />連れて来ても<br />仕方ない。<br />
人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
興味が無い<br />
なんて寒い。<br />
周りの気温が<br />上がるのを、<br />待っている程<br />人生は長くない。<br />
凍てついた<br />心を<br />溶かすために<br />
社内で<br />カンファレンスをやる<br />
社内カンファレンス<br />●自分たちで作るお祭り<br />●何かに尖った人の話<br />●運営はボランティア<br />●参加者の熱量が上がる<br />
これは何?<br />
社内カンファレンス=<br />
社内カンファレンス=<br />空気を変える<br />勉強会<br />
人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
そもそも存在を知らない<br />
インフラ重要<br />
社内SNS<br />
SKIP<br />情報共有<br />ソーシャルウェア<br />
インフラがあれば<br />それで解決する<br />わけではない。<br />
デジタルと<br />アナログを<br />上手く使おう。<br />
さて。<br />
”社内”に<br />こだわる理由は<br />何なのか<br />
社内勉強会には<br />社外勉強会とは<br />別の動機がある<br />
一緒に仕事を<br />する人と、<br />イイ仕事がしたい<br />
プロジェクトで、生み出されたプラクティスと、<br />チームの文化は、<br />プロジェクトが終了し<br />ても、それを超えて<br />伝わっていく。<br />
プロジェクトチームは<br />有期だが、<br />人々の繋がりに<br />期限は無い<br />
最後に。<br />
私が<br />勉強会に<br />込める願い<br />
この場を<br />作ったからこそ<br />
人が集まり<br />
会話が成り立ち<br />
経験が共有され<br />
知恵が生まれる<br />
勉強会に参加した<br />誰かが、自分で<br />勉強会開催する<br />
その勉強会に<br />参加した人が<br />また、勉強会を<br />開催したいと思う<br />
人に起きる<br />変化は伝播する<br />
たった一人に<br />起きた変化が<br />やがて<br />世界を変える<br />
世界を変えるのは<br />遠いどこかの<br />誰かじゃない<br />
世界を変えるのは<br />自分自身だ。<br />
ご静聴、ありがとうございました。<br />
ある社内勉強会の一生<br />Kwappaさん<br />
ある社内勉強会の一生<br />
はじめに自己紹介とお断り<br />はじめまして<br />Kwappa (かっぱ)<br />塩谷 啓 (しおや ひろむ)<br />前職での経験をお話します<br />先月転職しました<br />転職先でも『社内勉強会』の開催を画策中<br />
【種子】勉強会との出会い<br />2008年、空前の「IT勉強会ブーム」<br />IT勉強会カレンダーによる「可視化」<br />開催することへの漠然とした意欲<br />
まずは失敗例<br />
【発芽】しなかった例『勉強会部会』を設立<br />隣の部署と合同で<br />技術blogを立ち上げる<br />最初は話題フリーで<br />いずれは『社内勉強会』をやろう<br />
大失敗<br />迷走するblog<br />モンハンの話ばかり<br />上がらない熱<br />折れる心<br />部会は空中分解<br />
失敗を踏まえて<br />
【発芽】した例『社内勉強会』開催のきっかけ<br />チームメンバが独断でRuby on Railsを採用<br />PHPによる開発がほぼすべて<br />これはまずい<br />他のメンバも教育しなきゃ<br />ニヤリ<br />「漠然と...
開催までの道のり<br />上司に申請<br />あっさり承認<br />圧力もなく、ノルマもなく<br />主催者としてはラッキーな環境<br />チームへの告知<br />グループウェア<br />社内Wiki<br />
開催の概要<br />毎週水曜 19時から1時間程度<br />「ノー残業デー」を活用<br />業務外の時間帯に開催<br />講師は持ち回りで<br />主にお願いベース<br />時々立候補あり<br />実績:全16回開催<br />途...
勉強会から得たもの<br />
【発芽】しなかった「部会」失敗から得たもの<br />「部会」は不要<br />誰かの「熱量」が、誰かもう一人に「点火」すれば「会」はうまれる<br />コミュニケーション重要<br />グループウェア、Wiki、SNSなど<br />発言のコ...
【開花】した『社内勉強会』開催することで得たもの<br />参加することによる成果<br />勉強する習慣がつく<br />発表することによる成果<br />発表することで理解が深まる<br />開催することによる成果<br />たのしい<br...
社内勉強会×コミュニケーション<br />
勉強会がもたらした利点<br />チームリーダーとしての利点<br />得手 / 不得手を知ることができる<br />会社員としての利点<br />同僚の新たな一面を発見することがある<br />気心の知れた人間とはやりやすい<br />
花は散り、そして…<br />
社内勉強会のその後<br />社外勉強会化<br />東京Basic Technology勉強会(略称:とべとべ[tobe-tobe])<br />主催者が退職<br />次いで「点火」したうちの一人も退職<br />『社内勉強会』という花は散...
まとめ<br />
『社内勉強会』<br />まずは主催者が楽しもう<br />失敗することも含めて<br />誰かに「点火」しよう<br />燃えやすそうなところを選ぶ<br />コミュニケーションしよう<br />手段がそのまま成果となる<br />
【種】を撒こう、明日のために<br />
ご清聴ありがとうございました<br />
社内勉強会のコツやQ&A<br />参加者の皆様と一緒に!<br />
社内勉強会構築のコツや質疑応答<br />始まり<br />SNSの活用方法<br />SNSはツールで双方向交流があればOK<br />野良OpenPNEが楽w♪<br />WikiやShare Point ServicesでもOK<br /...
社内勉強会構築のコツや質疑応答<br />継続<br />コンテンツ<br />社外勉強会の録画された動画視聴でもOK<br />Ustreamやニコニコ動画等<br />参加者<br />2人でも勉強会、数より定期開催を目指す<br />参加...
社外勉強会を見て    社内勉強会を振り返る<br />社外勉強会に参加したことがある人?<br />IT勉強会カレンダーをご存じの方?<br />社外勉強会のレポートを掲載して雰囲気を浸透させる<br />社外勉強会のやり方を見て社内勉強会を...
社内勉強会構築のコツや質疑応答<br />自主活動<br />時間外になるので注意<br />上長Hacksは大事<br />発表自体が難しくないことを伝えて話して貰う<br />ビールやソフトドリンクを準備している所も ←スポンサーHacks...
社内勉強会構築のコツや質疑応答<br />情報処理技術者試験勉強会は禁句<br />開催していて、あまり楽しくない!-> ワクワクしない?<br />情報処理技術者試験は自習が一番<br />集中して勉強できない人の為に自習室としての勉強会は良...
社内には1%くらい<br />変な人がいる<br />それを集める<br />
明日から始める社内勉強会<br />Supportedby Microsoft :D<br />
Microsoft がサポートできる事<br />会社に戻って勉強会を開いてみよう<br />Tech・Edのプレゼン資料の活用<br />Windows 7 勉強会キットの活用<br />社外の仲間を集めてやってみよう<br />マイクロソフ...
まず明日からできること<br />今回の報告をMLやSNSで報告<br />勉強会の価値や認識を社内に広げてみる<br />MLやSNSで勉強会の内容を報告し続ける<br />まず今回の報告会を勉強会にしてみる<br />今回の発表資料はダウン...
質疑応答<br />
最後に簡易アンケート<br />社内勉強会をやってみたくなった人!ノ<br />
ありがとうございました<br />短い時間でしたが、参加いただきありがとうございました<br />聞けなかった質問等は、もう少しここにいますので聞いていただければと思います。<br />
© 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Bo F 鉄は熱いうちに打て!今すぐやろう社内勉強会!(当日資料)

4,626

Published on

TechED Yokohama 2009で開催したBoFの資料です。
社内勉強会のススメをやってみました。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
4,626
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Bo F 鉄は熱いうちに打て!今すぐやろう社内勉強会!(当日資料)"

  1. 1.
  2. 2. 鉄は熱いうちに打て!  今すぐやろう社内勉強会!<br />八尾 崇(まっちゃだいふく)塩谷 啓 (kwappa)市谷 聡啓(papanda)<br />松井 洋一(Microsoft)<br />
  3. 3. 勉強会の定義<br />1人で勉強しているのが勉強<br />2人集まれば勉強会<br />定義できない m(_ _)m<br />主催者、参加者が楽しく勉強できたら良いのです!<br />
  4. 4. 社内勉強会とは?簡易アンケート<br />自社に社内勉強会がある人<br />社外の勉強会に参加したことある人<br />会社にSNSや掲示板、MLがある人<br />
  5. 5. 本日の講師と紹介<br />塩谷 啓 (kwappa)<br />市谷 聡啓(papanda)<br />八尾 崇(まっちゃだいふく)<br />松井 洋一(Microsoft)<br />ここにいらっしゃる皆さん!<br />
  6. 6. 当BoFのアジェンダ<br />
  7. 7. 講師自己紹介<br />
  8. 8. 自己紹介以下の内容で自己紹介します。<br />名前<br />コンタクト方法<br />会社の概要<br />会社でのポジション<br />ひとこと<br />
  9. 9. まっちゃだいふく<br />名前<br />まっちゃだいふく<br />八尾 崇<br />抹茶チョコをお土産に持っていって、豆大福をお土産に持っていったら付けられたハンドル名5年もたつと勉強会参加者にとっては本名よりなじんでくれていますw<br />会社の概要<br />セキュリティ系製品を作っている企業で勤務<br />会社でのポジション<br />勉強会エバンジェリスト<br />日本全国で情報セキュリティに関するコミュニティ勉強会を主催<br />
  10. 10. コンタクト方法<br />wassr / twitter : ripjyr<br />blog : http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/<br />ひとこと<br />参加してて、主催していて楽しい勉強会を開催してたのしみましょ!<br />
  11. 11. Kwappa<br />名前<br />Kwappa<br />塩谷 啓<br />会社の概要<br />株式会社もしも<br />ドロップシッピングサイト「もしもドロップシッピング」を運営<br />会社でのポジション<br />ファンダメンタル・エンジニア<br />
  12. 12. コンタクト方法<br />twitter : kwappa<br />web : http://www.kwappa.net/<br />ひとこと<br />勉強会は「種」のようなものです。芽が出て花が咲くことも、発芽しないことも。どちらも楽しむつもりで、種を撒いてみませんか?<br />
  13. 13. papanda<br />名前<br />papanda<br />市谷 聡啓<br />会社の概要<br />海岸沿いにあるSIer<br />会社でのポジション<br />係員が一人もいない係長<br />
  14. 14. コンタクト方法<br />twitter : papanda<br />blog : http://d.hatena.ne.jp/papanda0806/<br />ひとこと<br />勉強会を始めるのに必要なものは、たった1つです。<br />
  15. 15. 松井 洋一<br />名前<br />松井 洋一<br />会社の概要<br />ソフトウェアの製造販売、日本本社は新宿、米国本社はシアトル<br />Tips: 日本法人は2,383 名(男性:1,892 名 女性:491 名)(2009 年 7 月 1 日現在)<br />会社でのポジション<br />オーディエンス マーケティング マネージャ<br />ITエンジニアの皆さんがマイクロソフト製品やテクノロジーを満足して使っていただけるように日々取り組む仕事です。<br />
  16. 16. コンタクト方法<br />mail : youichim@microsoft.com<br />blog : http://blogs.technet.com/jpitpro/<br />ひとこと<br />今日はみなさんの楽しく活発な議論を期待してます。<br />
  17. 17. 社内勉強会事例紹介<br />
  18. 18. 社内勉強会のお話<br />papandaさん<br />
  19. 19. papanda(市谷聡啓)<br />所属:<br />  DevLOVEコミュニティ<br />  Change The Rule!<br />  アジャイルチームWG<br />  XPユーザ会スタッフ<br />  PFP勉強会<br />
  20. 20. 本日のお話。<br />
  21. 21. 社内勉強会<br />
  22. 22.  なぜ、 <br /> 社内勉強会?<br />
  23. 23. 社内勉強会を開催する理由<br />
  24. 24. 社内勉強会を開催する理由<br />●知識が広がり、深まる<br />
  25. 25. 社内勉強会を開催する理由<br />●知識が広がり、深まる<br />●セクションを越えた出会い<br />
  26. 26. 社内勉強会を開催する理由<br />●知識が広がり、深まる<br />●セクションを越えた出会い<br />●仕事では見せない一面<br />
  27. 27. 社内勉強会を開催する理由<br />●知識が広がり、深まる<br />●セクションを越えた出会い<br />●仕事では見せない一面<br />●誰かと一緒にやる楽しさ<br />
  28. 28.  社内勉強会に<br />ありがちなこと。<br />
  29. 29. 人が集まらない。<br />
  30. 30. 人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />
  31. 31. 人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />
  32. 32. 人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />
  33. 33. 人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
  34. 34.  この世で<br /> 心を折る出来事の<br /> 5本の指に入る<br />
  35. 35.  誰も来ない、<br /> 会議室(勉強会会場)で<br /> 1人でいること。<br />
  36. 36.  <br />心を折るのは、<br />もう十分だ。<br />
  37. 37. 人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
  38. 38. 人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
  39. 39. 仕事が忙しい<br />
  40. 40. 夜22時業務終了<br />その後勉強会?<br />ないわー。<br />
  41. 41. 夜がダメなら、<br />朝があるじゃない。<br />
  42. 42. 夜がダメなら、<br />朝があるじゃない。<br />例えば、早朝読書会<br />
  43. 43.
  44. 44. 毎週月曜日<br />朝8時から<br />その場で読む<br />
  45. 45. 朝から、<br />達人プログラマーは<br />背筋が伸びる。<br />
  46. 46. 朝から、<br />達人プログラマーは<br />背筋が伸びる。<br />が、朝は無理。<br />
  47. 47. 人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
  48. 48.     定時後まで<br />勉強したくない<br />
  49. 49. これは諦める<br />
  50. 50. これは諦める<br />無理矢理<br />連れて来ても<br />仕方ない。<br />
  51. 51. 人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
  52. 52. 興味が無い<br />
  53. 53. なんて寒い。<br />
  54. 54. 周りの気温が<br />上がるのを、<br />待っている程<br />人生は長くない。<br />
  55. 55. 凍てついた<br />心を<br />溶かすために<br />
  56. 56. 社内で<br />カンファレンスをやる<br />
  57. 57. 社内カンファレンス<br />●自分たちで作るお祭り<br />●何かに尖った人の話<br />●運営はボランティア<br />●参加者の熱量が上がる<br />
  58. 58. これは何?<br />
  59. 59. 社内カンファレンス=<br />
  60. 60. 社内カンファレンス=<br />空気を変える<br />勉強会<br />
  61. 61. 人が集まらない理由<br />●仕事が忙しい<br />●定時後まで勉強したくない<br />●興味がない<br />●そもそも存在を知らない<br />
  62. 62. そもそも存在を知らない<br />
  63. 63. インフラ重要<br />
  64. 64. 社内SNS<br />
  65. 65.
  66. 66. SKIP<br />情報共有<br />ソーシャルウェア<br />
  67. 67. インフラがあれば<br />それで解決する<br />わけではない。<br />
  68. 68. デジタルと<br />アナログを<br />上手く使おう。<br />
  69. 69. さて。<br />
  70. 70. ”社内”に<br />こだわる理由は<br />何なのか<br />
  71. 71. 社内勉強会には<br />社外勉強会とは<br />別の動機がある<br />
  72. 72. 一緒に仕事を<br />する人と、<br />イイ仕事がしたい<br />
  73. 73. プロジェクトで、生み出されたプラクティスと、<br />チームの文化は、<br />プロジェクトが終了し<br />ても、それを超えて<br />伝わっていく。<br />
  74. 74. プロジェクトチームは<br />有期だが、<br />人々の繋がりに<br />期限は無い<br />
  75. 75. 最後に。<br />
  76. 76. 私が<br />勉強会に<br />込める願い<br />
  77. 77. この場を<br />作ったからこそ<br />
  78. 78. 人が集まり<br />
  79. 79. 会話が成り立ち<br />
  80. 80. 経験が共有され<br />
  81. 81. 知恵が生まれる<br />
  82. 82. 勉強会に参加した<br />誰かが、自分で<br />勉強会開催する<br />
  83. 83. その勉強会に<br />参加した人が<br />また、勉強会を<br />開催したいと思う<br />
  84. 84. 人に起きる<br />変化は伝播する<br />
  85. 85. たった一人に<br />起きた変化が<br />やがて<br />世界を変える<br />
  86. 86. 世界を変えるのは<br />遠いどこかの<br />誰かじゃない<br />
  87. 87. 世界を変えるのは<br />自分自身だ。<br />
  88. 88. ご静聴、ありがとうございました。<br />
  89. 89. ある社内勉強会の一生<br />Kwappaさん<br />
  90. 90. ある社内勉強会の一生<br />
  91. 91. はじめに自己紹介とお断り<br />はじめまして<br />Kwappa (かっぱ)<br />塩谷 啓 (しおや ひろむ)<br />前職での経験をお話します<br />先月転職しました<br />転職先でも『社内勉強会』の開催を画策中<br />
  92. 92. 【種子】勉強会との出会い<br />2008年、空前の「IT勉強会ブーム」<br />IT勉強会カレンダーによる「可視化」<br />開催することへの漠然とした意欲<br />
  93. 93. まずは失敗例<br />
  94. 94. 【発芽】しなかった例『勉強会部会』を設立<br />隣の部署と合同で<br />技術blogを立ち上げる<br />最初は話題フリーで<br />いずれは『社内勉強会』をやろう<br />
  95. 95. 大失敗<br />迷走するblog<br />モンハンの話ばかり<br />上がらない熱<br />折れる心<br />部会は空中分解<br />
  96. 96. 失敗を踏まえて<br />
  97. 97. 【発芽】した例『社内勉強会』開催のきっかけ<br />チームメンバが独断でRuby on Railsを採用<br />PHPによる開発がほぼすべて<br />これはまずい<br />他のメンバも教育しなきゃ<br />ニヤリ<br />「漠然とした意欲」に格好の口実が与えられた<br />
  98. 98. 開催までの道のり<br />上司に申請<br />あっさり承認<br />圧力もなく、ノルマもなく<br />主催者としてはラッキーな環境<br />チームへの告知<br />グループウェア<br />社内Wiki<br />
  99. 99. 開催の概要<br />毎週水曜 19時から1時間程度<br />「ノー残業デー」を活用<br />業務外の時間帯に開催<br />講師は持ち回りで<br />主にお願いベース<br />時々立候補あり<br />実績:全16回開催<br />途中1か月ほど中断あり<br />
  100. 100. 勉強会から得たもの<br />
  101. 101. 【発芽】しなかった「部会」失敗から得たもの<br />「部会」は不要<br />誰かの「熱量」が、誰かもう一人に「点火」すれば「会」はうまれる<br />コミュニケーション重要<br />グループウェア、Wiki、SNSなど<br />発言のコストを下げる工夫を<br />まず主催者が楽しむ<br />「点火」したときの喜びは大きい!<br />
  102. 102. 【開花】した『社内勉強会』開催することで得たもの<br />参加することによる成果<br />勉強する習慣がつく<br />発表することによる成果<br />発表することで理解が深まる<br />開催することによる成果<br />たのしい<br />コミュニケーションの増大<br />
  103. 103. 社内勉強会×コミュニケーション<br />
  104. 104. 勉強会がもたらした利点<br />チームリーダーとしての利点<br />得手 / 不得手を知ることができる<br />会社員としての利点<br />同僚の新たな一面を発見することがある<br />気心の知れた人間とはやりやすい<br />
  105. 105. 花は散り、そして…<br />
  106. 106. 社内勉強会のその後<br />社外勉強会化<br />東京Basic Technology勉強会(略称:とべとべ[tobe-tobe])<br />主催者が退職<br />次いで「点火」したうちの一人も退職<br />『社内勉強会』という花は散った<br />風の噂によると<br />散ったあとの【種】が、【発芽】したらしい<br />本日再開!<br />
  107. 107. まとめ<br />
  108. 108. 『社内勉強会』<br />まずは主催者が楽しもう<br />失敗することも含めて<br />誰かに「点火」しよう<br />燃えやすそうなところを選ぶ<br />コミュニケーションしよう<br />手段がそのまま成果となる<br />
  109. 109. 【種】を撒こう、明日のために<br />
  110. 110. ご清聴ありがとうございました<br />
  111. 111. 社内勉強会のコツやQ&A<br />参加者の皆様と一緒に!<br />
  112. 112. 社内勉強会構築のコツや質疑応答<br />始まり<br />SNSの活用方法<br />SNSはツールで双方向交流があればOK<br />野良OpenPNEが楽w♪<br />WikiやShare Point ServicesでもOK<br />チャット、IRCとかあったらおもしろいよね<br />参加者<br />SNSやメールで募集<br />
  113. 113. 社内勉強会構築のコツや質疑応答<br />継続<br />コンテンツ<br />社外勉強会の録画された動画視聴でもOK<br />Ustreamやニコニコ動画等<br />参加者<br />2人でも勉強会、数より定期開催を目指す<br />参加者は口コミが一番!再度来たくなる勉強会を開催すべし!<br />社外勉強会に参加して雰囲気を感じる<br />実際に目の前で聞いた内容は実感を伴って発表できる<br />
  114. 114. 社外勉強会を見て    社内勉強会を振り返る<br />社外勉強会に参加したことがある人?<br />IT勉強会カレンダーをご存じの方?<br />社外勉強会のレポートを掲載して雰囲気を浸透させる<br />社外勉強会のやり方を見て社内勉強会を振り返る<br />
  115. 115. 社内勉強会構築のコツや質疑応答<br />自主活動<br />時間外になるので注意<br />上長Hacksは大事<br />発表自体が難しくないことを伝えて話して貰う<br />ビールやソフトドリンクを準備している所も ←スポンサーHacksも必要<br />
  116. 116. 社内勉強会構築のコツや質疑応答<br />情報処理技術者試験勉強会は禁句<br />開催していて、あまり楽しくない!-> ワクワクしない?<br />情報処理技術者試験は自習が一番<br />集中して勉強できない人の為に自習室としての勉強会は良いかも!<br />
  117. 117. 社内には1%くらい<br />変な人がいる<br />それを集める<br />
  118. 118. 明日から始める社内勉強会<br />Supportedby Microsoft :D<br />
  119. 119. Microsoft がサポートできる事<br />会社に戻って勉強会を開いてみよう<br />Tech・Edのプレゼン資料の活用<br />Windows 7 勉強会キットの活用<br />社外の仲間を集めてやってみよう<br />マイクロソフト コミュニティ リングの活用<br />まずは人から学んでみよう<br />Tech Fielders の活用<br />最初は一人で勉強してみよう<br />TechNet Plus Subscription の活用<br />
  120. 120. まず明日からできること<br />今回の報告をMLやSNSで報告<br />勉強会の価値や認識を社内に広げてみる<br />MLやSNSで勉強会の内容を報告し続ける<br />まず今回の報告会を勉強会にしてみる<br />今回の発表資料はダウンロード可能<br />Windows 7インストールしてみる大会!<br />TechNetSubscriptionでダウンロード可能<br />
  121. 121. 質疑応答<br />
  122. 122. 最後に簡易アンケート<br />社内勉強会をやってみたくなった人!ノ<br />
  123. 123. ありがとうございました<br />短い時間でしたが、参加いただきありがとうございました<br />聞けなかった質問等は、もう少しここにいますので聞いていただければと思います。<br />
  124. 124. © 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.<br />The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.<br />
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×