Movable Typeの可能性を広げるアドオンDynamicMTMLについて1
自己紹介2
•株式会社テラ マークアップエンジニア•MTのテンプレート設計・導入サポート•MTの管理画面カスタマイズ•Webアプリ開発(MT+DynamicMTML)鈴木健太郎(riatw)NEW3
•はじめて触ったのはMT4.1•仕事で使い始めたのがきっかけ•5年間で50案件以上に導入MT歴 5年(4.1-)4
MTを好きになった理由5
プログラムが書けなくてもシステムが作れること6
プログラムが苦手な自分にはとっても魅力的でした7
そんな自分がさらにMTを好きになったきっかけ8
それが9
DynamicMTML10
セッションの目的11
•会社やフリーランスで実装をしている方•プログラムは苦手だけどMTなら分かる方•Webアプリ・Webサービスのような動的コンテンツに興味のある方このような方々に12
DynamicMTMLの面白さ・便利さを知ってもらうこと!13
•DynamicMTMLを使う理由•DynamicMTMLとは何か•DynamicMTMLを使うメリット•まとめアジェンダ14
DynamicMTMLを使う理由15
それは多様化した要望に答えるため16
•お問い合わせ・資料請求フォーム•サイト更新システム(CMS)これまでのシステム17
•顧客管理システム(CRM)•ユーザ参加型のシステム(SNS)•他サービスのAPIと連動したシステムこれからのシステム18
「難しいシステムはシステム会社が…」19
ではなく20
まとめて制作会社に求められるようになってきた21
簡単なシステムであれば制作会社が作れた方が便利22
提案→制作→システム23
クライアントの思いがそのまま形に24
制作会社とクライアントの距離がより一層近くなる25
DynamicMTMLはそんなときに便利なツール26
•アルファサード社が開発したプロダクト•現在はシックス・アパート社に譲渡•MTのアドオン(追加機能)DynamicMTMLとは27
機能紹介28
•柔軟にブログ記事を出力できる•タイトル・カテゴリID・投稿日などから条件を指定できる•この機能を使うことで、ブログ記事やウェブページを様々な用途で使えるブログ記事の詳細検索29POINT
サンプル//タイトルに MT が含まれている記事を表示する場合//targetにはMTの標準のフィールドが指定できる<mt:searchentries target="title" query="MT"lastn="10"><li><a hre...
•端末の種類・キャリアごとに分岐できる•閲覧環境に応じて、表示内容を切り替えることができる•同一URLで出し分けができるので、マルチデバイス対応するときに便利ユーザエージェントによる分岐31POINT
サンプル<mt:IfUserAgent wants= SmartPhone ><$mt:include module="スマートフォン向けの内容"$><mt:else><$mt:include module="PC向けの内容"$></mt:If...
•ユーザのログイン状況によって表示を変えることができる•会員限定の情報発信やマイページを作るときに便利ログイン状況による分岐33POINT
サンプル<p>○○の価格</p><mt:IfLogin>//ログインしている場合<p>19,800円がなんと、<span>16,800円!</span></p><mt:else><p>19,800円</p></mt:If>34
•MT管理外のファイルに直接MTタグを書くことができる•MTで既に再構築したファイルを表示時にもう一度再構築することもできる•部分的にCMSを導入したい場合や更新頻度の高いコンテンツで便利静的ファイルの動的ビルド35POINT
サンプル<html><body><!-- 以下の内容は表示時に再構築される --><mt:date> <!-- 現在の日付を表示 --></body></html>36
•MTのデータベースにPHPからアクセスすることができる•管理画面以外からでもブログ記事の追加・編集などを行うことができるPHP API37POINT
DynamicMTMLを使うメリット38
ユーザをサイトに参加させられること39
一方的に情報を発信するWebサイトから40
ユーザが参加できるWebサイトへ41
DynamicMTMLなら簡単に 実現できる!42
•イベント集客サイト•レシピ投稿サイト•伝票管理システム•在庫管理システム•見積作成システムこんなサイトが作れます43
数多くのWebサービスやWebシステムがありますが44
ベースになっている仕組みはシンプルなんです45
データ → データベース46
データ ← データベース47
つまり48
DynamicMTMLを使えば49
データをデータベースに入れる方法だけを考るだけで50
簡単なWebサービスはつくれる51
(かなり色々端を折りましたが…)52
基本的な仕組みができれば後はアイディア次第53
見た目はいつも通り作るだけ54
一度仕組みを作ってしまえば次回からは使いまわせる55
仕組みはプラグイン化して再利用56
作れば作るほど品質は上がりコストは下がる57
58•ログイン・ログアウトの機能•ユーザ登録・管理の機能•ユーザがブログ記事を投稿する機能プラグインの例
その他のメリット59
•テンプレートは従来通り、MTタグだけで書ける(PHPは1行も書かなくてok)•MTタグのノウハウがそのまま活かされる•見た目部分がMTタグだけなので運営で後々の見た目調整がやりやすい見た目をMTタグだけで書ける60POINT
•MTタグが分かるデザイナとPHPが書けるエンジニアで協業がしやすい•テンプレートとPHPファイルが完全に分離していて保守性が高い•お互いの編集ファイルが重複しないのでバージョン管理で競合しづらい協業がしやすい61POINT
DynamicMTMLの参考情報62
•配布元https://github.com/movabletype/DynamicMTML•マニュアルhttps://github.com/movabletype/DynamicMTML/blob/master/README.ja.md•解説...
•Movable Type v5.04以降•PHPによるダイナミックパブリッシングが動作する環境•mod_rewriteが有効で.htaccessによる設定が可能な環境動作環境64
•.htaccessのOptionをコメントアウト•.htaccessのphp_valueをコメントアウト•各フォルダのパーミッションを確認サーバエラーの対処法①65
•さくらインターネットで Movable Typeのダイナミックパブリッシングによる500エラーを確実に解消する方法(小粋空間)http://www.koikikukan.com/archives/2010/08/08-235555.php•公...
まとめ67
•DynamicMTMLは変化したニーズにMTで答えるためのツール•従来の知識を生かしたままよりリッチなサイトを簡単に作ることができる•工夫すればWebサービスやWebアプリも自由に作ることができる68
DynamicMTMLを使えば新しい仕事が生まれるかも?69
何より楽しいツールなのでぜひ一度お試しください!70
@riatw on Twitterhttp://riatw.me/Thank you so much!71
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「Movable Typeの可能性を広げるアドオン「DynamicMTML」について」

2,573 views

Published on

2013年6月11日、名古屋で行われたMovable Typeセミナーで使用した資料です。

詳細のフォローアップはこちらの記事をご覧ください。
http://riatw.me/blog/201306_business_seminar.html

「Movable Typeの可能性を広げるアドオン「DynamicMTML」について」

  1. 1. Movable Typeの可能性を広げるアドオンDynamicMTMLについて1
  2. 2. 自己紹介2
  3. 3. •株式会社テラ マークアップエンジニア•MTのテンプレート設計・導入サポート•MTの管理画面カスタマイズ•Webアプリ開発(MT+DynamicMTML)鈴木健太郎(riatw)NEW3
  4. 4. •はじめて触ったのはMT4.1•仕事で使い始めたのがきっかけ•5年間で50案件以上に導入MT歴 5年(4.1-)4
  5. 5. MTを好きになった理由5
  6. 6. プログラムが書けなくてもシステムが作れること6
  7. 7. プログラムが苦手な自分にはとっても魅力的でした7
  8. 8. そんな自分がさらにMTを好きになったきっかけ8
  9. 9. それが9
  10. 10. DynamicMTML10
  11. 11. セッションの目的11
  12. 12. •会社やフリーランスで実装をしている方•プログラムは苦手だけどMTなら分かる方•Webアプリ・Webサービスのような動的コンテンツに興味のある方このような方々に12
  13. 13. DynamicMTMLの面白さ・便利さを知ってもらうこと!13
  14. 14. •DynamicMTMLを使う理由•DynamicMTMLとは何か•DynamicMTMLを使うメリット•まとめアジェンダ14
  15. 15. DynamicMTMLを使う理由15
  16. 16. それは多様化した要望に答えるため16
  17. 17. •お問い合わせ・資料請求フォーム•サイト更新システム(CMS)これまでのシステム17
  18. 18. •顧客管理システム(CRM)•ユーザ参加型のシステム(SNS)•他サービスのAPIと連動したシステムこれからのシステム18
  19. 19. 「難しいシステムはシステム会社が…」19
  20. 20. ではなく20
  21. 21. まとめて制作会社に求められるようになってきた21
  22. 22. 簡単なシステムであれば制作会社が作れた方が便利22
  23. 23. 提案→制作→システム23
  24. 24. クライアントの思いがそのまま形に24
  25. 25. 制作会社とクライアントの距離がより一層近くなる25
  26. 26. DynamicMTMLはそんなときに便利なツール26
  27. 27. •アルファサード社が開発したプロダクト•現在はシックス・アパート社に譲渡•MTのアドオン(追加機能)DynamicMTMLとは27
  28. 28. 機能紹介28
  29. 29. •柔軟にブログ記事を出力できる•タイトル・カテゴリID・投稿日などから条件を指定できる•この機能を使うことで、ブログ記事やウェブページを様々な用途で使えるブログ記事の詳細検索29POINT
  30. 30. サンプル//タイトルに MT が含まれている記事を表示する場合//targetにはMTの標準のフィールドが指定できる<mt:searchentries target="title" query="MT"lastn="10"><li><a href="<$mt:entrypermalink$>"><$mt:entrytitleescape="html"$></a></li></mt:searchentries>30
  31. 31. •端末の種類・キャリアごとに分岐できる•閲覧環境に応じて、表示内容を切り替えることができる•同一URLで出し分けができるので、マルチデバイス対応するときに便利ユーザエージェントによる分岐31POINT
  32. 32. サンプル<mt:IfUserAgent wants= SmartPhone ><$mt:include module="スマートフォン向けの内容"$><mt:else><$mt:include module="PC向けの内容"$></mt:IfUserAgent>32
  33. 33. •ユーザのログイン状況によって表示を変えることができる•会員限定の情報発信やマイページを作るときに便利ログイン状況による分岐33POINT
  34. 34. サンプル<p>○○の価格</p><mt:IfLogin>//ログインしている場合<p>19,800円がなんと、<span>16,800円!</span></p><mt:else><p>19,800円</p></mt:If>34
  35. 35. •MT管理外のファイルに直接MTタグを書くことができる•MTで既に再構築したファイルを表示時にもう一度再構築することもできる•部分的にCMSを導入したい場合や更新頻度の高いコンテンツで便利静的ファイルの動的ビルド35POINT
  36. 36. サンプル<html><body><!-- 以下の内容は表示時に再構築される --><mt:date> <!-- 現在の日付を表示 --></body></html>36
  37. 37. •MTのデータベースにPHPからアクセスすることができる•管理画面以外からでもブログ記事の追加・編集などを行うことができるPHP API37POINT
  38. 38. DynamicMTMLを使うメリット38
  39. 39. ユーザをサイトに参加させられること39
  40. 40. 一方的に情報を発信するWebサイトから40
  41. 41. ユーザが参加できるWebサイトへ41
  42. 42. DynamicMTMLなら簡単に 実現できる!42
  43. 43. •イベント集客サイト•レシピ投稿サイト•伝票管理システム•在庫管理システム•見積作成システムこんなサイトが作れます43
  44. 44. 数多くのWebサービスやWebシステムがありますが44
  45. 45. ベースになっている仕組みはシンプルなんです45
  46. 46. データ → データベース46
  47. 47. データ ← データベース47
  48. 48. つまり48
  49. 49. DynamicMTMLを使えば49
  50. 50. データをデータベースに入れる方法だけを考るだけで50
  51. 51. 簡単なWebサービスはつくれる51
  52. 52. (かなり色々端を折りましたが…)52
  53. 53. 基本的な仕組みができれば後はアイディア次第53
  54. 54. 見た目はいつも通り作るだけ54
  55. 55. 一度仕組みを作ってしまえば次回からは使いまわせる55
  56. 56. 仕組みはプラグイン化して再利用56
  57. 57. 作れば作るほど品質は上がりコストは下がる57
  58. 58. 58•ログイン・ログアウトの機能•ユーザ登録・管理の機能•ユーザがブログ記事を投稿する機能プラグインの例
  59. 59. その他のメリット59
  60. 60. •テンプレートは従来通り、MTタグだけで書ける(PHPは1行も書かなくてok)•MTタグのノウハウがそのまま活かされる•見た目部分がMTタグだけなので運営で後々の見た目調整がやりやすい見た目をMTタグだけで書ける60POINT
  61. 61. •MTタグが分かるデザイナとPHPが書けるエンジニアで協業がしやすい•テンプレートとPHPファイルが完全に分離していて保守性が高い•お互いの編集ファイルが重複しないのでバージョン管理で競合しづらい協業がしやすい61POINT
  62. 62. DynamicMTMLの参考情報62
  63. 63. •配布元https://github.com/movabletype/DynamicMTML•マニュアルhttps://github.com/movabletype/DynamicMTML/blob/master/README.ja.md•解説サイト(かたつむりくんのWWW)http://www.tinybeans.net/blog/movable-type/dynamicmtml/公式マニュアルと解説サイト63
  64. 64. •Movable Type v5.04以降•PHPによるダイナミックパブリッシングが動作する環境•mod_rewriteが有効で.htaccessによる設定が可能な環境動作環境64
  65. 65. •.htaccessのOptionをコメントアウト•.htaccessのphp_valueをコメントアウト•各フォルダのパーミッションを確認サーバエラーの対処法①65
  66. 66. •さくらインターネットで Movable Typeのダイナミックパブリッシングによる500エラーを確実に解消する方法(小粋空間)http://www.koikikukan.com/archives/2010/08/08-235555.php•公式マニュアルhttp://www.movabletype.jp/documentation/supporting_dynamic_publishing.htmlサーバエラーの対処法②66
  67. 67. まとめ67
  68. 68. •DynamicMTMLは変化したニーズにMTで答えるためのツール•従来の知識を生かしたままよりリッチなサイトを簡単に作ることができる•工夫すればWebサービスやWebアプリも自由に作ることができる68
  69. 69. DynamicMTMLを使えば新しい仕事が生まれるかも?69
  70. 70. 何より楽しいツールなのでぜひ一度お試しください!70
  71. 71. @riatw on Twitterhttp://riatw.me/Thank you so much!71

×